コロナ ショック 大損。 コロナウイルスのせいで株で大損しました。このコロナショックで生き残る方法を考えてみます

新型コロナショックでGPIF大損確定!年金支給額減か?

コロナ ショック 大損

2020年年明け早々、アメリカ軍がイランの革命防衛幹部のスレマニ司令官を殺害。 イランとアメリカとの間に緊張が高まり、株式相場は大きく下落することになりました。 少し落ち着いてきたかに見えた2月。 次は中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大しはじめます。 日本ではダイヤモンドプリンセス号の感染問題で、再び相場を押し下げる要因となりました。 この段階ではまだ、中国や日本、韓国などアジア圏内だけの問題でしたが、3月に入ると、ヨーロッパやアメリカでも感染が拡大。 相場はものすごいスピードで下落する展開となっています。 そうしたことから、恐怖指数と呼ばれるVIX指数もリーマン・ショックの89の次に高い84まで上昇。 個人投資家も大きな損失や含み損を抱えており、不安な毎日を過ごしている人も多いのではないでしょうか。 私自身も、今回の相場の下落で大きな損切りをする結果となってしまいました。 まだ収束が見えない状況の中で、メンタル面でどうすればよいのかを考えていきたいと思います。 気軽に投資をはじめることができるようになり、若い人にも投資が浸透しつつある中で起こった暴落相場。 私のところにも、はじめての経験で誰にも相談できないと不安になっていると相談がたくさんあります。 そんな中で、よく聞かれる言葉が、 「こんなに損をするなら投資なんてしなければよかった」 「他の商品にしていれば損失はもう少し少なくて済んだのに」 という後悔のひと言。 リーマン・ショックが起こった2008年当時、銀行勤めの私はよくお客様から同じような言葉を言われたのを思い出しました。 投資は無理をしてするものではありません。 もうやりたくないと思えば、やらないという選択肢も一つです。 でも、私は今後も続けていきたいと思っています。 今が絶好の「買い場」か? 今回の暴落相場で、おそらくほとんどの投資家が損失を抱えているのではないでしょうか。 長年投資をしてきたベテランの投資家でさえも、そうだと思います。 そんな状況で投資歴が15年程度の個人投資家である私が、損をせずに乗り切ることができるとは思えません。 リーマン・ショックのときよりも早いスピードで下落した今回の暴落相場。 損切りを判断するタイミングもなく、アッという間に落ちてしまいました。 そして、結局数百万円という大きな損切りをする結果となってしまい、少し落ち込みました。 けれど、このまま投資をやめてしまっては、その損失を出して終わりという結果になってしまいます。 冷静に考えると、相場が下落し続けることはありません。 リーマン・ショックのときも、もう経済はどうなるかわからないと、かなり悲観的になってしまいましたが、結局その後は米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均も、最高値を更新するまでの上昇相場がやってきました。 リーマン・ショック後に投資をはじめた人は、ほとんどの人が大きな利益を取ることができたはずです。 まだ収束が見えない今回の新型コロナウイルスの感染拡大。 今が絶好の買い場と言っている人もいますが、まだ不安定な状況が続く可能性も十分にあります。 4月に入ってからは、3月の経済指標や米国企業の1~3月期の決算などが出てきます。 こちらの数字はかなり悪くなることが予想されていますので、実体経済への影響がどれくらいなのかを把握するまでは油断できないと考えています。 なので、今はじっとガマンして相場が落ち着くまでは待つつもりでいます。 経済指標が出ることで、政府がどれくらいの経済対策を行えばいいかもわかります。 ここで適切な対策が取られれば、株式相場も上向きに変わっていく可能性もあるのではないでしょうか。 今はまだパニック相場を落ち着かせるために、政府や中央銀行が動いている状況です。 本格的に投資を再開するには時期尚早と判断しています。 「暴落」の経験を生かす「前を向く」投資 今はまだ不安なメンタルの中で、次の投資を考えることなんてできないと思っている人も多いと思います。 まずは前向きになることが大事ですね。 これからやってくるであろう上昇相場にはなんとか乗っていきたいですよね。 過去を振り返ると大きな暴落は約10年に1回やってきます。 今回もその暴落の一つと考えれば、次の暴落までにできることはたくさんあります。 今は相場の様子をじっと見て、次に投資を再開するタイミングをしっかりと見極めていくことができることなのではないでしょうか。 含み損を抱えている人にとって、「待つ」というのはとても苦しいことだと思います。 一たん損切りして仕切り直すことも選択肢の一つだと思います。 しかし、リーマン・ショックのときもガマンして待ち続けていたので、損失を回避できたという結果もあります。 メンタルが大丈夫なら、「待つ」という選択肢もあります。 何をすべきかは人によって違います。 資産の状況や損失の大きさによってもできることは変わってきます。 でも、今の状況を後悔するのではなく、これからどうすべきかを前向きに考えていくことが大事ではないでしょうか。 そうすることで今回の暴落を経験したことはこれからの投資に生かされていくことでしょう。 (ひろこ).

