ナイキ ズーム グラビティ。 半額 50%off ランニングシューズ ナイキ NIKE メンズ ズーム グラビティ シューズ スニーカー 靴 部活 BQ3202 グリーン 緑 エレファントSPORTS PayPayモール店

2019 ナイキ ズームシリーズでスピードアップ!

ナイキ ズーム グラビティ

ジョギング用のシューズって重くてカッコ悪い… 速めなペースで隙間時間に質のいい走りがしたい! やっぱり見た目から入りますよね? テンション上がる系のシューズないかな? 今話題の厚底シューズ【ナイキ】の新商品情報を教えて。 5~10kのレースで記録更新したい! その悩みランニング歴1年9カ月、フルマラソン2回完走 サブ3. 5 、ハーフマラソン数回完走の たあしべーが解決致します。 必ずみなさんの要望に合ったシューズが見つかります。 おまけにシューズチェンジの秘訣を教えしますので少しでも参考になれば光栄です。 カップラーメンが出来上がるくらいの時間があれば読み終わる内容になっていると思いますので 是非最後までお付き合いください。 Jog用のシューズは重くてダサいので履きたくない…用途教えます。 結論からいいますと…必要不可欠なシューズになります。 そこで用途を教えます。 Jog用や初心者モデルとしてスポーツショップに置いてあるシューズのみを購入するのではなく、 もう1足自分の好みのメーカーやデザイン、色などにこだわり購入するのをおススメします。 なぜ? それはランナーにとって利点しかないからです。 やはりランニングの根幹は、Jogです。 プロランナーの方々もおそらくJog主体の練習を行っています。 それはペースは人それぞれ違いますが、自分が心地よく感じるペースで走るのをおススメします。 そこで全力疾走なら足の設置時間が短くなるので安定感やバランスよりも反発力や柔らかさ軽さなどが重要になりますが、Jogや非常にゆっくり会話できるくらいのペースで走るLSDなどでは、 足の設置時間が長くなり、片足で立っている時間が長くなりバランスや安定感が非常に大事になってきます。 その為、安定感やバランス、アーチ補正などシューズに助けをもらいながらトレーニング効果を上げていく必要があるため、Jog用シューズは1人1足が必須条件になります。 ところでもう1足のシューズはどうするの? ゆっくりペースNG! Jogより速いペースでロング走以外を行う。 それより速ければもちろん問題ないです。 5kそのペースで走るのはきついなという方でも、500mや1k、2kなら走れるって方は多いと思います。 なら充実してもらいたいので好きなメーカーやデザイン、色のシューズを選んでいいと思います。 やはり走りたい!と思う事が一番大事なのでテンションをあげて脳を活性化し、癒してあげましょう。 話題の厚底シューズ【ナイキ】の新商品情報!グラビティどう? テーマにもありますが、メインコンテンツになります。 今回近隣のスポーツショップにて先月試着し細かいディテールを観察してきたので、 NIKEの新商品【 ズームフライ3とズームグラビティ】について写真と共に簡単に解説していきます。 グラビティ gravity とは… 重大さ、容易ならぬこと、重さ、まじめさ、真剣さ、厳粛、沈着、地球引力、重力 という意味をもちます。 この中だとシューズからイメージできるキーワードは… 地球引力、重力ですかね。 では早速紹介します。 右: ズームフライ3 価格 17. 280円 税込み 重さ 26. 5cmで約256g 左: ズームグラビティ 価格 9. 720円 税込み 重さ 26. 5㎝で約213g と値段と軽さは断然ズームグラビティのがコストパフォーマンスが高いですね。 アッパー素材ですが、率直に言うと…ズームフライ3のがはるかにいいです。 柔らかくて足あたりが非常によくて包み込まれる感覚で紐がとても締めやすくフィットしやすい。 それに対してコスト削減からズームグラビティは、やや硬めなのと紐がとても締めにくい構造でした。 なかなかフィットさせるのが難しいと思います。 だが値段と軽さがあるので売れると思います。 