引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます。 「引き続きよろしくお願いします」に関連した英語例文の一覧と使い方

「何卒よろしくお願いいたします」の意味と使い方、例文集

引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます

何卒はなにとぞ、と読みます。 相手に強く願う気持ちを表す言葉で、「どうぞ」「どうか」と同じ意味です。 「どうぞよろしくお願いいたします」という文と意味は同じなのです。 時代劇や大河ドラマでは、「なにとぞ!」と偉い人に懇願しているシーンがよくありますが、現在では単体ではあまり使われません。 次に、よろしくお願いいたします、についてです。 よろしくというのは、何かを頼むときに添える言葉です。 「よろしく御指導下さい」などとも使えます。 いたします、ここでは「する」の丁寧語として使われています。 「何卒よろしくお願いいたします」の全体の意味合いは挨拶の言葉 何卒よろしくお願いいたします、は「よろしくお願いします」を丁寧に厳かにした表現です。 「よろしくお願いします」は、相手によくしてもらいたいという気持ちを示す挨拶言葉です。 普段意味を考えずに使っている人も多いようですが、相手によくしてもらいたいということを表現するに適切な内容の末尾であるかどうか、時に意識することも必要です。 使いやすい挨拶言葉なので、ビジネスにおいては珍しいシチュエーションでない限り使っておかしいことは少ないのですが、意味を知って使うか知らずに使うかで、あなたの表現方法に何らかの影響を与えます。 「何卒よろしくお願いいたします」の使用例 具体的なシチュエーションをみていきましょう。 会社の重要な取引先相手とのメールで、しかも普段やりとりしている担当者の上司に当たる方へメールをするときに末尾に持ってくるにはぴったりの表現です。 「ご多忙の折お時間を頂戴できますことに、深く感謝申し上げます。 明日のお打合せにつきまして、何卒よろしくお願いいたします。 」 このように、~については良き取り計らいをお願いしたい、という表現にも使えます。 口語表現においても使用できますが、社内で使用するには丁寧すぎる印象を与えてしまうでしょう。 「何卒よろしくお願いいたします」の言葉がマニュアル敬語にならないようにする 便利な表現であるだけに、多用をしてしまうと口先だけの挨拶などという印象を与える恐れもあります。 直接言葉で発するときには心を込めて言うことはもちろん、前置きの言葉、枕詞 まくらことば をつけることをおすすめします。 「ご多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」 このようにすることで、通り一遍な表現を使っているのではなく、自分でその場に適切な言葉を考えて発している、気持ちが入っている言葉と捉えてもらいやすいのです。 似た言葉の「何卒よろしくお願いいたします」を使う注意点 似た表現として、 「何卒よろしくお願い申し上げます」 「どうぞよろしくお願いします」 があります。 違いを説明できない人も多いのですが、いざ言葉を使用するときに細かい部分が理解できていないと自信を持って使うことができません。 しっかりと相違点を把握しておきましょう。 意味合いはどれも同じですが、「どうぞよろしくお願いします」は丁寧語の1つではありますが、自分がへりくだったり相手を持ち上げる意味合いはありません。 つまり、尊敬語でも謙譲語でもないのです。 同等の立場でのやりとりや、目上の人から目下の人に対する、カジュアルな挨拶言葉なのです。 目上の人に使用する人もいますが、好ましくはありません。 「いたします」と「申し上げます」の言葉の違い 「何卒よろしくお願いいたします」の「いたす」が「する」の丁寧語であるのに対して、「申し上げます」は「言う」の謙譲語です。 つまり、「何卒よろしくお願いいたします」も「よろしくお願いします」と同様に謙譲語でも尊敬語でもないのです。 より丁寧な表現ではあるので、ビジネスにおいても使われます。 「何卒」という言葉自体に敬語の意味合いはないのですが、「どうぞ」よりもかしこまった印象を相手に与えることが多いので、「何卒よろしくお願いします」の使用は不自然なのです。 「何卒よろしくお願いいたします」の言葉の意味を知り敬語の奥深さを表現する 相手によくしてもらいたい、ということを表す挨拶表現として便利な「何卒よろしくお願いいたします」ですが、あまりによく使われるので時にマニュアル敬語として嫌悪感を持たれることもあります。 そうした印象を避けるために効果的なのが、状況に応じた前置きです。 「ふつつかものではありますが、なにとぞ・・・」と口語で伝える言葉を文章にするときは漢字ではなく平仮名にすると柔らかい印象にもなります。 「何卒よろしくお願いいたします」はよく使い、使われる表現であるだけに、1つ1つの単語の意味も理解することでより豊かな表現力につながるでしょう。

次の

「今後とも」の目上の人への使い方や例文!「引き続き」との違いは?

