ご都合はいかがでしょうか。 「いかがでしょうか」は上司や取引先で使える便利なフレーズ!言い換できる言葉やシチュエーションを確認

依頼/催促時の「いかがでしょうか」の使い方と例文

ご都合はいかがでしょうか

主に、こちらから電話をかけた時に使われる表現です。 相手の様子がわからないため、本題に入る前に「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞くことが多いです。 話していて大丈夫か確認する意味合いで使われます。 本題に入ってしまうと、なかなか電話を切るのが難しくなります。 「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞くことによって、手が離せない状態であった場合には、断るタイミングを作ることができます。 「申し訳ありませんが、立て込んでおりますので折り返しご連絡申し上げます」と伝えて切るのが良いでしょう。 打ち合わせの日程を決める時などに、「いつがご都合よろしいでしょうか?」と電話やメールで聞くことがあります。 似た表現として、「ご都合いかがでしょうか」という言い方もあります。 この2つは、似ているようですが使い方に明確な違いがあります。 勝手に日時を決めておいて「ご都合よろしいでしょうか?」と聞くのは押し付けがましく、失礼にあたります。 こちらから日時を提示するのであれば「ご都合いかがでしょうか」を使い、向こうから日時を提示してもらう場合には「いつがご都合よろしいでしょうか」を使います。 日時が決まってしまっているイベントに誘う時には、「ご都合がよろしければお越しください」といったように、相手に配慮した表現を選びましょう。 「間違いないでしょうか?」「合ってますか?」と確認する意味合いです。 取引の最中に認識が食い違ってしまうと、後々大きなトラブルになりかねません。 話が噛み合わないと感じる場面があったり、違和感を持つ場面があったりした場合には、認識に食い違いがないかどうか確かめることが必要になります。 「明日の会議の資料は、この内容でよろしいでしょうか?」といったように、上司に許可をもらう時に使われる言葉です。 資料の内容が決まっている場合は良いですが、上司にお伺いを立てるのであれば「いかがでしょうか」を使います。 資料の内容について検討が必要な時には、上司の意見や感想を求める必要がありますよね。 「よろしいでしょうか」を使ってしまうと、許可や同意を求めていることになります。 自分の考えを「これでいいよね?」と押し通そうとしているような印象を与えるため、言葉の使い方に対して敏感な人は不快になる可能性もあります。 「よろしいでしょうか」は、「はい」か「いいえ」で答えられる質問に使われます。 「よろしい」は「よい」の丁寧な表現なので、「よろしい」か「よろしくないか」を聞いていることになります。 「いかがでしょうか」は、漠然と聞く表現であり、意見や感想を求める時や押し付けがましくならない方が良い場面で使われます。 親しい間柄であれば、「大丈夫です」という返答が一番伝わりやすく、わかりやすいでしょう。 上司から部下に対してであれば、「宜しい」と許可を与える返答・確認に対して同意を示す返答も使われます。 「構いません」と「問題ありません」は、ビジネスシーンでも使われることがあります。 しかし、目上の人へ使うのであれば、より丁寧な敬語表現を選ぶのが好ましいと言えるでしょう。 電話などで「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞かれた時に、敬語で返答するのであれば「差し支えありません」と答えるのが丁寧です。 「構いません」や「問題ありません」よりも、ぶっきらぼうな印象を減らせます。 どうしても都合が悪く、相手からの申し出を断らなければならない場合には、「申し訳ありませんが」や「恐れ入りますが」という言葉をつけて、できるだけ丁寧に謝罪をしてお断りしましょう。 ビジネスシーン以外では、「よろしいでしょうか」はあまりにも堅苦しい表現だと言わざるを得ません。 親しい間柄や日常会話では、「大丈夫ですか」という表現が一般的に使われます。 「構いませんか」や「問題ありませんか」という聞き方でも良いでしょう。 例文のところで説明した通り、「よろしいでしょうか」と「いかがでしょうか」を言い換えるには、聞き方を変える必要があります。 「よろしいでしょうか」では押し付けがましくなる場面があるため、注意が必要です。 下記の関連記事には、「いかがでしょうか」とセットで使われる「お加減」という言葉の意味と使い方について載っています。 よろしいでしょうかの英語表現2つ目は、大丈夫か聞く時は「Is it OK? 」です。 読んだまま「オッケーですか?」「大丈夫ですか?」という、カジュアルめな表現です。 少し丁寧にすると、「Would it be OK? 」となります。 よろしいでしょうかを正しく使いこなそう! 今回は、「よろしいでしょうか」の使い方やメール例文、返答方法や言い換え表現について見てきました。 ビジネスシーンで「よろしいでしょうか」を使う場合には、押し付けがましくならないように気をつけなければならない場面があるとわかりましたね。 「いかがでしょうか」との使い分けが難しいため、丁寧に説明しました。 「よろしいでしょうか」と「いかがでしょうか」のどちらを使えばいいのか迷った時には、言い換え表現で紹介した「差し支えありませんでしょうか」を使うのがおすすめです。 失礼になる場面が少なく、柔らかい印象を与える言葉です。 敬語を正しく覚えて、使いこなせるようになりたいところですね!.

