クロス フィット 辻堂。 AI採寸技術で全身の推定身体採寸ができるアプリ「Bodygram(ボディグラム)」を提供開始

STRAPPLE OHANA:湘南 ブラジリアン 柔術

クロス フィット 辻堂

AI採寸技術で誰でも手軽につかえる全身の推定身体採寸アプリ「Bodygram(ボディグラム)」を提供開始 Bodygram Japan株式会社(CEO Jin Koh)が、有名企業が導入しているAI採寸技術が一般ユーザーも使用可能になる、誰でも手軽につかえる全身の推定身体採寸アプリ「Bodygram(ボディグラム)」を、App store と Google Play store にて提供を開始した。 <以下、リリース> 「Bodygram」アプリを提供開始。 現在有名企業導入のAI採寸技術が一般ユーザーも使用可能に!誰でも手軽につかえる全身の推定身体採寸アプリ Bodygram Japan株式会社(CEO Jin Koh)は、「Bodygram」アプリを、App store及びGoogle Play storeにて提供開始いたします。 これまで、一部の企業及びサービスに技術提供していたBodygramのAI採寸技術を、自社アプリとして公開することで、誰でも簡単に全身の推定身体採寸をして測定結果を取得することが、可能になります。 本アプリは、体重や身長などの数値入力とスマートフォンを使用し前・横の全身の写真を撮影することにより、全身24箇所の推定採寸が簡単にできます。 ユーザーは、これまでメジャー等で測っていた全身のサイズを手軽に把握することが可能となります。 また、ユーザーがアプリの登録をする際に、Bodygram IDが発行されます。 Bodygram IDは計測されたデータをストックする機能で、このIDでログインするとBodygramの技術を導入している企業のアプリやサービスを活用する際に、毎回計測することなく過去のデータを使用して手軽にアプリやサービスを利用できます。 ユーザーは、自身のIDやデータがどの企業に共有されるのかを自ら選択することで、データの共有先を自身で選び、安全に管理することが出来ます。 本アプリは一般ユーザー向けに提供しますが、企業でも自社のサービスに組み合わせた運用をすることで独自に活用することが出来ます。 企業で独自アプリを開発する前段階のステップとして、またはシンプルに採寸機能のみを利用したい場合などにも利用可能です。 企業により提供されるアプリ・サービスはBodygramパートナーとして、Bodygramアプリと共存しエコシステムとして発展することを期待しています。 本リリース時に、法人としてのアプリ導入先としてクロスフィットみなとみらい・辻堂への導入が決定しており、その他、小売分野など様々な共同展開の検討が進んでおります。 また、幅広い分野での活用を促進するために国内の事業提携パートナーとして初めてトランスコスモスが営業やパートナー向けの開発支援を実施して参ります。 本アプリのリリースにより、ユーザーは自分の身体のサイズを手軽に知ることで、より健康への関心が高まり、ECでのショッピング等の場面でも安心して購入できるメリットがあります。 一方、本アプリを導入した企業側は、AI採寸技術を活用したサービスや機能を提供していくことで、 よりユーザーにとっての利便性や満足度を高めることができ、顧客の囲い込みなど様々なメリットが想定されます。 Bodygramは、今後、本アプリを提供するだけでなく、アプリ内の技術・開発を向上させ続けて、ユーザーにも導入企業にも、より便利で信頼性のあるAI採寸技術を提供することをお約束いたします。 <報道関係からの問合せ先> ボディグラム 広報事務局(共同PR内) 担当者:山田、村山 TEL:03-3571-5236 e-mail: bodygram-pr kyodo-pr. jp Bodygramアプリ使用方法 1. 性別・年齢・身長・体重を入力。 自撮りもしくは他人による撮影かの撮影モードかを選択。 音声ガイダンスに従い、正面と側面の2枚の全身写真を撮影。 採寸を実行すると、全身の採寸数値が表示されます。 採寸結果は採寸日時ごとに時系列に保存されていきます。 Bodygramアンバサダー松田 丈志氏のコメント Bodygramアンバサダーの松田 丈志です。 今回アプリを使ってみて、直感的に計測ができ、現役引退後初めて、こんな細かい測定をしたと感じました。 身体を知ることで、健康への意識が高まり、スポーツをする上でのモチベーションが上がります。 クロスフィットにも導入することで、お客様のモチベーションやパフォーマンスをあげることに活用していけたらと思っています。 3ヶ月間Bodygramアプリを体験し、トレーニングによる体型の変化を実感する。 個人によって目指す体型は、筋肉の増加、身体を絞るなど異なるため、キャンペーン開始時に各個人の目標を宣言をしてもらい、3ヶ月の達成度によりプレゼントを贈呈。 Bodygramアプリユーザー Bodygramアプリ、Bodygramパートナーアプリを利用するエンドユーザー。 このユーザーの声を 収集し続けることでBodygramのユーザビリティ・技術の進化につながります。 Bodygram導入企業 ショッピングアプリ、ショッピングサイト、小売店、フィットネス事業者、ヘルスケア事業者など、 自社のサービスにBodygramの採用アルゴリズムを組み込むことで独自サービスを展開するパートナー企業。 導入企業:クロスフィットみなとみらい・辻堂 3. Bodygramについて 「Bodygram」は、人工知能(AI)の学習機能を駆使して身体サイズを推定する先進技術です。 年齢・身長・体重・性別を入力し、服を着たまま、スマートフォンで正面と側面の2枚の写真を撮影するだけで被写体のボディラインを自動で検出し、腹囲・肩幅・手足の長さなど全身のサイズを推定できます。 これまで、アパレル業界やライフスタイル・ヘルスケアへの技術提供を行ってきました。 今後も様々な分野への展開を計画しています。 com 広報・PRご担当者様へ.

