高井 議員 セクキャバ。 セクキャバ高井議員、首相の夜会食批判もブーメラン

蓮舫氏が高井議員のセクキャバ通いを謝罪「厳しく対処してほしい」と申し入れ

高井 議員 セクキャバ

緊急事態宣言2日後の4月9日、新宿・歌舞伎町のセクシーキャバクラに入店したのは立憲民主党の高井崇志衆院議員。 「週刊文春」が前号で「イキそう」「犬になりたい」と存分に楽しむ様子を報じると人気講談師、神田伯山からもラジオで「コロナでお笑いの人も大変。 それでもやっぱり爆笑王は出てくる」と揶揄される始末。 枝野幸男代表から「議員辞職に値する」と断じられ、除名された。 政治部デスクが嘆く。 「日頃なら『馬鹿だなあ』で済んだ話かもしれないが、コロナ禍の緊急事態においては完全アウト。 後手後手の対応で支持率を落とす安倍政権を助けてしまった。 ここぞとばかりに、高井氏の古巣の維新の、松井一郎大阪市長や吉村洋文府知事が声高に議員辞職を求めています」 だが実は、議員辞職どころか離党すらしていない問題議員が国会にはワンサカいる。 筆頭が河井克行前法相と妻の案里参院議員だ。 案里氏が初当選した昨年7月の参院選をめぐり、秘書が公職選挙法違反(買収)の罪で起訴された。 克行氏から現金20万円を受け取った地元町長は辞職。 包囲網が狭まる中、案里氏は持病の薬と酒を一緒に飲んで入院騒ぎ。 克行氏は国会に登院するが、記者団の質問には無言。 慌てて本会議場に入る際、申し合わせで決まっている手の消毒もせず、批判の声も出た。 「4月20日には案里氏の秘書の初公判もあった。 秘書は罪状認否を留保しているが、さらに批判が高まるだろう」(政治部記者) 買収、口利き、セクハラ、暴言…… 昨秋の初入閣直後、「週刊文春」の買収疑惑報道で閣僚辞任した菅原一秀議員。 辞任時、「今後説明責任を果たす」としたが、その後も公選法違反の疑いで東京地検に告発されたことを理由に「適切な時期に説明したい」と頬かむりしたまま。 社会部記者はこう憂慮する。 「東京地検特捜部に期待したいが、地検を取り仕切る東京高検トップは黒川弘務検事長。 定年延長された『官邸の門番』だけに心配だ」 若手にもいる。 衆院二回生の上野宏史議員は、「週刊文春」が報じた外国人労働者の在留資格認定証明書をめぐる口利き疑惑で厚労政務官を辞任。 地元群馬の記者は「東京で一応取材に応じたが、地元では取材拒否。 評判は散々です」。 一方、党は離れたが、セクハラの青山雅幸氏、強制わいせつの初鹿明博氏、飲酒暴言の丸山穂高氏も、未だ議員のまま。 国会議員の歳費はコロナ禍で2割カットとはいえ、月額約100万円。 外出できなくても文書通信交通滞在費も月に100万円支給される。 「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月30日号.