ソールなんですが、全然違う商品ですね。 ズームフライ3は、今までと同様カーボン系シューズなのでカチカチでほぼ屈曲しませんので反発力を生かし蹴って走るより置いてピッチを刻むのに徹している。 それに対してズームグラビティは、全体的に屈曲し柔らかめですのでふくらはぎが張りやすい方は余計に蹴って走ってしまい足だけ前へ前へ行くことにより疲れの要因になりやすいと思います。 だが両方とも反発感は周りのシューズと比べると高い気がします。 外側のデザインはこんな感じです。 ズームグラビティは結構透け感が強いですが、果たして通気性がいいのか? ズームフライ3の方がありそうな気がしますね。 やはりズームグラビティは、フィット感がやや弱いですね。 少しボテッとした感じが否めないですね。 変わった形状でここはズームフライ3もズームグラビティもかなり滑りますw 設置時間が本当に少ない人が乗るシューズということですね。 雨の日や路面状態をしっかり把握する必要がありそうです。 踵の尖がりはズームグラビティの勝ちですね。 結構尖がってます。 自分的には踵トントンして履くときに邪魔なのであまりこの尖がり好きじゃないです。 デザイン性は、カッコいいと思いますがシューズはフィットが命じゃないんですか? 最重要ポイントの踵ですが… ズームフライ3は、踵のパットが非常によくフィットしますが、踵のクッションが大変柔らかくなっている為、過度な踵設置だと外側に倒れやすくなっているので捻挫やプロネーションの要因になりそうです。 ズームグラビティは、踵のパットが自分には合わなかったが踵のクッションが硬めで沈み込みがズームフライに比べないので踵設置でもまだ使えるのかも。 でも両方ともミッドフットか、フォアフットですかね。 以上のことを踏まえると値段は倍近くして、重さも重いがしっかりとした設置であれば 【 ズームフライ3】の方がいいですね。 2足のリンク貼っておきますのでもし気になる方がいたら覗いてみて下さい。 5~10kのレースで記録更新したい! 断言します【可能です】 結論から言いますと…ハーフマラソンまでならシューズサイズを見極め正しく履ければ何を履いてもOKです。 内容が薄いですが…本当です。 何よりも楽しむ事が大事だと最近大会を出場し感じます。 自分の中のベストは、タイムだけなのか? そこを考えると…あなたのベストはたくさんあると思います!短い距離なら普段出せないようなペースのランナーに着いていくのもかなりいい経験になると思います。 おまけ 重要!【シューズチェンジと足の実測値】 たあしべーは、ランニングを初めて1年9カ月になります。 ランニングをするようになり生活がだいぶ変わりました。 その中でもシューズに対する思いと医療人という職を生かし現場で数々の痛みを抱えるスポーツマンを見てきてかなり足の事を学びました。 自分自身もランニング序盤は、かなり痛みに悩みました。 シューズ大好きなのに好きなのが履けない悲しさ。 高くてもカッコいいテンションのあがるシューズが履きたい。 その思いからシューズチェンジを学び実行し今ではたくさんのシューズを履けるようになりランニングライフを楽しんでます。 <たあしべー的シューズチェンジ術>• Jogシューズは、必ず1足もっておく gt1000,gt2000,NB HANZO Uなど• 上記のJogシューズで1k6分以上のペースでJogを練習に多めに入れる• なので初心者だからって1足だけではなく2足を交互に履いた方がシューズの寿命も伸び走力向上! イケイケなシューズとイケてないシューズの用途は距離ではなく設置時間の長短ですので、 ランニングは孤独との闘いです…飽きますのでシューズを変えるのが1番持続します! アウトドア派で、夏はガングロの希少価値高めの放射線技師『たあしべー』です。 『医療現場からRUN関連・健康関連・病院関連のマイノリティ(少数派)オピニオン(意見)』を発信していきます。 マイノリティのMとオピニオンのOを生活(Life)に落とし込み固定観念を投げ捨て、世の中を正しく見よう!というコンセプトで『M・O-Life Blog』にしました。

