メール 挨拶文 コロナ。 コロナ禍のビジネスメールの気遣いの書き出しで印象が変わる挨拶文の例文!

自粛の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

メール 挨拶文 コロナ

もくじ• 相手を気遣うことば 「ご自愛ください」の意味と使い方 よく「ご自愛ください」と使いますが 「ご自愛」ってそもそもどういう意味が知ってましたか? 「ご自愛ください」は 「ご自身の体を大切にしてください」という意味です。 相手の方の体調を気遣うときに使う丁寧な言葉です。 目上の方だけでなく老若男女すべての人に使って大丈夫です。 風邪や病気で入院されているときなどに気遣う言葉・・ 「早いご回復をお祈りしております。 」 「早いご回復を願っております。 」 「一日も早い復帰をお待ちしております。 」 「どうぞ、お大事に」 健康や体調を気遣う言葉・・・ 「ご自愛くださいませ」 「くれぐれも、お体にお気をつけくださいませ。 」 「まだまだ寒い日が続きます。 くれぐれもお体にはご留意ください。 」 「まだまだ寒い日が続きます。 お体を大切になさってください。 」 「寒さ厳しく続く折、ご健康にお気をつけください。 」 「どうぞ、くれぐれもお体を一番にお過ごしくださいませ。 」 「寒くなってきましたので、お風邪など召されないようにお気をつけください。 」 「大分、朝晩寒さ厳しくなってまいりました。 お体大事になさってください。 」 「風邪が流行っております。 くれぐれもご自愛くださいますように。 」 「寒くなりましたので体調などお気をつけください。 」 「寒くなってきましたので、なお一層ご自愛ください。 」 季節の変わり目には・・ 「季節の変わり目、どうぞ体調に気をつけてください。 」 「季節柄、ご自愛くださいませ。 」 例文・・参考にしてくださいね。 口から発する言葉もそうですが 手紙やハガキ・メールでの文章も 優しく 温かい 思いやりのある ことばで伝えることが さりげな~くできる 女性になりたいと思います。 応援よろしくお願い致します。 このサイトでは日々の暮らしの中でHappyな気分や気持ちになれること・こころとからだを健康にするためのちょっとした気づきやヒントをご紹介しています。 少しでも誰かのお役にたてれば幸いです。 この世は素敵なことがたくさんあります。 忙しかったり、凹んでいるときは見えなかったことも、ちょっとした気づきで気分が変わることがあり人生捨てたもんじゃない!って思います。 苦しいこと悲しいことしんどいがことたくさんあるけど、経験・体験した分幸せになれます!Happy Life のために!! どうぞよろしくお願いします• アーカイブ• カテゴリー• 人気記事ランキングベスト7• 年賀状やお礼状 季節の挨拶や近況など ハガキや手紙・メールで 最後にひと... 9,578件のビュー• メールや手紙・はがきなどで 文章の最後に締めくくるとき使う 結びの言葉... 3,653件のビュー• 最近、instagram(インスタグラム)に投稿しています。 314件のビュー• 日常思っていることが 人生を作っていきます。 自分が自分に向かって... 44件のビュー• 私はいま、主人の両親と同居しています。 今年で同居5年目です。 40件のビュー• 31件のビュー• 引き寄せの法則で感情の22段階があるのを知りました。 22の感情スケールです。 自分の感情の状態を... 25件のビュー• 最近、instagram(インスタグラム)に投稿しています。 21件のビュー• 新年を迎え 6日経ちました。 速いですね。 一年がアッと言う間に... 18件のビュー• 久しぶりのブログ更新となりました。 アルコール依存症の主人に困っています。 11件のビュー• スポンサードリンク.