次の

立憲・高井たかし議員が緊急事態宣言後の東京でキャバ通い?お店はどこ?|急がば止まれ

高井 議員 セクキャバ

緊急事態宣言2日後の4月9日、新宿・歌舞伎町のセクシーキャバクラに入店したのは立憲民主党の高井崇志衆院議員。 「週刊文春」が前号で「イキそう」「犬になりたい」と存分に楽しむ様子を報じると人気講談師、神田伯山からもラジオで「コロナでお笑いの人も大変。 それでもやっぱり爆笑王は出てくる」と揶揄される始末。 枝野幸男代表から「議員辞職に値する」と断じられ、除名された。 政治部デスクが嘆く。 「日頃なら『馬鹿だなあ』で済んだ話かもしれないが、コロナ禍の緊急事態においては完全アウト。 後手後手の対応で支持率を落とす安倍政権を助けてしまった。 ここぞとばかりに、高井氏の古巣の維新の、松井一郎大阪市長や吉村洋文府知事が声高に議員辞職を求めています」 だが実は、議員辞職どころか離党すらしていない問題議員が国会にはワンサカいる。 筆頭が河井克行前法相と妻の案里参院議員だ。 案里氏が初当選した昨年7月の参院選をめぐり、秘書が公職選挙法違反(買収)の罪で起訴された。 克行氏から現金20万円を受け取った地元町長は辞職。 包囲網が狭まる中、案里氏は持病の薬と酒を一緒に飲んで入院騒ぎ。 克行氏は国会に登院するが、記者団の質問には無言。 慌てて本会議場に入る際、申し合わせで決まっている手の消毒もせず、批判の声も出た。 「4月20日には案里氏の秘書の初公判もあった。 秘書は罪状認否を留保しているが、さらに批判が高まるだろう」(政治部記者) 買収、口利き、セクハラ、暴言…… 昨秋の初入閣直後、「週刊文春」の買収疑惑報道で閣僚辞任した菅原一秀議員。 辞任時、「今後説明責任を果たす」としたが、その後も公選法違反の疑いで東京地検に告発されたことを理由に「適切な時期に説明したい」と頬かむりしたまま。 社会部記者はこう憂慮する。 「東京地検特捜部に期待したいが、地検を取り仕切る東京高検トップは黒川弘務検事長。 定年延長された『官邸の門番』だけに心配だ」 若手にもいる。 衆院二回生の上野宏史議員は、「週刊文春」が報じた外国人労働者の在留資格認定証明書をめぐる口利き疑惑で厚労政務官を辞任。 地元群馬の記者は「東京で一応取材に応じたが、地元では取材拒否。 評判は散々です」。 一方、党は離れたが、セクハラの青山雅幸氏、強制わいせつの初鹿明博氏、飲酒暴言の丸山穂高氏も、未だ議員のまま。 国会議員の歳費はコロナ禍で2割カットとはいえ、月額約100万円。 外出できなくても文書通信交通滞在費も月に100万円支給される。 「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月30日号.

次の

蓮舫氏が高井議員のセクキャバ通いを謝罪「厳しく対処してほしい」と申し入れ

高井 議員 セクキャバ

「週刊文春」が、昨日「スクープ速報」で報じた立憲民主党の高井崇志・衆院議員(50)の歌舞伎町「セクシーキャバクラ通い」。 立憲民主党に離党届を出すも認められず、本日、除籍処分された。 枝野幸男代表からも「議員辞職に値する無責任な行動」と見放された高井議員だが、発覚に至るまでに何があったのか。 一番最初に疑惑を直撃した「週刊文春」記者が明かす、高井議員「葛藤の50分」。 〈お客様へ 感染症対策のためチャイムを鳴らした後ドアノブに触れずにお待ちください〉 4月13日(月曜日)昼、東京・千代田区の衆議院第2議員会館の高井事務所を訪れた記者が目にしたのは、ドアに貼られたこんなペーパーだった。 感染リスクを減らすための対策だ。 しかし、高井氏自身の行動との落差はあまりに大きかった。 緊急事態宣言が出された2日後に現職国会議員が歌舞伎町のセクキャバに自ら足を運び、性的サービスを2時間も楽しんだ、という信じがたい疑惑。 何としても本人の顔を見ながら直撃しなくては。 廊下で待つこと1時間あまり…… この日、他の議員秘書が新型コロナに感染したと報じられたこともあって、議員会館は閑散としていた。 人気のない廊下で待つこと1時間あまり。 13時10分頃、部屋から高井氏が出てきた。 身長は約175センチほど、体重は90キロといったところか。 ずんぐりむっくりとした体を黒いストライプの仕立ての良いスーツに包み、銀縁の細長いメガネをかけている。 マスクはしていない。 「おぉ、はい、はい、はい」 驚いた表情を見せながらも、名刺を取り出す高井氏。 記者も名刺を差しだした。 先生は、今回、「自粛が足りない」と政府のコロナ対策を追及していたので、説明責任があるのではないかと。 「うーん・・・・・・」 思いっきり顔をしかめ、しばし考え込む。 だが、激高することはない。 セクキャバ嬢に「SMプレイ」を所望し、「犬になりたい」と言っていたそうだが、実際、気弱な性格のようだ。

次の