トリコロール・シンフォニー。 【デレステ】ユニット編成の目安

【デレステ】特技秒数についての基礎知識【編成強者への道】

トリコロール・シンフォニー

しかし、これを連発するとソニックは減速しがち。 これにはレバーを入れる特性上、左右に動こうとすると、 上を押すのを忘れるのでソニックが減速します。 つまり、上を押しながら左右に振れば減速せずにクイックステップを行えます。 場所によっては、適度なタイミングでクイックステップをする方が 早くなる場所もありますよ!! ・ソニックドリフトを侮ることなかれ カラーズのドリフトは遅くてダメだ!とよく言われますが モノは使い様。 用法を上手く使えば、素早いドリフトも可能です。 カーブのアーチを描いている場所に向かってドリフトをします。 入り始めでは引っかかってドリフトが止まってしまいますが 丸みを帯びた場所を目指してドリフトをすれば、この作品では 信じられない位の早いドリフトを行えます。 プラネットウィスプACT1ではそれを良く実感できるのでお試し下さい。 ・カラーウィスプを上手く活用しよう! スウィートマウンテンACT2では「ホバー」「ドリル」があります。 カラーボーナスも大きいこのウィスプ達は外せない稼ぎポイントです。 どこでどう使うかがかなり重要になります。 例えば、ドリルゾーンは一箇所だけですが、敵もいれば 土管ゾーン(潜ると3万点ボーナス!)もあって、色んなルートへ 行くことも可能だし、戻ってルートの続きをするも良しと、 この辺はプレイヤーの判断に委ねられます。 また、最後のストローのグラインドゾーンでは 沢山のリングが散りばめられていて、リザルトでのリングボーナス 高得点のチャンスでもあります。 最初にグリーンヒルゾーンACT2の通常での タイムアタックでも早いルートを覚えておきましょう。 ・困ったらとりあえずダッシュプレートでスライディングしてみよう! ワールドアドベンチャーからある謎の現象ですが、 ダッシュプレートでスライディングをすると妙に加速するポイントがあります。 これをどこで使ったら良いか?見極めましょう! 場所によっては楽しいことになっています! ・意外と役に立つグラインドへのホーミングアタック 今作にはグラインドレールへホーミングアタックできるようになりました。 通常ブースト状態でホーミングする事は余りありませんが、 今回はブースト禁止ルール。 ホーミングをするとグラインドレールの移動が 素早くなるポイントが存在します。 場所によっては有利にタイムを更新できますよ! ・難所の大ジャンプ地帯 きりもみ状の通称コークスクリューの道の前ではジャンプをして ショートカットが出来ます。 しかし、最高速を維持して ジャンプしようとするとジャンプの高度が低くなり、地面に到達出来ない事が 少なくありません。 この場合、ソニックのスピードをアナログキーで スピードを若干減速気味に調整してジャンプをするとすんなり到達できます。 ・ダッシュパネルに合わせたブーストをする ダッシュパネルに合わせたブーストをするとブーストのレベルがあがり ブースト距離と速度が長く維持されます。 また、ダッシュプレートと次のプレートとの間隔が広い場所では、 ドリフトブーストを溜めておいて、プレートのダッシュが切れるタイミングで ドリフトブーストを発動させ、ブースト状態の速度を出来るだけ維持するのも 大事なテクニックです。 ・敵の攻撃はダッシュパネルや各種ブーストで回避する 今回のルールでは丸腰で敵の攻撃をかわさなければならないので 回避方法としては、攻撃が当たる直前で、ダッシュパネルに乗る か 敵アイテムアイコンが点滅している時にドリフトブーストなどを発動させる と回避できます。 また、回避できなかったとしても パネルを踏む手前ならばある程度タイムロスを軽減できます。 まぁ、この辺は運もかなり絡むんですけれどね・・・w ・エッグチェイサーの場面では無理にブーストを狙わない スターライトカーニバルでやっかいなのが嬉しい演出のエッグチェイサー。 こりゃアカン!と思ったら諦めて普通に走るのも英断です。 ・空中戦の各種ブーストは隠れたカギ 未知数のタイム短縮の可能性がある箇所、それが2周目以降の空中編です。 ここでは、エアブーストの他にリスクブーストやデンジャーブーストなど 速度を上げるブーストが隠れています。 しかし、名前の通りリスクを伴いますので、無理に狙いすぎて 反って遅くならないよう使い所を覚えましょう! キャラクターによっては狙い易い・狙いにくいというのもあるので 相性の良いキャラでの見極めが大事です。 -------------------------------------------------------------------------- 以上、なこすけからのぷちアドバイスでした! このテクニックを生かして、ソニックカラーズは2分台、 ソニジェネは2分30秒台、トランスフォームは3分25秒台を目標に 頑張ってみて下さいね!.

