クレマチス 種類。 【クレマチスの種類まとめ】常緑、四季咲きなどの品種は?

クレマチスの種類図鑑!人気の品種や四季咲きなどもご紹介

クレマチス 種類

【クレマチスとテッセンの違いは?】 まず、大きなくくりとしてクレマチスがあります。 そのクレマチスのくくりの中にテッセンが含まれています。 テッセンは、日本で古くから栽培されているカザグルマとの違いについても疑問を持たれることもありますが、テッセンもカザグルマもクレマチスの仲間です。 そして、クレマチスは、テッセンやカザグルマなどの花を、海外で園芸用としてキレイに花を咲かせるために交配された花のことです。 つまり、クレマチスは、 テッセンやカザグルマなどの花を他の原種と交雑させて生育させた園芸種の相称として呼ばれる名称です。 クレマチスとテッセンの違いには原産国や花弁の数などがあります。 テッセンは、中国原産で中国の野山に自生していたもので花弁が6枚。 テッセンの名の由来は、ツルが鉄線のように巻き付くことや、細くて鉄線のように強靭なことからついた名前です。 スポンサードリンク 一方、クレマチスは、世界中に250種類から300種類が分布しています。 クレマチスの花びらの枚数は様々で4枚付くものもあれば、6枚の花びらをもつクレマチスもあります。 さらに、花の形も様々でベル型の形をした花もあります。 テッセンもクレマチスの一種なので、人によっては、クレマチスをテッセンと呼ぶ方もいますが、本物のテッセンは、花びらが6枚で花も小型で花柄には苞があることが特徴です。 そして、カザグルマは日本が原産です。 クレマチスの一種のカザグルマは日本各地に自生しています。 カザグルマの名称は、花がまるで風車のように見えることからこの名がついたとされています。 カザグルマの花びらは、4枚・6枚・8枚とほとんどが偶数であることも特徴で、奇数の花びらが付くことはまれといわれている特徴をもっています。 クレマチスもカザグルマもテッセンも、見た目からはどう違いがあってどう変わっているのかはわかりにくいですが、簡単な違いの見分け方としては、やはり花びらの枚数がわかりやすいのかもしれません。 ・テッセン:6枚の花びら ・クレマチス:複数の花びらをもつ ・カザグルマ:4枚・6枚・8枚の偶数の花びら まとめ いかがでしたか。 クレマチスとテッセンの違いはかなりわかりにくいですが、花びらの数である程度見分けがつくようなので、見る機会があったら花びらを数えてみましょう。 では、この記事のポイントをもう一度おさらいしておきます。 奇数の数はまれ(日本原産) 現在、クレマチスとして人気になっている大輪の花のクレマチスも、交配により誕生したクレマチスです。 交配をすることでより華やかできれいな花を作っているんですね。

次の

クレマチスの7種類の見分け方と特徴・色別の種類5つ・育て方

クレマチス 種類

【クレマチスとテッセンの違いは?】 まず、大きなくくりとしてクレマチスがあります。 そのクレマチスのくくりの中にテッセンが含まれています。 テッセンは、日本で古くから栽培されているカザグルマとの違いについても疑問を持たれることもありますが、テッセンもカザグルマもクレマチスの仲間です。 そして、クレマチスは、テッセンやカザグルマなどの花を、海外で園芸用としてキレイに花を咲かせるために交配された花のことです。 つまり、クレマチスは、 テッセンやカザグルマなどの花を他の原種と交雑させて生育させた園芸種の相称として呼ばれる名称です。 クレマチスとテッセンの違いには原産国や花弁の数などがあります。 テッセンは、中国原産で中国の野山に自生していたもので花弁が6枚。 テッセンの名の由来は、ツルが鉄線のように巻き付くことや、細くて鉄線のように強靭なことからついた名前です。 スポンサードリンク 一方、クレマチスは、世界中に250種類から300種類が分布しています。 クレマチスの花びらの枚数は様々で4枚付くものもあれば、6枚の花びらをもつクレマチスもあります。 さらに、花の形も様々でベル型の形をした花もあります。 テッセンもクレマチスの一種なので、人によっては、クレマチスをテッセンと呼ぶ方もいますが、本物のテッセンは、花びらが6枚で花も小型で花柄には苞があることが特徴です。 そして、カザグルマは日本が原産です。 クレマチスの一種のカザグルマは日本各地に自生しています。 カザグルマの名称は、花がまるで風車のように見えることからこの名がついたとされています。 カザグルマの花びらは、4枚・6枚・8枚とほとんどが偶数であることも特徴で、奇数の花びらが付くことはまれといわれている特徴をもっています。 クレマチスもカザグルマもテッセンも、見た目からはどう違いがあってどう変わっているのかはわかりにくいですが、簡単な違いの見分け方としては、やはり花びらの枚数がわかりやすいのかもしれません。 ・テッセン:6枚の花びら ・クレマチス:複数の花びらをもつ ・カザグルマ:4枚・6枚・8枚の偶数の花びら まとめ いかがでしたか。 クレマチスとテッセンの違いはかなりわかりにくいですが、花びらの数である程度見分けがつくようなので、見る機会があったら花びらを数えてみましょう。 では、この記事のポイントをもう一度おさらいしておきます。 奇数の数はまれ(日本原産) 現在、クレマチスとして人気になっている大輪の花のクレマチスも、交配により誕生したクレマチスです。 交配をすることでより華やかできれいな花を作っているんですね。

