オークス 2020 予想。 【オークス2020】独自指数による人気馬分析予想 SKB競馬予想

【オークス2020予想】過去傾向・展開予想・激推し穴馬・買い目を公開

オークス 2020 予想

おつかれさまです。 とこ穴です。 『とことん穴にこだわる競馬予想=とこ穴』ですからねw さて今日は関東オークスがメインですかね。 壁は高かった・・・という結果も考えられますが、地方競馬が大好きで、佐藤賢厩舎は世界一と思っているワタシにとっては、何としてでも勝って欲しい一戦。 そうです。 昨日のフクダイトウリョウのように、穴馬をチョイスして馬券内に来ればいいんです。 では参りましょう。 札幌芝1800mを逃げ切り、菜の花賞では中団から差す脚を見せて快勝。 逃げ差し自在で展開不問、そして2勝ともが久々と『一戦完全燃焼タイプ』。 今回、間隔をあけてきた点は+に働くはずです。 そして今回が初めてのダートとなりますが、血統的には断然ダート向き。 母キャプテンガールは船橋・川島正行厩舎からデビューし、御神本騎手を背に5馬身差の圧勝で新馬勝ち。 その後は勝ち星を挙げられませんでしたが、能力の高さは随所に示していました。 そして半兄コルクは、JRA未勝利でしたが、その後移籍して川崎で2勝を挙げました。 母も兄も左回りのダートでの勝ち星があったというところに注目。 そして父ローズキングダムの産駒も、実は左回り向きが多いんですよねぇ。 地方での代表馬といえばスプリングマンですが、この馬は東京芝1400mで未勝利を勝ち上がり、その後浦和へ移籍して、船橋1600で南関東初勝利。 そして右回りの大井2戦凡走を挟み、左回りに戻った川崎クラウンCで重賞制覇を飾りました。 父も母も左回りが合い、そして川崎ダートでの成績がいいんですよね。 そうです、川崎と言えばローズキングダムなんですよ!!(でも高知も走る) 相手は順当ですが、狙っている方が多いと思われるのがクリスティ。 確かにキズナ産駒はダート走りますし、母ホワイトアルバムはクロフネ産駒。 確実におすすめできます!.

次の

【オークス優駿牝馬2020最終予想】波乱あるかも??本命はデアリングタクト以外から勝負!

オークス 2020 予想

おつかれさまです。 とこ穴です。 『とことん穴にこだわる競馬予想=とこ穴』ですからねw さて今日は関東オークスがメインですかね。 壁は高かった・・・という結果も考えられますが、地方競馬が大好きで、佐藤賢厩舎は世界一と思っているワタシにとっては、何としてでも勝って欲しい一戦。 そうです。 昨日のフクダイトウリョウのように、穴馬をチョイスして馬券内に来ればいいんです。 では参りましょう。 札幌芝1800mを逃げ切り、菜の花賞では中団から差す脚を見せて快勝。 逃げ差し自在で展開不問、そして2勝ともが久々と『一戦完全燃焼タイプ』。 今回、間隔をあけてきた点は+に働くはずです。 そして今回が初めてのダートとなりますが、血統的には断然ダート向き。 母キャプテンガールは船橋・川島正行厩舎からデビューし、御神本騎手を背に5馬身差の圧勝で新馬勝ち。 その後は勝ち星を挙げられませんでしたが、能力の高さは随所に示していました。 そして半兄コルクは、JRA未勝利でしたが、その後移籍して川崎で2勝を挙げました。 母も兄も左回りのダートでの勝ち星があったというところに注目。 そして父ローズキングダムの産駒も、実は左回り向きが多いんですよねぇ。 地方での代表馬といえばスプリングマンですが、この馬は東京芝1400mで未勝利を勝ち上がり、その後浦和へ移籍して、船橋1600で南関東初勝利。 そして右回りの大井2戦凡走を挟み、左回りに戻った川崎クラウンCで重賞制覇を飾りました。 父も母も左回りが合い、そして川崎ダートでの成績がいいんですよね。 そうです、川崎と言えばローズキングダムなんですよ!!(でも高知も走る) 相手は順当ですが、狙っている方が多いと思われるのがクリスティ。 確かにキズナ産駒はダート走りますし、母ホワイトアルバムはクロフネ産駒。 確実におすすめできます!.

