陣痛 アプリ おすすめ。 【アプリ】出産間近な貴女に…おすすめの陣痛間隔計測アプリ

おすすめの陣痛アプリ7選! 陣痛アプリの選び方やパパと共有できるアプリも紹介

陣痛 アプリ おすすめ

使いやすさ抜群「陣痛時計アプリ」 操作が簡単な陣痛時計アプリ」。 ボタンをタップするという動作だけで、陣痛の間隔を計測してくれます。 痛みを感じたらスタートボタンをタップし、痛みが治まったらストップボタンをタップします。 データはメールに添付して送付できるので紙にメモをする必要がありません。 シンプル機能で使いやすく、操作を誤ることもないので正確に陣痛の間隔を測定できます。 ユーザーの口コミ 使い方はストップウォッチみたいに、痛みのあるときにスイッチをオンにして、痛みがひいたらストップボタン。 測った時間は自動的に登録してくれるから、わざわざ数字を打ち込む必要がありません。 データをCSVファイルにしてメール添付…という機能もあるので、病院に連絡するときにも使えそうですよね。 このアプリにある機能はこれだけですが、シンプルだからわかりやすい。 必要なものだけあれば十分!という妊婦さんにはぴったりかな。 動作が重くて使いにくい…ということもありませんでしたので、出産前にダウンロードしておきたいアプリとしておすすめしたいです。 出典: 陣痛アプリの先駆け的存在です。 必要な機能だけを搭載して、「陣痛」の間隔のカウントに特化したアプリです。 病院や家族ともデータが共有できるので、必要なときにはすぐに送信することができます。 シンプルを求めている妊婦さんにおすすめです。 多機能で便利「陣痛きたかもアプリ」 痛みを感じたら「陣痛きたかも」ボタンを押し、痛みが和らいだら「おさまったかも」ボタンを押すという使い方です。 陣痛を計測する機能のほかに妊娠や育児に関する豆知識が掲載されるので勉強になり、緊急連絡先を登録できるので本格的な陣痛になったときにすぐに連絡ができます。 陣痛きた「かも」というネーミングも、まだ陣痛の確信が持てない妊婦さんの気持ちを汲んでいて共感できますね。 前駆陣痛や胎動、本陣痛の区別が良く分からないという方におすすめしたいアプリです。 「これって何の痛み?」という曖昧な状態でも迷うことなくカウントできて、妊娠に関する豆知識まで得られるのは嬉しいですね。 助産師もすすめる「陣痛ナビアプリ」 使い方は他のアプリ同様、痛みが始まったら「スタート」を押し、和らいだら「ストップ」を押します。 陣痛の間隔が設定した時間になるとアラートが鳴り、病院への連絡の必要を教えてくれます。 更に助産師さんのアドバイスが更新されるので一言一言に支えられたり、安産お守りを待ち受けにできるので心強く感じたりします。 現役助産師の川田町子先生の監修です。 他にも出産予定日まで「あと何日」とカウントしてくれるなど、妊婦さんの心のケアに配慮した細かなサービスが嬉しいアプリです。 ユーザーの口コミ 陣痛間隔もわかりやすく、全体としては使いやすいと思います。 ボタンが大きく、「スタート」「ストップ」と表示されてわかりやすいです。 出典: 陣痛の最中は集中して画面を見ることができないので、見やすいというのは大切なポイントですね。 ボタンが大きければ押し忘れやミスも減るので、正確に間隔を計ることができます。 掲示板で悩みも解決できる「陣痛タイマー」 スタートボタンとストップボタンで間隔を計るのは他のアプリと同じですが、最大の特徴は全国の妊婦さんや先輩ママに質問したり悩みを相談したりする掲示板機能があること。 疑問を解決しようとネットや書籍で情報を集めてもピンとこないことがありますよね。 そんなとき同じ経験をした女性からのアドバイスはより具体的で親近感が湧きます。 悩んだときにすぐに解決できるサービスは、不安なママの強い味方です。 ユーザーの口コミ これにしました。 面と向かって聞きづらいことも、掲示板なら質問することができるかも知れません。 こちらの機能に惹かれて使用する妊婦さんもいるようです。 リアルなイラストが印象的「sproutアプリ」 陣痛の間隔を計るツールのほか、赤ちゃんの健康状態のチェックや、妊婦健診のスケジュール管理もアプリ上でできます。 また、週数ごとにCGでできた赤ちゃんの画像が表示されるのですが、とてもリアルで自分の赤ちゃんの姿を想像できます。 妊娠週数を設定すると、「この時期にはこんな症状があります」と医師が教えてくれたり、「上司に妊娠を報告するタイミング」などのアドバイスを受け取ったりすることができます。 14日間無料でお試しをした後の購入になります。 無料ダウンロードではありませんが、まずは14日間の無料トライアルを試して検討しても良いでしょう。 ユーザーの口コミ 1人目の時に見つけたアプリ。 他のアプリと使い比べてみて、お金を払ってもsproutの方が使いやすいと感じたらぜひ購入を。 