セム 語系。 アッカド人は歴史上初の帝国を作った民族だった!?

セム語系:一口メモ

セム 語系

MENU MENU• メソポタミアとエジプトでは、大規模な灌漑農耕に依拠する高度な都市文明が発達した。 では、周辺地域からセム語系やインド・ヨーロッパ語系の民族が相ついで侵入し、国家の興亡をくりかえした。 文化的には、楔形文字や六十進法、太陰暦などが発達した。 他方、ナイル川流域の エジプトは、地形から周辺民族の侵入は少なく、エジプト語系民族の文明が長期に渡り存続した。 文化的には、神聖文字などの象形文字やパピルス(紙)、太陽暦などが発達した。 地中海東岸のシリア・パレスチナ地方では、セム語系アラム人・フェニキア人・ヘブライ人が特色ある活動を展開した。 は内陸商業に活躍し、 フェニキア人は地中海貿易で活躍し、彼らの使用文字から各地の文字体系が作り出された。 また、ヘブライ人の生み出した一神教(ユダヤ教)は、のちのキリスト教やイスラーム教の母体となった。 オリエント世界は、紀元前7世紀に に、のち のもとで統一され、帝国がきずかれた。 西アジアでは、アレクサンドロス帝国の分裂後、ギリシア系のセレウコス朝、バクトリアがおこった。 ついでイラン系の がおこり、東西貿易の利益を独占して繁栄した。 パルティアを倒して成立したイラン系の は、ゾロアスター教を国教と定めイランの文化的伝統の復活を目指すとともに、インドやギリシア・ローマ文化の影響をうけ高度な国際的文化を形成した。 その文化は7世紀以後のイスラーム文化にも影響を与えた。 地中海世界ではオリエントの影響下に、紀元前2000年ころより強大な王建をもつ が花開いた。 その崩壊後、 ギリシア人はポリスと呼ばれる都市国家を発達させ、紀元前5世紀にはアテネに民主政を実現した。 ギリシア人はオリエントとことなる人間中心の明るい合理的な文化を生み出した。 ギリシアのポリスは、やがて相互の対立をへて衰退し、アレクサンドロス3世の遠征によりオリエントに伝えられたギリシア文化はヘレニズム文化として発展した。 紀元前6世紀末イタリア半島の中部におこったローマは、共和政のもとで積極的に征服・植民活動をおこない、法や土木建築など実用的な文化を発達させた。 ローマは紀元前1世紀には帝政を採用して地中海を内海とする大帝国を樹立した。 ローマ帝国の統治のもとで発達した普遍的な法と、4世紀にローマの国教となったキリスト教はローマが後世に残した最大の遺産である。 メソポタミアの文化 メソポタミアでは、各地・各都市の守護神や自然をまつる 多神教がおこなわれたが、優勢な民族の交替が頻繁であったため、その時々によって崇拝される最高神もかわった(古バビロニア王国では、バビロン市の守護神マルドゥクが国家神としてまつられた)。 またシュメールで発達したすぐれた宗教文学(神話や叙事詩)は、セム語系諸民族の間にも伝わって大きな影響を与えた。 メソポタミアでは、のちの文明のもとになる各種の技術や文化も生み出された。 文字はシュメール人が創始した 楔形文字が、言語系統のことなるセム語系やインド・ヨーロッパ語系の民族の間でも使用され、アケメネス朝にいたるまで人々はこの文字を 粘土板に記した。 また占星術を行なったり農作業の時期を正しく知る必要から、 天文・暦法が発達した。 六十進法にもとづく時間の観念や方位の観念、7日をもって1週間とすることなどは、今日まで引き継がれているメソポタミア文明の遺産である。 このほか、ハンムラビ法典にみられるような法の体系化がなされたことも重要である。 メソポタミア文明の一般的特徴としては、実用的な分野での文化が発達した反面、実用性をこえて真の科学を生み出す、原理的・理論的な面での発達があまりみられなかったことがあげられる。 楔形文字 楔形文字の解読 『ギルガメシュ叙事詩』が書かれた粘土板 部分 前7世紀,ニネヴェ出土 ザグロス山中のベヒストゥーンの磨崖に、アケメネス朝のダレイオス1世が楔形文字で刻んだ、ペルシア・・バビロニアの3語併記の碑文がある。 イギリスのローリンソンは、危険を冒して自ら手写したこの碑文の研究をつうじて、ドイツのグローテフェントがベルセポリス碑文をもとに進めていた楔形文字の解読を、さらにいっそう前進させた。