次の

【関東オークス2020】予想を公開!

オークス 2020 予想

2020年5月24日(日)東京競馬場で行われるオークス2020の競馬予想です。 牝馬クラシック2戦目で、今年は無敗馬3頭が集い、全頭内枠配置ですネ。 このオークスは東京芝2400m戦で、G1なら日本ダービーやジャパンカップと同距離同コースで行われますが、この2Rほど内に良績が偏らないのも特徴の一つです。 サンクテュエールが【2. 1】の好データに該当しましたが、どうなるでしょうか!? オークスの穴馬はコレだ! オークス過去10年、単オッズ15倍以上馬は8回9頭が馬券に絡んでます。 この内、共通点を満たした馬は【2. 46】で複勝率16. 4%、単回収値119、複回収値102と優秀な成績です。 着候補 消去項目入り枠順表• 1 1着候補 デゼル 減点なし• 2 -着候補 クラヴァシュドール 減点Bb• 3 2着候補 アブレイズ 減点Ba• 4 1着候補 デアリングタクト 減点なし• 5 1着候補 ホウオウピースフル 減点なし• 6 -着候補 リアアメリア 減点Ca• 7 1着候補 ウインマイティー 減点なし• 8 -着候補 スマイルカナ 減点Bb• 9 -着候補 インターミッション 減点Bb• 10 -着候補 ミヤマザクラ 減点Bb• 11 -着候補 リリーピュアハート 減点Ab• 12 -着候補 マジックキャッスル 減点Bb• 13 -着候補 ウーマンズハート 減点Bb• 14 -着候補 フィオリキアリ 減点Bb• 15 -着候補 チェーンオブラブ 減点Bb• 16 1着候補 ウインマリリン 減点なし• 17 -着候補 マルターズディオサ 減点Ca• 18 1着候補 サンクテュエール 減点なし 第81回オークス2020関連記事 では過去3年のレースを振り返って検証してます。 逃げ馬は過去3年全滅で不相性です。 過去10年でも2011年のピュアブリーゼの2着が唯一で、これは結構有名ですがオークスの逃げ馬はホント不相性です。 コーナーは内外イーブンですが、直線は中から外が圧倒的です。 去年のクロノジェネシスが唯一の例外ですが、去年は結構内を通った馬が多くて、案外悪くなかったんですが、例年はグッと内を空けて回ってきますからネ。 これは例外だった可能性がかなり高いと思います。 位置取りは中団より前が圧倒的優勢ですネ。 例外は2017年のアドマイヤミヤビですが、これも馬群が詰まってたんで、中団と取れなくもない位置取りでした。 後方脚質馬は確実に減点です。 上り最速の馬は毎年馬券に絡んでて、2017年のアドマイヤミヤビ以外は2頭が勝ち切ってます。 お友達のさんがユーチューブで予想を公開されてます。 オークス2020 外厩情報 今回も多くの ノーザンファーム生産馬が登録してきてますが、もはや現代競馬で欠かすことのできない 外厩馬情報はで無料公開されてます。 近年の ノーザンファーム生産馬の成績を見るまでもなく、圧倒的優位な立場を取り続ける、 ノーザンファーム『天栄』と『しがらき』組ですが、聞けばトレセン以上の施設力だそうで、そうなると馬券的ファクターから無視することは出来ません。 その中にというコンテンツがあるので、そちらで 外厩馬情報を確認できます。 への登録方法や使い方については、で詳しく解説してます。 予想はコチラ• 本命は デアリングタクトにしました 前走は桜花賞を1着でデビュー3連勝を飾りました。 ハイペースの前残りを唯一差してきてるので相当強い競馬でしたし、新馬戦では前目の競馬で残してるので自在性もメンバー上位です。 まだ速い決着の競馬を経験してないのは少し気になりましたが、ココまでは完成度を優先くて、切れないなら本命しかありませんでした。 天気が少し心配ですが、前走の実績が後押しですし、ココは内容も求めたいです。• 対抗は サンクテュエールにしました 前走は桜花賞6着からの臨戦です。 中団からコーナーは内目をロスなく回して、直線は前がかなり空いたんですが、この時の阪神は開催が進んでて内が悪かったのと、重馬場で時計もかかったことで向きませんでした。 