ドラクエ 4 ピサロ。 ドラクエ4ピサロ強い!?最強装備や仲間にする方法

【DQR】【議論】ドラクエ4やればピサロを好きになるぞwwww⇐えぇ…嫌いになるだろ…w

ドラクエ 4 ピサロ

デスピサロとは、に登場する。 のを務める。 この項ではのとしての「」についても述べる。 概要 原版・リメイク版共通の設定 の王。 人類の根絶やしと、によるを論んでいる。 界に、魔界にという二つの居を持つ。 優れた統率とを備えたの若きで、部下たちからは絶大な支持を得ている。 「人類の根絶やし」を掲げている通り、に強い敵愾心を持っている。 その反面、異種族に対しては友好的で、故郷のロザリーの住人たちからは一様に慕われているほか、の「ロザリー」をの手から守り、情を注いでいた。 元々はロザリーに住む「」という名ののだった。 この頃に、のを流すという理由からに追われていたロザリーを保護する。 その後、二人はの関係となり、ロザリーで穏な時を過ごす。 だがある日、はを根絶やしにする野心を抱き、デスピサロと名を変え出奔した。 の王となってからもロザリーを想い続け、人が立ち入れぬに住まわせて、信頼できる部下()に護衛させていた。 ロザリーに対してを根絶やしにすること、間もなくは裁きの炎に焼かれることを告げるが、ロザリーはながらにそれを止めようとした。 地中に封印されている「」の復活を待ち望み、復活のには居に招き入れようと考えていた。 そして、を倒す事ができる者(の血をひく)の存在が予言されていたため、居場所を探すべく各地を探索する。 まず、イムルにをつけ、部下(のて)にをさらわせ、であるか否かを状させるが、の介入により失敗に終わる。 次にの大会に出場し探りを入れるが、途中棄権する。 最終的にを育てる山の村を発見。 大軍を送り込んで皆殺しにした。 しかし、の策(を唱えての身代わりとなった)にはまり、を取り逃がしてしまう。 その後、での手によりのが掘り起こされた報を聞きつけ、現地に赴く。 しかし、時すでに遅く、はたちによって倒されていた。 この時になってようやくが生きていた事に気付くが、ロザリーがたちによりにされている報を受けて、その場を後にする。 ロザリーはたちになぶり殺され、ついに命を落としてしまう。 ロザリーの最期を看取ったデスピサロは怒りに奮え、己の身を引き換えにしてでもを根絶やしにする決意をする(実はこの事件はの仕組んだものだったが、デスピサロはそのを知らなかった)。 そして、かねてより研究を重ねていた「の秘法」を自らに施し、のさらに、山の頂上にてを待ち受ける。 そこには記憶を失い、を滅ぼす衝動憑かれ、化け物となり果てたデスピサロの姿があった。 このように、歴代の中では異例の性を持ち、他のとは一線を画している。 最終ボスとして の秘法ので、一定を与えるとに形態変化を繰り返す。 に形態が変わるは、ではデスピサロが初めてである。 また、最多の回数を誇る。 これは版のの都合上を以上に設定できず、それでもタフさを演出するための苦の策だが、 各形態が別のとして扱われるため学習で戦わせる版ではこの意味でも苦戦させられる。 第1形態 本作以外でよく見かけると同じ姿で、ひたすら大を振りまわして攻撃してくる。 第2形態 片腕をり飛ばされた姿。 攻撃回数が1回に減り、攻撃も落ちているが版では片腕に全てのを込めたからかむしろ上がっている。 第3形態 両腕をり飛ばした姿。 攻撃は減し、にやブで攻撃してくる。 第4形態 さらに頭部を潰すと、今度はが怪しくうごめき、部に顔が現れる。 この形態でもな攻撃手段はとブだが、自分を強化したり、によって体を回復することもある。 第5形態 さらに強になった両腕が生えてくる。 再び打撃攻撃をし、確実にをし始める。 第6形態 腕がしたのに合わせ、支える両脚をより強なものにさせる。 攻撃がさらにし、版では更に炎も強なものしか吐かないように。 第7形態 頭部を再生させ、巨大なを生やすことで最終形態となる。 自らにマホタを掛けて相手のを化すると同時に、しい炎やく息といった最大級の威を持つブと、全でを攻め立てる。 なお、ズといった自身がとして参戦する作品では、すべてこの形態で登場する。 キャラクターとしての特徴 善悪両面の魔王 それまでのは、を脅かす悪の徴であり、その役割をすることはなかった。 前作のであるは全なる悪として描かれ、人類が打倒すべき最悪の敵として位置づけられている。 それにべて、デスピサロは善と悪の両面をもった異色のである。 また、はを支えるたちに緻密な性と独自のが付加されているが、これはデスピサロも同じで、丁寧な描かれ方をしている。 この事から、デスピサロはそれまでの悪の典像を脱却した、しいであるといえる。 デスピサロ最大の特徴として全悪でないことが挙げられる。 確かに彼は、を滅ぼし、にとってかけがえのない人々を殺している。 「人類の根絶やし」を掲げていることも、彼が人類とは相いれない存在であることを端的に示している。 その一方で、デスピサロはのみならず異種族からも慕われている。 そして、に狙われていたの「ロザリー」を助け、を与え、最終的に合うようになっている。 このは、彼が単なるではなく、善良な一面を兼ねた存在である事を表している。 とデスピサロは共にとを代表する若きであり、敵勢によっての人を殺され、そのを討つ為に戦う、という点で一致している。 このため、とデスピサロはの裏表のような関係であると考えられることもある。 悲劇の魔王か否か するロザリーを欲深なたちに殺され、その怒りから「の秘法」を用いて化け物に成り果て、最期はに倒されるというデスピサロの末路は「同情できる」としてに挙がる事が多い。 しかし、彼はを滅ぼし、やのを殺したである。 よって、(側)から見れば、同情するのは難しいといえる。 さらにこの事件を手引きしていたのは部下のであった。 つまり、相はで、首謀者は同じだったことになる。 このため、彼がを恨むのは筋違いとの見方もできる(実行犯はで、本人は相を知らなかったが)。 