当たる 天気 予報。 よく当たる天気予報サイトはどれ!?天気予報に振り回されるのはもう嫌だ!

かなりの的中率で当たる天気予報のホームページを教えてください。

当たる 天気 予報

GPV、SCW天気予報とは は「Grid Point Value 格子点値 」の略です。 Grid Point Value 格子点値 というのは、地球上を一定の距離で格子状に区切り(5kmや20km四方)、コンピュータで多岐にわたるシミュレーションを行い、各地点の推移を予測し数値化したものです。 何のことか分かりにくいですが、実際にGPV天気予報を見てみるとこのような感じです。 地図は北海道。 たまに衛星画像と勘違いされる方がいますが、衛星画像はただの過去の写真、一方で GPVは未来の雲の動きを予測したものです。 また、GPVは雲の動きのみならず、 風向きや風速、 気温や湿度の予報もできます。 便利ですね。 なので、GPVは普通の天気予報のように、晴れマークや曇マークで天気を教えてくれるわけではありません。 普通の天気予報とは毛並みが違います。 そして、は「Super C!? Weather(Cはちょと不明)」の略で、基本的にGPVとやっている事は同じです。 ただ、使い勝手の点で違いがあります。 これについては下で書きます。 では、GPVとSCWの使い方をみてみましょう。 GPVとSCWの使い方 GPVの使い方 まず、GPVは2つの予報モデルがあります。 それが「 詳細モデル(39時間)」と「 広域モデル(264時間)」です。 詳細モデルは5kmメッシュで細かな気象予報を確認できます。 1時間区切りで予測時間39時間まで天気予報を確認可能です。 また、詳細の場合ではエリアを「道北、道南、北東北、南東北、関東、中部、近畿、中四国、九州、沖縄、奄美、伊豆諸島」から選べます。 広域モデルは20kmメッシュで比較的大まかな天気予報を確認できます。 1時間区切りで予測時間264時間(11日間)まで天気予報を確認可能です(途中から3時間区切りになる)。 そして、エリアは「東日本、西日本、西南諸島、日本」という大きな括りで選びます。 天気の大局を見る感じですね。 あとは、「雨量・曇量」、「気温・湿度」、「気圧・風速」から見たいものを選びます。 試しに、よく使う「雨量・曇量」を見てみましょう。 左が詳細(エリアは道北)、右が広域(エリアは東日本)です。 見方は以下の通りです。 雨が降る場合は 「紫〜青〜緑〜赤」になるにつれて雨量が増えます。 そして、時刻を変えれば予報が動いて行きます。 自分の知りたい地域と時間で天気を確認しましょう。 GPV真っ黒は登山日和ですし、フォトグラファーにとっては星撮りの大チャンス。 GPV真っ黒は最高です。 問題点としては、見ての通り地図に地名などの記載がないので場所を探しにくいです。 よっぽど地元でないと、大体の場所は分かっても、正確な場所が判断しにくい。 ただ、これはSCWで克服されています。 それから雲量は分かっても、雲の質までは分からないです。 これはSCWも状況です。 ただ、長い間、GPVと実際の天気をよく観察していると、何となくこんな雲かなと予測が付くようになります。 あるいは、日本気象協会のtenki. jpなどの他の天気予報と組み合わせるのも良いです。 情報源は複数あった方が優位です。 SCWの使い方 SCWの使い方も、基本はGPVと同じです。 違う点としては、まず国土地理院!?の 地図が導入されており、場所を探しやすくなっています。 これは便利です。 それからGPVでいうエリアの選択がなくなり、地図を ドラッグすることで移動や拡大ができるようになっています。 地図の移動や拡大がGPVよりも非常に便利です。 全体的に使い心地はSCWの方が良いです。 ただ、GPVの単純な仕様も分かりやすくて良いですが。 あとはSCWにはGPVにはなかったモデルがいくつか追加されています。 