陣痛中は過酷な状況なので、自分が一番使いやすものを選ぶのが一番です! 6. 基本的な使い方は他のアプリ同様、スタートとストップで陣痛の間隔を計ります。 記録は画面上に大きく表示され、1時間以内の情報と24時間以内の情報が色分けされるのでとても見やすいです。 またandroid 4. 0以上のスマホであれば、その日の回数を自動でGoogleカレンダーに記録することができます。 記録を忘れたときも追加編集ができ、データはSDカードにCSVファイルで記録されるので過去の記録もすぐにリスト表示でき、医師に説明するときにスムーズです。 ユーザーの口コミ 記録を取り忘れた時に追記できるのが良い!!他の陣痛アプリはできなかったから。 出典: 陣痛の間隔は大切な情報ですが、あまりに突然でカウントが間に合わないときもありますよね。 そんな時に追加、編集できる機能は非常に助かります。 「ああ!計れなかった!」というストレスから解放される優秀アプリですね。 かわいいたまひよキャラが印象的「たまカウンタアプリ」 何と言ってもビジュアルがかわいい「たまカウンタ」。 基本的な機能は陣痛間隔カウンターと緊急連絡先登録とシンプルですが、カウント中に流れるBGMに癒やされ、アプリキャラクターの「たまちゃん」がつぶやく一言が参考になります。 画面もパステルカラーのピンクとブルーを基調としたリラックスできる色合い。 視覚と聴覚の両方で楽しめるアプリです。 陣痛中は少しでもリラックスできる音楽はありがたいですよね。 胎動もメモできる「陣痛メモアプリ」 陣痛と胎動の両方をカウントできる優秀なアプリです。 陣痛中に胎動が弱くなっていると心配になってしまいますので、両方を計れるのはママにとっても赤ちゃんにとっても安心ですね。 画面は情報をたくさんメモできる作りで、チェックに時間がかかっても画面がスリープしないように設定できます。 また、画面の文字の大きさも調整できるので、文字を大きく設定することもできます。 カウントの仕方は他のアプリ同様、ボタンを押すだけのシンプルな操作なので陣痛中でも簡単に使えます。 ユーザーの口コミ 陣痛メモアプリ 本陣痛か見分けにくかった 出典: 画面が見にくかったという意見もありますが、慣れもあるかと思います。 胎動までカウントできるアプリはなかなかないので、何を重視するか考えてアプリを選びたいですね。 シンプルで使いやすい「陣痛ログアプリ」 こちらも非常にシンプルなアプリです。 陣痛の間隔をカウントする機能のみで、他の機能は一切なしで使いやすいです。 「開始」ボタンと「停止」ボタンを押すことで陣痛の間隔を計測し、前の陣痛とのタイムラグも表示してくれるので間隔の変動が一目で分かります。 データは記録されるので、メール添付をすれば病院や自宅のPCに簡単に送信できます。 シンプルな機能を求めている方にぴったりのアプリです。 ユーザーの口コミ すっごく役立ちました!! 簡単だし、わかりやすい。 このアプリがあってよかったです!! 出典: シンプルイズベスト!ですね。 陣痛中は痛みに耐えながらカウントをするので、機能はできるだけシンプルな方が良いという意見があります。 そんな妊婦さんの要望に応えた超シンプルなアプリです。 表示が見やすい「ぺんじゃみん陣痛時計アプリ」 陣痛に苦しむ妊婦さんに、簡単に正確に陣痛間隔を記録して欲しいというコンセプトで作られたアプリ。 赤ちゃんの生まれるタイミングは陣痛の間隔でしか分からないという考えのもと、とにかく妊婦さんに負担なく使えるように工夫されています。 アプリの起動は1秒足らず。 カウントはボタンを押すだけ。 画面は大きく見やすく、数字をしっかりと確認することができます。 妊婦さんの状態を考え抜いた優しいアプリです。 ユーザーの口コミ 出産前に使いました!陣痛を測るアプリを探していたところ、ペンギンに惹かれて思わずダウンロード!!使ってみると、意外や意外、きちんと正確に測れるうえに、猛烈な痛みの中でもボタンを押すことができました。 陣痛間隔も一目でわかったので、落ち着いて出産準備できました。 ビジュアルも大事です。 更に使いやすいとなれば、他の妊婦さんに勧めたくなるのも納得。 操作に手間取るとボタンを押すタイミングを逃したりするので、使い方がシンプルというのは最重要事項かも知れませんね。 陣痛待ちの妊婦さんは参考に 陣痛アプリがないときは自分で時間を計って、紙にメモをして…という作業でした。 陣痛の間隔は出産のタイミングを予測するためにも重要な情報なので正確に計りたいという方もいることでしょう。 スマホが普及し便利なアプリが続々と登場しています。 この陣痛アプリはママと赤ちゃんにとってとてもありがたいものといえそうです。 簡単に陣痛間隔を測定し、病院にいくタイミングを逃さないためにも、陣痛待ちの妊婦さんはぜひ事前にお気に入りの陣痛アプリをダウンロードしておいてください。

