宅建 求人。 宅建の資格を活かせる転職先は?求人を探す方法 ~不動産・金融・保険業界がおすすめ!|宅建の通信講座 ~コスパ最強のおすすめは? 2020年最新版 比較・ランキング

宅建の転職・求人・中途採用情報【doda(デューダ)】

宅建 求人

Contents• 宅建の資格を活かせる転職先はこれだ! 宅建(宅地建物取引士)は、不動産会社が行う土地や建物の売買、交換や貸借の取引を公正かつ誠実に購入者に説明等を行う専門家です。 毎年20万人以上の人が受験する人気の国家資格で、就職や転職にも役立ちます。 志望する業界によっては、未経験でも宅建の資格を持っているだけで有利に働くことも少なくありません。 この記事では転職を考えている方のために、宅建の資格を活かせる転職先について説明していきます。 どの業界で宅建の資格が役立つのか見ていきましょう。 不動産業界 宅建の資格を活かせる代表的な転職先は不動産業界です。 不動産業界に就職し、働きながら宅建試験の勉強をしてスキルアップを図る方もたくさんいますね。 宅建士の主な仕事は不動産取引における重要事項の説明ですので、不動産業界で欠かせない資格なのは間違いありません。 不動産業界への転職と一口に言っても、宅建の資格が役立つジャンルは下記のように豊富です。 不動産仲介ビジネス:賃貸物件をお客様に紹介したり建物取引の仲介をしたりする 不動産売買:自社が保有している土地やマンションをお客様に販売する 不動産投資関連:土地やマンションを活かした資産運用のアドバイザーになる 不動産管理:マンションの修繕計画や住民対応を中心に管理業務を行う 多種多様な不動産ビジネスにおいて、宅地建物取引士の力が必要になります。 職種も営業職だけではなく、事務職や営業事務など選択肢が多いのです。 不動産業界への転職を考えている方は、宅建の資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。 不動産業界の求人は非常に多く、宅地建物取引士というだけで自分のアピールポイントに繋がります。 不動産業界が未経験でも宅建は転職に有利なの? 「自分は不動産業界が未経験だから宅建の資格を持っていても転職できないのでは?」と不安を抱えている方はいませんか? しかし、不動産業界が未経験でも宅建は転職に有利な資格で、その理由をいくつか見ていきましょう。 ・宅建で得た不動産に関する知識は入社してすぐに使うわけではない ・最初は住宅やマンションの現地案内、賃貸物件の管理などの仕事がメイン ・業界で働いた経験がなくても宅建試験に合格していれば不動産に関する知識を活かせる 入社して最初にこなすのは不動産業界が未経験でも対応できる仕事ばかりで、宅建の資格を使うのは賃貸借契約や売買契約を締結する前後です。 しかも、不動産に関する知識を有する者と判断されますので、完全な未経験の人よりも宅建の資格を持つ人の方が遥かに転職で有利になりますよ。 日本はどの業界でも人手不足が深刻な問題ですので、宅地建物取引士のあなたは未経験でも不動産業界から重宝されるでしょう。 以下の記事では、宅建の資格を取って未経験の不動産分野に転職できた40代の方の合格体験記をご紹介しています。 よろしければ参考にしてください。 金融業界 宅建の資格が役立つ転職先は、何も不動産業界だけではありません。 金融業界に転職する予定の方にも、宅建の資格があると役立ちます。 なぜ金融業界への転職で宅建の資格があると有利になりやすいのか、いくつかの理由をまとめてみました。 ・銀行などの金融機関は全国にたくさんの不動産を所有している ・金融機関の総務や財務部門では資産の管理や運用が必要(宅建の知識が役立つ) ・消費者に融資を行う際に担保となる土地や建物の価値を見抜く力が必須 こういった背景で、金融業界の多くは不動産の知識を兼ね備えている人材を探しています。 「宅建は不動産業界でしか活かせない資格」と解釈している人が多いのですが、 「重要事項の説明」「重要事項説明書面の記名・押印」「契約書への記名・押印」といった業務ができる宅建士は銀行の仕事もこなせるのです。 保険会社 保険会社も宅建の資格を活かせる転職先の一つです。 宅建は不動産の売買や賃貸の取引がゴールではなく、保険会社との交渉や顧客への金融機関の斡旋など不動産取引のプロとしての対応が求められます。 保険会社での業務にも活きてくる部分がありますので、宅建の資格を持っている方は転職で有利になりやすいわけです。 また、近年では宅建とのダブルライセンスを目指す方が増えました。 保険会社への転職を考えているのであれば、次の理由で宅建とFP(ファイナンシャル・プランナー)のダブルライセンスがおすすめです。 