フード デリバリー サービス。 急速に拡大する飲食店のデリバリーサービス。今注目の企業はどこか?|フーズチャネル

フードデリバリーの主要6サービスを比較

フード デリバリー サービス

はじめに ここ数年で利用者数が増加傾向にあるフードデリバリーサービス。 「フードデリバリーサービス」という言葉を初めて聞いたという方もまだまだ多いのではないでしょうか? そこで今回は「フードデリバリーとはなにか?」という意味の説明に加えてgoogleの検索ボリュームデータを元に主要7社をランキング形式で紹介していこうと思います。 フードデリバリーサービスとは フードデリバリーサービスの意味がわからないという方向けに簡単に言葉の意味を説明します。 「フードデリバリーサービス」の言葉を分解してみると「フード」「デリバリー」「サービス」の3つに分解することができます。 フード…「食べ物」、「食品」 デリバリー…「配達」 はい!これでわかりましたね。 フードデリバリーサービスとは「食品宅配サービス」を意味する言葉になります。 昔で言うところの「出前」をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか? 似たような言葉で「ケータリングサービス」という言葉がありますが、こちらはパーティー会場に出張してお料理を提供したりパーティーのセッティングをするサービスを指すことが多いです。 フードデリバリーサービスの市場規模 市場規模としては年々増加しておりるエヌピーディー・ジャパン社の2018年の外食・中食の出前市場動向分析レポートによると前年比5. 3年前の2015年は3,564億円でしたので、3年で約500億円の成長していることがわかります。 フードデリバリーサービス人気ランキング それでは7位から順に見ていきましょう。 【7位】LINEデリマ google検索ボリューム:4,400 【6位】ごちクル google検索ボリューム:8,100 【5位】ファインダイン google検索ボリューム:14,800 【4位】dデリバリー google検索ボリューム:60,500 【3位】楽天デリバリー google検索ボリューム:74,000 【2位】Uber Eats (ウーバーイーツ) google検索ボリューム:165,000 【1位】出前館 google検索ボリューム:823,000 フードデリバリーアプリ アプリ提供なし LINEデリマ ごちクル アプリ提供あり ファインダイン dデリバリー 楽天デリバリー Uber Eats (ウーバーイーツ) 出前館 フードデリバリーを使うメリット・デメリット メリット ・自分で作れないような料理を食べることができる ・時間を節約できる ・料理及び買出し、片付けの負担を軽減できる デメリット ・経済的に自炊したほうが安い まとめ いかがでしたでしょうか? 各フードデリバリーサービス毎に提供されるサービスやエリア、利便性などが違いましたね。 ご自身のライフスタイルにあったサービスを使ってみてはいかがでしたでしょうか?.

次の

ますます家庭にも浸透するフードデリバリー

フード デリバリー サービス

記事の目次• Uber Eatsはカリフォルニア州サンタモニカで「UberFRESH」という名称で2014年8月にサービスがスタートし、2015年に「Uber Eats」に改名し、配車アプリ「Uber」から分離する形でアプリがリリースされた。 日本では2016年から展開されており、スマホアプリから料理を手軽に注文できる。 「配達パートナー」は配達をすることで収入を得ることができ、デリバリーが自前でできない飲食店にとっては、登録するだけでデリバリーサービスに対応したことになるというメリットがある。 日本でUber Eatsを利用できる地域(2020年2月時点)は、東京23区のほぼ全域、神奈川県の横浜市や川崎市の一部、愛知県名古屋市の一部、大阪市や周辺、京都市、兵庫県神戸市や芦屋市、福岡市、広島などで、徐々に拡大している。 事業名は「DiDi Food(仮称)」で、4月からサービスが開始されるようだ。 デリバリー・パートナー(配達員)の確保のために補償を充実させる方針で、公式サイトには「万が一に備えて自転車・原付を利用する配達パートナー向けに安心の保険/補償制度をご用意しております」と記載している。 中国ではフードデリバリーが2016年前後に爆発的に人気が高まり、DiDiは中国では2018年5月にフードデリバリー業界に参入している。 テストサービスを福岡県の天神地区で提供するとみられており、正式ローンチの時期や具体的なデリバリー内容が気になるところだ。 デリバリースタッフの求人要項では、「ユーザーからの注文に合わせて商品をピックアップ、配達する仕事」となっているため、フード以外のものもデリバリーする可能性もあるようだ。 自転車や配達バッグ、ユニフォームは貸与されるとある。 ただ顧客層は同じであることから、今からユーザーを囲い込んでおく意味でも3社の現在の事業には大きな意味があると言える。 大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。 2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。 設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。 講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。