理由についても「のの王として覚せようとした」というもので、ロザリーへの惚気ぶりが原因であったことを匂わせている。 ()に不審感を与え、それによってロザリーを死なせてしまったとも取れるため、であるとの見方もある。 また、ロザリーの弔いの為にを皆殺しにしようとしたと考えるも時折見られるが、彼はロザリーの死の以前から、を根絶やしにする事を決意しており、これは誤りである。 デスピサロの人間観 多くのは「の恐怖支配」と「界の征」を的としており、に対する考え方も「支配されるべき畜のような存在」という例がどである。 それに対して、デスピサロは「を根絶やしにする事」を的としており、支配する事を考えていない。 また、を「裁かれるべき存在」「愚かな存在」と強く見ており、その根底には的な悪感情が見え隠れしている。 デスピサロはを根絶やしにしたいほど憎んでいるが、その理由ははっきりしていない。 版ではロザリーを救うためにを殺しており、その際に「欲深いのがに余ったのでな」とっている。 ピサロとロザリー ロザリーでロザリーと同居生活を送り、その後、 の王に収まったという経緯がある。 そのためか、彼はの王であるにも関わらず、ロザリーを中心に物事を考え、行動している節がある。 「ロザリーをに匿い臣下に守らせている」ことや、「でと対面し、始末する機会を得たにも関わらず、ロザリーの報を受けてその場を後にしている」ことからも明である。 また、二人の関係は部下たちの間ではよく知られていた。 このロザリー第一の姿勢は、部下たちからはある程度許容されていたものの、のように快く思わない者もいた。 結果として、によるロザリー暗殺事件を招く事となった。 () なお、デスピサロはロザリーを助けた事について「だからロザリーを助けたわけではない。 」とっている。 (版) その他 歴代とべるとで行動的。 自ら頭に立って揮する事が多いほか、に迷ったのに扮して山の村に潜入したこともある。 (ではめかされる程度、版では明確に描写された) だがそのために本拠地をにしている事が多く、それがをのさばらせる原因となったのではないか、と推測されることもある。 全悪ではなく、かつ似たような経緯を持つとしてのがいる。 リメイク版 後に発売された版では、に一部変更が加えられている。 部分は。 ロザリーを復活させることが出来るようになる。 年に一度咲く「の」を使うことで、の祝福を得ていない物でも生き返らせることが出来るようになる。 ロザリーをデスピサロの元へ連れて行くことで、の秘法を解きにすることが出来るようになる。 ロザリーの流すのには、の秘法のを解除するがあった。 ロザリーとの出会いが詳しく描かれる。 元々ロザリーは名もなきで、当てのから助けられた後によって「ロザリー」から取って名付けられたことになった。 がの悪となり、復活したをを連れて倒しに行くことになる。 ター版のは、をのの王にするためにロザリーをに殺させたのだが、版では自らがになり代わりの王になるためとなっている。 これらの追加要素に関しては、 「が救われてうれしい」という肯定意見と、 「何故でなくロザリーを生き返らせるのか」「自らの行為の謝罪も見せぬままのを許しにするのはおかしい」といった否定意見とがあり、となっている。 小説版 版では、その設定に大幅な・が加えられている。 節全開。 のナルゴスの孫として生を享けた、の皇子である。 が庸なニュを支える形で、ニュのであるヘイゲン、その子ソフとの確執を深めていく。 の王をナルゴスが滅ぼした際、生き残ったロザリーを見出し、周囲から隠す形で手元で育てながら、やがて人としてするようになる。 しかしそれがソフの姦計によりナルゴスに知れた為、記憶とを奪われ、一人のとして地上に追放されてしまう。 地上ではロザリーや達と穏やかな暮らしを送る傍ら、ロザリーの献身的なにより、少しずつを取り戻してゆく。 一方魔界では臨終を迎えたナルゴスが、を追放したの存在に気づき、息を引き取る直前にの記憶を復活させた。 亡き後、ニュとヘイゲンの内戦に介入。 の謀略でソフ子が自滅し、ニュが新たなとなったが、達がに王として崇めるのは他ならぬだった。 地上に満ちるのを標とし、を復活させ、その障となるを始末せんと立ち回った。 しかしの陰謀によっての破壊を許したばかりか、に攫われたロザリーを失った慟がニュに伝わって死に結びつき、崩落するで配下の大半を失うという、的な遇に立たされる。 何もかもを失った身を「の秘法」によって怪物化させ、魔界の最で達を迎え撃つが、偶然が積み重なっての秘法は失敗。 の敵=たるを討ち果たした一行によりとどめを刺されるが、滅びる間際にたロザリーの霊と再会。 のように泣きじゃくりながら、の中へ消えていった。 その他の作品 ター版ののは氏、ロザリーのは氏である。 これなんてとララァ? 『』では、他のと共に宝ののとして登場している。 形態変化はせず、最初から最終形態。 く息に加え、や甘い息、ザキ・などを使用と、様々な形態の戦術を折衷している。 氷技を多用するのに何故か氷が弱点なので反射してしう。 『』では配合で生み出すことが出来る。 上位種に がおり、とデスピサロを合わせたような異様なである。 また、「すべてをしたのの姿」という、後の版とするような設定も相まって、からは扱いを受ける事に。 その後、しばらく登場の機会はなかったが、の版でまさかの再登場。 なお、版では「記憶を取り戻した」という設定はなくなり、正当系として設定がめられている。 のではのである魔界の女士「 」が存在する。 元々のは容姿端麗なものだった為、のないものに仕上がっている。 ちなみに。 『』では、として登場。 配信の『士』をする事でになる。 版でののの姿で登場し、両手を扱う。 さらにデスピサロにしてをはなつも使用可。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

