ドラパルト じしん きく。 〜シホドラの家〜色々書く 新着記事

【剣盾S5】カバミトム+エース【最終96位】

ドラパルト じしん きく

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 70 33. 33 2. 1 1. 5 180 47. 37 3. 8 3. 3 140 38. 89 3. 6 2. 7 110 28. 21 3. 9 2. 5 156 50. 32 3. 1 1. 8 60 31. 58 1. 9 1. 2 85 28. 33 3 2. 00 0. 7 0. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 70 1. 40 50 - 180 2. 25 80 - 120 1. 85 65 - 110 1. 83 60 - 156 2. 06 35 - 85 2. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 カビゴンの対策ポケモン.

次の

つねぽけ!

ドラパルト じしん きく

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 70 33. 33 2. 1 1. 5 180 47. 37 3. 8 3. 3 140 38. 89 3. 6 2. 7 110 28. 21 3. 9 2. 5 156 50. 32 3. 1 1. 8 60 31. 58 1. 9 1. 2 85 28. 33 3 2. 00 0. 7 0. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 70 1. 40 50 - 180 2. 25 80 - 120 1. 85 65 - 110 1. 83 60 - 156 2. 06 35 - 85 2. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 カビゴンの対策ポケモン.

次の

ドラメシヤ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルト じしん きく

ヴァーパッドです。 今回使用した構築を紹介します。 【構築経緯】 シーズン当初は解禁されたキョダイ入りが強いと思いを使っていたが、キョダイに対してかなりメタを張られていることが多く、中でもダイアースで耐久をあげながら弱点保険で切り返せるックスすなかきが相手にしていて一番きつかったので環境を勝ち抜くためにそのをエースに採用し、のサポートとして相性がよく相手のドラパルト、、、パッチラゴンなどに対しての切り返しがきくを採用。 それからカバドリと並べて水が一貫してしまうためチョッキ持ちの水を、相手のの一貫を切るためにを入れ、残りの二枠はシーズン2にてアーモンドさんが使用していた構築、異物混入ミトムナット よりミトムナットと相性のいいスカーフ持ちのエースバーンを、状態異常の一貫を切りを通せない構築に対して選出していく裏のックス積みエースとしてラム持ちのを採用した。 この構築の要のックスエース。 砂ターン管理がかなり難しくを上手く温存し、ックスのタイミングを伺いながら戦った。 弱点保険は発動の機会も多く相手のックスとの殴り合いも制しやすくなるためかなり強力なアイテムだと感じた。 当初はDラインをオボン込みで眼鏡ドラパルトのを確定2発耐えまで引き上げる予定だったが、試運転段階でHBに特化したを使った結果、これ以上物理方面の耐久ラインを下げると相手の物理を流すという最低限の役割を遂行できなくなると判断したためそちらの採用は見送りHB特化のまま最終日まで使用していた。 最初は最遅個体を使用していたが最終日に近づくにつれナットミラーが多発したため最終日に限ってを最遅の実数値+1のを使用し鉄壁ボディプレス型ミラーの積み合いに強くした。 相手の初手の水にあわせやすく、ミラーはで居座られるため素早さは少しでも多く振り、先に放電で削りを入れることで後続のックスエースのやの一貫を作りやすくした。 また、このSラインより早い水はスカーフか眼鏡が多く、カバドリで電気の一貫を、チョッキで水の一貫をきり相手のックスを誘発することによりこちらのックスエースを通しやすくすることも可能。 相手の水の他にも初手に来やすいや、などにも強くでれるためかなり重宝した。 火力を最大まであげるために性格は意地っ張りではAに特化させ、残りは準速まで引き上げることにより雨下の準速カジリガメまで抜けるため素早さに振り切った。 スカーフ枠としてでなくダイバーンやダイナックルで火力を底上げしたり、ダイワームやダイウォールで相手のックスをいなせるためックスエースとしても活躍してくれた。 状態異常の一貫を切るためにラムを持たせているが発動機会は薄かったため検討の余地あり。 裏のを耐久に寄せたで固めているためックスを強引に切らずにそのまま退けるなどックス温存の択も残せるため構築の補完的な相性もかなり強かった。 【レンタルパーティ】 基本選出は 水++ が通せない構築は 水++ 入りに対しては上手くを選出に絡めていく。 入りや入りに対してはエースバーンを先発に、クッション+エースや受け二枚の構図を作る。 【結果】 ここまで読んでいただきありがとうございました! vaapad007.

次の