引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます

「今後とも」の正しい使い方の一つに、過去から継続している出来事に言及する方法があります。 例えば、次の例文から「今後とも」の正しい使い方を学ぶことができます。 ・先日は本当にお世話になりました。 今後ともよろしくお願いいたします。 この例文では「今後ともよろしくお願いいたします」が「これからも、よろしくお願いいたします」という意味で使われています。 しかし、「今後とも」の前の文章の「先日は本当にお世話になりました」に注目できます。 今まで一度も会ったことない人に「今後とも」を使ってしまうと非常に不自然です。 しかし、以前から交友関係がありお世話になった人に「今後とも」を言えば、正しい言葉の使い方がされているため、相手も意味を理解しやすく感じます。 「今後とも」では、ある特定の動作を継続的に続けて行くだけでなく、その動作を続けて欲しいと願っている気持ちも表現する使い方もできます。 「今後とも」の気持ちを表現するための言葉の使い方は次の通りです。 ・今後ともよろしく ・今後とも、どうぞよろしくお願いいたします 一つ目の例文である「今後ともよろしく」は親しい同僚に使える例文です。 働き始めたばかりの頃に、同僚が親切にしてくれたのであれば、その同僚に「これからも仲良くしてほしい」という意味を込めて「今後ともよろしく」と言うことができます。 「今後ともよろしく」を同僚に対して言うのが、馴れ馴れしいと感じる場合は「今後ともよろしくお願いします」や「今後ともよろしくお願いいたします」に言い換えられます。 自分の気持ちを表現する言葉の使い方に「今後ともよろしく」があります。 目上の言葉の使い方に「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」があります。 目上への言葉の使い方で大切なのは「今後とも」と一緒に使う言葉を丁寧にすることです。 そして、「どうぞよろしくお願いいたします」は非常に深い敬意が示されています。 「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」の「いたします」は、敬語の謙譲語です。 謙譲語は、自分の身分を相手よりも低くみなして敬意を示す言葉の使い方です。 つまり、「どうぞよろしくお願いいたします」はかなり目上に使うと良い表現です。 会社の社長と会話をしている時に「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」という言葉の使い方をしましょう。 そうすれば、これからも良好な関係を築きたいという意欲だけでなく、相手の立場にも深い敬意が示されています。 普段からお世話になっている人に「今後とも」を正しい使い方で言えば、普段示してくださる親切に感謝していることも表現できます。 ・平素より大変お世話になっております。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 すでに何度も紹介された「今後とも、どうぞよろしくお願いいたします」に「平素より大変お世話になっております」という文章が一緒に使われています。 「平素より」とは「普段から」という意味を丁寧に伝えている言葉です。 この「平素より大変お世話になっております」という言葉の使い方で、普段からお世話になっていることへの感謝だけでなく、相手への深い敬意が示されています。 普段からお世話になっている上司に、改めて感謝する時に使うと良い言葉の使い方です。 「今後とも」は目上に対して使うこともできますが、自然な敬語を使用して「今後とも」を目下との会話で使用することも可能です。 「今後とも」が使われた、次のような例文を作成することができます。 ・いつも残業してくれて本当にありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。 非常にシンプルでありながら、人の気持ちを爽やかにする例文です。 目下の部下と会話をしているので、自然な敬語である丁寧語が使用されています。 しかし、「今後ともよろしくお願いします」と正式な敬語が使われているので、失礼な印象は受けません。 むしろ、残業について心からの感謝を述べた後に「今後ともよろしくお願いします」と正しい敬語の使い方ができているため、この例文が言われている部下は、自分の努力が評価されていることを知って、嬉しく感じるでしょう。 すでに紹介された「今後とも」と「引き続き」の意味の違いからも、「今後とも」は完了した作業に関連して使えることになります。 二つのフレーズの、意味の違いを理解しやすい例文は次の通りです。 ・先日は無事に工事を完了させることができました。 必要がありましたら、今後ともよろしくお願いいたします。 この例文からも「引き続き」と「今後とも」の意味の違いが明白です。 「今後とも」は完了した作業に言及できる、という違いがあることがわかります。 「引き続き」の例文では違いがあって、工事が現在進行形だったのを思い出してください。 そのため、工事以外の内容だとしても「今後とも」は完了した作業に対して、そして、「引き続き」は完了していない作業に対して使える、という意味の違いを頭の中で整理できます。 違いが分からないと、2つの言葉を使いこなすのは難しいです。 「今後とも」をそのままビジネスやメールの中で使用することもできますが、簡単な言い回しにして、普段から親しくしているビジネスパートナーに「今後とも」と同じ意味を伝えることもできます。 ・いつも期日を守ってくださりありがとうございます。 これからもよろしくお願いいたします。 商品を発送してくれるビジネスパートナーが期日を守ってくれていることへの感謝と、これからも良好な関係を維持したい、という気持ちが上手に表現されている例文です。 「今後とも」が「これからも」と言い換えられています。 「今後ともよろしくお願いいたします」でも「これからもよろしくお願いいたします」でも、相手に伝える意味はほとんど同じですが、 「これからもよろしくお願いいたします」の方がフレンドリーな印象を与えることができます。 ビジネスの場面では「今後とも」と「お世話」という言葉を一緒に使うと非常に効果的です。 「お世話」と「今後とも」が使われている、次のような例文をビジネスの場面で使用することができます。 ・常日頃からお世話になっております。 今後ともどうぞよろしくお願いします。 ビジネスの場面で、数えるほどしかやり取りをしていない取引先に「常日頃からお世話になっております」という言葉遣いをすることに違和感を覚える人もいます。 しかし、ビジネスの場面では社交辞令として「お世話になっております」が使用されます。 そのため、もし何度か取引をしたことがあるビジネスパートナーと連絡を取るのであれば「今後とも」という言葉を使う前に、「常日頃からお世話になっております」のように、以前のやり取りを忘れていないことを表現できます。 ビジネスメールの中では、書き言葉でコミュニケーションが計られるため、会話よりもかしこまった敬語表現を使用しなければなりません。 「今後とも」と敬語表現を組み合わせて、ビジネスメールの中で使える、次のような例文が作成できます。 ・この度は、業務提携を結んでくださり誠にありがとうございます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 少し長い例文ですが、かなり深い敬意をかしこまった言い方がされた敬語をビジネスメールで使って、表現できています。 この例文では、業務提携が結ばれたことにも言及しているため、丁寧な言葉を選んで感謝をしなければなりません。 また、重要な内容について扱っているビジネスメールの中で「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」のように「申し上げます」という謙譲語が使われているので、相手の身分を上にみなした言葉の使い方がされています。 「今後とも」を使う状況をよく考えなければ、聞いている人にとってマナーの悪い言葉の使い方になります。 例えば、「今後とも」の使われているマナーの悪い例文には、次のようなものがあります。 ・先日はお金を貸してくださりありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。 「今後とも」が使われることによって、「また今度もお金を貸してください」という意味に解釈されてしまうため、マナーが悪いと言えます。 このような、お金のやり取りがある場合には、感謝をするだけで十分です。 無理に「今後とも」を使ってしまうとマナーが悪いですし、その気はなかったとしても、ふざけて発言をしているように思われてしまうため、注意が必要です。 「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」はマナーの良い正しい敬語が使われている例文です。 「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」には謙譲語が使われているため、かなり目上の人に対しても使用できます。 ・山田社長先日はお世話になりました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 ・先日は取引内容について説明していただきありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 例文では「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」が社長やビジネスパートナーに使われています。 このように、最大限の敬意を示さなければならない相手にも、敬語の謙譲語が使われている「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」が活躍します。 敬語の謙譲語を使っている時点で、「私はあなたのことを目上に見ています」というメッセージや敬意を伝えることができるため、あなたと会話をしている目上の人も、気持ちよく感じることでしょう。