【ドラクエ4(DQ4)】デスピサロ攻略法|ゲームエイト

ドラクエ 4 ピサロ

第6章では、デスピサロを倒したにもかかわらず、ゴッドハンドの町の祭壇に急に亀裂が入ったようで、そこから新たな洞窟にいけるようになっていた。 再び冒険が始まり、この洞窟の中を最後まで進んでいくと 中は意外と深く、武器防具など様々アイテムが手に入る 、そして、最後の旅の扉から、岩山にワープする。 この二人に話しかけると、二人と戦闘になる。 エッグラは、かがやくいき、しゃくねつの炎など全員大ダメージを受ける息系攻撃パターンのほか、ゆびからほとばしる〜で魔法効果ゼロにする技やスカラ、メダパニダンス、ベホマラーも使ってきてかなりやっかい。 逆に、チキーラは、まわしげり 全員ダメージ 、岩を投げてくる 全員に100ポイント以上ダメージを喰らう 、ばくれつけん 複数回攻撃 など、打撃系を中心としつつ、マヌーサの効果のある技も使ってくる。 チキーラは、スクルトで守備を強化して、岩の攻撃のみ注意してれば、大したことないが、エッグラは、魔法効果ゼロの指からほとばしる〜をするので、毎回解除されたら、フバーハ ミネア 、スクルト クリフト が必須になる。 上記二つの防御魔法が完成して余裕があれば、バイキルト ブライ を使うのもあり。 また、マヌーサやスカラをしてきたら、てんくうの剣でこちらが解除させる必要がある。 とりあえず、上記防御魔法に注意しつつ、エッグラのみに攻撃を集めつつ、エッグラが死ぬまで我慢する。 エッグラが死んだら、スクルトで武装しつつ、バイキルトで攻撃アップして、チキーラをボコボコにすれば比較的楽に倒せる。 二人を倒すと、世界樹の木に花を咲かせてくれる。 ソレッタの北、ミントスの東にある世界樹へと気球で向かい、最上階あたりに咲いている、世界樹の花を調べ、ゲットする。 世界樹の花を手に入れたら、ロザリーヒルに行き、人間に殺されたというロザリーが眠る墓の前で、世界樹の花を使うと、ロザリーが生き返り仲間になる。 ロザリーはデスピサロを止めるというので、再び、きぼうのほこらから、デスピサロ城へと行き、デスピサロがいる火口へ。 デスピサロに話しかけると、戦闘にはならずロザリーが説得し、涙を流すと ルビーの涙 、デスピサロの進化の秘法が解け、魔族のピサロ 正気 に戻る。 ピサロに戻ると、ロザリーを殺したのが人間ではないことを知らされ、人間の誤解が解け、ピサロも仲間になる。 一応ここまで進めたが、たぶんコイツがラスボスか。 第六章では、ピサロが仲間になるが、並び替えれば、普通に戦闘に加わって戦ってくれる。 それなりに強いので、普通に戦闘で使っている。 現在のパーティは、勇者、アリーナ、ピサロ、ミネアになった。 すでにプレイ時間は50時間を越えたが、ドラクエ4って長くね。