次の

依頼/催促時の「いかがでしょうか」の使い方と例文

ご都合はいかがでしょうか

どんな聞き方なら感じが良いか? 都合がいい時、悪い時の答え方はどうすればいいのか? 順に見ていきましょう。 (1)合計。 ひっくるめて。 (2)他の事柄との関係。 なりゆき。 (3)やりくり。 てはず。 (4)具合の良いさま。 具合の良い場所。 (5)要するに。 (岩波書店『広辞苑』) 「都合がいい」は、(2)の用法です。 「他の事柄との関係がうまくいく。 なりゆきや具合がいい」という意味ですね。 また、予定や予算などの「都合がつく」は(3)の用法です。 敬意を表す接頭語「ご」をつけた「ご都合」を使いましょう。 この「ご都合」を他の言葉と組み合わせて尋ねるわけですが、先に希望を伝えて聞く、相手の予定を最優先するなど、場合によって表現が変わります。 そこで「いいか」を丁寧に言う「よろしいですか」「よろしいでしょうか」に変換しましょう。 「よろしい」には「差し支えない、認める」の意味があります。 承認を求める表現なので、相手を尊重する気持ちがより伝わります。 自分から日時を提示する場合と相手に日時を尋ねる場合、両方に使えます。 ただし、自分が希望する候補日を事前にあげても失礼にはなりません。 自分の日程を先に述べることは相手にとっても返信の回数を減らせるので、最近はむしろ合理的だと歓迎されるでしょう。 文末は「ご指定ください(いただけますか)」「お教えくださいませ」「お知らせいただけますか」「ご返事ください」なども使えます。 しかし、相手の立場で考えれば、仕事を依頼したいと思って打診したのに返事が遅いと出鼻をくじかれたような気持ちになりますよね。 基本的には、なるべく速やかに返事をしたいものです。 「大丈夫です」は「ノー」の意味で使う人もいるので、注意が必要です。 誤解を招かない答え方として、前述の問いに答える形でいくつか例を掲げます。 来月ならまだまだ予定があいておりますので、2、3候補日をお知らせください」 「来週月曜にお伺いする件ですが、何時頃ならご都合がよろしいでしょうか」 「ありがとうございます。 午後2時以降なら事務所におります」 「来月の面談もいつも通り第2水曜日で予定しておりますが、ご都合はよろしいでしょうか」 「はい、問題ありません。 よろしくお願いいたします」 「来月5日に取引様向けセミナーを開催いたしますが、ご都合の程はいかがですか」 「喜んで参加いたします。 日本には「せっかくですが」「残念ですが」などのクッション言葉があります。 残念な気持ちや申し訳ない気持ちを上手に表現して、配慮のある返事を心がけましょう。 残念ですが、またの機会を楽しみにしております」 「週末までにご提案をいただければありがたいのですが、ご都合はよろしいですか」 「申し訳ありませんが、今週中は厳しいです。 現在、少々流動的な予定があり、即答が難しいのですが、分かり次第早めにご返事いたします」 出会いはチャンス。 相手を尊重する表現で信頼を築く オンライン・オフラインに関わらず、会うことでチャンスが生まれ、仕事につながります。 日程調整がスムーズにできる人には、仕事もできる人が多いですね。 「この人に任せれば間違いない」という信頼を得るのは、日々の積み重ねです。 一つひとつのやり取りで相手を尊重し、自身の思いや意欲をさりげなく伝えたいですね。

