カニンガム の 法則。 カニンガムの法則: 花の戯言

インターネット上で正しい答えを得る最良の方法「カニンガムの法則」(Cunningham’s Law)とは?

カニンガム の 法則

ネットで正しい答えを得る最良の方法は、質問することではなく間違った答えを書くことである。 これはスティーブン・マクギーディが提唱した「カニンガムの法則」です。 フランスのことわざ「嘘を説いて真実を知る」をネットに適用したものと言われています。 この法則は壮大な実験に裏付けされた普遍的な法則ではなく、いわば仮説のようなものです。 ただ経験則的にこの法則に一理あると考える人は少なくありません。 例を挙げてみましょう。 どの書き込みにレスを返したい? あなたは外洋に「ウミアメンボ」という昆虫が生息していることを知っています。 その前提でネットにて以下の書き込みのいずれかを目にした時、あなたがレスを返したくなったのはどれの書き込みでしょうか。 レスを返したくなるのはどれ?• 外洋に昆虫は生息していますか?• 外洋に昆虫は存在しません。 外洋に昆虫がいないのは当たり前の常識です。 少し考えれば分かりますよね? 各書き込みに対峙した時の心理 1. 普通の質問の場合 誰に宛てた訳でもない普通の質問の場合、いちいち教えるのは面倒に思うことが多いです。 気まぐれに答えることもありますが、やりたいことがある時や疲れている時にいちいちレスはしません。 間違った書き込みの場合 間違った書き込みの場合、何だかモヤモヤしてスルーしにくくなります。 間違いを訂正したいとか、相手の無知を指摘したいとか、そういう気持ちが湧くのかもしれません。 間違っている上に偉そうな場合 間違っている上に偉そうな書き込みの場合、「訂正して思い知らせてやらなければならない」という気持ちが湧いてレスを返したくなります。 勘違い野郎を正してやらなければならないとか、偉そうなアイツをやり込めたいとか、そんな気分になりますよね。 全てのコミュニティでそうだとは言いませんが、カニンガムの法則には一定の理があるように思えますね。 確信犯的に3の手法を使う場合、間違いを指摘されても認めず開き直るとより効果的かもしれません。 傲慢で無知なあなたをやり込めるために、より精度が高く緻密な情報を叩きつけてくるでことしょう。 なお言うまでもないことですが、3の手法はかなり感じが悪いものです。 できればやらない方が良いですが、どうしてもやりたい時は匿名でやりましょう。 カニンガムの法則の代表例はwiki スティーブン・マクギーディは、元同僚のウォード・カニンガムから法則のアドバイスを受けたことから「カニンガムの法則」と名付けたと話しています。 ウォード・カニンガムはユーザが共同で編集する百科事典であるwikiの原形、「WikiWikiWeb」を発明した人物です。 wikiはカニンガムの法則の代表的な例とされています。 誰にでも加筆修正できる仕組みなので、より詳しい有識者によって、より正しく洗練された内容に更新され続けていますよね。 wikiはそうして世界一の百科事典サイトにまで成長しました。 中には無茶苦茶言ってる記事も沢山ありますが、そのうちスルー出来なかった訂正者が更新してくれることでしょう。 情報がないよりは、間違っていても書いた方が良いケースもある 間違っているかもしれない情報を書くことには誰もが躊躇いを覚えます。 しかし「間違いは絶対に書かない」よりも「間違っているかもしれないけど書く」の方が役に立つこともしばしばあるのです。 例えば何かを質問されるとき、漠然と「何々について教えてください」と言われても困りますよね。 それよりはあやふやなでも可能な限り自分の認識を書いて「この認識が正しいか確認してください」と言われた方が、間違いや抜けをより的確に整理・指摘できます。 もちろん間違っているかもしれない情報を出してはいけない場合もありますけどね。 ただwikiのようなケースもあるので、状況に応じてどうすべきかを考えましょう。 実はこのサイトも… このサイトも「躊躇って書かないよりは、間違っていても書いた方がマシ」の方針で運営されています。 サイト運営目的のひとつに「脳内情報の整理とアッデート」があり、そのためには目に見える形で出力する必要があるからです。 一応は気を付けて書いているつもりですが、絶対に間違いがないとはとても言えないサイトです。 間違いにお気づきの方は、お手数ですが連絡フォームからご指摘いただけると大変ありがたいので、よろしくお願いいたします。

次の

詭弁、あら捜しなど、ネット上で良く見る書き込みはある法則に基づいていた。目からウロコの面白い10の法則・効果 (2016年8月11日)