次の

センター効果/特技(デレステ)

トリコロール・シンフォニー

2020年の目玉スキル トリコロール・シンフォニー スキルからしてスコアの 伸びも気になりますが、 放置編成は? って人多いかなと思います。 やってみましたができました。 検証動画です。 素人なので、 動画の質については勘弁してください。 最後に各メンバーのポテンシャルも載せています。 終了時のライフの残量を見ても、 7秒スキブより使い勝手がいいかもです。 個人的にこの結果は意外でした。 というのも7秒スキブで、 放置編成が難しくなったことから、 今後は放置編成が容易な 秒数はこないと算段していたので。 スキブですが、 単色ではユニゾン トリコではシンフォとでてきましたが、 センター効果が 特技発動率50%上昇もあり、 オワコンにはならないかと。 というのも放置編成で概ねの ライブクリアするときって、 スキブのサポメンとセンター効果が 必須なんですよね。 もちろんサポメンが スキブでなくてもできますが、 特技発動率の関係上 失敗する場合があるので、 確実に成功させたい場合は要注意です。 後、スキブは単色編成でも 放置編成が可能なので。 というか、 希少価値の高いフェス限でしか 登場していないので、 スキブはまだまだ重宝するかと。 ちなみに、9秒のトリコ・シンフォには、 9秒の判定強化を入れておいた方が良いです。 12、15秒では、スコアが下がります。 曲によっては9秒の判定強化のみでも、 クリアとSランク取れそうです。 コンセでも可能でした。 gannzu.

