シミ 取り レーザー 経過。 レーザー治療でシミ取りをしたその後の肌の様子<経過報告>

レーザー治療でシミ取りをしたその後の肌の様子<経過報告>

シミ 取り レーザー 経過

シミ取りレーザー後の色素沈着が気になりますか? でも、その期間と早く消す方法を知っていたら怖くなくなりますよね? 美容ナース歴約15年。 メディカルスキンケアスペシャリストエキスパートナースのMarikoです! シミで悩む方の強い味方になってくれる 「シミ取りレーザー」。 ポイント的な「コレ!」というシミが気になっている方には、特にススメの治療です。 しかし、レーザー後の色素沈着がなかなか消えず、 シミ取りがうまく行かなかったと悩む方も多いんですね。 でもそれは、正しい知識がないというだけ! 今回の記事では、美容ナース歴10年以上、何百人もの患者さんの経過を見てきた私が、 シミ取りレーザー後の色素沈着が消えるまでの期間&早く消す方法 につて書いていきますね!! 目次• シミ取りレーザー後の色素沈着とは? シミ取りレーザーは、やったらすぐにシミが消える!! と思っている方がすごく多いのですが、 実は、レーザー治療を行った部分が完全に肌色に戻るのには時間がかかります。 レーザー後1週間から10日程度でかさぶたが剥がれ、 ピンク色の皮膚が出てきます。 この時ほとんどの場合シミは取れているので、 ここで終了!と思ってしまう方が多いんですね。 しかし! 白人とは違い、メラニン色素が多い黄色人種である私たち日本人は、 ほとんどの方が炎症後色素沈着を起こします。 炎症後色素沈着とは、炎症が起こった後にメラノサイトが過活性化し、 メラニンがばらまかれ沈着することにより生じるものを言います。 シミ取りレーザーは簡単に言ってしまうと、 皮膚に軽いやけど(炎症)を起こした状態になっています。 そのため、炎症後色素沈着が起こるんですね。 場合によっては、初めにあったシミよりも濃い色の色素沈着が起こることがありますが、 色素沈着は正しいケアをしていれば必ず消えますので安心してください! 詳しいシミ取りレーザーの経過はこちらを参照してください。 顔・・・約6か月程度• 体・・・約12か月程度 体は顔に比べて肌のターンオーバーが遅いため、 顔よりも消えるまでに時間がかかります。 シミ取りレーザー後の色素沈着を早く消す方法 シミ取りレーザー後の色素沈着は、これから書くことをしっかりしていただければ、 早く、きれいになくなります! 逆に、守らなければ、強く色素沈着が起こってしまったり、 またシミになってしまうので注意!! 1.徹底した紫外線対策 紫外線対策は、徹底して行うようにしましょう。 色素沈着が起きている上から日焼けをしてしまうと、 あっという間にシミとなり残ってしまいます。 サングラスやマスク、帽子や日傘を使っただけではだめです。 必ず日焼け止めを使ってください。 日焼け止めについてはこちらを参考にしてください。 無理やりかさぶたを剥くなんていうのはもってのほか。 こすっていると色素沈着は悪化します。 優しくいたわってあげることで早く治ってくれます。 3.内側からもサポート ビタミンCは炎症を抑える作用、酸化を抑える作用があります。 1日に1000mg以上取ると効果的。 内側から摂取することで、レーザー後色素沈着が消えるサポートをしてくれます。 おススメはこちらの飲み薬。 お薬ですので効果をしっかり出してくれます。 ビタミンCはしっかり1000mg入っているというのに加え、 肌のターンオーバーを早めてくれるLシステインも入っています。 3.塗り薬 美白のお薬を使うと、レーザー後の色素沈着は早くきれいに治ります。 ハイドロキノンと ビタミンCを使うのがお勧め。 炎症と酸化を抑えてくれるビタミンC、 メラニンの生成を抑えてくれるハイドロキノンの組み合わせです。 これを使っているのと使っていないのでは、 かなり経過が変わってきます。 基礎化粧品にビタミンCとハイドロキノンが入っているものを使えば、 効率よく、めんどうにならず、毎日使うことができます! こちらから選んで使ってみてください。 くれぐれも、色素沈着をシミの取り残しと勘違いして、 上からさらにレーザーを当ててしまわないようにしましょう!! そうなると、さらに強い色素沈着がおきてしまいますので。 少し時間はかかりますが、ゆっくりじっくりケアしてあげてくださいね! >>注目の記事•