次の

PS「ドラクエ4」第6章 デスピサロが仲間に!:ゲーム攻略日記|クリアーするまで実況レポート

ドラクエ 4 ピサロ

ピサロ 世界中の魔物たちを統括する魔族の王。 愛するロザリーを殺された恨みで、一度は人間たちを滅ぼすべく進化の秘法によって巨悪の姿になるも、勇者たちの活躍によって復活したロザリーの涙が野望を打ち止め、その後は勇者たちとともに同じ道を進むようになります。 最初からレベル35で能力値も総じて高く、各キャラクターが覚える呪文の中で特に価値の高いものだけを厳選して習得していきます。 直接攻撃・攻撃呪文・回復呪文いずれもエキスパートとしてこなせる万能戦士です。 キャラクター概要 第6章で仲間になる場所• (ロザリーを復活させた後) 初期装備• 主な特徴 キャラクター特徴 呪われた武器・防具を装備しても呪われず、マイナス効果も受けない。 すべての能力値が高い。 初めからレベル35で、習得済みの呪文・特技も多い。 強力な呪文・特技を多く習得している。 ピサロ専用の強力な武器・防具を装備できる。 レベルアップが最も遅い。 5倍のダメージ 35 0 敵単体 会心の一撃と同等ダメージ or ミス 35 0 敵全体 ダメージ(敵の数によってダメージ量が変化) 35 3 敵単体 高確率で眠り状態にする 35 4 - 行ったことのある場所へワープ 35 4 - ダンジョンから脱出 35 2 - ダメージ床無効 35 4 - 弱い敵の出現率を下げる 36 6 味方単体 バイキルト状態にする(攻撃力2倍) 38 15 味方単体 死亡状態を必ず回復+HPを全回復 40 0 敵単体 メタル系に1~2ダメージ、その他の敵には通常ダメージ 42 15 敵全体 即死させる 44 0 敵全体 85~104ダメージ(バギ系) 46 0 敵全体 呪文効果を解除 49 18 自分 ドラゴラム状態になる(ドラゴンに変身) 53 25 敵全体 210~290ダメージ(デイン系) 60 全 敵全体 消費MPの3倍のダメージ• 使いどころ 第6章魔界シリーズの装備品を集める 仲間になった時点から高い能力値、強力な呪文と装備品がそろっているので、即戦力として参戦することができます。 そのままでも十分強力ですが、エビルプリーストとの最終決戦を戦うためには、魔界シリーズの武器・防具をすべて入手したいところです。 それまでは「みなごろしのけん」「まじんのよろい」といった、人間には使いにくかった装備品が役立ちます。 ピサロがいればエッグラ&チキーラも簡単に倒せる 魔界シリーズを入手するためには、エッグラ&チキーラを所定のターン数以内に繰り返し倒す必要がありますが、ピサロが加入したことによりこの2体の弱点を突く方法も増え、簡単に倒せるようになります。 詳しい戦い方はを参照して下さい。 第6章メタル系を倒す方法も豊富 ピサロは他のキャラが使えない特技を多く習得します。 その中でも「 まじんぎり」と「 メタルぎり」はメタル系に対して有効で、「はやぶさのけん」を装備していればいずれも2回連続で効果を発揮します。 HPの高いプラチナキングには「まじんぎり」、メタルキングやはぐれメタルには「メタルぎり」でそれぞれ2回攻撃すれば、メタル系を倒せる可能性も格段に高くなります。 ピサロが仲間になった後のレベル上げは、架け橋の塔でピサロ+アリーナ+ブライ+マーニャでパーティを組めば完璧でしょう。 第6章マダンテで記録に挑戦 レベル53で覚えるジゴスパークも強力ですが、極めつけはレベル60で覚える マダンテです。 エッグラ&チキーラも1ターンで倒せるようになり、戦歴の「一撃最大ダメージ」も最高記録を作れます。 ピサロはレベル99まで上げればMPは700程度まで上がるので、「ふしぎなきのみ」をトルネコが盗んで大量入手すれば、マダンテの最高ダメージ達成も夢ではありません。

次の