次の

【デレステ】ユニット編成の目安

トリコロール・シンフォニー

ゲームネタ。 現在のデレステにおけるハイスコア環境を席巻するレゾナンスというセンタースキルについて、色々と考察。 スコアタガチ勢向けというよりは、「 運良くフェス限を引けたから活用したいけど、どう活かせばいいか分からない!」という方向けになれば。 永石P自身も模索中なので、アドバイスがあれば是非。 リクエスト 永石Pブログについてお手紙などで話題に挙げていただくことが時々ある。 なかでも意外だったのが、ユニット編成についてのアドバイス、とりわけレゾナンスの活用方法が知りたいというものだった。 永石Pも決して現環境について熟知しているわけではないが、せっかくなので可能な範囲でリクエストにお応えしつつ、新たに販売されたスカウトチケットの使い道も併せて考えてみたいと思う。 センター効果「レゾナンス」とは 昨年秋に実装された新たなセンター効果「レゾナンス」。 効果の内容についてはもはや解説の必要はあまり無いであろうが、具体的にどのように編成するのが効果的なのか、永石Pも最近まで正直あまり分かっていなかった。 現在の環境を支配しているといっても過言ではない、この「レゾナンス」とは一体なんなのか。 ざっくり言うと、「 増えまくったアイドルを余すことなく活用できる、デレステならではのスキル」なのである。 具体的に解説するにあたり、こちらの画像をご覧頂きたい。 LIVE中、アイドルによって発揮される特技はそれぞれ、作用する分野によって3箇所に分かれて表示される。 この区分けは覚えておくと編成を考えるときに便利なので、アイドルの特技欄は確認しておきたい。 そして、通常、 同時に同分野の特技が発動した場合、最も上昇率の高いもののみが適用される仕様だが、レゾナンスの場合(条件はあるものの)その 全てが重複して発動する。 「好きなアイドル2人とも編成したいのに、スキルと秒数被ってる……」という苦しみから解放される素晴らしいセンター効果である。 その特徴を活かした編成をどのように作るべきかを、永石Pなりに考えてみた。 レゾナンスには必須の相棒 現環境でハイスコア編成を組む場合、確実に編成しておきたいのは「 特技効果を特大アップ」できるスキルを持つアイドル。 レゾナンスの真価は、これらと組み合わせることで発揮される。 というか、ブーストをかけないとむしろスコアは下がってしまう可能性さえある。 もしレゾナンスだけを持っていて、シンフォニーやアンサンブルを持っていない場合は、特技「スキルブースト」での代用も可能。 だが、その効果は段違いなので、なるべくシンフォニーやアンサンブルを手に入れておくことをお勧めする。 また、「重複発動する全てのスキルにブーストをかける」ということはつまり、「全てのスキルがブーストと同じ秒数で発動する」ということである。 現在開催中のシンデレラフェスで登場した櫻井桃華さんは9秒ごとに特技効果にブーストをかけてくれる。 つまり、彼女を軸に編成する場合、特技が9秒ごと発動のアイドルを集めればいいのだ。 「 特技の秒数はブースト系スキルに合わせて全員揃える」 まず1つ目のポイントとして覚えておきたい。 編成を組んでみよう・全属性編 前置きが長くなってしまったが、ここからが本題。 「このレゾナンスを持っていたら、例えばこんな編成が出来るよ!」という編成例をお届けしていこう。 これが理想編成というわけではなく、あくまで環境に向けた一例というくらいに思っていただければ。 まずは全属性曲から。 【トゥルー・ドリーム】喜多日菜子 Vo特化7秒を集めたユニット。 (一番左がセンターに置くアイドル、一番右がゲストとして借りるアイドルである) 【夜の一輪】相葉夕美さんはほぼ必須。 SCOREアップとCOMBOボーナス両方に作用する特技はかなり重要。 全属性ユニットを組む場合は、レゾナンスと特化・秒数の揃った"トリコロール・シナジー"を必ず投入したい。 次いで優先度が高いのは 【Triad Primus】渋谷凛さん。 シナジーと同じくSCOREアップとCOMBOボーナスを併せ持つスキル"コーディネイト"。 恒常ガシャから排出されるので、スカチケの候補にもおすすめ。 特化・秒数が同じアイドルに 【indivisuals】星輝子さんもいるので、好きな方を選ぼう。 特化・秒数の関係でブースト枠は 【憧れへのステップ】乙倉悠貴さんを選出。 今後、Vocal特化のシンフォニーが登場したら秒数を問わず交代となる可能性もあるので注意が必要。 最後のひと枠は 【オーバー・マイセルフ】渋谷凛さん。 フェス限7秒コンボボーナス。 喜多さんの特技"ボーカルアンサンブル"がスコアアップに作用するので、コンボボーナスを補強。 ちなみに、この枠に特訓前シナジーを入れる猛者もいる。 特訓前を温めている人は多くないだろうが、もし持っているなら是非活用しよう。 また、ゲストアイドルに 【ウサミン・ザ・シークレット】安部菜々さんを置いているものの、こちらは"トリコロール・ボイス"を持ったアイドルであれば誰でもOK。 3属性を編成することが必須となるので、ゲストアイドルの属性をうまく活用しよう。 【プロミネンス・プライド】北条加蓮 Dance特化7秒シナジー 【日向の乙女】小日向美穂さん、 コーディネイト 【ごーごー!すまいらー!!】