次の

都合はいかがでしょうか?【ビジネス英語/会話・メール例文】

ご都合はいかがでしょうか

YESかNOの2つに絞った回答が欲しいときには、相手に意見や感想を述べさせるような「いかがでしょうか」は無限の選択肢を与えることになります。 よほど意思が合致している相手でなければ、断られるべくして断られる傾向が強いので、そのように声をかけたくなる気持ちがあっても、あえて沈黙を設けることが大事ですね。 この沈黙の時間を与えるのが効果的だったりします。 さて、YESかNOの2つの選択肢に絞るためには、事前に相応のアプローチが必要になります。 相手に対するメリットを伝え、そのメリットを得ることによって自分はどれほどの価値を手に入れることになるのをイメージさせるような、つまり右脳に訴えるアプローチが有効です。 そして一方的に押し付けるのではなく、相手の興味、問題、ニーズや欲求を見定め、それらを満たすサービスや商品を組み合わせます。 お互いに勝者となるようなWIN-WINの関係になるべきです。 また、この場合は「どのようにして」「いかにして」というよりも「誰に」交渉するのかという事の方が重要です。 相手と使いどきを間違えると苦い経験を伴う言葉ですが、テクニックもあります。 まず、単純に相手の都合を確認する例文からです。 あくまで相手の都合の確認なので、相手に与える印象として「自分の都合と相手の都合」の割合は50:50です。 よほどの理由がない限り大概は「それでいいですよ」といった回答が得られることが多いです。 「ご検討のほどいかがでしょうか」で断られる確率が高い例文 次に、相手に『考えておきます』といった返答確率が高い例文を挙げてみましょう。 相手に与える印象として「自分の都合と相手の都合」の割合は90:10にり、相手がそれを必要としていない限り、どんなに良品だとしても心に響くことはありません。 ご検討のほどいかがでしょうか? これでは、相手にはあなたの一方的な「売りたい」要求的な気持ちが大きく伝わります。 よほどのメリットを感じない限り、相手は「逃げ」の気持ちを伝えてくるでしょう。 「ご検討のほどいかがでしょうか」で方向性を固める例文 では、相手に検討させるべく方向性を固定させる例文を挙げてみます。 相手に与える印象として「自分と相手の都合」の割合は50:50です。 この商品をお使いになるみなさんに生活スタイルが改善されたとご好評いただいております。 ご検討のほどいかがでしょうか? 相手のニーズや問題点などを発見した上でメリットを提供し、自信をもってその価値を説明します。 前述の例文よりも、グッと引き込む可能性が上がります。 どちらも同じような状況で使える言葉ですが、微妙に違いがあるほか相手に与える印象も違います。 そのことで相手も柔軟に取り決めを計ろうとしている様子がうかがえます。 すでにこちらの考えも伝え、同意があることが前提で最終確認だということがうかがえますね。 最終確認でなくても使われますが、提案に同意してほしい話し手の気持ちが含まれます。 もちろん、同意することなくNOという返答も然りです。 「よろしいでしょうか」だけが適切な場合 そして「いかがでしょうか」というよりも「よろしいでしょうか」が適切な場合もあります。 相手の気持ちや意思を確認するべく同意を求めるような確認の言葉として以下のように使われます。

次の