チェキ 風 印刷。 スマホに保存したままの写真…“チェキ風”にプリントしてスマホケースに挟んだり、お部屋に飾ってみない?

スマホ写真をチェキプリントできるのは3機種!LiPlay/Link/SHAREの違いとは?

チェキ 風 印刷

フォト光沢紙。 普通にどこでも売ってるやつです。 なんなら100円ショップにもあります 用紙なんですけど、プリンターに併せて選ぶことをオススメします ちなみにシールになった光沢紙とかあるんですけど、こちらはアルバム等を製作するのにオススメです あとはカッターなりハサミなりカットするものを用意してください。 手元に用意しておくのはこんなもんでしょう 好きな画像をトリミングして加工してみよう。 ノーマルな写真で作るより、フィルターをかけて彩度を高くした写真の方がそれっぽくなります スマホのアプリで加工するもよし、パソコンのソフトで加工するもよしです 画像をトリミングしていきましょう 加工は 次。 (きちんとしたテンプレートは下の方に載せてます) トリミングや合成など諸々の加工はフリーソフトや先ほど載せた これで十分できると思います そして加工した画像をテンプレートのグレーの部分に画像を配置してください あとをさっき紹介したA4の写真用紙(もしくは光沢紙)で印刷するだけ! 注意してほしいのが、印刷用紙の設定。 必ず写真用紙 or 光沢紙に設定してください(設定場所は各ソフトによって異なりますが、多分色々押してたら出てくるはず) 印刷したらこんな感じになります こんな感じになります。 ちなみに、これは撮影場所と日付を入れてます これくらいならイラレフォトショがなくてもパワポなんかでもできるしフリーフォントでもそこそこおしゃれになります ポイントは、 日付の方を小さくすること!そうすると一気にメリハリが出ておしゃれになります あとは自分でマッキーとかで文字を書くのもありです。 チェキっぽいやつ 最後に これを線に沿って切れば完成です! 今や簡単にこういう写真を注文して印刷できるアプリも多いけど、自分で作るメリットは 枚数制限なしに好き勝手作れる事だと思います 今の時代だからこそ写真は印刷してみるのも楽しいです 誰でも簡単にスマホで写真撮影ができて、尚且つ加工も簡単になりました。 昔なんて必死にフリーソフトを探して色々組み合わせてやってましたし という事で、工夫次第で色々アレンジできるポラロイド風写真、ぜひ作って印刷してみてください! テンプレートはコチラ! 加工にはこちらのアプリもオススメです 他のアプリとは違ういろんな加工ができるアプリを紹介してます。

次の

オシャレで可愛い【チェキ風フォト】の作り方を伝授します♡あのアプリで簡単に作れちゃう!?

チェキ 風 印刷

執筆時点で商品は2種類あり、 専用BOX付き写真プリントの「pinky set」は750円(税込)、 銀塩フォトブックの「marble set」は1,480円(税込)。 どちらとも送料は無料です。 2017年2月、「Instapri(インスタプリ)」の「pinky set」にフレーム機能が追加されました。 商品の口コミを別記事にまとめたので、ぜひご覧ください。 「Instapri(インスタプリ)」専用アプリの使い方 操作はとってもシンプル。 最初の画面で「はじめる」をタップして、写真選択画面左下の追加ボタンからスマホにある写真をアップロードします。 (ここで20枚以上の写真をアップロードすることもできます。 ) 写真転送が完了したら、「アップロードした写真」の一覧からプリントしたい写真をタップしていきます。 写真を選び終えたら、「marble set」はフォトブックのタイトルを設定します。 プレビューを確認し、必要に応じて写真をトリミングします。 あとは注文の手続きを進めるだけ。 支払い方法はクレジットカードのほか、携帯キャリア決済も選べます。 注意点を挙げるとすれば、写真のアップロードやデータの読み込みに少々時間がかかること。 Wi-Fi環境下での操作をおすすめします。 驚き?納得?「Instapri」の印刷品質が素晴らしい 私の「Instapri」デビューは無謀な挑戦の最中、軽い気持ちで注文したので、こんなにもキレイな写真プリントが届くとは思いませんでした。 実のところ、注文時に「Instapri」を提供する会社がと同じ「福多デジタルフォト」であることに気づき、品質への安心感はありました。 でも、「Instapri」の商品説明は「vivipri」ほど高品質をアピールしていないので、あまり期待していなかったのです。 だから、自分で注文したくせに、サプライズプレゼントを受け取ったような気分。 「20枚の写真すべて飾りたい!」とテンションがあがり、 ちょうどクリスマスシーズンということもあり部屋の壁に写真のクリスマスツリーを作ってみました。 専用ボックスがあるのでギフトにも使えるし、フォトブックタイプの「marble set」も注文してみたい! またひとつお気に入りのサービスが増えました。

次の

旅行写真をチェキ風にプリントする方法

チェキ 風 印刷

フォト光沢紙。 普通にどこでも売ってるやつです。 なんなら100円ショップにもあります 用紙なんですけど、プリンターに併せて選ぶことをオススメします ちなみにシールになった光沢紙とかあるんですけど、こちらはアルバム等を製作するのにオススメです あとはカッターなりハサミなりカットするものを用意してください。 手元に用意しておくのはこんなもんでしょう 好きな画像をトリミングして加工してみよう。 ノーマルな写真で作るより、フィルターをかけて彩度を高くした写真の方がそれっぽくなります スマホのアプリで加工するもよし、パソコンのソフトで加工するもよしです 画像をトリミングしていきましょう 加工は 次。 (きちんとしたテンプレートは下の方に載せてます) トリミングや合成など諸々の加工はフリーソフトや先ほど載せた これで十分できると思います そして加工した画像をテンプレートのグレーの部分に画像を配置してください あとをさっき紹介したA4の写真用紙(もしくは光沢紙)で印刷するだけ! 注意してほしいのが、印刷用紙の設定。 必ず写真用紙 or 光沢紙に設定してください(設定場所は各ソフトによって異なりますが、多分色々押してたら出てくるはず) 印刷したらこんな感じになります こんな感じになります。 ちなみに、これは撮影場所と日付を入れてます これくらいならイラレフォトショがなくてもパワポなんかでもできるしフリーフォントでもそこそこおしゃれになります ポイントは、 日付の方を小さくすること!そうすると一気にメリハリが出ておしゃれになります あとは自分でマッキーとかで文字を書くのもありです。 チェキっぽいやつ 最後に これを線に沿って切れば完成です! 今や簡単にこういう写真を注文して印刷できるアプリも多いけど、自分で作るメリットは 枚数制限なしに好き勝手作れる事だと思います 今の時代だからこそ写真は印刷してみるのも楽しいです 誰でも簡単にスマホで写真撮影ができて、尚且つ加工も簡単になりました。 昔なんて必死にフリーソフトを探して色々組み合わせてやってましたし という事で、工夫次第で色々アレンジできるポラロイド風写真、ぜひ作って印刷してみてください! テンプレートはコチラ! 加工にはこちらのアプリもオススメです 他のアプリとは違ういろんな加工ができるアプリを紹介してます。

次の