エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷。 ウィンドウ枠の固定→ 行や列を隠して作業→ 画面で見えるとおりに印刷

ウィンドウ枠の固定をして印刷:Excel(エクセル)の使い方/印刷

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷

タイトル行を全てのページで印刷する 表のヘッダー部分を固定して印刷するには この記事で「タイトル行」「先頭行」あるいは「見出し行」と表現するのは、作表したときに各列項目のヘッダー行や表のタイトル部分のことです。 それには タイトル行の設定 が不可欠です。 タイトル行の設定 印刷タイトルの設定・解除 では、実際にタイトル行を固定する設定方法について説明します。 メニューの「ページレイアウト」にある「 印刷タイトル」をクリックします。 [タイトル行] の部分の右のボックスをクリックします。 これでタイトル行を指定できるモードになります。 サンプルでは、シートの1行目の表題と2行目のヘッダー行を「タイトル行」としたいので、1~2行目の行全体(セルではなく)を選択します。 選択すると 1行目と2行目全体が点線で囲まれる。 Enterキーをクリックして「ページ設定」のフォームに戻ったら [OK] をクリックして設定完了です。 正しく設定されていれば、下図のように2ページ目以降にも表のヘッダー部分が表示されているはずです。 タイトル行が設定できない方へ ページ設定フォームの表示方法をチェック 今回紹介した「ページ設定」のフォームは、メニューの「ページレイアウト」以外の場所からも表示させることが可能です。 そして、その方法によっては、 タイトル行の設定ができない場合 があります。 この画面から [シート] タブを選択しても「タイトル行」を設定することはできません。 タイトル行の設定ができないという方は、前述のとおりメニューの「ページレイアウト」から「印刷タイトル」をクリックして「ページ設定」のフォームを表示させてみてください。 以上で『 エクセルの先頭行(カラムヘッダー部分)を全ページ固定で印刷する方法』は終了です。 次回は、画面を下方向にスクロールしてもタイトル行が画面上部に固定される方法です。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 印刷・名前の管理 エクセルの印刷範囲を「可変型」に設定して印刷範囲の拡大・縮小を自動化する方法です。 データが入力されている行数分だけを印刷範囲に設定する方法をご存知ですか? ページ設定・印刷 エクセルのフッターでページ番号を任意の番号から開始する方法を解説します。 たとえば、エクセルで作成した資料を会議資料の6ページ目以降に差し込むのでページ番号は「6」から、といったケースです。 印刷・作業グループ エクセルで別シートを1枚の用紙に両面印刷できないときの対処法について解説します。 「作業グループ」を設定すれば、かんたんに複数シートの内容を両面印刷することができます。 コメント・印刷 エクセルのコメントを印刷する方法について解説。 デフォルトでは印刷されないコメントを印刷する手順です。 『コメントとは?』という方のために、コメントの基本的な使い方にも触れています。 印刷 「印刷範囲」の設定・解除・変更・表示などで、ユーザーが「できない」と悩みがちな点に着目。 印刷範囲を表す青線・点線を消せない、移動できない、など。 印刷・枠線 エクセルの 枠線を消す・枠線が表示されない・枠線を印刷したい、という場合の対処法を解説。 枠線の表示設定や印刷設定など、枠線に関するテクニックを図を入れながらわかりやすく解説します。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する方法を解説。 ヘッダー部分や左端の列をロックし画面をスクロールしても動かない様にします。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 グループ化 行や列を折りたたむ「グループ化」の機能について解説。 たたむ・展開するの切替えはワンタッチで簡単!この グループ化 で見た目もすっきり、そして機能的な作表に挑戦しましょう。 条件付き書式・COUNTIF関数 エクセルで重複するデータに色を付ける方法を解説します。 Excelでダブりチェックをする方法はいくつかありますが簡単に設定できるのでぜひ挑戦してみましょう。 条件付き書式・MOD関数・ROW関数 Excelでセルを1行おきに色づけする方法について解説します。 条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。

