ガスト ファレミス。 エアリス・ゲインズブール (えありすげいんずぶーる)とは【ピクシブ百科事典】

Gast Faremis

ガスト ファレミス

プロフィール [ ]• 年齢:22歳 出身:アイシクルロッジ(育ちはミッドガル)• 血液型:O型 身長:163cm• 声 - (KH以降)、(7歳・)• 武器:ロッド。 『』の戦闘メンバーでは唯一、回復や補助に特化したリミット技を持つ。 魔法を使った戦法を得意とする。 人物像 [ ] ミッドガルにて、この地では育たないとされる草花を、廃墟となった教会と自宅の庭で育てていた。 星と語り、星の力を操ることができる「」の末裔で、唯一の生き残りであり、星のエネルギーが豊富な土地「約束の地」を見つける能力を持つ。 その不思議な能力のせいで巨大企業・神羅カンパニーに狙われていたところ、何でも屋のクラウドと出会う。 彼女はデート1回の報酬でクラウドにボディーガードを依頼し、以後行動を共にすることになる。 性格 [ ] 性格は一見すると大人しそうにも見えるが、天真爛漫で非常に明るく行動的。 ジュノン運搬船にてクラウドに飛空艇へ一緒に乗る約束をしたり、ゴールドソーサーで2人きりで行動しようとしたりと、恋愛にも非常に積極的。 その反面、コスモキャニオンでの話を聞き、自身について思い悩む姿を見せている。 また、ゴールドソーサーに向かった際コレルでの事件を引きずるバレットに対してあえてはしゃいで遊びに行こうとし、たしなめようとするティファに「こういう時は却って気を使わない方がいい」と助言したり、セフィロスに操られ不安にかられるクラウドに、セフィロスのことは自分に任せて今は自分が壊れてしまわないように自分のことだけを考えていればいいと語りかけたりと、快活な素振りを見せる一方で他者に対して思慮深い一面を見せることが多い。 彼女の真っ直ぐな性格は過去のことがきっかけで心を閉ざしていたクラウドの心を開くきっかけとなった。 外見 [ ] 付属の説明書に「神秘的で美しい女性」とあり、ゲーム中ではコルネオから「細っこいおなご」と形容されることも。 『FFVII』開発者のによると「外国人の女の子」のようなビジュアルをイメージしていたとある。 衣装はピンクのロングワンピと赤のショート丈のジャケット。 『FFVII』と『FFVIIAC』では微妙にジャケットのデザインが変更されている。 また、リボンの色もシリーズによって赤色のデザインとピンク色のデザインが用意されている。 幼少期 [ ] 実父はガスト・ファレミス。 元神羅カンパニーの科学者でジェノバと名付けた仮死状態の古代種を発見し、今や数える程度となった古代種の繁栄のため「ジェノバ・プロジェクト」を進めていたが、あることをきっかけに神羅から逃げるように脱退する。 その後イファルナと結婚し、アイシクルロッジにてエアリスを授かることになる。 しかしエアリスの生後わずか20日で、研究の後を継いだ宝条博士らに居場所を突き止められ殺害されてしまう。 実母のイファルナは最後の純血古代種である。 そのため、ガストの殺害時にイファルナとエアリスは研究サンプルとして神羅カンパニーの研究所に強制連行されてしまう。 その後およそ7年もの間、エアリスは母親と共にミッドガルの研究所で過ごすこととなる。 7歳の時イファルナと共に研究所を脱出し、ミッドガルのプレート下にあるスラム街へ逃亡する。 しかしその道中の駅構内でイファルナは力尽きてしまう。 イファルナは最後の力を振り絞り、泣き叫ぶエアリスをなだめ、その場に居合わせた女性・エルミナにエアリスを託すとそのまま息を引き取った。 その後、養母であるエルミナの家で一人娘として、エアリスは22歳まで過ごすことになる。 出兵中だったエルミナの夫が戦死して星に還り、魂だけになってエルミナに会いにきたと話す等、幼少期からすでに古代種としての特殊能力を開花していた。 また、その出来事の後に神羅カンパニーに居場所を突き止められ、以降、タークスに付け狙われる日々が始まる。 しかし、エアリスの協力を必要と考えていた神羅は強引な行動は取らず、どちらかといえば貴重な古代種の最後の生き残りであるエアリスに危害がないよう、タークスが影で見守る役目を担っていた。 タークスの現リーダーであるツォンは、幼少期からエアリスと付き合いがある数少ない人物の一人である。 5年前 [ ] 『FFVII』の過去(5年前)のストーリーである『CC FFVII』に、彼女の5年前の姿が描かれている。 その当時から彼女は教会で花を育てており、大切な人を連れていってしまうかのような空に恐怖心を抱いていた。 この頃出会った神羅のソルジャー・ザックスが彼女の初恋の相手となった。 エアリスは「戦うことを好む」ソルジャーに対して恐怖心を抱いていたが、明朗で親しげに接するザックスに対しては恐怖心を覚えず、打ち解け合う。 しかしザックスとは ニブルヘイムでの任務の途中で音信不通となり、その後再会することはなかった。 FFVII本編 [ ] スラムの教会で花を育てていたところ、クラウドと遭遇。 タークスに追われるが彼に助けられ、デート一回を報酬にボディガードを依頼する。 