知らなくていいコト ドラマ 出演者。 知らなくていいコト

【ドラマ】知らなくていいコトを無料視聴する方法!吉高由里子/柄本佑/佐々木蔵之介/秋吉久美子

知らなくていいコト ドラマ 出演者

吉高由里子が週刊誌のスクープ記者を演じた日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」(写真・日本テレビのホームページより)の最終回が11日(2020年3月)に放送された。 ドラマでは、週刊イースト編集部記者・真壁ケイト(吉高由里子)と、幼い赤ちゃんと妻がいるカメラマン尾高由一郎(柄本佑)との不倫の恋の行方も注目された。 なぜならケイトは、「文春砲」ならぬ「イースト砲」と称して、他人の不倫を暴く仕事を得意としてきたからだ。 尾高は離婚を妻に伝えており、あとは子供の親権を決めるだけという。 しかし、ケイトは「私も尾高さんが死ぬほど好き。 だけど私たちが一緒になったら尾高さんが子供を思う気持ちを捨てないといけないでしょ。 そんな尾高さんはイヤなの」と、プロポーズを断る。 「赤ちゃん置き去りにショックを受けた」 数年後、昇進したケイトはさらに仕事に生きがいを見出す。 一方、尾高は幼児と連れて父親らしい姿で街を歩いていた。 この不倫の恋の「落としどころ」にネット民は「なにコレ?知らなくてもいいドラマだった」と怒りまくる声が大半だ。 「途中まではお洒落なスタジオを持つ雰囲気のいい元カレが身近に... という設定を楽しんいました。 が、赤ちゃんが出てくると、冷静に視聴できなくなりました。 その赤ちゃんを置き去りって復讐? 後味が悪すぎる! 実は尾高さんの妻も不倫していました、という伏線があったほうが救われます」 「置き去りはどうかと思うが、尾高の奥さんは今後の復縁にかけて子供の親権を譲ったんじゃないかなと考えました。 自分が子供を連れていけば、旦那と不倫相手は何の障害もなくくっつけるわけで、子供も自分も忘れられてしまう。 しかし、旦那に子供を任せればいつか根を上げて自分の元に戻ってくるだろう。 戻らなくても不倫相手と上手くいかなくなるに違いないと考えたのだ」 「ケイトが『子供を捨てる尾高さんは好きじゃない』と言って、尾高の渾身のプロポーズを速攻で振りながら、3年経ってから、『 大変そうだね 一緒に育てる?』と他人事みたいに言う。 誰のために尾高は離婚したのよ。 魔性の女ケイトが嫌いです。 このドラマのコトはもう忘れよっと」 「妻の子ども置き去りはショックだった。 子どもは妻が引き取る前提で離婚しようとする尾高に『あなたの子どもですよ』ということを強調するための表現描写だと思ったけど......。 尾高の不倫で子どもは母親を失った。 子どもが犠牲になる姿はキツイ」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄い」 「奥さんは尾高が刺された時に、呆れてサッサと別居している設定が良かったな。 ケイトと尾高はわかっていても愛を口にせずにいて、最終回で初めて結婚しようと告げてフラレるのがロマンチックだったのに。 なーんて妄想しました」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄かった。 『俺は命削って真実に突き進んでいくケイトが好き』とか『結婚しよう。 俺はケイトがいないと辛い』とか。 こんな陳腐なセリフ尾高が吐いてしまうのか?尾高がケイトの唇を奪うシーンは思わず目を背けたくなった。 尾高は常に冷静で優しさに溢れ、一歩引いた感じの大人だったのに。 それに比べ、ケイトは結局図太く強い女だった。 デリカシーの欠如が感じられ、私は最後までケイトを好きになれなかった」 非常に少数派だが、この終わり方を擁護する意見もあった。 「絶対的不倫反対派で、不倫と聞くだけで吐き気がするほど嫌いですが、尾高の離婚協議後の告白を見て、その覚悟に、これはもはや批判出来る者はいないと、許容の面持ちで見ていたところ、それでもなお結ばせずに辛い結末を用意していた脚本に喝采を贈りたい。 片方の不倫故に傷つく人が一人でもいる限り、不倫に正義はないとのメッセージと受け取りました。 赤ちゃん一人残して出て行った奥さんの既に異常と表現して差し支えないであろう心境を思うと辛いです。 絶対的不倫反対派として納得のいく良い結末でした」(テレビウォッチ編集部).