顧客からの住宅購入のための資金プランニングや住宅ローンの相談も同時に受けられる• 顧客の価値観に合わせたライフプランニングで、顧客の目線に立った提案ができる• 長期的な資金計画やコンサルタントで、ローンの返済や家賃の滞納などのトラブルを減らすことができる 保険会社では、個人のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う資格のFP(ファイナンシャル・プランナー)が重宝されます。 更に宅建の資格を持っていればお客様に対して幅広いサービスやサポートが提供できますので、転職を有利に進めるためにもダブルライセンスを目指してみましょう。 なお、については、以下の記事も参考にしてみてください。 宅建の資格を活かせる求人の探し方をまとめてみた 宅建の資格を活かして転職するに当たり、「どうやって求人や仕事を探せば良いの?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 初めての転職では何をすれば良いのか、何から取り組めば良いのかわからないですよね。 ここでは転職したい宅建士のために、宅建の資格を活かせる求人の探し方をまとめてみました。 求人サイトや転職サイトで探して自分で応募する 求人サイトや転職サイトの利用は、転職において欠かせないツールです。 転職サイトに無料登録すると、採用企業が広告として掲載している求人を探して自分で応募できます。 宅建の資格を活かせるのかどうかで求人を比較検討できますので、希望の会社に転職したいのであれば転職サイトの利用は必須です。 不動産業界や金融業界に限った話ではありませんが、転職サイトを使って転職活動を行うメリットをいくつか見ていきましょう。 パソコンやスマホなどインターネットに接続できれば、すぐに転職活動をスタートできる• 「希望条件に合う求人が出た時だけ応募する」など、マイペースで転職を進められる• 大手のサービスは求人数が豊富で、詳細条件で絞り込んでもたくさんの案件がヒットする• 一部例外はあるものの、基本的にどのサービスも転職者は無料で利用できる 複数の求人サイトを併用して転職活動を進めることもできますので、気になったサービスに登録して宅建の資格を活かせる求人を探してみてください。 転職エージェントに相談する 初めて転職する宅建士には、転職エージェントへの相談もおすすめです。 転職エージェントは、求職者が抱えている様々な悩みや不安を解決して最適な転職をサポートしてくれるサービスを指します。 上記で説明した求人サイトとは違う転職エージェントのメリットは次の4つです。 転職エージェントだけが保有している非公開求人(一般の求人サイトで公開されていない求人)に応募できる• 採用までの面倒なスケジュール管理を担当のアドバイザーやコンサルタントが代わりに行ってくれる• 求人サイトではわからない企業の社内雰囲気や裏情報まで細かく知ることができる• 転職の成功率を少しでも高くする書類の添削や面接対策を徹底してくれる 転職エージェントに登録すると、よりきめ細かなサポートで転職活動を進められますよ。 宅建士のあなたの希望やスキルを活かせる求人を豊富な選択肢の中から紹介してくれますので、転職エージェントの利用も検討してみてはいかがでしょうか。 ハローワークに相談する 転職サイトや転職エージェントではなく、ハローワークに転職の相談をするのも選択肢の一つです。 ハローワークは厚生労働省が管轄している公的な機関で、全国の大都市を中心に500ヵ所以上に設置されています。 宅建の資格を活かせる求人もたくさんありますので、あなたが希望する仕事が見つかるかもしれません。 転職サイトや転職エージェントと比べると地域密着型ですので、「地元の不動産会社に転職したい」と考える宅建士におすすめです。 しかし、ハローワークを使った転職には次の3つのデメリットもありますので注意しましょう。 掲載されている求人の質はあまり良くない(企業側は掲載料がかからないのが理由)• 時間帯に関係なく、とにかく混雑している• 掲載されている求人情報が曖昧(入社後の仕事内容がはっきりしない) ハローワーク1本に絞るのではなく、他の転職方法と併用して転職先を探してみてください。 まとめ 宅建試験に合格して宅地建物取引士になると、転職先の候補が増えます。 宅建は不動産業界であれば未経験でも転職で有利になりますし、金融業界や保険会社への転職にも活かせる資格です。 求人の探し方で迷っている宅建士は、転職サイトや転職エージェントを上手く活用して希望の働き先を見つける努力をしてみましょう。

次の

宅建士で転職できるか?