次の

ナイキ ズーム グラビティをレビュー!

ナイキ ズーム グラビティ

スピードを追求した、競技で勝つための軽量トレーニングシューズ。 スピードトレーニング用にデザイン。 短いテンポランからレースまでに対応。 勢いのある前足部の推進力と、あらゆる路面に対応するトラクションとグリップ性能。 この2つが融合し、最高のパフォーマンスを実現。 5cm〜25. 予めご了承下さい。 検索ワード:shoes シューズ 靴 マラソンシューズ スピード重視 軽量モデル ランニング もっと見る スピードを追求した、競技で勝つための軽量トレーニングシューズ。 スピードトレーニング用にデザイン。 短いテンポランからレースまでに対応。 勢いのある前足部の推進力と、あらゆる路面に対応するトラクションとグリップ性能。 この2つが融合し、最高のパフォーマンスを実現。 5cm〜25. 予めご了承下さい。 検索ワード:shoes シューズ 靴 マラソンシューズ スピード重視 軽量モデル ランニング• 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。 いずれを獲得できるかは「内訳を見る」から各キャンペーンページをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。 Yahoo! ショッピングの各種ポイントキャンペーンは対象外です.

次の

ナイキ ズーム ライバル フライが登場!話題のエアロソール搭載!! Alpen Group Magazine

ナイキ ズーム グラビティ

メ ーカー推奨の位置付けが異なる ・: レースに使用してほしいシューズ ハーフマラソン、駅伝 〜速く、前への力を後押し、フィット感を重視したレース仕様のランニングシューズ ・ : レース前のトレーニングなど日々のスピードを上げた練習に使用してほしいシューズ〜様々な環境 土、芝、アスファルト、悪天候 でも使用できる、ストレスのないフィット感、自力を上げるためのスピードトレーニング仕様のランニングシューズ ア ッパーの素材が異なる : エンジニアードメッシュ素材 エンジニアードメッシュ素材とは、部分ごとに細かく編み込みを変える事が可能な万能素材です。 通気性が必要な箇所はオープンに、サポート性が必要な箇所はタイトに編み込みなど、カテゴリや用途に合った調整が可能です。 軽量でフィット感が高い素材となっているので、中〜上級者向けのシューズに用いられる事が多い印象を受けます。 : トランスルーセント素材 トランスルーセント素材とは、合成繊維からなる光を通すほど薄手の素材です。 通気性、軽量性が抜群で、水への強さも兼ね備えています。 この素材を用いたシューズは比較的ゆったりしたサイズ感で、足へのストレスが少ない印象を受けます。 ミ ドソールの素材が異なる ・: クシュロン素材 クッションが語源のクシュロンと呼ばれるクッション性に優れた素材を使用しています。 適度な反発性も兼ね備えており、ランニングシューズに多く用いられる素材です。 リアクトと比べると柔らかさ、反発性は劣ってしまいますが、最初から最後まで快適に走った結果高記録に繋がるナイキの厚底レースシューズイズムを継承しています。 前足に内蔵されている反発性に優れているズームエアはフルマラソンよりスピードに乗った走りをするハーフマラソン、駅伝に向いている配置で、フォアフット、ミッドフット走法を後押ししてくれます。 ・ : ファイロン素材 反発性に優れたファイロン素材を使用しています。 ファイロン素材はバスケットボールシューズに多く用いられる素材です。 適度なクッション性も感じる事ができる素材です。 足に当たる部分を柔らかく加工したファイロン、地面に当たる部分を硬く加工したファイロンと上下で硬さが異なる配置を採用。 反発性が高すぎると足への負担が大きいため、足に当たる部分を柔らかく加工する事で足への負荷を抑えつつ、ファイロンならではのクッション性を損なってしまわないよう工夫しています。 ア ウトソールの形状が異なる ・: アスファルトでの走行を意識した形状 アスファルトで行われる事が多いレースを意識した耐朽性に優れた構造です。 足の動きを加味した摩耗テストを何度も行っているそうです。 広範囲にラバーを貼ってしまうと柔軟性が損なわれてしまいます。 それを防ぐため、前足、ヒール部分に大きく深い切れ込みを入れています。 ・ : 様々な路面に対応したアウトソール形状 芝や土、アスファルトと様々な路面での使用を想定したアウトソールを採用しています。 特に部活性の練習はどこでどのようにやるかは監督や学校次第。 また、路面ごとにシューズを変える事は難しいと思います。 そんな部活性や様々な環境でランニングに取り組む方を考えた万能アウトソールとなっています。 足 型が異なる : 日本人の足の形に合わせて作られた足型 幅広の日本人の足に合わせて作られた前足が広めの足型になっています。 前足部分が広いということは、地面を捉え蹴り出す動作を窮屈に感じず自然な動きで行う事が可能です。 日本人が高パフォーマンスを発揮できる可能性を秘めているというのも嬉しいポイントです。 : アメリカ人の足の形に合わせて作られた足型 要はグローバルラスト、日本人にとってはやや狭く感じる足型です。 アッパーがゆったりしているので、そこまで違和感を感じないとは思いますが、足幅や足の甲が高いと感じる方は購入時注意が必要です。 まとめ… 長所:フィット感が高い、柔らかくも反発性がある走り心地、アスファルトでの走りに特化したアウトソール、日本人にぴったりな足型 短所:悪天候に弱い、加速力が劣る、アスファルト以外でグリップ力に不安がある 長所:悪天候に強い、ゆったりしたストレスが少ない履き心地、反発性抜群のミッドソール、様々な路面に対応したアウトソール 短所:フィット感が低い、ミッドソールが硬く長距離には向かない、汎用性があるアウトソール=悪い意味で中途半端 ・: レースに使用してほしいシューズ ハーフマラソン、駅伝 〜速く、前への力を後押し、フィット感を重視したレース仕様のランニングシューズ ・: レース前のトレーニングなど日々のスピードを上げた練習に使用してほしいシューズ〜様々な環境 土、芝、アスファルト、悪天候 でも使用できる、ストレスのないフィット感、自力を上げるためのスピードトレーニング仕様のランニングシューズ 本記事冒頭にも書いた内容ですが、 上記メーカー推奨の位置付けを念頭において購入を検討するのがいいのかなと感じました。 もちろん、 決めるのは自分自身なので、グラビティの方がレースに合うなと感じる方もいると思います。 幸い両モデルで販売している商品となるので、練習、レースで実際に使用した上で、 出荷日30日以内であれば使用後でも返品可能な制度を最大限に活用することをオススメします!! ・ ・.

次の