次の

これって陣痛なの!?アプリを利用して出産の不安を共有しましょう! | ジャパカレ

陣痛 アプリ おすすめ

目次 c WavebreakmediaMicro - Fotolia. com そんな妊婦さんにおすすめなのが「陣痛アプリ」です。 最近はスマホで使える無料の陣痛アプリがいろいろありますが、今回はそのなかから5つをご紹介します! そもそも陣痛アプリとは?陣痛アプリとは、スマホやタブレット端末を使い、陣痛の間隔をストップウオッチのように計って記録できるアプリです。 「陣痛時計」「陣痛カウンター」などと呼ぶこともあります。 iOSとandroidの両方に無料で提供されている陣痛アプリが多数あります。 「陣痛間隔を計る」という基本的な機能だけでなく、アプリによっては緊急連絡先の登録・発信や医師からのアドバイスコーナー、妊娠中の体重記録や胎動カウンターなど、さまざまな機能がプラスされています。 それぞれにメリットやデメリットがあるので、次からは具体的に人気のアプリをチェックしてみましょう! おすすめ陣痛アプリ1:『陣痛きたかも』陣痛がきたら「陣痛きたかも」ボタンにタッチ、おさまったら「おさまったかも」ボタンにタッチするだけのシンプルな操作で、陣痛間隔を自動で計測・記録してくれます。 c JPC-PROD - Fotolia. com 「きたかも」ボタンが大きいので押しやすく、ボタンとログ(記録)が1つの画面になっているから見やすいのもグッド。 全体にピンク色のかわいらしい雰囲気です。 緊急連絡先の登録&発信機能や、先輩ママや妊婦さんどうしで交流・相談できる「相談ひろば」、体験談コーナーなど、コンテンツも充実していて便利と口コミで人気です。 ただし、アプリ起動時などに広告がポップアップされます。 陣痛がきたから急いでボタンを押そうとしたのに、広告をタップしてしまって「イラッ!」となるかもしれません。 広告のポップアップなどもなく起動と動作がスムーズなので、「陣痛がきた!」と思ったらアプリを起動するワンアクションだけですぐに計測できます。 計測ボタンとログが1つの画面になっていて見やすく、データをメールで添付して送ることもできます。 また、陣痛間隔の計りかたを「前の陣痛の始まりから」もしくは「前の陣痛が終わったときから」の2パターンから選べることも特徴です。 デザインがそっけない印象なこと、連絡先登録などの機能がないことはデメリットですが、「シンプルな機能さえあればいい」という妊婦さんたちから口コミで高評価を得ています。 c fabianaponzi - Fotolia. 日本でもたくさんの妊婦さんが利用しています。 陣痛カウンターだけでなく、妊娠中の体重記録や胎動カウンター、医師からのアドバイスなど機能が充実していて、妊娠初期から長く付き合えるようになっています。 なかでも口コミで人気なのが、胎児のリアルなイメージ画像。 妊娠週数によって変化していくので、お腹の赤ちゃんが今どんな状態なのか、妊婦さんやご家族がイメージしやすいと好評です。 画面には広告もなくシンプルで見やすいですが、陣痛カウンターを表示するにはトップ画面からいくつか操作が必要です。 