ウグイ。 ウグイの飼育方法:餌は何を食べるの?寿命はどのくらい?

【楽天市場】活エサ 銀兵(ウグイ)20匹セット 中サイズ約10cm前後【他商品との同梱不可】※ノークレーム限定:フィッシングショップTポート

ウグイ

地方名 [ ] 多くの地方でやなどと一括りに「」と呼ばれる。 また、関東地方をはじめ本種を指す呼び名としての「ハヤ」の普及は標準和名を凌ぐ地域もある。また、姿の似た魚においてもハヤの通称をもつ Rhynchocypris lagowskii steindachneri、 Rhynchocypris oxycephalus jouyiがいる。 この他、分布の広さから数多くのがあり、アイソ、アカハラ、クキ、タロ、ニガッパヤ、イダ 、ヒヤレ 、デイス、イス 、イダ など各地の独特な名前が付けられている。 日本語で「石斑魚」はウグイを意味するが、では「石斑魚」(広東語 セッパーンユー sek6baan1yu2)はの意となる。 中国語でウグイは、三塊魚または珠星三塊魚と書かれる。 形態 [ ] ルアーにより釣り上げられた鮮やかな婚姻色を持つ個体 成魚の体長は最大50cmに達するが、多数を占めるのは30cm前後の個体。 側面型は流水性コイ科淡水魚に共通する流線型を示す。 体色は全体にこげ茶色を帯びた銀色で、体側に1本の黒い横帯が走る。 腹部は繁殖期以外には銀白色である。 各鰭、特に腹鰭、尻鰭、及び尾鰭後端部は黄色味を帯びる。 春(3月上旬から5月中旬)になると雌雄ともに鮮やかな3本の朱色の条線を持つ独特のへ変化する。 婚姻色の朱色の条線より「アカウオ」 や「サクラウグイ」と呼ばれることもある。 生態 [ ] 沖縄地方を除く日本全国に分布。 淡水棲で、河川の上流域から下流域に幅広く生息する。 群れを組んで泳ぎ回るので、橋の上などから魚影を確認することができる。 食性は雑食。 、、水に落ちた、水底のコケ、小さな魚、魚の卵、甲殻類、残飯など何でも捕食する。 繁殖期の春には、川の浅瀬で比較的流れの緩やかな直径2-5cmの礫質の場所を選び、春から初夏にかけて集団で産卵をおこなう。 全国の河川でもっとも普通に見られた魚だが、 関東地方などの河川ではオイカワやカワムツが増えウグイの生息域がだんだん上流に追いやられ個体数が減少傾向にある [ ]。 幅広い水域で見られる魚ではあるが、特筆すべきはpH 4以下の強酸性でも生きられる点であり 、強酸性のためが絶滅したやの や、等でも生息している。 また、水質汚染が激しい水域でも割合生息が可能である。 一生をで過ごす淡水型と一旦に出る降海型がいる。 降海型は北へ行くほどその比率が増す。 孵化から1年目に約5cm、2年目に10-15cm程度に成長し、2-4年目で繁殖活動を行う。 雑食性である為、生息域内の別な魚種の卵や稚魚を捕食する。 この性質を利用しの増殖抑制に有効である可能性が示されている 酸性適応機構 [ ] 酸性下では、エラのの形が変わり、且つ数が増えている。 通常、塩類細胞は一個ずつバラバラに上皮に存在しているが、宇曽利湖(恐山湖)のウグイでは多数の塩類細胞が濾胞を形成している。 これにより体液のpH調整を行っている。 更に、により生じたも中和に利用している。 通常の代謝系では、アンモニアはでに変換され排出される。 近縁種 [ ] 学名 Tribolodon ezoe 淡水型のなどの河川、湖沼に生息する。 学名 Tribolodon nakamurai 淡水型ので、の水系の河川などに生息する。 学名 Tribolodon brandti maruta" 汽水域や内湾、沿岸域に生息し、産卵のために河川を遡上する魚、ウグイとマルタとはしやすい。 学名 Tribolodon brandtii brandtii 人間とのかかわり [ ] 料理 [ ] 春から夏にかけては独特の泥臭さがあるが、冬季の脂が乗った身は美味であり、「寒(かん)バヤ(バエ)」と呼ばれる。 