次の

Uber Eatsサービス開始から3年。フードデリバリー市場はいかなる道をたどるのか

フード デリバリー サービス

Contents• フードデリバリーアプリ「Chompy(チョンピー)」とは? フードデリバリーアプリ「Chompy(チョンピー)」は、 スマホ1つで美味しいお料理を注文できるサービスです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じように、レストランに所属していない独自の配達員をつかって、お料理をレストランから注文者まで運ぶ 「デリバリー」のサービスを利用することができます。 外資企業が運営しているのではなく、東京都渋谷区にある企業が運営している、 国産フードデリバリーサービスです。 2020年5月現在は 渋谷区のみ配達エリアとなっていますが6月以降順次拡大されるそうです。 導入店舗数は約350店舗、 1日平均で400名ほどが利用をしています。 Chompy チョンピー のサービスについて、詳しくの記事でご紹介しています。 「Chompy(チョンピー)」を導入するメリット 「「Chompy(チョンピー)」の導入は、 たくさんのメリットがあります!• ファストフード中心ではなく、こだわりのある 個人店を中心に掲載している• お料理だけではなく、 お店の外観、内観、調理風景の撮影もしてくれる• 注文いただいた お客様のお顔がわかる 仕様になっている• オフィスデリバリーサービスをやっているので ピークタイムを避けた売上増を狙える 「Chompy(チョンピー)」導入にかかる時間は? 「Chompy(チョンピー)」を導入するまでには、 約3週間程度です。 競合であるUber Eats(ウーバーイーツ)は、出店まで2ヶ月程度かかると言われていますので、結構早いですよね! 「Chompy(チョンピー)」導入に必要なものは? 「Chompy(チョンピー)」を導入するには、以下のものを用意する必要があります。 営業許可書• 掲載するメニューの情報 それ以外のものはすべて「Chompy(チョンピー)」側で準備してくれるようですので、便利ですね! 「Chompy(チョンピー)」導入にかかる費用は? 「Chompy(チョンピー)」導入にかかる費用は以下の通りです。 タブレット端末がすでにある場合でも新規でタブレットの契約をしなければならないので、他のフードデリバリーサービスと併用する場合にも初期費用の減額はできません。 初期費用10万円 タブレット端末、写真撮影、ページ作成、CS費用等• 同企業他店舗の場合 5万円• 同キッチン内での追加業態の場合 5万円• 同時に複数店舗スタートの場合 1店舗5万円• 販売手数料は、売上の30%のみ• 締め支払い日• 毎週日曜日締め、翌週火曜日お支払い• 初期費用は毎週の販売利益から定額(2,000円〜)を相殺• 販売利益が下回る週は次週へ繰越• この中でも飲食店的に一番良いなと感じたのは、 「徴収は2020年10月から」というところです。 現在、飲食店の経営状態が厳しいため、分割とはいえ、10万円を支払うのは難しいという方もいらっしゃるかもしれません。 そんな飲食店を支えるサービスはとてもありがたいですね! また、多店舗展開していたり、複数のサービスを展開している方にも、初期費用が安くなるメリットがあるようですので、いくつか業態を持っている飲食店にもお勧めです。 「Chompy(チョンピー)」導入までの流れ メニューの導入は以下のようなステップを踏む必要があります。 事前に確認をしておくと、スムーズに出店をすすめる事ができるかもしれません。 1)掲載のお申し込み 「Chompy(チョンピー)」の掲載については、問合せをした際に連絡をくれる担当営業の方に連絡しましょう。 以下のページから、掲載に関する問合せをすることができます。 規約に同意をして、申込みをしましょう! 2)写真撮影 撮影はたっぷり2時間あります。 以下のような店舗の情報に掲載するような写真を撮影します。 お料理の写真だけではなく、内観や人物の写真を撮ってくれるのは、他のフードデリバリーサービスとは異なる点です。 メニュー写真(~20品程度)• 作業風景• TOP画像• 人物写真 3)営業許可書の提出 他のフードデリバリーサービスと同じように、営業許可書の提出が必要になります。 飲食店を経営している方なら誰でも持っているはずなので、特任準備は必要ないですね。 4)店舗情報シートの記入 店舗情報、メニュー情報、お振込先、などの、お店の情報を担当者から共有されたシートに記入していきます。 出店する際に必要な情報になりますので、間違いがないようにしっかり入力しましょう。 5)利用スタート 掲載の準備が整い次第、担当営業より開始日時の連絡が来ます。 その日より、「Chompy(チョンピー)」での営業がスタートします! 申し込みは「専用ページ」から 申し込みは「専用ページ」から受付しています。 以下のバナーから、導入することができますので、ぜひ活用してみてくださいね! 関連記事 「Chompy(チョンピー)」店舗用アプリの使い方 導入後の運用はシンプルで簡単です。 お客様からの内容を確認し「受け付けるには画面をタップします」という表示が出るので、画面をタップします。 オーダーの内容がわかりやすく掲載されているので、とても見やすいです。 注文が入った時間と、クルーが到着する予定の時刻が並んで表示されますので、時間の確認もできます。 オーダーはステータスごとに、タブで別れているため、複数の注文を平行して対応しても、間違えることは少なさそうです。

次の