次の

「ご自愛ください」の正しい使い方!ビジネスメールや目上の人に使う際の注意点とは

メール 挨拶文 コロナ

開封してもらう鍵となる「件名」は、要件と差出人を必ず入れる• 本文では5W2Hを意識しながら、忙しいビジネスパーソンでも短時間で理解できる内容を• 挨拶文では「初めまして」「お世話になっております」は使わず、結びでは相手のアクションを促す1文を 初めての相手へビジネスメールを送るときに注意するべき3つのポイント 仕事関係者に紹介を受けた際や、新規顧客の開拓など、初めての相手にビジネスメールを送る場面も多いのではないでしょうか。 件名はどうすればいいのか、どのように始めればよいのか、必須で入れておくべきことは何か……。 慣れないうちは、色々と悩むことも多いと思います。 まずは、大前提として押さえておくべき3つのポイントをご紹介します。 「内容」と「送信者」を件名に記す• 冒頭に「初めまして」を使わない• 一目で要件が伝わるよう、分かりやすい文面にする 件名次第では挨拶メールを開封してもらえないことがある 顧客からのメール、社内の連絡メール、仕事に関連するメールマガジンなど、ビジネスパーソンの多くは1日に何十通、多い人だと1日に100通以上のメールに目を通します。 そんなビジネスパーソンたちは、メール開封するか否かを 「件名」で判断することも。 送信者の所属が分からなかったり、どういった要件かがわからない件名では、取引先が挨拶メールを見落としてしまう可能性があります。 取引先に初めて送る挨拶メールを読んでもらうためにも、件名には「送信者とメールの内容」を記載しましょう。 そのため、 スパムメールでよく使われる「初めまして」を冒頭に書くことはおすすめできません。 スパムメールと間違われないよう、後ほどご紹介する挨拶文を参考にメールを作成しましょう。 短時間でメールチェックできるシンプルな文面を心がける 忙しいビジネスパーソンにとって読みやすいメールとは、 短時間で要件が理解できるメールのこと。 ぱっと見たときに「読みづらそう」と感じたビジネスメールに目を通すのは、取引先からのメールといえどもかなり億劫です。 段落をつけて画面が文字だらけにならないようにしたり、伝えたい要点を箇条書きにしたり、1文が長すぎないようにしたりと、メール文が読みやすくなる工夫をしたいところです。 シンプルな文面を心がけて、取引先の相手にメールチェックの負担をかけないようにするのがビジネスマナーと心に留めておきましょう。 初めての相手にメールをするときの挨拶の方法は? 「内容」と「送信者」を件名に記載する、冒頭に「初めまして」を使わない、一目で要件が伝わるようシンプルな文面にするという、初めての挨拶メールを送る上で守りたい3つのポイントご紹介しました。 全体の要点がつかめたところで、挨拶メールの中でも早い段階で送り先の目に触れる「冒頭の挨拶」と、最後の印象を決める「結びの挨拶」の2つについて解説します。 冒頭の挨拶 先程、冒頭の挨拶で「初めまして」を使うことは避けた方が良いとお伝えしました。 では、具体的にはどのような挨拶が適しているのでしょうか。 初めてメールを送らせていただきました。 〇〇様のご紹介でメールをさせていただきました。 突然メールを差し上げるご無礼をお許しください。 突然のメール失礼いたします。 初めてメールさせていただきます。 また、ビジネスメールの挨拶文で多用される「お世話になっております。 」は、面識のある方に使う挨拶文のため、初めましての方には使いません。 一度お会いしたことがある方、もしくは以前やり取りをしたことがある方に使うのはOKですが、初めての方についいつもの癖で使ってしまわないよう、注意しましょう。 