小骨が多いが、古くから日本各地で、などと共に貴重な動物性の蛋白源として利用されて 、、、、、などで食用にされる。 しかし、などの寄生虫 の問題が有るため生食は推奨されない。 東北地方の各地には、いずし(はやのいずし)にして食べる風習がある。 しかし、いずしはウグイの腸管に生育するにより、致死率が高い食中毒を引き起こす事例が多く報告された。 また、滋賀県の(の一種)では、希少種である本来のの代わりに安価なウグイを用いることもある。 長野県佐久地方では正月の雑煮に焼ウグイを使う伝統がある。 のサクラウグイはとして親しまれている。 漁獲 [ ] つけばでのウグイ漁獲風景 専門の漁• :専門の漁は4月から6月の産卵期に行われ事が多く、 やの流域の一部地域では、流れの中に人工の産卵場所を作って網で捕獲し 川に隣接した小屋で料理を提供する。 せつき漁(瀬付漁):山形県流域など。 産卵のために浅瀬に集まった魚を投網で捕獲する。 アイソ漁:、などでは、アイソ漁と呼ばれるが行われている。 釣り では、ほとんどの餌に食いついてくるため、水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚である。 用のとして釣られることもある。 はやカワゲラ類などの水棲生物以外に魚肉ソーセージ、などの、の、の、、、、、、、などでも釣れる。 河川では冬場の低水温期は水深のある流れの弱い場所に集まるため、集まったウグイを 寒バヤと呼び釣りが行われる。 しかし、河口部では生息域がハゼ等の食用魚と重なるため、ハゼを専門としている釣り人からは餌取の外道として嫌われている。 スピナー等の小型を使うやでも釣れる。 引きは小さなサイズでも、と区別できないくらい強力である。 渓流釣りの外道として有名だが、類の禁漁期のターゲットともされている。 名前の由来 [ ] が食う魚、海鯉(ウミゴヒ)、浮魚(水面近くを遊泳していることから)などの解釈がある。 一部では海に下りたウグイをオオガイと呼び区別する。 文化 [ ] 宮城県上流の登米市津山町横山のではの使いと扱われる。 福島県には木屑を川に投じるとウグイに変貌したという伝説がある。 脚注 [ ]• 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p52 昭和33年12月25日発行• [ ]• 福田靖、 九州ルーテル学院大学 紀要 2006年 35巻 p. 89-95,• 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p52 昭和33年12月25日発行• 富山県小矢部市観光協会• 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p52 昭和33年12月25日発行• 日本水産学会誌 Vol. 72 2006 No. 3 P 424-429, :• 極限環境微生物学会誌 Vol. 5 2006 No. 2 P69-73, :• 農村開発企画委員会• 内田明彦、川上泰、加藤茂、村田義彦、 日本獣医師会雑誌 Vol. 52 1999 No. 2 P115-119, :• 大友良光、豊川安延、 食品と微生物 Vol. 9 1992 No. 3 P177-181, :• 『立地と人々の生活』郷土版舎125頁• 九州大學農學部學藝雜誌. 215-225, 1964-12. 九州大學農學部• 日本水産学会誌 Vol. 17 1951-1952 No. 上田市役所• :ウグイが生息する強酸性の湖。 外部リンク [ ]• 農林部農林総合研究センター水産研究所• 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所• 長野県水産試験場•