宅建 求人

宅建士が就職に有利なことはすでに書きました。 では 転職にはどうでしょうか? 【宅建士の求人は多い!】 結論から言うと、 転職市場で宅建士の求人はかなり多いです。 しかしやはり 不動産会社、それも 営業がメインで、それ以外はごく少数です。 経験者を優遇するのは他の職種と変わらないのですが、 未経験者も可というところも見かけます。 それはやはり、例の 一事務所につき従事者五人に一人宅建士が必要という縛りがあるためです。 中小不動産は別記のとおり、ただでさえ新卒採用時に宅建士の人数が不足しがちです。 その上、 在籍する宅建士が離職する可能性も高いです。 なぜか?他に募集が多いため、その会社にしがみついたりせず、転職してしまう方が割合多いのです。 その結果、常に宅建士の人数がぎりぎりということになり、 未経験者でも募集をかけざるをえません。 しかしそれも おおよそ 30代までです。 【未経験で40代だとどうなる?】 雇う方の立場になってみましょう。 40代以降で全くの未経験だと、業務を教える方も教わる方も大変です。 記憶力、集中力、体力も20代の頃の訳のようにはいきません。 教える側が年下になる場合も多く、気も使います。 その上、前職の経験も活かせず、家族を抱えている方が多いため、人件費が安くできる訳でもありません。 それならば未経験の20代を募集したくなるのは無理からぬことですね。 これは宅建士に限らず、どの職種も同じです。 【経験者が優遇されるのは当然!】 その反面、 経験者は引く手数多です。 但し、 それは【宅建士】というよりも、その人の持っている職種の経験が主でしょう。 例えば、 マネジメント経験のある営業だと、宅建士の資格はあるに越したことはない、位のレベルになります。 特に中小企業はそうですが、マネージャークラスの営業は数が少ないからです。 かといって、マネージャー経験がなくても 営業経験さえあれば、宅建士資格保持者はやはり優遇されます。 先ほどの宅建士の頭数の問題もありますし、営業が資格保持者であれば、契約時に宅建士を同行させる必要がないからです。 例えば都心から地方に契約に行く場合などは、交通費も人件費もバカになりません。 顧客や同業者からの信頼も得やすく、その上、1人で契約締結できるため優遇されるのは当然でしょう。 【宅建士の求人内容の見極め方】 -営業はなぜ敬遠されるのか- 【売買・仲介等の営業の求人】 不動産会社の営業と言っても、様々なパターンがあります。 不動産営業が嫌だと言う方は、夜遅くまでの電話営業やノルマのきつさを想像されているかと思います。 確かにそういった会社は多いのですが、そればかりでもありません。 私の知っている中小不動産会社で、 ネット広告の反響やセミナーのみで販売していたり、業者に販売してエンドユーザーには直接販売しない会社もあります。 そういった会社では、遅くまで電話営業をし、尚且つアポイントが取れないということが起こり得ません。 そのような会社は離職率が低いため、求人が少ないのですが、 ここのところのオリンピック前景気で、業務拡大のため、募集している会社も多くあります。 但し、年がら年中募集をかけている会社には注意しましょう。 先ほどの話のように、宅建士が短い間に離職してしまっている可能性が高く、そういった会社は要注意です。 所謂ブラック企業の可能性もあります。 【賃貸営業での求人】 不動産賃貸の営業は売買・仲介と同じくかなり求人数が多いです。 日々、重要事項説明を行いますし、 契約管理等、業務内容的に宅建士は必須と言って良いでしょう。 業務そのものも、売買・仲介よりさらに細かく多岐に渡り、契約締結・更新・解約から細かいクレーム処理まで日々大変です。 2~3月の繁忙期は猛烈に忙しく、その他の時期はどうにかして空室を埋めていかなくてはなりません。 ブラック企業が多いという訳ではないのですが、どうしても離職率は高くなってしまいがちです。 この仕事が好き!という人でない限り、なかなか続かないようです。 【営業以外の求人】 営業以外の総務・人事・経理などの一般事務は、求人の数は少ないです。 業務で使う場面が少ないため、特に宅建が必須という訳ではありません。 これらの職種の募集で宅建優遇などとあったら、 その会社に宅建士の頭数が少ないということを示していると言えます。 もっとも中小不動産の多くは【宅建優遇】となっているはずです。 【宅建急募】になっていて、本当に会社が頭数で困っていたり、 【未経験者も歓迎】などが書かれていないケースだと、事務職などで前任者の退職で業務に穴が空いてしまっているケースと考えられます。 そういった条件が揃うことは少ないのですが、もしあれば、 宅建士の資格保持者+業務経験者は絶対的に有利です。 余程、応募者と募集会社のミスマッチなどがない限りは、面接で有利に運ぶはずです。 結論として、 不動産会社等の募集で宅建士が優遇されている場合、 募集要項ばかりでなく、 会社の状態(営業広告等も)や 求人の頻度等も良く確認しましょう。 どういった理由で求人募集しているのか多少なりとも見えれば、会社選びに失敗しにくくなるでしょう。 参考までに有名ドコロの転職サイトです。 人材紹介を通しての転職や、直接企業に応募して転職も可能です。 DODAでは、転職支援サービスにご登録いただいた方に対して、 サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。 求職者の希望とベストマッチする求人情報は「非公開求人」の中にこそあるのかもしれません。 求人の保有数多い。 不動産会社の中高年の求人も目立つ。 高キャリア、高スキルな人材を対象にしているイメージが強い。 しかし、募集内容を確認してみる価値あり。 キャリアインデックスでは、全国のハローワークと大手求人サイトの仕事情報約30万件を掲載! ハローワーク&20の転職サイトに一括で応募ができるのはココだけです。 求人数が多く、検索もし易い。 また大手の転職サイトにまとめて登録できるばかりでなく、ハローワークにも応募ができるのはココだけで、その点だけでも魅力。 できるだけ多くの転職サイトで探してみたいが、登録が面倒でという方にはピッタリのサイト。 20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートします。 マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みがあります。 充実したサポート体制が強みです。 キャリアカウンセリングで求職者の適性を見た上で求人紹介を行っているため、求職者自身で転職活動をするよりもミスマッチを防げます。 但しターゲット層のとおり、20代専門の転職支援サイトのため、中高年の方の転職活動には不向きか。 以上、有名ドコロの転職支援サイトを挙げてみました。 どこも共通しているのは、非公開求人の数の多さを歌っていることです。 これも会社の立場からすると当然でしょう。 何でもかんでも公開して、どっと応募されたら紹介する方も採用する方も大変なことになります。 良い人材(必ずしも高キャリア・こう高スキルとは限らない)には非公開の求人をこっそり紹介してマッチさせるのです。 ネットで検索することも大切ですが、上記の理由でまず転職支援サイトに登録してみることも手です。 スポンサードリンク.