野々村そらさん、 ゲスト枠の 【自称・スウィートヒロイン】輿水幸子さんは先ほどのユニットと同様。 ブースト枠には上昇率を考慮して現在開催中のフェスで登場したシンフォニー 【黒薔薇は小夜に咲く】櫻井桃華さんを採用したものの、秒数を揃えることを優先して 【潮風の一頁】鷺沢文香さんを選んでも良さそうである。 勿論、今後7秒のシンフォニーが登場すればそちらが最優先。 ちなみに、もしかしたら北条さんのみ7秒にして、他を9秒の櫻井さんに合わせてしまうほうがスコアが伸びるかもしれない。 その編成だとこんな感じである。 ポテンシャルに差がないならこちらのほうが高いスコアが出そうにも思える。 参考までに。 ゲスト枠はトリコロール・メイクであれば誰でもOK。 こちらもシンフォニーに寄せた9秒編成を補足。 もし、ゲストを高垣さんに出来るのなら、コンボボーナス枠は 【運命の待ち人】神崎蘭子さんよりも 【華ほころびる宴】小早川紗枝さんのほうが特化値・総アピール値ともに高く、ポテンシャル上げも楽なのでおすすめ。 ただ、ゲストが高垣さんでないと、Cool属性がいなくなってしまうので注意。 続いて、11秒チームへ。 【エクステンド・ワールド】二宮飛鳥 Vocal特化11秒シナジー 【アイロニカル・エトランゼ】一ノ瀬志希さん、 コーディネイト 【音色を抱きしめて】水本ゆかりさんは良いとして、問題はブースト枠。 トリコロール・シンフォニーは現状Vocal特化のアイドルがおらず、スキルブーストも11秒が存在しない。 手持ちが揃うなら、7秒スキルブーストの乙倉さんを起用し、二宮さん以外を全て7秒染めにしてしまうのも有効かもしれない。 7秒編成については喜多さんのユニットを参照。 コンボボーナス枠は他にも 【夜風の誘い】高垣楓さん、 【パンプキンパーティー】十時愛梨さんなど、メモリアルガシャからスカウトできるアイドルが多数。 特化値の高さから 【ドリーミンブライド】前川みくさんを採用。 【おとぎの国のものがたり】市原仁奈 Visual特化11秒シナジー 【うたかたの結び手】依田芳乃さんは1択だが、コーディネイトは 【ウォーミング・ハート】アナスタシアさんと 【ポジティブパッション】本田未央さんがアピール値まで完全に同じなので、どちらを選んでも活躍してくれるはず。 9秒シンフォニー城ヶ崎莉嘉さんは小早川さんの時と同様。 コンボボーナス枠はフェス限 【ピースフルデイズ】島村卯月さんを採用した。 他にも候補はいるが、特化値の高さから、できれば島村さんを優先したい。 余談・レゾナンスがいない場合 ここまで書いておいてなんだが、レゾナンスをゲストから借りるだけ、という編成ももちろん可能である。 センターはトリコロール・ステップの本田未央さん。 レゾナンスはゲストで借りている。 特技はシンフォニーに合わせて全員9秒) レゾナンスをゲストで使用する場合は、基本的には前述のユニット編成の「センター」と「ゲスト」を入れ替えればOK。 候補はたくさんいるのだが、強いていうならこのあたりだろうか。 秒数はなるべくブーストに合わせて揃えよう。 また、11秒中確率コンセントレーションと合わせて使うと有用な「チューニング」というスキルも存在する。 11秒中確率チューニングは 【いっぱいの感謝】相原雪乃さん、 【あるがまま咲く花】江上椿さん、 【エキゾチックプレイヤー】杉坂海さんの3名である。 コンセントレーションを使うとGreatを連発しスコアが伸び悩んでしまうPは是非活用しよう。 編成を組んでみよう・属性曲編 レゾナンスを属性曲で使用することも可能だ。 個人的にオススメなのは、ユニゾンをセンターに起き、ゲスト枠でレゾナンスを使用する運用方法なのでこの記事の主旨とは少しズレてしまうが、簡単に紹介しよう。 ユニゾンをセンターに置く。 【ハッピーにゃーイヤー】前川みくさん 2. 同秒数同特化のコーディネイトを置く。 【私に恋をする私】井村雪菜さん 3. 同秒数同特化のフォーカスを置く。 【カム・ウィズミー!】乙倉悠貴さん 4. 同秒数同特化のコンボボーナスを置く。 【ピースフルデイズ】島村卯月さん 5. 同秒数同特化のスコアアップ系を置く。 S】五十嵐響子さん もしくは、秒数違い同特化のフォーカスをもう1人追加するのも手持ち次第では有効。 ゲストの特化を間違えないよう注意しよう。 Cute属性はVisual特化、Passion・Cool属性はVocal特化での運用が可能。 Dance特化は今回のフェス終了後の限定ガシャにてクールユニゾン11秒Dance特化が実装されれば運用可能となる。 また、次回のフェスでCute属性のDance特化レゾナンスが実装されれば、キュートユニゾン五十嵐響子さんを軸にした運用も可能になるはずである。 まとめ 随分長くなってしまった。 簡単にまとめよう。 ブースト系の特技を軸にして、秒数を揃えよう 2. シナジー・コーディネイトはなるべく採用しよう 3. スコアアップ。 コンボボーナスをバランスよく採用しよう この3点さえおさえておけば、編成もきっと分かりやすくなるはずだ。 もちろん、レゾナンスだけが編成の全てではないが、レゾナンスの登場で可能性が大きく広がった様々な編成について整理する一助になれば幸いである。 浅い知識でまとめた記事を最後まで読んでいただいたことに感謝して、ひとまず締めくくりとさせていただこう。 スカチケについては蛇足になりそうなので、またいつか。

次の