この際、クラウドがザックスと似ていることを話しているがクラウド自身は記憶を失っていたので気づかなかった。 その後、クラウドと別れた間隙を突かれ神羅ビルに拉致され、宝条の実験体にされるがクラウド一行に救出される。 彼らと共にミッドガルを抜け出した後、セフィロスを追うクラウドの旅に同行することを決意する。 古代種の神殿では精神崩壊を起こしたクラウドに押し倒され、殴打される。 しかしクラウドを怨んではおらず、「セフィロスのことは置いといて自分のことを考えて」と助言を残し、仲間達に告げることなく単身「忘らるる都」へと赴く。 以降は完全にPTから外れ復帰しなくなる。 イファルナより託されていた白マテリアを用いて、メテオの対抗手段ホーリーを発動させる。 だがそれを察知したセフィロスが放ったジェノバにより命を奪われてしまう。 ストーリー終盤でエアリスと会った教会に行くと花を育てている幻影として現れるが、近づくと消えてしまう。 セフィロスが滅ぼされた後は、クラウドに向けて手を差し出しライフストリームの渦から助け出し、ティファの元へと導いた。 なお、エアリスの生家にある映像記録を再生すると、母方の伯父(エアリス誕生前に他界)もいた事が伺える。 交友関係 [ ] エアリス自身は「自分のことを知っている人は少ししかいない」と言っていたが、彼女を慕うものは少なくない。 幼少期から彼女を見守ってきたタークスのツォンは彼女に特別な感情を持っていたようで、その事実はゴンガガのレノとルードの会話で読み取ることができる。 バレットの娘マリンは『FFVIIAC』でエアリスの髪型を真似ており、モノローグで「大好きな人」とエアリスのことを表現している。 レッド13は後に飛空艇でエアリスに鼻をなでて貰うのが好きだったとクラウドに打ち明けている。 また、飛空艇内でシドに話しかけるとエアリスを乗せてやりたかったと話す。 ティファとは仲が良く、2人で過ごす姿をコスモキャニオン等で見ることができる。 その他 [ ]• 本作攻略本「解体新書」にて「エアリス」という名は英語の"Earth"(地球)の読み方を変えてつけられ、前髪がセフィロスに似ているが、これは初期設定で両者が腹違いの兄妹という関係だったためということが語られている。 また、同じく解体新書にては「エアリス殺しましょう、ティファだしましょう」とコメントしたと紹介されているが、後日にそれは自分の意図しない意訳的な表現であり、また、正しい表現に差し替えを希望したが手遅れだったと述べている。 ティファとエアリスは見た目と性格を正反対にしたと解体新書で語られている。 坂口博信は後のインタビューで、「作ったときはあそこまで(反応があると)思っていなかった。 『殺しちゃえ』という感じでした」と語っている。 エアリスが登場する作品 [ ] FFブリゲイド モバゲーのゲーム。 FFRK(レコードキーパー) エアリスのドット絵版が登場する『FF』のアプリ。 CCFF7 『FFVII』の作中から約5年前を舞台にしたゲーム。 エアリスがヒロイン。 FF7AC 『FFVII』のエンディングから2年後を舞台にした映像作品。 クラウドや子ども達の前に姿を現し、カダージュたちを救っている。 シアトリズムFF ファイナルファンタジーシリーズ初の音ゲー。 DDFF 唯一のアシスト専用キャラクターとして登場。 天野喜孝デザインの衣装をはじめ、通常キャラクター達と同等数の衣装が用意されている。 LRFF13 主人公ライトニングの衣装にエアリスの衣装が登場。 FFT エアリスという花売りの少女が登場。 『FFVII』本編のエアリスとは別人であるが、古代種でないことを除けばほぼ同じ設定である。 KH1 ディズニーとスクウェアエニックスのゲーム。 クラウドたちとエアリスの再会が叶うエンディングが登場。 KH2 エアリスの衣装がリニューアルされ、再登場。 スカイリム エアリスの衣装が登場するゲーム。 ガンスト2 エアリスの衣装が登場するゲーム。 ARTNIA 期間限定でクラウドとエアリスをイメージしたパフェが登場した。 On the Way to a Smile 小説。 ライフストリームWHITEという短編にエアリスが登場する。 FFWWWW エアリスが登場するタイピングゲームアプリ。 その他多数のアプリゲーム等に登場している。 脚注 [ ]• 『ファイナルファンタジーVII』取扱説明書• クライシスコア ファイナルファンタジー7 ザ・コンプリートガイド インクルーズ ストーリー&ビジュアルアーカイブ. メディアワークス. 2008年1月9日• 離脱時にエアリスの装備していた武器、防具、アクセサリーは失われてしまう(マテリアは無くならず外される)。 『キングダム ハーツ アルティマニア 増補改訂版』(スクウェア・エニックス、2005年)525頁• 2018年1月19日閲覧。 参考文献 [ ]• FF7解体真書 スタジオベントスタッフ著• ファイナルファンタジーVII 解体真書 ザ・コンプリート スタジオベントスタッフ著• On the Way to a Smile Final FnatasyVII 野島一成著• Final FnatasyVII スクウェア・エニックス 関連項目 [ ]•