次の

ウグイって食べる魚ですか?

ウグイ

先日、ウグイを刺身にしているブログ記事を見て、私もやってみたいと思いました。 ただし、あちらは支笏湖のウグイ。 支笏湖と言えばヒメマスで有名な、日本一の透明度を誇る湖。 昔、バイクで北海道ツーリングに行った時に食べたヒメマス定食はうまかったなー。 塩焼きとフライと刺身がセットになっている贅沢な定食だった。 大丈夫なの、これ? 魚を刺身で食べようとする場合に、心配される問題点は以下の3つでしょう。 (1)水質の問題。 生であろうが火を通そうが、有害物質で汚染されているような川の魚を食べてはいけません。 天竜川については、諏訪湖を源にしているので水質はそれほど良くありませんが、それは富栄養化によるもので有害物質に汚染されているわけではありません。 もし、汚染されてるような川なら、鮎を放流して釣らせていること自体大問題だ。 (2)雑菌の問題。 これは魚のみでなく、肉にも言えることだけど、調理過程での衛生管理をしっかりすれば大丈夫です。 まず魚を良く洗うこと、そして鱗や皮を剥がす時にまな板に雑菌が付着する可能性があるので、皮を引いた後、一旦まな板をきれいに洗った方が良いです。 特に淀んだ水に棲息している鯉やナマズなどは要注意。 基本的に、火を通す場合は問題ありませんけども。 (3)寄生虫の問題。 これについては、以前に詳しく書いたのでをご覧下さい。 ちゃんと理解していれば、恐れることはありません。 このところ、時折で天竜川に入っていますが、冬の天竜川は夏からは想像できないほど水がきれいなんですよね。 これなら刺身で食べても大丈夫でしょ。 いつもながら、前置きが長いゾ(笑) さぁ、作ります。 時間があれば釣りをするところだけど、子どもの頃を思い出して今回は網ですくって獲ります。 隙間に網を差し込んでガサガサやってみます。 組合員になってるので、網で獲ること自体は問題ないけど、正式には網目が12mm以上じゃないけいけないんだよね。 でも、小さいヤツはリリースするから、今回はこの網で勘弁してもらおう。 ザクザク獲れます。 小さいヤツはオールリリース。 刺身にできそうな24〜25cmくらいのを5尾キープ。 こんなに予定通り簡単に獲れるとは。 感謝感謝! とにかく寒いから早く帰ろう。 ウグイはまだ全部生きていました。 私に捕まってしまって運が悪かったなー、君たち。 私の血となり肉になってもらおう。 魚の基本的なおろし方は、と同じですが、ゼイゴがない代わりに、鱗を落とす必要があります。 辛子酢味噌を作っておきます。 味噌大さじ2、みりん大さじ2、酢大さじ2、練り辛子(チューブ2cmほど)を良く混ぜ合わせます。 イワナのようにぬるぬるしていないので、扱いやすいです。 頭を落として、内臓を取り出します。 魚体の割に大きめの浮き袋。 それから、胃腸の中が空っぽできれいな状態でした。 これなら、内臓ごと甘露煮にしても大丈夫そう。 厳寒期には餌を食べないのかな。 だとしたら、釣るのはかなり難しそう。 3%濃度の塩水に浸けて血抜きをし、焼いて食べました。 中骨の部分は、にします。 腹骨もすき取ってこんな感じです。 血合い骨は抜かなくてOK。 このくらいのサイズの魚は、アジのおろし方でも紹介したように、頭側から包丁の背を使って皮を引く方法の方がやりやすいかも。 皮を引いたら身を洗ってペーパータオルで水分を拭き取ります。 包丁、まな板も一旦きれいに洗います。 通常は皮側を上にして、写真のように頭側から切っていきますが、細かい血合い骨を残したまま刺身にする場合、逆に尾の側から斜めに包丁を入れていった方が骨が細かく切れて良いと思います。 このままちょっと食べてみます。 美味いじゃないか! 遠くでうっすら泥臭さを感じるかな。 食べたことのある刺身で言うとボラに似ている。 素早く氷水に浸けて洗い、身を締めます。 皿に盛って辛子酢味噌を添えたら完成! 一口食べてみると、うまーい!! 洗いにすると、先ほどうっすら感じた泥臭さが消えました。 鯉の洗いと全く遜色ない味。 期待以上に美味い! 実家で両親と弟に提供したところ、最初は「これほんとに刺身で食べて大丈夫なの?」とためらっていましたが、最終的にはパクパク食べてました(笑) 寒バヤ、気に入りました! 毎年冬には食べることにしよう。 寒バヤ釣りもやってみたいし。 油で揚げるのと違って、素材の味も生きているところが良いです。 皆さんもぜひお試しを、、、といつもなら言うところだけど、今回はいろんな点で難易度が高いので、お勧めはしないでおこう(笑) 〆ウグイ、塩焼き、甘露煮、フライ、燻製なども好評です。 をご覧下さい。 ウグイ料理ベスト10は。 自分の地域では昔、ウグイを焼いて串刺しに扇形にして売られていました。 昭和40年頃以前。 今はありません。 数が減ってとても売れるほどは取れません。 自分が生まれ育った家のすぐ裏が山間部の小川で自分が生まれた時はウグイはいなくて、アブラハヤ、カジカ、ヤマメが棲んでいました。 ヤマメなら自分が小学校入学前~小学生時代までに釣り身近な魚でしたが自宅から5キロ以上離れた本流に棲むウグイはあこがれの魚でした。 中学高校生の頃、たまに本流でウグイ釣りを楽しみました。 20歳頃いったん釣りは休止。 おっさんの年齢になってきたある日、釣再開しました。 今はその本流にスモールマウスバスが多数入ってきてウグイ釣れなくなり他県までウグイ釣りに行きます。 そこは山間部ですが40センチのウグイがでます。 自分はウグイは食べません。 味云々よりもったいなくてとても食べる気にはなれません。 食べるのならお金を少しだせばアユ、ヤマメ、イワナを食べることができます。 たまに釣ったコイでコイこくなら作ります。

