郵便局 振込 時間。 郵便局の窓口は何時から何時まで?土日の営業時間は?祝日休み?

郵便局の営業時間やゆうちょ銀行のATMの利用時間・手数料まとめ

郵便局 振込 時間

オークションや通販などでお金を銀行に振込むことになったという方 ・家の近所のコンビニATMから振込ってできるの? ・キャッシュカードを持つ地方銀行の〇〇銀行からセブンイレブンやローソンから振込はできるの? ・現金だけで振り込みできるの? 振込のやり方が分からない といった疑問に初歩からやり方や振込みができるかを解説していきます。 まずはポイントからお答えします。 でも自分のカードがATMで提携銀行で、振込ができる銀行か確認が必要。 それぞれのページから確認しましょう。 銀行のATMでやらないといけません。 コンビニのATMでよくやる手続きは『お金の引き出し』ですね。 お金は引き出せるけど、振込ってできるの?という素朴な疑問をもつと思います。 今のコンビニATMは振込もできるようになってますよ。 ただしできるんですが2つの条件があります。 例えばセブンイレブンのATM 「私は横浜銀行のカードしかないよ」「僕はみずほ銀行のしかない」だとセブンイレブンのATMを使っては振り込みができません。 出金はできます。 下の銀行のキャッシュカードからでないとセブンイレブンは振込できません。 セブンイレブンATM対応 ・三菱UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・愛知銀行・愛媛銀行・熊本銀行・群馬銀行 ・四国銀行・静岡銀行・親和銀行・千葉銀行・東邦銀行・鳥取銀行・西日本シティ銀行・八十二銀行・広島銀行・福井銀行・福岡銀行・北越銀行・セブン銀行 下が「セブンイレブン」「ローソン」「ファミマ」のATMに対応した提携銀行の一覧のページです。 逆にいうといくら提携銀行の口座を持ってても、通帳しかなくて、カードがないと振込できません。 また スポンサーリンク ATMの画面を見ると、カードを投入口に入れると取引がスタートするという画面が出ています。 カードを投入口に入れます。 三菱UFJのカードで振込みを行ないました。 そうするとどの取引を選ぶかの画面が出ますから、カード振り込みの ボタンを画面で押します。 キャッシュカードの暗証番号を入力します。 暗証番号はカード投入口の下にある1~9の入力ボタンを押します。 相手に振り込みをする金額を入力します。 こちらも 1~9のボタンを押します。 次に振込先の相手の銀行名を指定します。 まずは銀行というボタンを押します。 相手の銀行名の最初の頭文字を選択・カタカナで頭文字を選択すると銀行名が出てきます。 (例 みずほ銀行ならミを選択) 支店名の選択をします。 普通預金を選択します。 自分の電話番号を入力します。 最後に確認画面が出ますから、間違いがないか確認して問題なければ 画面右下にある「次へ」を押して終わりです。 キャッシュカードと明細を受け取り忘れないようにしましょう。 でもゆうちょの口座の情報は普通の銀行とちょっとちがいます。 ・記号 5ケタ ・番号 8ケタ という独特な口座情報です。 これを普通の銀行から振り込めるように 相手のゆうちょの口座の情報を ・支店 3ケタ ・口座番号 7ケタ に変換しないといけません。 コンビニに行く前に変換してメモしておきましょう。 何を言ってるんだ~と意味が分からない方は下のページで私がゆうちょの振り込み方の仕組みを解説しましたのでご確認ください。 セブンとローソンはできない ファミリーマートの店舗でなら一部でゆうちょATMが設置されています。 そこでなら、自分のゆうちょのカードから振込が可能です。

次の

郵便局の営業時間で振込は何時まで?ゆうちょATMでの振込なら何時まで?