次の

日本橋にJR東日本スポーツ初のクロスフィット店舗が誕生 ~2019年12月3日(火)ニューオープン~|JR東日本スポーツ株式会社のプレスリリース

クロス フィット 辻堂

AI採寸技術で誰でも手軽につかえる全身の推定身体採寸アプリ「Bodygram(ボディグラム)」を提供開始 Bodygram Japan株式会社(CEO Jin Koh)が、有名企業が導入しているAI採寸技術が一般ユーザーも使用可能になる、誰でも手軽につかえる全身の推定身体採寸アプリ「Bodygram(ボディグラム)」を、App store と Google Play store にて提供を開始した。 <以下、リリース> 「Bodygram」アプリを提供開始。 現在有名企業導入のAI採寸技術が一般ユーザーも使用可能に!誰でも手軽につかえる全身の推定身体採寸アプリ Bodygram Japan株式会社(CEO Jin Koh)は、「Bodygram」アプリを、App store及びGoogle Play storeにて提供開始いたします。 これまで、一部の企業及びサービスに技術提供していたBodygramのAI採寸技術を、自社アプリとして公開することで、誰でも簡単に全身の推定身体採寸をして測定結果を取得することが、可能になります。 本アプリは、体重や身長などの数値入力とスマートフォンを使用し前・横の全身の写真を撮影することにより、全身24箇所の推定採寸が簡単にできます。 ユーザーは、これまでメジャー等で測っていた全身のサイズを手軽に把握することが可能となります。 また、ユーザーがアプリの登録をする際に、Bodygram IDが発行されます。 Bodygram IDは計測されたデータをストックする機能で、このIDでログインするとBodygramの技術を導入している企業のアプリやサービスを活用する際に、毎回計測することなく過去のデータを使用して手軽にアプリやサービスを利用できます。 ユーザーは、自身のIDやデータがどの企業に共有されるのかを自ら選択することで、データの共有先を自身で選び、安全に管理することが出来ます。 本アプリは一般ユーザー向けに提供しますが、企業でも自社のサービスに組み合わせた運用をすることで独自に活用することが出来ます。 企業で独自アプリを開発する前段階のステップとして、またはシンプルに採寸機能のみを利用したい場合などにも利用可能です。 企業により提供されるアプリ・サービスはBodygramパートナーとして、Bodygramアプリと共存しエコシステムとして発展することを期待しています。 本リリース時に、法人としてのアプリ導入先としてクロスフィットみなとみらい・辻堂への導入が決定しており、その他、小売分野など様々な共同展開の検討が進んでおります。 また、幅広い分野での活用を促進するために国内の事業提携パートナーとして初めてトランスコスモスが営業やパートナー向けの開発支援を実施して参ります。 本アプリのリリースにより、ユーザーは自分の身体のサイズを手軽に知ることで、より健康への関心が高まり、ECでのショッピング等の場面でも安心して購入できるメリットがあります。 一方、本アプリを導入した企業側は、AI採寸技術を活用したサービスや機能を提供していくことで、 よりユーザーにとっての利便性や満足度を高めることができ、顧客の囲い込みなど様々なメリットが想定されます。 Bodygramは、今後、本アプリを提供するだけでなく、アプリ内の技術・開発を向上させ続けて、ユーザーにも導入企業にも、より便利で信頼性のあるAI採寸技術を提供することをお約束いたします。 <報道関係からの問合せ先> ボディグラム 広報事務局(共同PR内) 担当者:山田、村山 TEL:03-3571-5236 e-mail: bodygram-pr kyodo-pr. jp Bodygramアプリ使用方法 1. 性別・年齢・身長・体重を入力。 自撮りもしくは他人による撮影かの撮影モードかを選択。 音声ガイダンスに従い、正面と側面の2枚の全身写真を撮影。 採寸を実行すると、全身の採寸数値が表示されます。 採寸結果は採寸日時ごとに時系列に保存されていきます。 Bodygramアンバサダー松田 丈志氏のコメント Bodygramアンバサダーの松田 丈志です。 今回アプリを使ってみて、直感的に計測ができ、現役引退後初めて、こんな細かい測定をしたと感じました。 身体を知ることで、健康への意識が高まり、スポーツをする上でのモチベーションが上がります。 クロスフィットにも導入することで、お客様のモチベーションやパフォーマンスをあげることに活用していけたらと思っています。 3ヶ月間Bodygramアプリを体験し、トレーニングによる体型の変化を実感する。 個人によって目指す体型は、筋肉の増加、身体を絞るなど異なるため、キャンペーン開始時に各個人の目標を宣言をしてもらい、3ヶ月の達成度によりプレゼントを贈呈。 Bodygramアプリユーザー Bodygramアプリ、Bodygramパートナーアプリを利用するエンドユーザー。 このユーザーの声を 収集し続けることでBodygramのユーザビリティ・技術の進化につながります。 Bodygram導入企業 ショッピングアプリ、ショッピングサイト、小売店、フィットネス事業者、ヘルスケア事業者など、 自社のサービスにBodygramの採用アルゴリズムを組み込むことで独自サービスを展開するパートナー企業。 導入企業:クロスフィットみなとみらい・辻堂 3. Bodygramについて 「Bodygram」は、人工知能(AI)の学習機能を駆使して身体サイズを推定する先進技術です。 年齢・身長・体重・性別を入力し、服を着たまま、スマートフォンで正面と側面の2枚の写真を撮影するだけで被写体のボディラインを自動で検出し、腹囲・肩幅・手足の長さなど全身のサイズを推定できます。 これまで、アパレル業界やライフスタイル・ヘルスケアへの技術提供を行ってきました。 今後も様々な分野への展開を計画しています。 com 広報・PRご担当者様へ.