次の

セミリタイア断念!コロナショックで超大損!日経平均ダウ超暴落!無事死亡しましたのでニート卒業して働きます… | セミリタイアブログ底辺ニート伝説タテヤマ!投資資産運用副業を駆使して完全なるリタイアを目指します!

コロナ ショック 大損

株式会社サヤトレの増田です。 本日は「大損する投資家」をテーマにお届けします。 コロナショックの影響で世界中の経済が混乱しています。 昨晩のアメリカ市場では、FRBが緊急の利下げを発表しました。 94%と大きく下落しています。 そして朝方の日本株は、為替が円高になっている中で堅調に値上がりしています。 日本円を印刷出来る日銀が買っているのか? 年金を運用しているGPIFが買っているのか? 本日も公的なお金が株式市場に入り株価を押し上げていると予想します。 前回のアメリカの緊急利下げは、2008年のリーマンショックの時です。 52%) 直近大きく下落しているように感じますがあくまでも「下落幅」であり「下落率」で考えると、まだそこまで大きく下落しておりません。 今でも大きな下落と感じている投資家は、多いと思いますが下落の余地としては、まだまだ十分にあると想定した方が良いでしょう。 リーマンショックの下落の4分の1程度なのです。 そんな直近、騰落の激しい株式市場において資金を失って退場していく投資家が増えています。 本日は、コロナショックで大損した人の共通点をまとめました。 逆を言うとこの3点をやらなければ、リーマンショックで生き残る事も可能です。 相場で生き残るためにも参考にしてください。 レバレッジとは、保有している運用資金の金額以上で運用が出来る事を意味します。 投資の世界では、100万円を口座に入れておくと株式の場合は、信用取引で300万円分可能です。 FX・先物・オプションの場合には、数十倍のレバレッジで取引が可能です。 口座に入れている資金内で投資をしていた場合直近の高値で買ったとしても日経平均の下落率は、-13. 52%なので、100万円の資金が86万4,800円に、目減りしているようなイメージです。 本日株価は、上がっていますし、大丈夫ですね。 しかし高いレバレッジをかけていた方は、途中で追証になったりして大損しているのです。 投資で大損して資金が無くなる投資家は、高いレバレッジで取引している事がほとんどです。 しかし高いレバレッジをかけても大損しない方法があります。 その2「損切り」です。 「高いレバレッジをかけて、損切りをしない。 」 上記を行い予想が外れると簡単に運用資金の100万円は、無くなります。 本当に簡単です。 逆を言うと予想が当たると簡単に100万円が2倍になって利益となります。 リスクとリターンは同じです。 密に計算して勝てる自信と損失を受け入れる覚悟で勝負する上級者の投資家も中には、いますが普通は無理です。 辞めておきましょう。 「高いレバレッジを賭けずに、ちゃんと損切りする」 この2点を守るだけで、相場から退場する事は、ほぼありません。 そして最後が「分散」です。 個別銘柄で考えると分かりやすいですが1つの銘柄に全額現物で投資をしたとしてもある日急に企業の不正が発覚して倒産するかもしれません。 損切りしたくても損切り出来ない。 上記のような事が個別銘柄の場合、発生します。 そうならないために投資対象は、いくつかに分散する事が大切です。 これは株式だけの話ではなく円資産の他にドル資産を持つ意味での分散や投資するタイミングを1回で行わず毎月定期的に行うなど期間の分散も意味しています。 以上が相場から退場する投資家の共通点です。 本日お伝えしたい事は、相場で大損せずに生き残るコツです。 情報をまとめると・・・ 高いレバレッジをかけず、分散投資して、損切りをする。 この3つを意識すれば、相場から退場する可能性は、ほとんど無くなります。 直近の相場やご自身の資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