カニンガム の 法則

ネットで正しい答えを得る最良の方法は、質問することではなく間違った答えを書くことである。 これはスティーブン・マクギーディが提唱した「カニンガムの法則」です。 フランスのことわざ「嘘を説いて真実を知る」をネットに適用したものと言われています。 この法則は壮大な実験に裏付けされた普遍的な法則ではなく、いわば仮説のようなものです。 ただ経験則的にこの法則に一理あると考える人は少なくありません。 例を挙げてみましょう。 どの書き込みにレスを返したい? あなたは外洋に「ウミアメンボ」という昆虫が生息していることを知っています。 その前提でネットにて以下の書き込みのいずれかを目にした時、あなたがレスを返したくなったのはどれの書き込みでしょうか。 レスを返したくなるのはどれ?• 外洋に昆虫は生息していますか?• 外洋に昆虫は存在しません。 外洋に昆虫がいないのは当たり前の常識です。 少し考えれば分かりますよね? 各書き込みに対峙した時の心理 1. 普通の質問の場合 誰に宛てた訳でもない普通の質問の場合、いちいち教えるのは面倒に思うことが多いです。 気まぐれに答えることもありますが、やりたいことがある時や疲れている時にいちいちレスはしません。 間違った書き込みの場合 間違った書き込みの場合、何だかモヤモヤしてスルーしにくくなります。 間違いを訂正したいとか、相手の無知を指摘したいとか、そういう気持ちが湧くのかもしれません。 間違っている上に偉そうな場合 間違っている上に偉そうな書き込みの場合、「訂正して思い知らせてやらなければならない」という気持ちが湧いてレスを返したくなります。 勘違い野郎を正してやらなければならないとか、偉そうなアイツをやり込めたいとか、そんな気分になりますよね。 全てのコミュニティでそうだとは言いませんが、カニンガムの法則には一定の理があるように思えますね。 確信犯的に3の手法を使う場合、間違いを指摘されても認めず開き直るとより効果的かもしれません。 傲慢で無知なあなたをやり込めるために、より精度が高く緻密な情報を叩きつけてくるでことしょう。 なお言うまでもないことですが、3の手法はかなり感じが悪いものです。 できればやらない方が良いですが、どうしてもやりたい時は匿名でやりましょう。 カニンガムの法則の代表例はwiki スティーブン・マクギーディは、元同僚のウォード・カニンガムから法則のアドバイスを受けたことから「カニンガムの法則」と名付けたと話しています。 ウォード・カニンガムはユーザが共同で編集する百科事典であるwikiの原形、「WikiWikiWeb」を発明した人物です。 wikiはカニンガムの法則の代表的な例とされています。 誰にでも加筆修正できる仕組みなので、より詳しい有識者によって、より正しく洗練された内容に更新され続けていますよね。 wikiはそうして世界一の百科事典サイトにまで成長しました。 中には無茶苦茶言ってる記事も沢山ありますが、そのうちスルー出来なかった訂正者が更新してくれることでしょう。 情報がないよりは、間違っていても書いた方が良いケースもある 間違っているかもしれない情報を書くことには誰もが躊躇いを覚えます。 しかし「間違いは絶対に書かない」よりも「間違っているかもしれないけど書く」の方が役に立つこともしばしばあるのです。 例えば何かを質問されるとき、漠然と「何々について教えてください」と言われても困りますよね。 それよりはあやふやなでも可能な限り自分の認識を書いて「この認識が正しいか確認してください」と言われた方が、間違いや抜けをより的確に整理・指摘できます。 もちろん間違っているかもしれない情報を出してはいけない場合もありますけどね。 ただwikiのようなケースもあるので、状況に応じてどうすべきかを考えましょう。 実はこのサイトも… このサイトも「躊躇って書かないよりは、間違っていても書いた方がマシ」の方針で運営されています。 サイト運営目的のひとつに「脳内情報の整理とアッデート」があり、そのためには目に見える形で出力する必要があるからです。 一応は気を付けて書いているつもりですが、絶対に間違いがないとはとても言えないサイトです。 間違いにお気づきの方は、お手数ですが連絡フォームからご指摘いただけると大変ありがたいので、よろしくお願いいたします。

次の

インターネット上で正しい答えを得る最良の方法「カニンガムの法則」(Cunningham’s Law)とは?