次の

Gast Faremis

ガスト ファレミス

ガスト・ファレミス 元神羅カンパニーの研究者 ガストは元の研究者で、宝条の前の科学部門統括。 研究の一人者で、古代種再生計画であるジェノバ・プロジェクトの最高責任者でもある。 非常に優秀な科学者で、「天才」と称され、あの宝条も一目置く存在だった。 セフィロスが歪む原因 ガストはジェノバ・プロジェクトを立ち上げた人物なのだが、これがセフィロスが歪む原因となる。 ガストは地層から発見された謎の生物を古代種と勘違いし、ジェノバと名づけた。 このジェノバを使って古代種を復活させる計画としてジェノバ・プロジェクトを立ち上げたが、胎児にジェノバの細胞を埋め込む被験体となったルクレツィア・クレシェントの体に異常が起きたことで「ジェノバが古代種ではない」ということに気づき、神羅を抜ける。 ガストが計画を手放した後は、後任の宝条に引き継がれることになる。 ガストが「ジェノバが古代種」という勘違いをしなければセフィロスにはジェノバ細胞が植えつけられなかったわけで、セフィロスが自身の出自を知って狂気にかられることもなかった。 言ってしまえば、悪意があったわけではないが、FF7における元凶とも言える存在である。 エアリスの父親 ガストはFF7ヒロインのエアリスの父親で、古代種の最後の生き残りであるイファルナと結婚している。 エアリスが生後30日の時に古代種研究を続けていた宝条が突如現れ、研究サンプルとしてイファルナとエアリスの身柄を要求される。 「私は神羅とは手を切ったのだ。 宝条くん、帰ってくれたまえ」と要求を拒否し、彼女たちを守ろうと暴れるものの、神羅兵に撃たれて死んでしまった。