外に馬が殺到してましたし、内にしか進路がなかったのも不運でしたネ。 今回は8枠発走になりましたが、前記の通り、このオークスは日本ダービーやジャパンカップと同距離同コースにしては外枠不利が緩和されてます。 理由の一つにペースが挙げられますが、オークスはBコース開催なのに対し、日本ダービーやJCはCコースで行われることもあります。 上の画はオークス過去10年、 ・当日8枠 ・前走420キロ以上でフローラSor桜花賞出走 ・社台、ノーザンファーム生産馬 ・当日50倍未満 このファクターで【2. 1】、複勝率83. 3%、複回収値286と優秀です。 当日の馬場は心配で、向かない競馬も2回続くと次が買い難いんですが、この馬はメルマガで配信済みの前記【2. 46】で複勝率16. 4%、単回収値119、複回収値102の好データ該当馬でもあります。 今年のルメール騎手は先週まで71勝はリーディング2位。 この内約7割の49勝が関東馬で、藤沢厩舎は最多の9勝を挙げてます。 ココは巻き返しに期待したいですネ。• データで減点が入ってたんですが、中団からの競馬も3~4角で不利があってVラインしてきました。 直線は内が空いた所を雪崩れ込んだだけで、この前走を度外視できれば減点も消えます。 直線で内を走った競馬はオークスのレース質とは遠いんですが、これを度外視できれば、オッズ的にも単勝で狙いたいゾーンです。 牝馬の王道路線を皆勤してオール掲示板確保はこの馬が唯一で、今回は3番手ってよりは単穴で考えてます。• コーナーは上位組では唯一内を回しての上り最速で、このレースでは当然1番の高評価です。 過去10年で3勝を挙げてて、昨年のラヴズオンリーユーも該当するなど近年のトレンドですが、今年はメンバーレベルに差もあったのでここまでの評価です。• コーナーで外を回した馬が上位を独占したんですが、勝ったデゼルは後方で脚を溜めてからの上り最速で差し切りました。 上り2位の2着馬に0. 8秒差の32秒5ですから、もう止まって観えましたネ。 この日の東京は外が案外で内が結構残ってるんで尚更高評価ですが、このスイートピーSはオークストライアルの中で抜群に!? 不相性です。 もし勝てば史上最短のキャリア2戦目だそうですが、スタートも悪い上に、このオークスは後方脚質馬にも不相性です。 上位人気馬の中では危ない方だと思います。• コーナーは唯一内を通ってからの直線もイン差しで、他の上位組とは全然違う競馬だったのは好評価です。 っと言うことで、私は前走対抗視して複勝を獲ったんですが、今回は軽視しました。 何よりこの時がマイナス10キロと絞れて上積みが望めないし、鞍上の騎乗停止で乗替りも気になります。• 注は ホウオウピースフルにしました 前走はフローラS2着からの臨戦です。 中団からの競馬で上り2位タイでしたが、コーナー外を回した馬が2着3着ですから、勝ち馬よりも恵まれました。 オークス1本のローテは好感で良枠ですが、フローラS敗退からは極端に成績が落ちるのでココまでの評価です。• この馬に関しては最後まで悩んだんですが、どうしても切れませんでした。 前走はコーナー外の馬が上位独占ですが、前で競馬した馬が2頭残る中、前目好位から直線も最後まで良く粘りました。 オークスは先行馬には不相性なレースですが、2走前はコーナーで内から上がっていってるので、同じような競馬が出来れば今回も楽しみです。 加えて! この馬は私が利用している、で11位と舐められた評価だったんですが、指数は45だったんですョネ。 ここの指数の6位内と30以内(コラボ指数は数字が小さいほど優秀です)は特に馬券によく絡んできて軽視禁物なんですが、今回は「45」と言うことで、評価が割れていることも意味します。 お手数ですがサイトの方でご確認ください。 印はこのようになりました• 〇 18 サンクテュエール• 注 05 ホウオウピースフル• 5:46追記 3連複 4. 穴 各100(24点) (3連複150. 最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

次の