次の

Excel 2016でウィンドウ枠を固定する:エクセルの使い方

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷

(2) 固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択します。 ウィンドウ枠を固定する際には、固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択することになります。 (3)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上にあるウィンドウ枠の固定をクリックします。 (4) A列が固定されたことにより、B列と2行目からスクロールできるようになり、表示されていなかった店名が画面表示されるようになりました。 ウィンドウ枠の固定を解除する手順を紹介 (1)ウィンドウ枠の固定により、スクロールによって画面表示されている状態の表を解除していきます。 (2)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠固定の解除」をクリックします。 (3)ウィンドウ枠が解除され、B列と2行目からのスクロールがなくなり、画面表示が元に戻りました。 (2)A列を除いた表の一番左上のセル「B1」を選択します。 ウィンドウ枠の固定では、固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択することになります。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番下の「先頭列の固定」をクリックします。 (4)先頭列が固定され、B列からスクロールができるようになり、画面表示されていなかった項目も表示されました。 ここからは、ウィンドウ枠の複数の列や行を固定する手順を紹介します。 複数の行を固定する手順を紹介 (1)表の11行目までを固定します。 (2)12行目を選択します。 表の一番左上のセル「A12」を選択しても、同様の操作をすることができます。 ここでは、わかりやすくするために12行目全体を選択します。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 (4)11行目まで表が固定され、12行目からスクロールができるようになります。 12行目以下の項目を操作することにより、自由に画面表示できるようになりました。 複数の列を固定する手順を紹介 (1)H列まで表を固定します。 (2)I列を選択します。 表の一番左上のセル「I 1」を選択しても同様の操作ができます。 ここでは、わかりやすくするために、I列全体を選択します。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 (4)表がH列目で固定され、I列からスクロールができるようになります。 I列以下の項目を操作することにより、自由に画面表示ができるようになりました。 通常設定のまま、縦や横に長い表を印刷すると、表の一番上にある見出しが2枚目や3枚目には表示されず、分かりにくい表が印刷されてしまいます。 見出しを固定して印刷する方法を紹介 まず、下の表を通常設定のままで印刷してみましょう。 印刷プレビューの画面で確認をします。 二枚目からは一番上の行が印刷されず、表が分かりにくくなっていることが確認できます。 このような状態にならないよう、ここからは 見出しを固定してから印刷する方法の手順を紹介します。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル行」の空欄に、1行目を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも見出しが入っています。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル列」の空欄に、A列を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも、A列の見出しが入っています。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル行」の空欄に、1行目を選択します。 「タイトル列」の空欄に、A列を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも、1行目、A列目の見出しが入っています。 ウィンドウ枠の固定が動かない場合の対処法を紹介 ウィンドウ枠の固定が動かない場合は、まずExcelの表示が「ページレイアウト」になっていないかを確認します。 通常は、右下にあるページ設定が一番左側の「標準」に設定されており、ウィンドウ枠の固定ができる状態になっています。 しかし、右下のページ設定が、真ん中の「ページレイアウト」になっていると、ウィンドウ枠の固定を選択できず、ウィンドウ枠の固定がうまく作動しません。 この場合は、設定を「標準」に戻す必要があります。 ウィンドウ枠の固定がうまくいかない場合の対処法を紹介 固定がうまくいかない場合は、設定が「分割」になっていないかどうかを確認します。 下図のように「分割」になっている場合、ウィンドウ枠の固定はうまく作動しません。 そこで「分割」を一度解除してからウィンドウ枠の固定を行うと、うまくいくようになります。 ウィンドウ枠の固定が解除できない場合の対処法を紹介 固定が解除できない場合は、「ブックの保護」の設定になっていないかどうかを確認します。 「ブックの保護」に設定されている場合、ウィンドウ枠は解除できません。 そこで、設定を元に戻す必要があります。 (1)「校閲」タブから「ブックの保護」を選択します。 (2)「ブックの保護」のダイアログボックスが開いたら、「ウィンドウ」のチェックボックスにチェックが入っているかどうかを確認します。 チェックが入っている場合には、外します。 (3)チェックを外すことで、ウィンドウ枠の解除ができるようになります。 ぜひ、これを機に、ウィンドウ枠の固定を習得してくださいね。 (学生の窓口編集部).