次の

【FF7】ガスト・ファレミスについてまとめてみた【エアリスの父親の天才科学者】|サブかる

ガスト ファレミス

年齢:21歳ファイナルファンタジーVII• 誕生日:8月11日• 血液型:AB型• 身長:173cm• 出身地:ニブルヘイム• 武器 : 大剣。 大剣を使った攻撃力抜群のリミット技や 攻守バランスの良いメインアタッカー。 概要 本作の主人公。 めちゃくちゃカッコよいビジュアルで世界各国のメディアでのシリーズ歴代人気キャラクターランキングでも1位に選ばれる等、シリーズ屈指の人気キャラクターでもある。 FFVII』スタート直後はなんでも屋を営んでおり、かつて神羅カンパニーの私設エリート部隊「ソルジャー」にいたころは、クラス1st(最高ランク)であったと自称している。 しかし実際は神羅カンパニーにソルジャー志願で入社するが、実力はありながらも体質的な問題と精神的な問題から、最下級ソルジャー・クラス3rdよりもさらに位の低い一般兵士として採用され、後にザックスと共に殉職扱いとなっているため、正式には「元一般兵」が最終経歴となる。 『FFVII』の2年後の『FFVII AC』では「ストライフ・デリバリーサービス」という運び屋を営むようになる。 少年時代は内気な性格が災いして友達もなく孤独だった。 8歳の時、死んだ母親に会えると信じて、禁止されているニブル山を越えて行こうとしたティファをこっそり追いかけるが、つり橋の崩落で共に転落する。 クラウドは軽傷で済むが、ティファは7日間意識不明の重体に陥り、娘を助けに来たティファの父にクラウドが彼女を連れ出したものと誤解され、激しくなじられる(ティファ本人が事故の前後を覚えていなかったため、その誤解が解かれることはなかった)。 更には村の子供たちとも喧嘩をするなど荒れてしまい、村八分にされてしまう。 その後、憧れのセフィロスのような英雄になりたい、という想いから、14歳のときに「ソルジャーになる」とティファに告げ村を後にする。 ティファにそのことを告げたのは、ソルジャーになれた自分を認めてもらえればティファだけではなく村人たちにも認めてもらえると考えたため。 前述の通りティファは事故の記憶がなかったので、なぜ大して親しくもないクラウドがそんなことを言いにきたのか疑問に思っていた。 性格 『FFVII』のゲーム開始時からある時点までよく口にする「興味ないね」という台詞が端的に示すように、興味の対象外である会話には積極的に参加しないばかりか突き放す物言いをするので、他者に対し冷ややかな性格であると受け取られる。 自身の利益にしか関心がない態度で接するので、雇い主のバレットからの受けが(元神羅関係者という理由もあり)悪いなど、人間関係の構築を積極的に行う性格ではない。 加えて、極めて守銭奴な一面を見せており、バレットやティファ達アバランチに報酬の増額を要求するほか、初心者の館でゲームシステムを説明する際にわざわざ「しかも無料でだ」などと強調するような言い回しをするなど金にうるさい性格。 彼の経歴の一部は後述する人体実験の後遺症によって形作られた記憶であり、『FFVII』では物語が進むにつれて元の記憶を取り戻してゆく事となる。 幼少期は友達がおらず、故郷でのティファと母親以外の交友関係は皆無に等しく、それによる自分の周囲に馴染めない孤独感や虚しさを「自分は特別だ」と思い込む事で自分を誤魔化して孤独な生活を送っていた。 その後神羅に入社した後もそれはあまり変わらず、ソルジャーになれなかった自分を恥じたために、帰郷した際も母親以外の村人に自分の正体を隠していた。 クラウドの本質は、多少無口で積極的でないところと「興味ないね」という口癖は擬似人格と共通しているが、実際は単に引っ込み思案な上、人付き合いが苦手で、責任感が強い内気な青年である。 意地を張ってそれを隠している反面、自分のその弱さを自覚しているため、それを克服する手段を模索するなど、前向きで芯の強い気質もある。 また優しく、仲間思いな性質も持ち合わせており、元の性格を取り戻した後、乗り物酔いでうな垂れているユフィに後述の酔わないコツを教えたり、メテオに突撃しようとしているロケット「神羅26号」から脱出時に事故に巻き込まれ破片に挟まれ「オレ様にかまうな、早く行け! 