c chajamp - Fotolia. カウント中にキャラクターの『たまちゃん』がかわいい声でつぶやいてくれて、癒し系のBGMが流れることが最大の特徴。 産院の連絡先を登録でき、陣痛が事前に設定した間隔になると自動的に産院の連絡先を表示してくれる機能もあります。 ただし、ポップアップの広告が出てくるのはちょっとうるさく感じるかもしれません。 また、BGMなど機能が複雑なためか、動作が重いという口コミも多く挙げられています。 助産師からのアドバイスや、安産お守りを購入して待ち受け画面にできる機能など、妊婦さんの気持ちをケアする姿勢が特徴です。 陣痛が事前に設定した間隔になると、病院へ連絡するようアラートしてくれる機能もあります。 カウント用のスタート・ストップボタンは大きくて押しやすいものの、ログが別画面なので、陣痛間隔がパッと見て把握できないというデメリットがあります。 広告も出てくるので、画面は少しごちゃごちゃした印象です。 記録するのを忘れても、後から追加、編集、削除できるから安心です。 日付ごとに「回数」、「平均陣痛間隔」、「平均継続時間」を表示し、さらに折れ線グラフで過去の記録も一目で把握できるようになっています。 ステータスバーにアイコンを常駐できるので、痛くなったらすぐに起動させて使用できるのも魅力。 陣痛が始まった時と終わった時それぞれボタン押すだけで、「開始日時」、「陣痛間隔」、「継続時間」を自動的にリスト化してくれます。 さらに赤ちゃんが10回動くまでに何分かかったかを時間を計ってくれる「胎動計測機能」もついているので、事細かに赤ちゃんの様子を記録できます。 妊婦生活の癒しにもなるかわいいデザインをお探しの方にはおすすめのアプリです。 開始・停止ボタンをタップするだけで、陣痛日時や持続時間、陣痛間隔を記録してくれます。 痛みごとのメモも入力できるので、痛みの強さなど陣痛ごとの状況を残しておくことも可能。 記録したデータは、データ出力してメール送付できるので、家族への状況連絡にも便利です。 また陣痛の間隔があらかじめ設定していた時間よりも短くなると赤字表記されるアラート機能も。 余計な機能やデザインのないシンプルに使えるアプリをお探しの方にぴったりです。 陣痛が始まったら『きたかも!』ボタンを、おさまれば『おさまったかも…』ボタンをタップするだけで、陣痛間隔を計測してくれるシンプル設計。 陣痛履歴を確認すれば、「陣痛開始時刻」、「持続時間」、「陣痛間隔」を表示できるので、病院に連絡した際もスムーズに状況を伝えることができます。 また事前に連絡先を複数登録しておけば、いざという時はワンタッチで電話がつながる設定です。 そのなかのコンテンツの一つである陣痛カウンターは、『陣痛がきたかも』ボタンと『おさまったかも』ボタンをタップするだけで、自動的に「陣痛日時」、「陣痛間隔」、「持続時間」をわかりやすくリスト化してくれます。 ほとんどのアプリが今回ご紹介したように無料なので、いざ陣痛がくる前に、いくつか気になるものをダウンロードして試してみてもいいでしょう。 自分に合ったアプリを選んでくださいね。