次の

レーザー治療でシミ取りをしたその後の肌の様子<経過報告>

シミ 取り レーザー 経過

こんにちは。 先日、気になるシミにレーザーを当ててきました。 分かりやすいのでこの大きなシミで 感想とその後をレポートしますね。 病院によって当て方は違うと思いますが 経過は似た感じかと思います。 詐術時間は3分程度 範囲による で終了してしまう簡単な治療。 私が行った美容皮膚科で使用していたのは Qスイッチルビーレーザーを用いて治療されています。 私は友人からオススメされて ここを選びましたがこの機械を使用している皮膚科が多いそうです。 治療の流れは まず麻酔クリームを希望箇所に塗ります。 痛みは、「 輪ゴムではじかれた程度」。 当てている最中より終わった直後30分間ぐらいが一番ヒリヒリしました レーザー照射時間は、 直径1cm程度のシミで10秒程度だそうです。 終わったら薬を塗ってもらい 保護テープをはります。 術後14日間程度、キズをテープでカバーする必要があるそうです。 わたしが行った病院では 肌色のテープと透明なテープを選ぶことができました。 どちらがいいか分からなかったので 両方もらいましたが、 結果肌色のテープは一度しかつかわず透明テープが大活躍でした。 当てたては通常テープで隠して、 その後は透明テープの方が目立ちにくく コンシーラーで隠すことができるのでオススメです。 テープを14日間貼付する理由は できるだけ優しい環境においてあげる必要があるため。 早期にテープを外して乾かしてしまうと炎症後色素沈着で跡がのこった!なんてことになるとか。 処方される軟膏をきちんと塗って 保湿してあげることが大切。 料金は5mmまでのシミで3240円でした。 また、ADMと診断されたシミは保険適応で施術できます。 わたしにもあったので保険診療でお願いしました。 経過については次のページ。 さて、経過です。 当てた直後からかさぶたが取れるまで。 わたしは10日かかりました。 かさぶたが取れても4日間はテープはっていました。 初日 : 火傷した?という感じの赤み。 この時は透明テープではなく肌色テープがオススメかもしれません。 透明テープをはってもこれだけハッキリとしているとコンシーラーで隠すのが大変。 翌日 : 火傷感は薄くなりましたが元々のシミよりは何倍も濃くなっているので目立ちます。 わたしは一日中マスクをしていました。 3日目 : 濃いシミのような色に。 5日目 : かさぶたのような感じで剥がそうと思えば剥がせそうでしたが、自然にとれるのを待ってくださいと言う事だったので我慢。 7日目 : かさぶたもうすーくなり、化粧も透明テープの上からやってしまえば全く分からない程度。 10日目: かさぶたが取れてピンク色の表皮に。 ここから日焼けに注意します。 こんな感じの二週間でした。 手軽に受けれるので地道にクリームを塗るのはメンドくさい!!という方にオススメです。

次の

30代男性の湘南美容外科におけるシミ取りレーザー体験記(経過画像あり)