」と告げるシドに対し「仲間を見捨てて行けるわけがない」と返し破片撤去を試みたりしている。 また、擬似人格の頃でも仲間の中にスパイがいる可能性がある事を知った際に「俺は皆を信じるよ」と仲間を全く疑わない発言をしており、実際にスパイがいたことが判明した際は「ショックだ」と肩を落としている。 これらから本来の素直な性格の一端をうかがうことが出来る。 興味がないと言いながらも何事にも興味を示し、案外ノリの良い性格であり、作中ではコミカルな言動を多々見せる。 『FFVII』の戦いで、内向的な性分を乗り越えたかのように思えたが、この精神面での根本的な弱さは思うよりも根強く、『FFVIIAC』ではようやく手に入れた平和な日常への戸惑いやエアリスを守れなかった事、ザックスへの自責の念、また星痕の発症により、自身の死期を悟ったクラウドが仲間達の元を離れ、スラムの教会で最後を過ごそうとするなど、自分を追い込む行動も多い。 それでも決して心底弱い訳でもなく、このような状況に陥る度に仲間に諭されてそこから立ち直り、眼前の危機に立ち向かい、成長していく。 エアリス・ゲインズブール• 年齢:22歳• 出身:アイシクルロッジ(育ちはミッドガル)• 血液型:O型• 身長:163cm• 武器:ロッド。 FF7の戦闘メンバーでは唯一、回復や補助に特化したリミット技を持つ。 魔法を使った戦法を得意とする 概要 ティファと並ぶヒロインの一人。 茶色の髪に、緑色の瞳を持つ。 ピンクのロングのワンピースに、赤いジャケットを羽織っており、長い髪は巻き毛。 母親の形見であり、物語のキーを握る「白マテリア」をリボンとともに身につけ持ち歩いている。 普段はミッドガル五番街のスラムにて花売りをしており、教会で育つ草花の世話をしていた。 ゲーム序盤でクラウドに花を買わないか聞いてくるのが最初の出会い。 その後、教会の屋根を突き破り落ちて来たクラウドと再会、以降は神羅と敵対する彼等と行動を共にする様になる。 過去に憧れていたソルジャー、ザックスに似たクラウドに上記の通り好意を持ち、それと同時に違和感を持っていた様で、本当のクラウドに逢いたがっていた。 自らを「セトラの民」と称する古代種の生き残り。 彼女しか存在しないとされる種族であり、プレジデント神羅はセトラの知る約束の地を魔晄エネルギー豊富な土地と思い込んでいるため、神羅カンパニーに監視されている。 父は元神羅カンパニー科学部門統括ガスト・ファレミス博士。 母は最後の純血古代種イファルナ。 父が普通の人間であったため、正確にはエアリスはハーフ。 そのため「星の声をはっきりと聞き取りきれない」など古代種としての能力は純粋な古代種よりも劣っている。 父ガストはエアリスが生まれてまもなく後任の宝条博士に暗殺され、母イファルナと共に古代種である為に神羅に拉致され監禁されて育つ。 その後イファルナはエアリスを連れて脱走するが、その道中で死亡。 幼いエアリスは母の死に居合わせたスラム街の住人エルミナ・ゲインズブールに引き取られた。 その後、エアリスの居場所を突き止めた神羅のタークスツォンから戻るよう言われるも拒否し、約束の地を求める神羅もエアリスの機嫌を損ねることは避けたかった為、神羅から監視されながらスラム街で育った。 昔から神羅のせいでさんざんな目に遭っているため神羅を嫌っているが、それ故に監視役のツォンは自分の小さい頃からの数少ない顔見知りであり、彼には単なる敵とは割り切れない複雑な感情を持っている様子。 性格 服装は上品で大人しめで、一見すると清楚でおとなしい女性に見えるが、その性格は明るく大胆で積極的。 押しが非常に強く、思ったことは遠慮なく口に出し、危険なことにも平気で足を突っ込みたがる。 好意を持ったクラウドへのアタックは積極果敢であった。 快活そうな外見に反して控え目なティファとは好対照である。 ティファとは恋のライバルであると同時に、仲の良い友人でもある。 ティファ・ロックハート• 年齢:20歳• 出身:ニブルヘイム• 血液型:B型• 身長:167cm• 武器:グローブ。 彼女のリミット技はザンガン流格闘術をベースとする格闘技のコンボである。 