次の

おすすめの陣痛アプリ7選! 陣痛アプリの選び方やパパと共有できるアプリも紹介

陣痛 アプリ おすすめ

*陣痛きたかも」と思ったら押すだけのカンタン計測! *ボタンを押したら家族にお知らせ!家族モードもあります! *緊急連絡先も登録OK! 陣痛がおさまったかな?と思ったら「おさまったかも」ボタンをポチ! 前回の記録があれば、次の陣痛までの間隔が自動的に表示されます。 手元でタイマー片手にメモとにらめっこする必要はナシ! ママも赤ちゃんも落ち着いて陣痛と向き合うことができます。 登録できる内容は、名前・住所・電話番号。 電話マークのボタン1つで登録した電話番号への発信機能もついています! 電話連絡だけでなく、ママがタクシーに乗った時に住所を伝えるのにも役立ちます。 大丈夫。 陣痛きたかもは、そんな妊婦さんの陣痛計測の不安をサポート。 ダウンロードしてすぐ使える陣痛間隔計測アプリです。 妊娠してからとつきとおか…おなかの赤ちゃん会えるのもあと少し! ママと赤ちゃんの対面がすばらしいものになりますように。 スタッフ一同応援しています。 ~ママびよりシリーズアプリ運営スタッフより~ *************** アプリをご利用頂きましたら jintsu karadanote. 産院ではまさかの出産ラッシュで、陣痛が1分おき(子宮口8cm)になるまで、文字通り部屋に一人きりでした。 陣痛に耐えながら、パニックにならずにいきみを逃すことに集中できたのは、本当にこのアプリのおかげです!!アプリが陣痛間隔を測ってくれていたので、私は「一人でも大丈夫。 」と思えましたし、やっと部屋に来て下さった看護師さんには、「今陣痛どのくらい?」の質問にもすぐに応えることができました。 本当に感謝しています。 ありがとうございました!!さらに、授乳アプリもあると知り、陣痛アプリが素晴らしかったのですぐにダウンロードしました。 授乳アプリも出産直後からすぐに本当に助かっています。 日曜の朝5時、目覚めるととめに陣痛らしき痛みが始まる。 予感がしたのかちょうど前日にアプリを再ダウンロードしていたのですぐカウント開始。 みんな立ち会い予定なので、早く起こして末っ子の機嫌が悪くても困るので6時まで寝かせる。 その間も陣痛は続き、間隔はすでに5分おき。 6時になったので全員起こし急いで着替え30分位で産院へ。 向かう頃には3分間隔に。 着いてすぐ分娩室に行き、9時に無事元気な赤ちゃんを出産しました! 今回もアプリのおかげで慌てず落ち着いて行動する事ができ、この様なとても助かるアプリを作ってくださった事に大変感謝しています。 5ヶ月が経ち何となくアプリを開き、そういえばこのくらいの時間に陣痛に気がついたんだよなぁと懐かしく思っていました。 何気なくメニューボタンを押したら出産日を入力する項目があったので入力したところ、赤ちゃんがお腹にきてから出産までの大事に過ごした日々を思い出させてくれるとても優しい文章があらわれ、思わず涙がこぼれました。 今目の前にいる息子がより一層愛おしく感じました。 お腹の中の赤ちゃんと過ごした日々を忘れてるつもりは全然なかったのですが、いつの間にか薄れてしまっていたみたい。 思い出させてくれてありがとうございました。 デベロッパの回答 、 ご出産おめでとうございます。 5ヶ月間毎日時間に追われバタバタとされていたかと思います。

次の