次の

セム系部族社会の形成:ユーフラテス河中流域ビシュリ山系の総合研究

セム 語系

基本的に さんの回答に賛同しますが、最近コロンビア大学の言語学者 教授によるオーディオレクチャーで関連するトピックの講義を聴いたのでそれに基づいて補足させて頂きます。 おっと、その前に:質問には「現存する」という限定がないので「歴史上で」という解釈での回答になります。 また文字についてはすでに さんの回答に詳しくあるのでそれよりもをさかのぼった範囲で回答させて頂きます。 なお、一般的に言語の起源は諸説分かれるようなのですが、新しくても15万年から5万年前と言われています。 (以上、また以下の回答ほぼ全て上記の教授の受け売りをググって裏を取った程度です。 より詳しい方の回答を期待します。 ) 「人類最初の言葉は何を意味したのか?」「何と発音されたのか?」という疑問は誰もが一度は考える素朴な、自然な疑問ですよね。 ただ、この疑問、検証が不可能であり、実りよりも弊害が多いことから、言語学者のなかではタブー視されているようです。 したほどです。 過去、色... ロード中...

次の

セム語系:一口メモ

セム 語系

アラム人(セム語系遊牧民) アラム人とは、前12c〜前8cにシリアを中心に活躍した民族です 彼らは 内陸の都市同士を結ぶ 内陸貿易で活躍し、現シリアの ダマスクスを中心に繁栄しました 彼らは西アジア中で交易活動を行ったため、いつの間にか彼らの使う アラム語が国際商業語になっていきました 当時のアラム人の圧倒的な商業力を感じますね。 その後のアラム文字はアラビア文字やヘブライ文字の原型となります・・・ フェニキア人(セム語系) 最初に紹介しましたフェニキア人です 彼らも前12c頃から交易、特に 地中海交易を独占して繁栄しました。 あの広い地中海を紀元前から独占って・・・凄い 彼らは海洋貿易で発展したので海洋都市を地中海東岸にいくつも作りました。 代表的な都市は シドン・ ティルスです フェニキア文字 さらにフェニキア人が使用した フェニキア文字は後に アルファベットの原型となります! フェニキア文字が前8cからギリシャ人に受け入れられたことで、ギリシャ語に用いられ、次第に西洋の様々な文字に使われるようになります。 英語にフランス語にドイツ語にイタリア語に・・・全て、アルファベットが基本です! ヘブライ人(セム語系) さて陸のアラム人、海のフェニキア人ときたら・・・空のヘブライ人と続けたいところですが、宗教のヘブライ人です(笑) ヘブライ人は ユダヤ教という宗教を生み出した民族です (ちなみにヘブライ人は他称で、自称はイスラエル人。 バビロン捕囚後、ユダヤ人と呼ばれ始めます) ユダヤ教とは、現在の世界3大宗教の内のキリスト教とイスラム教の元となる宗教です。 わかりやすく言えば、ユダヤ教の1宗派がキリスト教であり、キリスト教の1宗派がイスラム教みたいな感じです。 そしてユダヤ教には唯一神 ヤハウェしか神はいないとしています。 つまりユダヤ教もキリスト教もイスラム教も、信じる神は全てユダヤ教のヤハウェに集約されます。 同じ神を信じながら、イスラエルで聖地をめぐって争っているわけです 出エジプトとユダヤ教の成立 ヘブライ人はもとは遊牧民で、その一部がエジプトへと移住します しかしユダヤの歴史は迫害の歴史とも言われるように、ヘブライ人はエジプトのファラオによる圧政を受けます そこで旧約聖書の有名な物語の一つ「 出エジプト」が起きるのです。 エジプトの圧政から脱出しよう!ということです。 前13c頃、 モーセが唯一神ヤハウェからの預言者として、ヘブライ人をエジプトからパレスチナへと導きます。 彼が杖で海面を一突きすれば、轟雷とともに海が割れ道を作ったという伝説が有名ですね エジプト脱出後、パレスチナのシナイ山でモーセはヤハウェから 十戎、すなわち唯一神ヤハウェとの10の約束事を結び、それをヘブライ人に伝えユダヤ教の基礎を作っていきました ミケランジェロのダヴィデ像の性器は皮を被った包茎ですが、 実際のダヴィデはユダヤ教徒として生まれた日に割礼という皮を切る儀式を通過しているので包茎ではありません笑 さてさて、ヘブライ王国は交易の中継地として栄えますが前922年に南北に分裂します 北は イスラエル王国(前922年〜前722年)、南は ユダ王国(前922年〜前586年)です 北のイスラエル王国は初めてオリエントを統一した アッシリアによって滅亡させられ、 南のユダ王国もアッシリアの次のオリエント統一国、 新バビロニア王国によって滅びます 新バビロニアの王、 ネブカドネザル二世は約5万人のユダヤ人をバビロンへと強制移住させる バビロン捕囚を行います 古代の時代に大国を統治する上でこういった強制移住は重要な手立てであったので仕方ないのですが、ユダヤ人たちはこの出来事で団結力を強めたことでしょう 今なお続くユダヤ教は、紀元前から様々な迫害や強制移住を乗り越えて来たのです! そう考えると、時空を超えるヘブライ人と言えなくもないかもしれません笑.

次の