カニンガム の 法則

カニンガムの法則は、 インターネット上で正解を得る最良の方法は、質問するのではなく、間違った答えを投稿することです。 「確かに興味深い仮説だ。 インターネット上で何か時間を過ごしたことがあれば、オンラインで間違ったものを投稿することは、仲間のインターネットデニズからスマイリー補正を不正に行うことには確実です。 (これは、文法ナチスの現象、または私が好む文法ナチの現象については言及していません。 ) 実際には、インターネットの周りに浮かんでいる小さな都市の神話のすべてを修正しようとする深い願望のためでなければ、今日の私の発見は存在しませんでした。 「興味深い事実」の決定的な欠点がありました。 彼らが主張している "事実"について実際に深い研究をすることを迷惑を掛けているウェブサイト、興味のあるトピックに関するすべての興味深い詳細を含むものはもちろんです。 同様に、著者が行ったいくつかのレベルの事実チェックと各記事の別々の事実チェッカーのせいで頻繁に起こるわけではありませんが、間違いがクラックを滑り落ちると(誰も何千人もいない)、時間がかかりません私たちにエラーを知らせるコメントを投稿する私たちの読者の一人。 (別名:迷惑にならないように、これは特に丁寧に行われた場合には非常に高く評価されています。 嫌い 軽微な細部でさえ、間違っている。 その後、紛争を起こしたアイテムを再調査し、必要に応じて修正するコメントを読むためにスクロールダウンしない限り、実際には何千ものバットを守ります。 ;- ) カニンガム法のカニンガムは誰ですか?一言で言えば、CunninghamはWard Cunningham以外の誰もいません. Ward Cunninghamは、より一般的に知られているように、「ユーザー編集可能なウェブサイト」または「wiki」を発明した人です。 WardはWikipediaと直接関係がないことは間違いないので、明らかにしておきます。 Wardは、1990年代半ばに初めてのWikiを開発し、Wiki Wiki Shuttleの後に "WikiWikiWeb"と名付けました。 ホノルルで遭遇しました。 「wiki」という言葉自体はハワイ語で「quick」、「wiki wiki」は「very quick」を意味します。 (ちなみに、それは技術的にも偉大な、私たちの鍵であり、ウィック・アイではないが、かなり多くの人がそれを誤認して、カニンガムをはじめとする人たちは、 そこからwikiWikiのエンジン「WikiBase」をベースにしたPeter Merel氏のCvWikiが開発されました. CoWikiをベースにしたAtisWikiを開発した後、Clifford AdamsはAtisWikiをベースにしたUseModWikiを開発しました。 (膝の骨を大腿骨につなぐ... ) このすべてがWikipediaに戻ってきました. Wikipediaは当初、そのプラットフォームとしてUseModWikiを使用していました。 パフォーマンスの問題のために、他の問題の中でも、これはすぐにMediaWikiと呼ばれるウィキプラットフォームに置き換えられました。 これはWikipediaのために特別に開発されました。 最初はMagnus Manskeが担当しました。 その後、パフォーマンスの問題が再び寄稿されて以来、多くの人々とLee Daniel Crockerによって再書込みされました。 いずれにしても、「カニンガム法」という言葉は、2010年にニューヨークタイムズ紙のオンラインで最初に登場しました。 スティーブン・マクディディ氏のコメントとして、インテルの元役員と有名人証言された に対して Microsoftは1998年の反トラスト試行中にコメント自体は、Murphyの法則(Murphyの法則からのMurphyは誰ですか)やGodwinの法則などと同じ静脈の中で "新奇な法律"を提出するようにユーザーに要求する記事に応じて残されました。 「オンラインディスカッションが長くなるにつれ、ナチスやヒトラーを含む比較の確率は1に近づいています。 McGeadyのコメントによれば、Cunninghamの法律は「Tektronixの同僚であるWard Cunninghamにちなんで名付けられました。 これは1980年代初めにUSENETと呼ばれていたが、Webとインターネット全体に一般化されて以来、私には彼のアドバイスでした」と彼はまた、カニンガムと彼の法律の関係の皮肉を指摘するまた、「ウィキペディアは現在、おそらく最も広く知られているカニンガムの法律の証明です」と述べています。 要するに、カニンガム法のカニンガムは、ウィキペディアが最終的にベースとするプラットフォームの最初のバージョンを発明した人物です。 彼自身が1980年代に人々に与えた助言として法律自体が始まりました。 私たちが今日知っている唯一の理由は、誰かが彼がオンラインの記事のコメントでそれについて話すというアイデアを述べたからです。 正直言って、ある時点ではカニンガムが出てきて、彼が誤って引用されたり、実際にそれを言ったことはないと思っています。 ボーナスの事実:• あなたが疑問に思っているのであれば、カニンガムは「私は小さな会社でしたし、特許があれば誰でも編集することができます。 それは誰もがお金を払うことを望んでいないようなものでした」もちろん、プラットフォームは今日(何度も内部的に)何千もの企業によって何らかの形で使用されており、それに基づく多くの公開サイトWikipediaとして、大きな価値を持っています。 だから、なぜ人類は一見普遍的に人々を是正しようとしているのですか?ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)に掲載されているように、多くの要因が関与している可能性がありますが(「このトピックは独自の記事にふさわしい」)、「あなたが論争して勝利したとき、あなたの脳はさまざまなホルモンで溢れます:アドレナリンとドーパミン、支配的な、無敵の。 私たちの誰もが複製したいと思う気分です。 次回の緊迫した状況の中で、私たちは再び戦います。 我々は正しいことに中毒になる。

次の