「局地」が追加され、詳細や広域もそれぞれ2つに分かれています。 加えて「予測」と「観測」という項目も追加されていますね。 これについては下で解説します。 GPVとSCWのモデルの違い GPVは「 詳細(5kmメッシュ、39時間予報)」と「 広域(20kmメッシュ、264時間予報)」の2つのモデルがありました。 一方で、SCWは「 局地」、「 詳細」、「 詳細51」、「 広域」、「 広域264」のモデルがあります。 まず、GPVの詳細は「1日8回の更新」、そして広域は「1日1回の更新」です。 ちなみに、更新頻度が高い方が最新のデータが反映されるので当たる確率が上がります。 SCWでは「詳細」、「広域264」が、それぞれGPVの「詳細」と「広域」に該当します。 そして、SCWの「詳細51」は予測時間51時間で更新1日2回です。 「詳細」ほど更新頻度は高くないけれど、予測時間が12時間伸びました。 さらに、「広域」は予測時間84時間で更新1日4回です。 「広域264」ほど予測時間は長くないけれど、更新頻度が増します。 さらに、SCWは「局地」と呼ばれるモデルが追加されています。 まず、「局地」は2kmメッシュで細かいです。 地形による局地的な天候の変化もより精度を増して予測可能になるらしい。 また、予報時間間隔が30分で細かく(他のモデルは1時間間隔)、しかも更新回数1日24回で予測精度が向上します。 予測時間は2時間(月税別280円の有料会員は10時間)です。 無料だとちょっと短いですね。 有料ですが局地モデルの10時間があれば、「今夜の星撮りどうしよう」とか、「明日の朝活どうしよう」とか、こんな時に役立ちそうです。 図にするとこのような感じ。 ちなみに、SCWの「予測」、「観測」の項目については、「予測」はそのまま天気予報で、「観測」は「雲観測マップ」のことです。 雲観測マップは、これまでの雲の状況(雲の種類とか)について見られるようです。 ただし、これは将来の予報ではなく、過去から現在の雲の解析です。 もしかしたら、局地モデルと雲観測マップを併用すれば、今までよりも予測しやすくなるかもしれませんね。 更新時間 それぞれのモデルに更新時間があるのでまとめておきます。 局地モデル 更新時間 毎時40分(1日24回) 詳細モデル 更新時間 2:23, 5:23, 8:23, 11:23, 14:23, 17:23, 20:23, 23:23(1日8回) 詳細51モデル 更新時間 11:23, 23:23(1日2回) 広域モデル 更新時間 1:30, 7:30, 13:30, 19:30(1日4回) 広域264モデル(GPVでの広域モデル) 更新時間 4:40(1日1回) 予報が待ち遠しいならこの時間にチェックです。 雲海を予測してみよう 北海道で有名な津別峠の雲海の予測してみたいと思います。 ただし、私は天気予報士でもないので、眉唾で読んでください。 津別峠の雲海は6,7,8月によく見られます。 発生要因は寒暖差もあるし、あとは太平洋から流れてくる海霧もあります。 太平洋で発生した霧が風に乗り、根室や釧路の平野を超えて、知床半島から阿寒に至る山々にぶつかることで大雲海になるようです。 その場合、このような様子になります。 これで風の弱い時は雲海の可能性が高いです。 さらに、釧路や弟子屈あたりに濃霧注意報が出ていれば完璧。 もちろん、これ以外でも雲海は発生していますし、このパターンでも雲海じゃない時もあります。 GPV真っ黒でもよく雲海が出ます。 あくまでも参考程度に・・・。 あと、基本的に雲は西から東へなど移動していますが、たまに夜から朝方にかけて、その場で現れて消える雲があります。 分かりにくいですが、上のようなパターンです。 これも朝霧であることが多い気がします。 あくまでも個人的な観測なので眉唾で見てください。