次の

不動産・宅建のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

宅建 求人

行政書士と宅建 求人の探し方・売り込み 行政書士と宅建は、法律の知識を多量に必要とする国家資格です……この類の資格は、よく「士業」と呼ばれて、事務所を開いているイメージがありますが、それ以外の道もあります。 求人を探して、会社のような組織に入り込んで行政書士ないし宅建の仕事をしてみたいという人たちもいるでしょう。 行政書士と宅建の登録後、求人を探すときはどうやって見つけたらいいのかここで比較しながら話を進めます。 行政書士の求人の状況 行政書士は、他のページにも書いていますが独立向きの資格で、残念ながらあまり「行政書士資格者求む」といった求人が出回ることはありませんでした。 ただし、 企業の総務部等に入って働いている例はありますから、その手の部門で求人が出ていたら、行政書士資格にふれていなくても応募して問い合わせていくべきでしょう。 また 少し前から行政書士に法人化が認められましたし、既存の行政書士の事務所ほか他の「士業」の事務所で行政書士の求人が出るチャンスはこれから増えるチャンスがあります。 求人が出ていなくても周辺の事務所に直接連絡して、行政書士を取らないかと自分を売り込んでいくことも大事になっていきます。 宅建の求人の状況 宅建は、行政書士とはむしろ求人の事情が逆だといえます。 宅建はよく知られていますが「不動産の商取引を行う事業者が、必ず事業所内に配置しないといけない」決まりがあります。 それも 宅建の有資格者を、「5人に1人」の勘定で配置しないといけないのです。 この決まりがある限り、宅建の求人はいつでもどこでも出続けます。 宅建の資格があれば、年齢や性別、学歴や職歴を問わず就業できるチャンスがたっぷりと与えられるのです。 ……あえていうと、不動産の仲介のような事業所は昔から人の出入りが激しい傾向もあります。 成果が出せないといづらくなって辞めるパターンが常識化している例もありますね(辞めても次の求人を探しやすい資格でもありますね。 同じ不動産業界でも、もっと安定した部門に宅建の資格を使って就職することもできますし)。 行政書士と宅建だったら、求人をあてにしやすいのは間違いなく宅建のほうですね。 宅建だったら、求人も常にあるわけですし、「身を守る」という意味では頼もしい資格です。 行政書士の場合は、求人が出そうな企業や事務所を先に探しておくような準備をしておくほうが得策になるでしょう。

次の