文末・結びの挨拶 冒頭の挨拶と同じくらい大切なのが、文末・結びの挨拶です。 どのようにメールを締めるかによって、好印象になるのか、残念な印象になるのかが決まります。 ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 お手数ではございますが、ご確認いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 ご多用の折恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 寒い日が続きますが、どうぞご自愛下さいませ。 打ち合わせのスケジュール確認や、商材の導入有無の検討など、相手にとってほしいアクションがある場合は、 相手を気遣いながらアクションを促す一言が入れられるといいでしょう。 また、特に取ってほしいアクションがない場合でも、要件だけで終わるのではなく、時候に合わせた相手の体調を気遣う一言が入れられると、印象がよくなるでしょう。 始めて送るビジネスメールは3つの構成で文章を作成しよう 冒頭と結びの挨拶文の要点を確認したところで、いよいよ具体的な本文の構成に入ります。 「宛名」「挨拶文/自己紹介」「本文/結び」の3つの要素に分けて本文の構成について説明します。 初めて送るビジネスメールの書き方1:「宛名」 まず、初めて送る挨拶メールの宛名には、 相手の社名と名前を最初に明記するのが基本です。 メール相手の所属や役職についてはわかる範囲で書き、会社名は正式名称をしっかり調べておきましょう。 メールを送る相手がわからない場合とわかっている場合、2パターンでの宛名の書き方を見てみましょう。 【取引相手の個人名を特定していない場合】 社名または部署名に敬称の「御中」を付けます。 例:〇〇株式会社 御中/〇〇株式会社 人事部 御中 【取引相手の個人名を特定している場合】 「会社名+部署名+名前+様」を明記します。 「御中」「様」の併用は宛名を二重に付けることになるので気をつけましょう。 しっかりと使い分けられるように確認しておきましょう。 初めて送るビジネスメールの書き方2:「挨拶文/自己紹介」 初めてビジネスメールを送る場合、自分が何者なのか、なぜ連絡をしているのかを知らせるため、簡単な挨拶文と自己紹介を入れる決まりがあります。 挨拶文には、先程紹介した「初めてメールを送らせていただきました」「〇〇様のご紹介でメールをさせていただきました。 」などのフレーズを使いましょう。 自己紹介の文章は、挨拶文の後に入れます。 ビジネスメールで自己紹介をするのは「挨拶文の後」 自分がどういう者なのか、という自己紹介は紹介文の後にしましょう。 初めてビジネスメールを送信する相手には、「会社名、所属部署、担当している仕事内容」など、簡単に自分についての情報を伝えます。 素性の分からない人物から送られたメールは気味が悪いですよね。 また、自己紹介文の後にこのメールで一体何について伝えたいのか、要件を端的に加えるとよいです。 挨拶文の後、メール相手に自己紹介する• <メールの経緯を伝える例文>• 〇〇事業での協業の可能性についてご検討いただきたく、メールいたしました。 貴社が提供されている〇〇について詳細をお伺いしたく、ご連絡いたしました。 弊社の新サービス〇〇の導入の件でご連絡しました。 初めて送るビジネスメールの書き方3:「本文/結び」 挨拶メールの要ともいえる本文では、最初に書いた用件の内容を、より具体的に記載しましょう。 書き方に迷う場合は、5W2Hを意識すると分かりやすい文章が書けます。 