次の

Excelのウィンドウ枠の固定がうまくいかない…トラブルの対処法を解説

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷

表やグラフ、数式などが入力できる便利なソフトであるエクセル。 エクセルで作成した書類や資料を印刷したいとき、「この列は印刷したいのだけど、この列は印刷したくない」「1行目と3行目は印刷したいのだけど、2行目はしたくない」などといったことはありませんか? このようなとき、必要な範囲だけを印刷する方法を知っていれば、非常に見やすい書類や資料が作成できます。 そこで今回は、エクセルで指定した範囲を固定して印刷するさまざまな方法をご紹介いたします。 印刷範囲の設定方法 ワークシートを印刷する時に、印刷範囲を指定するための設定方法をご説明いたします。 まずは、印刷したいセルのみを選択した状態にします。 セルを複数選択する方法は、印刷したい範囲の左上端にあるセルをクリック後、マウスを左下端に向かってドラッグするとできます。 印刷したい箇所が広範囲にわたる場合、先と同様に左上端にあるセルをクリック後、シフトキーを押しながら最も左下にあるセルをクリックすれば、一気に広範囲が選択可能です。 メニューから、「ページレイアウト」のタブをクリックします。 その下にある「印刷範囲」のボタンをクリックします。 すると、「印刷範囲の設定」という項目が出てくるのでクリックします。 選択した範囲が点線で囲われたのが分かると思います。 印刷範囲の設定が正しいかどうか確認するには、「表示」タブから「改ページプレビュー」をクリックします。 すると、青い太枠が表示されます。 印刷したい範囲が囲まれていればOKです。 改ページ ワークシートを印刷する時に、「ここでページを区切りたい」と思うこともあるでしょう。 ここでは、改ページの仕方をご説明いたします。 改ページしたいセル ページを新しくしたいセル をクリックします。 メニューから、「ページレイアウト」のタブをクリックします。 その下にある「改ページ」ボタンをクリックします。 さらに下にある「改ページの挿入」をクリックします。 改ページの位置が正しいかどうか確認する方法は、「表示」タブから「改ページプレビュー」をクリックします。 すると、青い太枠が表示されます。 改ページの部分が青い太枠で区切られていればOKです。 また、改ページプレビューの画面で表示されている青い太枠の上にカーソルを移動し、矢印が出ている状態でクリックしながら上下に移動させれば、改ページの位置を自由に変更することが可能です。 見出しを固定して印刷する方法 表を資料として印刷する時、一枚で収まらないケースもあります。 見出し 項目行 が固定できれば、二枚目以降の表も見やすくなります。 そこで、見出しを固定して印刷する方法をご紹介します。 メニューから、「ページレイアウト」タブをクリックします。 その右下あたりにある「印刷タイトル」ボタンをクリックします。 すると、「ページ設定」というダイヤログボックスが表示されます。 「シート」のタブを開いてください。 「タイトル行」に文字カーソルを入れます。 次に、見出しの行を選択します。 例えば3行目を見出しにしたい場合、3行目を選択してください。 見出しが列の場合は、「ページ設定」というダイヤログボックスで「タイトル列」に文字カーソルを入れ、行の時と同じように見出しの列を選択すればOKです。 一部のセルを非表示にする方法 メモとしては必要、だけど資料としては不要といったセルを印刷時に非表示にしたいこともあるでしょう。 そこで、一部のセルを非表示にする方法をご紹介します。 非表示にしたい行、または列を選択します。 行の選択は、セルの左端にある「1、2、3、4、5……」の番号が書かれている部分をクリックすればできます。 列の選択は、セルの上端にある「A、B、C、D、E……」のアルファベットが書かれている部分をクリックすればできます。 行または列が選択された状態で、マウスを右クリックします。 いろいろな項目が表示されますが、下から二番目の「非表示」をクリックします。 すると、選択した行や列だけが非表示になったと思います。 非表示にしたセルが印刷されてしまう時の設定 非表示にしたはずのセルが印刷されてしまう、といった現象が起きることもあります。 印刷プレビューでは出てこないのに、印刷してみると出てきてしまうといったときは、こちらの設定を行ってください。 印刷したくない行や列を非表示にします。 メニューの「編集」から、「ジャンプ」をクリックします。 「ジャンプ」ダイヤログボックスが表示されたら、「セル選択」ボタンをクリックします。 「選択オプション」ダイヤログボックスで「可視セル」にチェックを入れ、OKボタンをクリックします。 この設定を行えば、非表示になっているセルは印刷されません。 エクセルには便利な機能がたくさんあります。 これらを使いこなすことができれば、より業務効率を上げることも可能です。 特に、外部に提出するような資料であれば、なおさらきちんとしたものを作成したいものです。

次の