シミ 取り レーザー 経過

一時的にも薄くなりましたか? アフターケアはちゃんとしましたか? と聞かれました。 それで思い出したのですが、前回はたしかにかさぶたが取れたあと、ピンクっぽくなってしばらくしたらシミも無くなったように感じたんです。 でも、 その時の皮膚科からは特にアフターケアの指示もされずにそのまま終了!だったんですよね。。。 クリームなども特に処方されなかったし、紫外線対策も特にしてなかった!(これは私の無知も原因ですが) それで結局シミが消えなかったのかもしれないです。 ちなみに今回は、レーザーを当てて、かさぶたが取れた後に 「ハイドロキノン」と 「レチノイン酸」クリームを塗っていくんだそうです。 レーザーを使わず、このクリームだけでシミを治す方法もあるのですが、 ゆっくりでもいいから治していきたいならハイドロキノンで。 より即効性を求めるならQスイッチルビーレーザーで。 と、言われ、即決でレーザーの方を選択してしまいました! ハイドロキノンだけでも数ヶ月で効果ある人もいるということでかなり悩んだのですが、やっぱり 「即効性」という言葉には叶わなかったですね。 レーザーの後のケアも徹底してる時点で前回とは違うし(ていうか、これが普通なのかな?)、しかもレチノイン酸は『濃度が低いものから始めて、だんだん濃いものへと変えていく』とのことだったので、これまたシミへの効果、期待大です! 【レーザー治療経過】当日に一気に黒くなった! まず、Qスイッチルビーレーザー自体はすごくあっという間に終わりました。 シミの部分を保冷材で冷やす。 その部分にレーザーをバチバチ当てていく 多分、正味10分もかかってないです。 正直ピリッとした痛みはあってびくっとしてしまいましたが、すぐに終わるので全然我慢できましたよ! ちなみにその後しばらくはヒリヒリする、という話をよく聞いていたのですが、私の場合は特に痛みもなくそのまま普通に帰ることができました。 そして、こちらがレーザーを当てる前の私のシミの状態。 コンシーラーで隠そうとしても100%隠し切れなくて、すぐに「あ~、シミがあるなぁ」ってバレちゃうくらいのシミです。 そして、レーザーを当てた当日、一気にここまで黒くなりました! 病院によっては絆創膏を貼ってくれるところもあるみたいなのですが、私が行ったところは何もありませんでした。 でもさすがにこのままじゃ目立ちすぎて外出できず・・・w この後かたぶたになって取れるまでは化粧は避けてくださいとのことだったので(洗顔はOK!)、 ずっとマスク生活を強いられました。 これ、冬だったから特に違和感はなかったのですが、夏だとちょっと厳しいかもしれないですねー。 かさぶたが取れればシミも全部取れてキレイになるのかなぁと思っていたのですが、そううまくはいかないですね。 【1ヶ月後】皮膚科の先生にお墨付きをもらった! そしてレーザーをして約1ヶ月後、再び先生に診てもらいに行きました。 状況によってはもう一度レーザーをする場合もあるとのお話だったのですが、実際に診ていただいたところ あれ?シミどこ? ・・・あー、これかな?もうほとんどないですね。 うん、いい感じ! とお墨付きをもらいました!! レーザーをやる前と後ではこんなに違います。 若干肌に凹凸がありますが(多分これはもともと)シミ部分でいったらほとんど分からないレベルまで行きました。 さらに、これで化粧すると全く分からないです。 ちょっとした外出にすっぴんで行っても全然気にならないですし、薄付きのパウダーファンデを塗っただけで堂々と街に出かけられるようになりました! さらにここから「ハイドロキノン」と「レチノイン酸」クリームを塗っていくのでもっと目立たなくなりそうですが、個人的には今のままでも十分満足かも!と思えるくらい満足度高いです。 ちなみに、レチノイン酸は処方される時に承諾書を書かされました。 それくらい強力なクリームということなんですね。 ちなみにレチノイン酸は市販では買えませんが、レチノイン酸と同等(なのに安全性が高い)商品は皮膚科の処方なしに手に入れることができます。 興味のある方は「」を参考にしてください。 レーザーに踏み切れない人は自宅で「ハイドロキノン」から始めよう 今回レーザーをして思ったのは、 『思っていたよりもすぐにシミが消えた』ということ! 正直、今まであんなに悩んでたのは何なんだ・・・と思うくらいあっという間でした。 なので、 今シミに悩んでいる人はぜひレーザーを使って消してしまいましょう。 本気でおすすめです! とは言え、「シミを消す」という行為以外で言うと、• 価格がやや高め(私は1cm大で1万5千円ほど)• 皮膚科がものすごく混む• 毎週のように皮膚科に通わないといけない• シミに紫外線が当たらないように常に意識しておかなければなかない といったデメリットもあるので、その点もあらかじめ覚悟する必要があります。 もちろん、もし今の段階であなたが「レーザーはちょっと…」と考えているのなら、何も無理してレーザーに通う必要ないです。 私が通った皮膚科で先生が選択肢のひとつとして挙げていた ハイドロキノンを使ってじっくり治す という方法で、ゆっくり確実にシミを治すことができます。 ただ、実はハイドロキノンは「成分が肌に浸透しにくい」という性質があります。 また、人によっては刺激が起き、肌が赤くなってしまう人もいます。 参考 なので、せっかくハイドロキノンを試すなら、ハイドロキノンを安定させて浸透力を高めたアンプルールの「」を試すようにしましょう。 皮膚科医の話にもありまたしが、ハイドロキノンは人によってはたった数ヶ月で効果が出る人もいるという まさに救世主のような成分です。 今すぐのレーザーを考えていない人は、ハイドロキノンで自宅でじっくり、という方法がおすすめですよ。 まとめ.

次の