次の

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方・返事の例文

引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます

「何卒よろしくお願いいたします」の意味 「何卒よろしくお願いいたします」は多くの場面で見ることのできる依頼するときに使われる言葉です。 「よろしくお願いいたします」でも意味は十分伝わりそうなのですが、「何卒」にはそもそもどのような意味があるのでしょうか。 「何卒」は「なにとぞ」と読みます。 くれぐれも「なにそつ」と読まないように気をつけましょう。 漢字で見る機会が多い言葉ですのでこの点にはまず注意しないとお願いをする以前の問題となってしまいます。 意味は相手へのお願いの気持ちを強調する表現と、「何とかして」と同じ意味で自分が手段を尽くす際に使用します。 「よろしくお願いいたします」と思う気持ちをより強く表したい場合「何卒よろしくお願いいたします」と使うことになります。 お手数をお掛けいたしますが何卒よろしくお願いいたします 使う際の注意点 「何卒」は、丁寧な言葉でビジネスで必ず使われる表現ですが、その使い方にはいくつかの注意が必要です。 誰に対して使う? 会社の同僚などに「何卒よろしくお願いいたします」と使うと、必要以上にかしこまりすぎている印象を与えてしまうかもしれません。 「何卒よろしくお願いいたします」は丁寧な言い方となりますので、社内の上司やお客様、取引先の担当者などに締めの言葉として使うことのできる言葉です。 「何卒」に続く言葉は「お願いいたします」? 「お願いします」? 「何卒」には前述のように「どうか」「ぜひとも」「今回ばかりは」と同じ意味が含まれています。 そのため、「何卒お願いします」と使ってしまうとせっかく「何卒」と使った丁寧な言い回しなのに語尾が「お願いします」となっているため違和感を感じてしまう場合もあります。 「何卒」を使うのならば「お願いいたします」や「お願い申し上げます」と使ったほうが良いでしょう。 何度も使用しないようにする 「何卒」は様々な場面で使える便利な言葉です。 しかし、同じメールの中で何度も使用すると、文全体が強調され、本来、どこを強調したのか、何を伝えたいのかがぼやけてしまいます。 最後の締めの言葉として、同じメールの中には何度も書かないようにしましょう。 「何卒」と一緒に使えない言葉は? 「何卒」には「どうか」「どうぞ」の意味が含まれています。 これらの言葉と一緒に使うのは避けましょう。 「どうか」「どうぞ」の使い方については、次の項目で説明いたします。

次の