次の

ウグイの特徴・見分け方 | 写真から探せる魚図鑑

ウグイ

ウグイの釣り方・仕掛け ウグイってどんな魚? ウグイはコイ目コイ科ウグイ亜科に分類されている淡水魚。 別名ハヤと呼ばれ渓流域や清流域で良く釣れるため、川釣りの入門者でも楽しませてくれるポピュラーな魚です。 渓流域で良く釣れるサイズは20cm程度ですが、中には50cmを越える個体もいるようです。 味は淡白で塩焼きや天ぷらでも美味しく食べれますが、丸ごと食べられる甘露煮にすると日持ちもしカルシウムの補給にも最適な魚です。 釣れるフィールド・季節・地域 沖縄以外の日本全土に分布し、渓流域・中流域・湖などに生息しています。 ウグイは年中釣れる魚ですが、一番美味しい時期は冬で寒バヤと呼ばれ人気です。 ウグイの釣り方・仕掛け 釣り方は、ウキ釣りかミャク釣りです。 どちらも川の流れに乗せてエサを流し、上流からエサが流れてくるのを待つウグイに仕掛けを届けることが大切です。 変化のある場所でウグイはエサを待ち構えています。 岩の陰や落差でできた小さな滝の下などがポイントになります。 上流から自然に流れてきたかのように、そのようなポイントで流していくことができれば釣果はあがります。 仕掛けはウキ釣り・ミャク釣りとどちらもシンプルなので、お子様が釣りを覚えるきっかけになる最高の釣りではないでしょうか。 ウキ釣り仕掛け 竿 竿は清流用の竿が専用でありますが、のべ竿であればなんでもかまいません。 ただし、長さには注意が必要です。 川幅が広いポイントでやる場合には5m以上の長い竿が有利になりますが、山奥の渓流に入る場合は長い竿だと周りの木々が邪魔して、糸が絡まり釣る時間を奪われることがよくあります。 山奥の渓流を狙うのであれば3〜4m程度の短い竿も用意しておいた方がよいでしょう。 道糸 道糸はナイロンでもフロロカーボンでもかまいません。 6号〜1号程度のものを、穂先にチチワ結びでつなぎましょう。 ウキ・オモリ ウキは感度の良い発砲ハエウキかトウガラシウキを使用します。 また、オモリはウキの浮力に合わせ板オモリをヨリモドシの丈夫に巻き付けましょう。 針・ハリス 針はハリスとセットでイワナ針・ヤマメ針などの商品名で売っています。 慣れるまではアタリがわからず、飲まれてしまうことが多いので、セットになっているものが交換が簡単にできるのでいいでしょう。 ハリスは0. 4号〜0. 8号、針は5号〜8号です。 エサ エサは、ミミズ・練り餌さ・バッタ・川虫などエサらしいものなら何でも食ってきます。 おすすめはやはりミミズですね。 ミャク釣り仕掛け 竿 ウキ釣り同様に3m〜5m程度の清流竿がベスト。 ただし、中流域で釣る場合などは水深、川幅があるので長くて軽いものが有利になります。 ハヤ専用の7m以上もある竿もあるので、本格的にやりたい方はそちらがおすすめ。 道糸 道糸は0. 8号〜1号 目印 ミャク釣りの場合は、魚のアタリを腕で感じながら釣る方法ですが、今どこに仕掛けが流れているのかを確認するためにも目印があった方が便利です。 目印は毛糸を道糸に結んで使用します。 3つ程度付けておくとアタリを取ることもできます。 ご自宅に毛糸があればそれでもかまいませんが、釣り専用の毛糸が販売されています。 ガン玉 ガン玉はエサを沈め安定させるために使用しますが、流れの速さや水深などの状況をみて重さを調節しましょう。 針・ハリス ヤマメ針やイワナ針の5号〜7号を使用します。 ハリスは0. 6〜0. 8号です。 エサ エサはウキ釣りと同じく、ミミズや川虫などを使用します。 ミャク釣りのポイント ミャク釣りはの利点は、ウキ下の長さが固定されないため釣り手の操作一つで流したいタナを調節することができます。 また、ウキ釣りのようにウキへの水流によってエサが引っ張られることが無いため、ポイントに沈めてステイさせることも可能です。 ただし、ミャク釣りはウキ釣りのようにウキが沈むといった明確なものがないため、初心者には難しく感じるかも知れません。 ですが、「道糸を緩めず張らず」の状態を常にキープしていれば、道糸がすーっと直線状になったり、急に糸ふけが出たり、そのような微妙な変化が感じ取れるようになります。 ミャク釣りになれれば、ウキ釣りよりも釣果は上がりますので慣れるまで練習を積み重ねましょう。

次の