【本文で活用したい5W2H】• What(何を)• Who(誰が)• Where(どこで)• When(いつ)• Why(なぜ)• How(どのように)• 感覚がつかめないうちは、声に出して読んでみて「長すぎるな」と感じたら、文章を別の句で区切るといいでしょう。 本文を書く際は、メールを書くときの注意点にならって「一目でメール文を理解できる」ものを心がけることを忘れないようにします。 結びの文章は先程紹介した例文を活用し、相手を気遣いながら、相手に取ってほしいアクションを明確に記載しましょう。 5W2Hを意識し、分かりやすい文章を書く• 1文を読みやすい長さにする• 結びの文章は相手への気遣いと、ネクストアクションを明確にする ビジネスメールの本文には、箇条書きを活用して具体的な用件を書き記す ビジネスメールに不慣れな場合、箇条書きにできるポイントを考えながらメール文を書くのがおすすめです。 項目を列挙したり、順序を説明したりと、情報を整理するのに役立ちます。 もちろん、箇条書きのみで送信するのはNGですが、情報を端的に伝えるためには箇条書きを上手に活用することがポイントです。 初めてのビジネスメールの例文 初めて挨拶メールを送る際の3つのポイント、挨拶/結びの例文、本文の構成について確認したところで、シーンに合わせた例文をご紹介します。 初めましての相手だからこそ、メールの最後には「署名」と呼ばれる、自分の所在を明らかにする情報を入れることを忘れないようにしてください。 初めて連絡する相手に営業メールをするときの例文 株式会社〇〇 〇〇部 〇〇様 突然のメール失礼いたします。 本日は、弊社の新サービス「〇〇」のご紹介の件でご連絡いたしました。 弊社は〜〜のようなツールを提供しております。 貴社のWebサイトを拝見したところ〇〇事業の業務改善にお役立ちできるのではと思い、ご連絡させていただきました。 もしご興味をお持ちいただけるようでしたら、30分程度ご説明に上がれればと存じますので、 下記日程よりご都合の良い日時をご教示いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx. 本日は、貴社サービス〇〇のお見積りをいただきたく、ご連絡いたしました。 --------------------------------------- 商品名:〇〇 数量:〇〇 仕様:〇〇 納期:〇〇 〜その他見積もりの要件があれば追加〜 --------------------------------------- お手数ではございますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx. 弊社は、〜〜のようなツールを提供しております。 貴社の〇〇事業できっとお役立ちするかと思います。 もし「〇〇(自社サービス名)」にご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ貴社へ伺わせていただきたいと考えております。 大変お手数ではございますが、下記までご連絡いただけますと幸いです。 何卒宜しくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx. 前任者同様にご指導賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 できるだけご迷惑をおかけしないよう、しばらくは弊社(担当者)がフォローに入りますのでご了承くださいませ。 後日、改めてご挨拶にお伺いしたく存じますが、取り急ぎメールにてご連絡差し上げます。 今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx.