次の

【最新版】当たる、天気予報アプリおすすめ無料9選【iPhone/Android】

当たる 天気 予報

GPV、SCW天気予報とは は「Grid Point Value 格子点値 」の略です。 Grid Point Value 格子点値 というのは、地球上を一定の距離で格子状に区切り(5kmや20km四方)、コンピュータで多岐にわたるシミュレーションを行い、各地点の推移を予測し数値化したものです。 何のことか分かりにくいですが、実際にGPV天気予報を見てみるとこのような感じです。 地図は北海道。 たまに衛星画像と勘違いされる方がいますが、衛星画像はただの過去の写真、一方で GPVは未来の雲の動きを予測したものです。 また、GPVは雲の動きのみならず、 風向きや風速、 気温や湿度の予報もできます。 便利ですね。 なので、GPVは普通の天気予報のように、晴れマークや曇マークで天気を教えてくれるわけではありません。 普通の天気予報とは毛並みが違います。 そして、は「Super C!? Weather(Cはちょと不明)」の略で、基本的にGPVとやっている事は同じです。 ただ、使い勝手の点で違いがあります。 これについては下で書きます。 では、GPVとSCWの使い方をみてみましょう。 GPVとSCWの使い方 GPVの使い方 まず、GPVは2つの予報モデルがあります。 それが「 詳細モデル(39時間)」と「 広域モデル(264時間)」です。 詳細モデルは5kmメッシュで細かな気象予報を確認できます。 1時間区切りで予測時間39時間まで天気予報を確認可能です。 また、詳細の場合ではエリアを「道北、道南、北東北、南東北、関東、中部、近畿、中四国、九州、沖縄、奄美、伊豆諸島」から選べます。 広域モデルは20kmメッシュで比較的大まかな天気予報を確認できます。 1時間区切りで予測時間264時間(11日間)まで天気予報を確認可能です(途中から3時間区切りになる)。 そして、エリアは「東日本、西日本、西南諸島、日本」という大きな括りで選びます。 天気の大局を見る感じですね。 あとは、「雨量・曇量」、「気温・湿度」、「気圧・風速」から見たいものを選びます。 試しに、よく使う「雨量・曇量」を見てみましょう。 左が詳細(エリアは道北)、右が広域(エリアは東日本)です。 見方は以下の通りです。 雨が降る場合は 「紫〜青〜緑〜赤」になるにつれて雨量が増えます。 そして、時刻を変えれば予報が動いて行きます。 自分の知りたい地域と時間で天気を確認しましょう。 GPV真っ黒は登山日和ですし、フォトグラファーにとっては星撮りの大チャンス。 GPV真っ黒は最高です。 問題点としては、見ての通り地図に地名などの記載がないので場所を探しにくいです。 よっぽど地元でないと、大体の場所は分かっても、正確な場所が判断しにくい。 ただ、これはSCWで克服されています。 それから雲量は分かっても、雲の質までは分からないです。 これはSCWも状況です。 ただ、長い間、GPVと実際の天気をよく観察していると、何となくこんな雲かなと予測が付くようになります。 あるいは、日本気象協会のtenki. jpなどの他の天気予報と組み合わせるのも良いです。 情報源は複数あった方が優位です。 SCWの使い方 SCWの使い方も、基本はGPVと同じです。 違う点としては、まず国土地理院!?の 地図が導入されており、場所を探しやすくなっています。 これは便利です。 それからGPVでいうエリアの選択がなくなり、地図を ドラッグすることで移動や拡大ができるようになっています。 地図の移動や拡大がGPVよりも非常に便利です。 全体的に使い心地はSCWの方が良いです。 ただ、GPVの単純な仕様も分かりやすくて良いですが。 あとはSCWにはGPVにはなかったモデルがいくつか追加されています。 「局地」が追加され、詳細や広域もそれぞれ2つに分かれています。 加えて「予測」と「観測」という項目も追加されていますね。 これについては下で解説します。 GPVとSCWのモデルの違い GPVは「 詳細(5kmメッシュ、39時間予報)」と「 広域(20kmメッシュ、264時間予報)」の2つのモデルがありました。 一方で、SCWは「 局地」、「 詳細」、「 詳細51」、「 広域」、「 広域264」のモデルがあります。 まず、GPVの詳細は「1日8回の更新」、そして広域は「1日1回の更新」です。 ちなみに、更新頻度が高い方が最新のデータが反映されるので当たる確率が上がります。 SCWでは「詳細」、「広域264」が、それぞれGPVの「詳細」と「広域」に該当します。 そして、SCWの「詳細51」は予測時間51時間で更新1日2回です。 「詳細」ほど更新頻度は高くないけれど、予測時間が12時間伸びました。 さらに、「広域」は予測時間84時間で更新1日4回です。 「広域264」ほど予測時間は長くないけれど、更新頻度が増します。 さらに、SCWは「局地」と呼ばれるモデルが追加されています。 まず、「局地」は2kmメッシュで細かいです。 地形による局地的な天候の変化もより精度を増して予測可能になるらしい。 また、予報時間間隔が30分で細かく(他のモデルは1時間間隔)、しかも更新回数1日24回で予測精度が向上します。 予測時間は2時間(月税別280円の有料会員は10時間)です。 無料だとちょっと短いですね。 有料ですが局地モデルの10時間があれば、「今夜の星撮りどうしよう」とか、「明日の朝活どうしよう」とか、こんな時に役立ちそうです。 図にするとこのような感じ。 ちなみに、SCWの「予測」、「観測」の項目については、「予測」はそのまま天気予報で、「観測」は「雲観測マップ」のことです。 雲観測マップは、これまでの雲の状況(雲の種類とか)について見られるようです。 ただし、これは将来の予報ではなく、過去から現在の雲の解析です。 もしかしたら、局地モデルと雲観測マップを併用すれば、今までよりも予測しやすくなるかもしれませんね。 更新時間 それぞれのモデルに更新時間があるのでまとめておきます。 局地モデル 更新時間 毎時40分(1日24回) 詳細モデル 更新時間 2:23, 5:23, 8:23, 11:23, 14:23, 17:23, 20:23, 23:23(1日8回) 詳細51モデル 更新時間 11:23, 23:23(1日2回) 広域モデル 更新時間 1:30, 7:30, 13:30, 19:30(1日4回) 広域264モデル(GPVでの広域モデル) 更新時間 4:40(1日1回) 予報が待ち遠しいならこの時間にチェックです。 雲海を予測してみよう 北海道で有名な津別峠の雲海の予測してみたいと思います。 ただし、私は天気予報士でもないので、眉唾で読んでください。 津別峠の雲海は6,7,8月によく見られます。 発生要因は寒暖差もあるし、あとは太平洋から流れてくる海霧もあります。 太平洋で発生した霧が風に乗り、根室や釧路の平野を超えて、知床半島から阿寒に至る山々にぶつかることで大雲海になるようです。 その場合、このような様子になります。 これで風の弱い時は雲海の可能性が高いです。 さらに、釧路や弟子屈あたりに濃霧注意報が出ていれば完璧。 もちろん、これ以外でも雲海は発生していますし、このパターンでも雲海じゃない時もあります。 GPV真っ黒でもよく雲海が出ます。 あくまでも参考程度に・・・。 あと、基本的に雲は西から東へなど移動していますが、たまに夜から朝方にかけて、その場で現れて消える雲があります。 分かりにくいですが、上のようなパターンです。 これも朝霧であることが多い気がします。 あくまでも個人的な観測なので眉唾で見てください。