次の

クレマチスの種類図鑑!人気の品種や四季咲きなどもご紹介

クレマチス 種類

クレマチスとは クレマチスとはキンポウゲ科のつる性の植物で、北半球に温帯に多く分布しています。 その種類は250から300種類ほどあり、日本にも20種類ほど分布していると言われています。 その特徴は大きな花を咲かせるところで、品種によって様々な花の形を楽しめます。 特に八重咲きの品種は豪華な花の姿が美しいので庭全体を華やかに彩ってくれますし、四季咲きの品種は年間を通して繰り返し花が咲くのでそれぞれの季節で楽しめるようになっているのです。 ほかにも品種の多さや複雑さも特徴の一つと言われていて、初心者向けから上級者向けまで育てやすさが異なっている点や庭のテーマ性に合わせたものを選べるところが魅力とも言われています。 テッセンとは テッセン(鉄線)は中国原産のキンポウゲ科のつる性の植物であり、茎が細長く質が堅いところから名づけられました。 同じ分類であるカザグルマと近縁で、室町時代には日本に中国から渡来した歴史を持っています。 このため日本では、昔から親しまれている花として人気を集めているようです。 丈夫なツタは1mから3mほど伸びると言われていて、春になると6枚の花弁をつけた大きな花とギザギザとしたたくさんの切れ込みの入った葉をつけます。 花の種類は品種改良や品種の増加によって様々なバリエーションのものが楽しめるようになっていて、色々な種類のテッセンから好みのカラーリングのものを選べるところが魅力の一つです。 2つの違いについて クレマチスとテッセンは同じキンポウゲ科のつる性の植物であり、元々テッセンはクレマチスの原種の一つだとされています。 スポンサードリンク そのため分類としては、クレマチスの中にテッセンが含まれていると言う形になるようです。 このためクレマチスとテッセンにはそこまで大きな違いはないのではないかと思われがちですが、ポイントとなっているのが「品種として扱われているかどうか」だと言われています。 クレマチスはキンポウゲ科センニンソウ属に属している花の総称の一つとして認識されていて、クレマチス属という品種も存在しています。 それに対してテッセンはあくまでクレマチスの品種改良された結果の一つであり、学界では品種としては取り扱われていないようです。 つまりクレマチスという大きな品種の中にテッセンという花の種類があるだけなので、厳密にいえばこの2つは同じものではないと言うことになります。 見分け方のポイントは テッセンはクレマチスの一種なのでなかなか見分けがつかないと言う人も少なくないのですが、クレマチスとテッセンを見分けるためのポイントは「花弁の色」と「雄しべの形」にあります。 まず花弁の色ですが、テッセンは白や紫を基本としています。 品種改良によってピンクや赤の花弁のものも増えてきているのですが、一般的に流通しているものには白が多いようです。 それに対してクレマチスの場合は青や紫のものが多く、ほかにも種類によっては幅広いカラーバリエーションが挙げられています。 また雄しべの形ですが、テッセンの場合は花弁化しているので外側に複数の雄しべが広がっています。 それに対して、花弁が6枚付いている状態となっているのが特徴です。 クレマチスはテッセンのように特徴的な形をしているわけではなく、一般的な花のように雄しべと雌しべがしっかり区別できます。 このためクレマチスとテッセンを見分ける際には、花弁の色よりも雄しべの形で見分けた方がわかりやすいようです。 Advertisement• しきみと榊は似ているようで大きく違います。 両方ともお供えするときに使われる、緑色の葉が印象に残る植物ですが、神様に供えるか、仏様に供え[…]• 屋外にシロアリが出た場合の有効な駆除方法としては灯油を使用する方法があります。 シロアリの巣は基本的に地中にありますが切り株を餌とする場合が存在します。 […]• イヌマキにラカンマキ、名前ではピンとこなくても、知らず知らずのうちに生け垣になっているものを目にしているかも知れません。 これらはマキ科マキ属の木の名前[…]• 生垣と垣根は同じような言葉で、実は違いがあることはご存知でしょうか。 その説明をするためには、まず垣根を理解することが必要です。 目次 […]• 3月から4月中旬に黄色の可愛い花を咲かせる花木が、ミツマタです。 ジンチョウゲ科の花で、花が咲くと甘い香りがします。 日の当たる場所に植え[…]• 夏は庭のやぶ蚊に悩まされる人が多くなる季節ですが、水たまりなどをなくす努力をしてもどうしても多少はいるものです。 最近は特に蚊が媒介するデング熱が話題に[…]• 椿は大きく分けて、椿・寒椿・夏椿と3種類あります。 いずれも同じツバキ科ですが、開花時期や花の形、散り方など種類によって様々です。 目次 1. 椿の開花[…]• 庭木というのは、ある種一家のシンボルツリーとして存在します。 特に子供の頃からずっとその木と共に成長してきたならば、より一層愛着がわくものでしょう。

次の