次の

重岡大毅が5クールで連続でドラマ出演中!「知らなくていいコト」で年下彼氏がハマりすぎ!|Happy Log

知らなくていいコト ドラマ 出演者

真壁ケイト: 吉高由里子 主人公。 東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者 真壁杏南: 秋吉久美子 主人公の母で、映画翻訳家。 脳梗塞で他界してしまう。 野中春樹: 重岡大毅(ジャニーズWEST) ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。 尾高由一郎: 柄本佑 ケイトの元カレで元同僚。 動物専門のカメラマン。 岩谷進: 佐々木蔵之介 ケイトの上司で、出版社の編集長。 乃十阿徹: 小林薫 ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。 出所後の現在は、自転車屋で働いている。 しかし校了直後に起きた、事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替えていた。 無事入稿を終えた翌日、バスの中で女子高生たちが、カリスマ塾講師・ ジーザス富岡(新納慎也)の話で、盛り上がっているのを耳にする。 難関医学部の、小論文の問題を「ジーザスが3年連続で当てた」という話に興味を持ち、詳しく話を聞くことに。 しかし、予備校では、対外的には『70%』と公表。 疑念を持ったケイトは、早速、 黒川(山内圭哉)にネタを上げると、ジーザス周辺の調査へ向かった。 一方、編集長の 岩谷(佐々木蔵之介)と、デスクたちの会議では、連載班がジーザスの、新刊インタビューを企画していることが分かった。 岩谷は翌日、 野中(重岡大毅)が行く予定だったインタビューに、ケイトも同行させることに。 編集長の指示とは言え、ケイトが同行すると聞いて、明らかに嫌な顔をする野中。 ケイトの方は、すっかり野中の事は吹っ切れたようで、気にもしていなかった。 その夜、 尾高(柄本佑)の仕事場のスタジオを訪ねたケイトは、30年前の乃十阿の事件に、尾高が興味を持ったきっかけについて、意外な話を聞く。 犯行の動機を一切語らず、しかし犯行を認め、25年も服役した乃十阿に、尾高は興味を持っていた。 尾高は乃十阿と、直接話をしたこともあったという。 ケイトはそんな尾高が、急にニュースカメラマンを止めて、動物カメラマンへ転向した理由が、気になっていた。 「向いてないと思ったんだ」 しかしケイトは、尾高の言葉に納得できない。 ニュースカメラマンとして、その才能を発揮していたのを、誰よりも近くで見ていたからだ。 「ニュースカメラマンは、撮った写真には責任感を感じない、図々しさがないとダメなんだ。 」 尾高は、ケイトの母・ 杏南(秋吉久美子)から、乃十阿の話を聞いて以降、カメラ越しに乃十阿を見たとき、冷静にシャッターを切れないと感じ、自分に減滅したという。 翌日、ケイトは野中に同行し、ジーザスの著者インタビューに同行。 授業は土曜日に、振り替えられていた。 休校の理由がはっきりしないことに、違和感を感じたケイト。 ジーザスにその理由を尋ねるが、「予測力と予感力が降りてこない」と、ジーザス節で質問をかわされてしまう。 ケイトは、ジーザスが小論文のテーマを当て続けている、医学部へ取材へ向かった。 小論文のテーマは、医学部長により厳選されたもので、もうすぐテーマが2つに絞られてくるそうだ。 医学部長への取材アポを取ろうとしたケイトだったが、医学部長は入院中らしい。 病状は軽いもので、すぐに退院予定とのことだった。 医学部長と関係があるとすれば、今日からジーザスが授業をする、2日後の土曜日の朝までに、何か動きがあると予測したケイト。 編集長の岩谷の指示により、特集班総出で、ジーザス周辺の張り込み計画がスタートした。 1日中張り込みをするが動きが無い。 しかし翌日、予備校の校長が医学部長の入院する病院へやってきた。 校長と医学部長の2人が、現金を受け渡す現場の撮影に成功したケイト。 一方で別の特集班が、文部科学省の教育局長と、医学部長が、現金の受け渡しをしていた現場を確認。 予備校の校長が渡した金は、文部科学省の教育局長へ流れていたのだ。 編集長の岩谷は、ジーザス、予備校の校長、医学部長、教育局長の4人へ、同時に直撃取材を結構することを指示。 ケイトに直撃取材をされ、知らん顔を決め込んでいたジーザスだったが、文科省が関わっていることを突き付けられると、驚いた表情を浮かべた。 ジーザスは、大学の新キャンパス設置の認可を受けるための賄賂として、その金が文科省へ流れていたことを、知らなかったのだ。 特集班はみごと、不正を暴くことに成功した。 達成感を味わっていたケイトだったが、「世の中には知らなくていいことがある」と言った、ジーザスの言葉が頭に残っていた。 「私には知らなくていいことなんてない」 ケイトは尾高に頼んで、乃十阿が事件を起こしたとされるキャンプ場へ向かうのだった。 『知らなくていいコト』第4話|視聴者の反応 今回は、編集部の連携プレーが見事でしたね。 実際のスクープを取材するときは、こんな感じなのでしょうか。 ケイトのジャーナリストとしての、直観力やチームの行動力が素晴らしかったです。 一方で、ケイトをフった元カレ・春樹の好感度は、どんどん下がっているようです。 重岡さん、演技上手いなぁ。 ケイトと言い合いで、イラッとしているのが表情で伝わる。 インタビューでは相手への敬意と、彼女の鬱陶しさが垣間見えるし。 まぁ、あんなに自分の仕事邪魔されたら、腹立つわ。 ケイトを嫌っている ? 一方で、尾高との会話を立ち聞きするなど、ちぐはぐな行動も気になります。

次の

知らなくていいコト8話あらすじとネタバレや見逃動画無料視聴!pandora、Dailymotionは?