次の

CrossFit Nihombashi

クロス フィット 辻堂

皆さんは「クロスフィット」をご存知でしょうか。 日本ではクロスフィットトレーナーAYAさんのメディア人気なども相まって人気が高まっていますが、海外では世界大会が開かれるほど人気のトレーニング方法です。 今回はそのやり方を解説するとともに、自宅でも行える自重メニューをご紹介します。 関連記事: クロスフィットとは クロスフィット(クロスフィットトレーニング)は、特定の筋肉を刺激するウエイトトレーニングとは異なり、「ファンクショナルムーブメント」と呼ばれるカラダの連動性を高めるための動作を、高強度で行うトレーニングメソッドです。 簡単に言えば、歩く・走る・起き上がる・拾う・持ち上げる・押す・引く・跳ぶなど日常生活の動作をベースにしたエクササイズを、負荷を高めて行います。 クロスフィットの効果と特徴 クロスフィットは、全身を鍛えることを目的としたトレーニングです。 「心肺機能」「スタミナ」「筋力」「柔軟性」「パワー」「スピード」「連動性」「俊敏性」「バランス」「正確性」の10要素を総合的に鍛えていきます。 筋力向上・筋肥大など筋トレとしての効果やサーキットトレーニングのような脂肪燃焼効果をはじめ、バランス感覚、カラダの連動性などカラダを巧みに動かす能力を鍛えるのに効果的です。 見た目や筋力、持久力だけではなく、基礎体力全体の向上によって日常生活動作を楽にさせるためのトレーニングといえるでしょう。 近年クロスフィットが流行った背景は、その効果の高さだけではありません。 数人のグループで同じ目標を目指し、同じエクササイズをがんばる雰囲気や、お互い励まし合ってトレーニングを行う一体感も、人気のポイントとなっています。 自宅で行うクロスフィットトレーニングのポイント クロスフィットは専門のジムで行われているのが一般的です。 しかし自宅でも行えるメニューも少なくありません。 具体的に、自宅で取り組むためのやり方をご紹介します。 しかし自宅で行う場合、自分の体力やスケジュールに合わせて時間を変更してみましょう。 体力に自信のない方は、まず10分程度から始めてみてください。 体力がついてきたら時間を延ばしたり、エクササイズを追加して少しずつ負荷を高めていきましょう。 自宅でできるクロスフィットのトレーニングメニュー バーベルやダンベルなどの器具がなくても取り組める、オススメのエクササイズをご紹介します。 初心者の場合は、膝をついた姿勢でも構いません。 強度を高めるには手幅を広くしたワイドスタンスプッシュアップや手幅を狭くしたナロースタンスプッシュアップなど、体力に合わせて変化を加えてみましょう。 初心者の場合は、膝を浅く曲げて行うクォータースクワットを行ってみましょう。 強度を高めるにはフルスクワットのように可動域全体を使ったり、スクワットジャンプで瞬発的な筋力発揮を行うなど、やり方を調整してみてください。 さまざまな腹筋運動を交え、変化を加えて行いましょう。 関連記事:.

次の