次の

【超必見!】コロナショックで株暴落でロスカットで大損!?暴落した今が買い時か!?

コロナ ショック 大損

株式会社サヤトレの増田です。 本日は「大損する投資家」をテーマにお届けします。 コロナショックの影響で世界中の経済が混乱しています。 昨晩のアメリカ市場では、FRBが緊急の利下げを発表しました。 94%と大きく下落しています。 そして朝方の日本株は、為替が円高になっている中で堅調に値上がりしています。 日本円を印刷出来る日銀が買っているのか? 年金を運用しているGPIFが買っているのか? 本日も公的なお金が株式市場に入り株価を押し上げていると予想します。 前回のアメリカの緊急利下げは、2008年のリーマンショックの時です。 52%) 直近大きく下落しているように感じますがあくまでも「下落幅」であり「下落率」で考えると、まだそこまで大きく下落しておりません。 今でも大きな下落と感じている投資家は、多いと思いますが下落の余地としては、まだまだ十分にあると想定した方が良いでしょう。 リーマンショックの下落の4分の1程度なのです。 そんな直近、騰落の激しい株式市場において資金を失って退場していく投資家が増えています。 本日は、コロナショックで大損した人の共通点をまとめました。 逆を言うとこの3点をやらなければ、リーマンショックで生き残る事も可能です。 相場で生き残るためにも参考にしてください。 レバレッジとは、保有している運用資金の金額以上で運用が出来る事を意味します。 投資の世界では、100万円を口座に入れておくと株式の場合は、信用取引で300万円分可能です。 FX・先物・オプションの場合には、数十倍のレバレッジで取引が可能です。 口座に入れている資金内で投資をしていた場合直近の高値で買ったとしても日経平均の下落率は、-13. 52%なので、100万円の資金が86万4,800円に、目減りしているようなイメージです。 本日株価は、上がっていますし、大丈夫ですね。 しかし高いレバレッジをかけていた方は、途中で追証になったりして大損しているのです。 投資で大損して資金が無くなる投資家は、高いレバレッジで取引している事がほとんどです。 しかし高いレバレッジをかけても大損しない方法があります。 その2「損切り」です。 「高いレバレッジをかけて、損切りをしない。 」 上記を行い予想が外れると簡単に運用資金の100万円は、無くなります。 本当に簡単です。 逆を言うと予想が当たると簡単に100万円が2倍になって利益となります。 リスクとリターンは同じです。 密に計算して勝てる自信と損失を受け入れる覚悟で勝負する上級者の投資家も中には、いますが普通は無理です。 辞めておきましょう。 「高いレバレッジを賭けずに、ちゃんと損切りする」 この2点を守るだけで、相場から退場する事は、ほぼありません。 そして最後が「分散」です。 個別銘柄で考えると分かりやすいですが1つの銘柄に全額現物で投資をしたとしてもある日急に企業の不正が発覚して倒産するかもしれません。 損切りしたくても損切り出来ない。 上記のような事が個別銘柄の場合、発生します。 そうならないために投資対象は、いくつかに分散する事が大切です。 これは株式だけの話ではなく円資産の他にドル資産を持つ意味での分散や投資するタイミングを1回で行わず毎月定期的に行うなど期間の分散も意味しています。 以上が相場から退場する投資家の共通点です。 本日お伝えしたい事は、相場で大損せずに生き残るコツです。 情報をまとめると・・・ 高いレバレッジをかけず、分散投資して、損切りをする。 この3つを意識すれば、相場から退場する可能性は、ほとんど無くなります。 直近の相場やご自身の資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

次の