次の

よく当たる天気予報アプリ最新ランキング!無料・有料別TOP3

当たる 天気 予報

長期予報はなぜ難しい? 天気予報の長期予報がなぜ難しいのかというと、天気予報の性質上、仕方ないことなのですね。 天気予報はコンピュータで計算した値を元にして作られています。 この予報なのですが、長期間の予報が苦手、という性質を持っています。 大気のふるまいはいつも予想通りではありません。 非常に複雑となっているので、コンピュータが計算しても、予測しにく性質があります。 大気の状態を完全に把握するのは、とても難しいのですね。 そのため、先の予報になると外れてしまうことがあるのです。 週間天気予報の的中率は何パーセント? 今日、明日の予報に比べると、3~7日目の天気予報の精度は下がります。 週間天気予報の精度は年々、上がっているとは言われています。 ちなみに1ヶ月予報や3ヶ月予報など季節の予報もあります。 ただこちらは週間天気と違い、この日は晴れ、この日は雨という予報ではなくなります。 1ヶ月先の関東地方の気温は、平年と比べて高くなる確率が何パーセントというようになるのですね。 季節によって当たる確率が変わる? 雨が降るかどうかの予報の的中率は、季節によっても変わります。 特に春は降水の有無の予報がしやすい季節です。 天気は日ごとに変わるのですが、梅雨や夏などと比較すると、春は天気予報が当たりやすい季節と言えます。 気象庁のHP では当たりやすさがランク付けされていた! 気象庁のホームページを見ると分かるのですが、予報の確からしさについて、三段階でランクされています。 ランク分けについては、晴れや雨という天気がどれだけ正確に予測されているのか、ということが基準となっています。 Aランクなら時間が経っても予報が変わらないことを示しています。 Bランクの場合は、変わるかもしれないということで、Cランクの場合は前日に変わる可能性があるというイメージですね。 Aなら安心で、Cなら前日までに要チェックということです。 何日前から正確な天気予報が分かるの? 結局、Cランクの予報の場合は前日に確認する必要があります。 つまり、天気予報で正確な予報がなされるのは、1日前ということですね。 前日の予報はほぼ正確で、2日以降は変わる可能性があるということです。 週間予報もありますが、気象庁のホームページを見て、ランクを確認しておきましょう。 Aならほぼ確定の予報となりますが、BやCの場合はこまめに予報をチェックするようにしましょう。 週間天気も当たる確率は75パーセントなので、気になる方はこまめに気象庁のホームページをチェックすることがおすすめです。 前日に突然予報が変わることもあります。 ランクがBやCの時は予報が変わる可能性もあります。 お出かけの予定があるなら、頻繁にチェックしてみましょう。 天気予報の正確な予報は何日前から分かるのかというと、前日です。 2日後以降の予報は変わる可能性があります。 長期予報が難しいのが天気予報なので、週間予報でチェックした上で前日もチェックしてみましょう。

次の