次の

手紙の書き出し コロナウィルス》例文・文例

メール 挨拶文 コロナ

6月は梅雨の季節と言われているが、近年は夏のように蒸し暑い日が続くこともある。 このような時期にビジネスシーンで送るメールや手紙では、相手への気遣いを込め、鬱々した気分が晴れやかになるような挨拶から始めてみてはいかがだろうか。 季節の移ろいと相手への配慮を表す時候の挨拶を用いることで、事務的なメールや手紙が気持ちのこもったものとなり、相手が受け取る印象も変わってくるだろう。 そこで今回は、夏を控えた6月の時期に出すメールや手紙に相応しい、時候の挨拶と文末表現を、フォーマルとカジュアルシーンに分けて紹介していく。 また、新型コロナウイルス感染症の影響下にある企業に宛てての挨拶文も紹介する。 相手との関係性や送るシーン、利用するツール等によって適切に使い分け、活用してほしい。 ここでは、そのような状況下に相応しい、文頭・文末表現を紹介する。 文頭表現 新型コロナウイルスの状況を踏まえつつ、影響が出ていることをへのお見舞いなど、クライアントへの気遣いを感じられる表現を心がけたい。 ・入梅の候、貴社におかれましては未曽有の災禍の中ご苦労はいかほどかと拝察致します。 ・薄暑の候、貴社におかれましても大変なご苦労をされておられることと案じております。 ・梅雨寒の候、貴社におかれましてはコロナ禍にあってもますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。 ・麦秋の候、貴社におかれましては未曽有の災禍とはいえ、一致団結してこの難局に立ち向かわれていることと存じます。 文末表現 文末でも、コロナ禍における状況をふまえ、相手を案じる表現を入れて結びの言葉を考えよう。 最後は、今後の展望が明るいものであるようにとの願いを込めて、明るい言葉で締めくくりたい。 また、「相手をサポートしたい」という気持ちを伝えられる一言を添えるのも良いだろう。 ・先を見通しづらい状況につき、引き続きご自愛ください。 ・このような状況の中ではありますが、貴社の皆さまのご健康と、益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 私共で何かお役に立てることがございましたら、遠慮なくお申しつけ下さい。 ・一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康をお祈り申し上げます。 ・何かと不便の多い今日ですが、この状況が一日も早く解消され、平穏な日々が戻りますように。 【メール】フォーマルな時候の挨拶と結びの言葉 ビジネスシーンでは、顧客やクライアントに対して各種案内状などフォーマルな文面のメールを送る機会もあるのではないだろうか。 ここでは、改まった場面で使いたい時候の挨拶から文頭表現、文末表現を見ていこう。 6月の季節を表す用語として、「入梅」「梅雨寒」「長雨」などの梅雨時期を表すものや、「麦秋」「小夏」などが使われることが多い。 メールを送る時期に合わせて使い分けよう。 ・入梅の候(みぎり)、貴社におかれましては益々ご繁栄のことと、お喜び申し上げます。 ・梅雨寒の候(みぎり)、貴社益々ご隆盛の由、大慶の至りと存じます。 ・小夏の候(みぎり)、平素は格別にご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 結びの言葉 末文は、文頭とは別の表現を使って季節柄と相手を労わる言葉や、相手のさらなる繁栄を願う言葉の他、指導や愛護を願う言葉をセットで使うと良い。 相手が最後に読む文末を丁寧に結ぶことで、文章全体がまとまり、相手により丁寧な印象を与えられるだろう。 ・向暑のみぎり、貴社ますますのご発展をお祈り申し上げます。 ・夏至の候、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ・梅雨寒の折、ご自愛くださいませ。 ・ご多用の折、誠に恐れ入りますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸いです。 【メール】カジュアルな時候の挨拶と結びの言葉 親しい顧客や、頻繁にやり取りがあるクライアントなどの親しい間柄では、改まった表現をすると、かえって形式ばったものに感じさせてしまうこともあるだろう。 そのような時は、相手を気遣いつつも、親密性が感じられるよう、やや砕けた表現を使うのも良いだろう。 ここでは、普段のビジネスメール等にも利用できる、カジュアルな時候の挨拶や文末表現を見ていく。 時候の挨拶 ビジネスカジュアルや、カジュアルシーンで使う時候の挨拶は、口語調の言葉を選ぼう。 6月らしい季節を表す表現に加え、相手の状況を気遣う一言を添えると良い。 ・さわやかな初夏の風が心地よい好季節となりました。 ・雨に濡れ、木々の緑も深みを増すこの頃、いかがお過ごしでしょうか。 ・梅雨とは思えない暑さが続いておりますが、お変わりありませんか。 ・夏至を過ぎ、梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、貴社におかれましてはますますご清栄のことと存じます。 結びの言葉 文章全体の雰囲気に合わせた丁寧かつカジュアルさもある表現を使い、相手の繁栄と活躍を祈る言葉や、健康や幸せを願う気持ちを添えて結びとしよう。 ・うっとうしい日が続いております。 体調を崩されないようくれぐれもご自愛ください。 ・梅雨はまだしばらく続きそうですが、皆様のご健康を心よりお祈り致します。 ・梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、どうぞ健やかにお過ごしください。 ・青葉生い茂る初夏のみぎり、ますますのご活躍をお祈りいたします。 【手紙】フォーマルな時候の挨拶と結びの言葉 ビジネスシーンでの使用頻度は減っているものの、相手が手紙でのやり取りを好む場合や、重要文章を送る際は、あえて手紙を選ぶこともあるだろう。 ここでは、頭語や結語も入れた、ビジネスレターに使う、時候の挨拶と文末表現を確認しよう。 時候の挨拶 フォーマルレターでは、「謹啓」「拝啓」といった頭語で始めるのが相応しい。 頭語を記したあとは、メールの場合と同様に漢語調の時候の挨拶を使おう。 一カ月の中でも季節の変動が大きいため、送る時期に合った適切な言葉を選ぼう。 ・謹啓 初夏の候(みぎり)、貴社におかれましては益々ご隆盛のことと、お喜び申し上げます。 ・恭啓 向暑の候(みぎり)、平素は格別にご高配を賜りまして、厚く御礼申し上げます。 ・拝啓 入梅の候(みぎり)、貴社一段とご繁盛の段、大慶に存じます。 ・拝呈 梅雨寒の候(みぎり)、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 結びの言葉 文末は相手の健康や繁栄を願う言葉や、愛護を願う言葉だけでも良いが、季節柄を加えると全体が引き締まり、より丁寧な末文となる。 また文頭に頭語を使った場合は、結びの言葉の後に結語を置くのが基本だ。 頭語の種類によって結語が決まっているので、適切に使い分けたい。 ・麦秋のみぎり、貴社ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。 謹言 ・夏至の候、より一層のご活躍を祈念いたします。 謹白 ・梅雨冷の折、お身体をおいといくださいませ。 敬白 ・初夏の折、末筆ながら、皆様の益々のご健勝とご多幸を衷心よりご祈念致します。 敬具 ・長雨が続く季節につけ、ご自愛専一になさってください。 敬白 【手紙】カジュアルな時候の挨拶と結びの言葉 メールと同様に、相手との関係性によっては手紙の文面も親密性が感じられるよう、やや砕けた表現を使いたいシーンもあるだろう。 そのような場合は、丁寧ながら柔らかい印象を与えられる、口語調の時候の挨拶や文末表現を使いたい。 ここでは、手紙に添える時候の挨拶や文末表現を確認していこう。 時候の挨拶 カジュアルシーンでは頭語や結語は省き、季節柄を表すフレーズに続いて、相手への気遣いや相手の繁栄を喜ぶ気持ちを織り込もう。 6月は梅雨に入る季節だが、その年によって状況はさまざまだ。 相手の住む地域に合わせて相応しい言葉を選ぶと良いだろう。 ・今年も衣替えの季節を迎えますが、お変わりありませんか。 ・麦の穂の色づく季節を迎え、いよいよご壮健のことと存じます。 ・梅雨入りを控え、不安定な天候が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 ・梅雨寒の日が続いていますが、ご機嫌いかがでしょうか。 ・長雨の頃ですが、相変わらずご活躍のことと存じます。 結びの言葉 メールの場合と同様、口語体の柔らかい表現を選び、結びの言葉としよう。 その際は変化の大きい梅雨の季節柄から、相手を気遣う言葉をかけるとともに、夏にむけ前向きなメッセージを添えることで、読み手の気持ちも晴れやかになるだろう。 ・梅雨入り間近ですが、どうぞ健やかにお過ごしください。 ・青葉が生い茂る初夏の折、貴社のさらなるご活躍をお祈り致します。 ・梅雨冷えの日が続いております。 どうかご自愛専一にお過ごしください。 ・長雨の季節となりました。 お身体には十分おいといください。 ・梅雨明けが待ち遠しいこの頃です、どうぞ心穏やかにお過ごしくださいませ。 まとめ 改まったシーンで使う漢語調の挨拶から、普段のやり取りのなかでも利用できる口語調のカジュアルな挨拶まで、6月に相応しいさまざまな時候の挨拶を紹介した。 どんよりとした曇り空や長雨が続くかと思えば、晴れ間には本格的な夏を思わせる気候にもなる6月。 天候不順が続く季節だからこそ、メールや手紙の文面には、日本古来から受け継がれてきた、季節の移り変わりを表す時候の挨拶を使って、安否を気遣う気持ちや日頃からの感謝など、相手への配慮の気持ちを伝えてみてはいかがだろうか。 <お役立ちコンテンツ「ビジネスメール・手紙の挨拶文例」> <PR>•

次の