郵便局 振込 時間

貯金窓口• 保険窓口• 郵便窓口 です。 それぞれ別々の業務として考えてくださいね。 貯金と保険は一緒の窓口になっていることも多いです。 振り込みなどは貯金窓口の利用ですね。 郵便局 貯金窓口と保険窓口の時間 平日 9:00~16:00(一部 10:00~17:00 、9:00~18:00) 貯金も保険も16時までの郵便局がほとんどです。 郵便局が開いていても16時をすぎると窓口での振込などはできなくなります。 17時・18時までやってる窓口も数は少ないですがあります。 ただどうしても人が集まってしまうので待ち時間も長いです。 なので銀行でするようなこと(振込とか)は16時までと思っておくといいかと思います。 貯金と保険の窓口は土日祝日は営業してません。 郵便局 郵便窓口の時間 普通郵便物だけなら切手を貼ってポストに投函でもOKです。 でも簡易書留のオプションをつけたり、内容証明など重要な書類を贈る場合はどうしても窓口に行く必要がありますよね。 この郵便窓口は郵便局によって営業時間が違います。 郵便局は中央郵便局などの郵便物が集まる大きなところと、町の小さな郵便局があります。 大きい郵便局 9:00~19:00 小さめの郵便局 9:00~17:00(一部 10:00~18:00) 基本的には17時までで、大きい郵便局は遅くまでやってるということになります。 郵便物を出したり受け取ったりするのは郵便局が開いていれば可能です。 この営業時間内でなくても、大きい郵便局の郵便窓口に限っては時間外の「ゆうゆう窓口」というものがあります。 ゆうゆう窓口の時間 時間外の郵便窓口である「ゆうゆう窓口」は郵便局によって営業時間が違います。 20時までだったり、都市の中央郵便局は24時間営業で深夜もやっていたり、さまざまです。 ちなみに朝は8時から開く窓口も多いですよ。 やってるかやってないか微妙な時間に行くのであれば、行く予定の郵便局の営業時間を調べてからの方がいいかと思います。 スポンサーリンク 郵便局 土日の営業時間について 基本的に郵便局は平日のみの営業ですが土日休日もやっている大型郵便局もあります。 でも貯金と保険の窓口は完全に平日のみの営業なので、全ての郵便局において土日・祝日など休日はやっていません。 開いていても郵便窓口(もしくはゆうゆう窓口)です。 土日・祝日に郵便窓口が開いているのは大型の郵便局や、都心・繁華街にある郵便局です。 ただし内容証明は一部の郵便局では平日しか取り扱いが出来ないようです。 あらかじめ郵便局に確認しておく方がいいですね。 郵便局の営業時間 土曜日 9:00~15:00(一部 9:00~17:00、10:00~18:00など) ゆうゆう窓口については24時間営業もあれば8時から営業している郵便局もあります。 郵便局の窓口 日曜日 日曜日は郵便窓口もゆうゆう窓口も営業時間がバラバラです。 午前中で終わりの場所があるので注意しましょう。 郵便局は祝日休み? 郵便局は祝日は日曜日と同じ扱いになります。 つまり大型郵便局や繁華街ならやっているところは多く、町の小さめの郵便局はお休みです。 その他には集配している郵便局ならゆうゆう窓口がやっていることが多いです。 保険や貯金の窓口はやってませんがATMならやっていることが多いですよ。 スポンサーリンク 郵便局の窓口は何時から何時まで?のまとめ 貯金と保険の窓口は土日祝日はやってません。 でもATMで可能なことであれば窓口を待たなくても良いかもしれません。 払込や返済などはATMでも出来る場合がありますよ。 郵便窓口については大型郵便局を探せば、ゆうゆう窓口があったり24時間営業してたりします。 ゆうパックであればローソン、ミニストップ、セイコーマートのコンビニ(一部店舗を除く)で取扱いしているので大型郵便局を探さなくても差し出せます。 平日の昼以外にもできることはあるので、まずは行きやすい郵便局の時間をチェックしてみてくださいね。 ゆうゆう窓口がある郵便局を調べることもできますよ。

次の

振込(他の金融機関口座への送金)

郵便局 振込 時間

2019年10月27日現在の都市銀行の振込手数料比較。 消費税込み。 自行は本支店宛て。 同一支店は含まず。 電信扱い。 他行宛ての振込手数料は、窓口の場合、振込金額3万円以上なら、どの銀行でも880円もかかります。 ネット振込の場合は、三菱UFJ銀行が3万円以上でも330円と他より安めの設定。 窓口振込よりもATM振込、同じATM振込でも現金よりキャッシュカードによる振込を安く設定している銀行が多いですね。 ATMでは現金による10万円超の振込はできません。 キャッシュカードによるATM振込とネット振込は、同額の銀行と、ネット振込のほうが安い銀行に分かれます。 銀行に行く手間やATMの利用時間の制約を考えると、ネット振込は便利で安いということになります。 優遇サービスで振込手数料がもっと安くなる 振込手数料は、各行が実施している優遇サービスを利用することで、もっと安くなるケースがあります。 優遇サービスの確認をお忘れなく。 上の表でマス目が青くなっている部分は、取引状況に応じて手数料が無料など割安になります。 各行の優遇サービスのおおまかな内容は以下の通りです。 みずほ銀行「みずほマイレージクラブ」 残高50万円以上などの条件を満たすと、ATM(カード利用)やネットでの自行や他行宛ての振込手数料が月1回無料に。 残高500万円以上などの条件を満たすと月4回まで無料に。 ネットまたはATMでの振込が対象です。 三菱UFJ銀行 「スーパー普通預金(メインバンクプラス)」 残高500万円以上または住宅ローン借入れで(完済後2年間まで対象)、他行宛てネット振込手数料が月3回まで無料になります。 三井住友銀行「SMBCポイントパック」 2018年4月よりサービス内容が改訂され、新ポイントは振込手数料の割引には使えなくなりました。 りそな銀行「りそなクラブ」 「りそなクラブ」に入会すると取引をポイントに換算し、ポイント数に応じてネット振込手数料が半額または無料になります。 さて、ネット銀行の振込手数料はどうなっているのでしょうか? 主なネット銀行の振込手数料比較 ネット銀行では、ネットでの他行宛て振込手数料が月数回無料になるところがあります。 2019年10月28日現在のネット銀行の振込手数料比較。 消費税込。 楽天銀行はハッピープログラムにエントリーし、口座で給与や年金を受け取ると他行宛て振込手数料が3回無料になる。 ソニー銀行はSony Bank WALLETを持っていれば月2回まで無料に。 楽天銀行は通常は表の手数料がかかりますが、給与や年金の受け取りがあれば月3回まで無料になります。 ちょっと変わっているのは大和ネクスト銀行です。 自分名義なら他行宛てでも振込手数料が無料、他人名義他行宛てでも月3回まで無料で振り込めます。 ネット銀行は、都市銀行に比べて他行宛て振込手数料が安い傾向にあります。 とはいえ、先に紹介した優遇サービスを使えば、都市銀行も負けてはいません。 優遇サービスに申し込むというひと手間で、手数料が安く済みます。 新生銀行はネット専業ではありませんが、ネットでの他行宛て振込手数料が割安なので、表に入れました。 月1回無料、さらに、取引状況に応じて月5回または10回まで他行宛て振込手数料が無料になります。 無料回数を超えた分は、取引状況により314円/210円/105円の手数料がかかります。 流通系の銀行は振込金額にかかわらず一律 流通系銀行といわれるイオン銀行とセブン銀行の振込手数料についても、紹介しておきましょう。

次の