なお、リミット技の仕様は他キャラクターと異なり、レベルを上げると使用可能な技が増えていく。 ただしスロットであるため威力が安定しない。 概要 FF7ヒロインの一人。 熱狂的なファンも非常に多い美人キャラ。 反神羅組織「アバランチ」のアジトであり、スラムの第七区画にあるバー「セブンスへヴン」の看板娘で、アバランチメンバーの一人。 格闘のプロである。 主人公のクラウドとはニブルヘイムで暮らしていた頃からの幼馴染であり、当初は面識の薄い近所の子という程度の関わりだったが、とある出来事から仄かな恋心を寄せるようになる。 しかしクラウドが鈍感だったり、自身が素直になりきれないことからその想いを伝えられないでいる。 母親とは8歳の時に死別し、父親も5年前のニブルヘイム事件で亡くなった。 その際、事件を起こしたセフィロスを追って単身でニブル山の魔晄炉へ向かうが、返り討ちで斬られ重傷を負った。 その後、師匠のザンガンに助けられてミッドガルへ運ばれ、以降は七番街スラムで生計を立てている。 生まれ故郷ニブルヘイムの村長の娘として育ち、クラウドを含め村の少年達の憧れの的でもあった。 性格 服装は活発的で、へそが見える白いタンクトップに黒いサスペンダー付きのタイトのミニスカート。 普段は気立てが良く世話好きの女性として振舞っているが、快活そうな外見とは裏腹に控え目かつ奥手な性格。 自分の気持ちを表に出すことは苦手で、責任感が強いせいか何か悪いことが起こると自分の所為ではないかと考え、1人落ち込むこともある。 そのためクラウドに好意を持ちながらもそれを伝える事ができず、また自分の知る過去と食い違うクラウドの過去に関する発言に疑問を持ちながらも口を出せずにいた。 エアリスとは出会った当初から恋のライバルであり、また仲の良い友人となる。 旅の道中でもたまに二人で行動していることがある。 バレット・ウォーレス• 年齢:35歳(『ファイナルファンタジーVII』での年齢 )• 誕生日:12月15日• 血液型:O型• 身長:197cm• 出身地:コレル• 武器 : ギミックアーム HPや精神ステータスが全キャラ中最高で、さらに武器のほとんどが遠距離攻撃なこともあって後列に配置されるので生存能力が高い。 さらに見た目どおり力もトップクラスなので単純な殴り合いに強いが、最大MP、まりょく、すばやさ、かいひりつは最低クラスである。 概要 反神羅組織「アバランチ」のリーダー。 元来は出身地コレルで炭鉱夫として働いていた。 マリンという娘がいるが彼女は親友ダインの娘であり、実子ではない。 故郷と妻を奪った神羅カンパニーへの復讐を誓い、アバランチを結成する。 そのため当初は神羅に所属していた過去を持つクラウドと対立する。 自分からすべてを奪った神羅に対する強い復讐心がその行動の源であり、そのためなら無関係の人間を巻き込む事も厭わないが、物語が進むにつれて過剰な復讐心から解き放たれていき、戦う動機が復讐からマリンを守ることへと変化していく。 前述通り当初はクラウドをあまり信用していなかったが、エアリス救出のために神羅ビルに侵入しようとする姿を見て考えを改める。 性格 アバランチのリーダーという立場からパーティーメンバーとしてのリーダー意識が強く、『FF VII』序盤の場面では「リーダーは最後まで残るもんだ」「リーダーと言えば俺しかいねぇ」といった台詞があり、仕切りたがりな一面を覗かせる。 しかし物語が進むにつれて考え方が変わり、中盤にクラウド、ティファの両者が離脱した際には、自身ではなく飛空艇ハイウインドの艇長であるシドをリーダーに指名している。 しかしそれでも仕切りたがりの性格は根強いらしく、リーダーに就いたばかりのシドにあれやこれやと指示を出し、ユフィにシドが使いっ走りだと思わせてしまっている。 マリンを溺愛しており、その親バカぶりは周囲から呆れられる程。 ゴールドソーサーでのデートイベントでの相手として登場する際の会話では、クラウドがマリンに目をつけているという誤解までした。 『FF VII』の後は、マリンをティファに預けて油田を探している。 今回ではFF7の世界観と序盤に登場するキャラクターを紹介しました。 次回は仲間キャラも紹介していきます.

次の