知らなくていいコト ドラマ 出演者

吉高由里子が週刊誌のスクープ記者を演じた日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」(写真・日本テレビのホームページより)の最終回が11日(2020年3月)に放送された。 ドラマでは、週刊イースト編集部記者・真壁ケイト(吉高由里子)と、幼い赤ちゃんと妻がいるカメラマン尾高由一郎(柄本佑)との不倫の恋の行方も注目された。 なぜならケイトは、「文春砲」ならぬ「イースト砲」と称して、他人の不倫を暴く仕事を得意としてきたからだ。 尾高は離婚を妻に伝えており、あとは子供の親権を決めるだけという。 しかし、ケイトは「私も尾高さんが死ぬほど好き。 だけど私たちが一緒になったら尾高さんが子供を思う気持ちを捨てないといけないでしょ。 そんな尾高さんはイヤなの」と、プロポーズを断る。 「赤ちゃん置き去りにショックを受けた」 数年後、昇進したケイトはさらに仕事に生きがいを見出す。 一方、尾高は幼児と連れて父親らしい姿で街を歩いていた。 この不倫の恋の「落としどころ」にネット民は「なにコレ?知らなくてもいいドラマだった」と怒りまくる声が大半だ。 「途中まではお洒落なスタジオを持つ雰囲気のいい元カレが身近に... という設定を楽しんいました。 が、赤ちゃんが出てくると、冷静に視聴できなくなりました。 その赤ちゃんを置き去りって復讐? 後味が悪すぎる! 実は尾高さんの妻も不倫していました、という伏線があったほうが救われます」 「置き去りはどうかと思うが、尾高の奥さんは今後の復縁にかけて子供の親権を譲ったんじゃないかなと考えました。 自分が子供を連れていけば、旦那と不倫相手は何の障害もなくくっつけるわけで、子供も自分も忘れられてしまう。 しかし、旦那に子供を任せればいつか根を上げて自分の元に戻ってくるだろう。 戻らなくても不倫相手と上手くいかなくなるに違いないと考えたのだ」 「ケイトが『子供を捨てる尾高さんは好きじゃない』と言って、尾高の渾身のプロポーズを速攻で振りながら、3年経ってから、『 大変そうだね 一緒に育てる?』と他人事みたいに言う。 誰のために尾高は離婚したのよ。 魔性の女ケイトが嫌いです。 このドラマのコトはもう忘れよっと」 「妻の子ども置き去りはショックだった。 子どもは妻が引き取る前提で離婚しようとする尾高に『あなたの子どもですよ』ということを強調するための表現描写だと思ったけど......。 尾高の不倫で子どもは母親を失った。 子どもが犠牲になる姿はキツイ」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄い」 「奥さんは尾高が刺された時に、呆れてサッサと別居している設定が良かったな。 ケイトと尾高はわかっていても愛を口にせずにいて、最終回で初めて結婚しようと告げてフラレるのがロマンチックだったのに。 なーんて妄想しました」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄かった。 『俺は命削って真実に突き進んでいくケイトが好き』とか『結婚しよう。 俺はケイトがいないと辛い』とか。 こんな陳腐なセリフ尾高が吐いてしまうのか?尾高がケイトの唇を奪うシーンは思わず目を背けたくなった。 尾高は常に冷静で優しさに溢れ、一歩引いた感じの大人だったのに。 それに比べ、ケイトは結局図太く強い女だった。 デリカシーの欠如が感じられ、私は最後までケイトを好きになれなかった」 非常に少数派だが、この終わり方を擁護する意見もあった。 「絶対的不倫反対派で、不倫と聞くだけで吐き気がするほど嫌いですが、尾高の離婚協議後の告白を見て、その覚悟に、これはもはや批判出来る者はいないと、許容の面持ちで見ていたところ、それでもなお結ばせずに辛い結末を用意していた脚本に喝采を贈りたい。 片方の不倫故に傷つく人が一人でもいる限り、不倫に正義はないとのメッセージと受け取りました。 赤ちゃん一人残して出て行った奥さんの既に異常と表現して差し支えないであろう心境を思うと辛いです。 絶対的不倫反対派として納得のいく良い結末でした」(テレビウォッチ編集部).

次の