乃木坂 きっかけ 歌詞。 きっかけ 乃木坂46 歌詞情報

乃木坂46の歌詞一覧リスト

乃木坂 きっかけ 歌詞

「きっかけ」が収録されているアルバム きっかけはシングル化されていないので、乃木坂46の2ndアルバム「それぞれの椅子」に収録されています。 ついに乃木坂の公式アカウントで 正式に「きっかけ」のPVとして発表されました! 歌詞はこんな感じ 大人の事情で自主削除しました〜。 コードパターンはおそらくjpopの王道であるカノンコードを使用した楽曲だと思いますが、それ以上に何かを感じさせる雰囲気を持った曲だと感じます。 なかなか言葉で表現するのは難しいんですが、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの絶妙なバランスや疾走感、最後の最後に入る「生きよう」という歌詞が当てられている部分のシンコペーションっぽい雰囲気などが「クオリティー高いなー!」って思わせる要因なんでしょうか? 詳しい人教えてください。 相変わらず比喩がお上手な秋元さん 私は音楽理論には詳しくないので早速歌詞の話をしていきたいと思います。 いつかの記事でも書きましたが、秋元さんは比喩表現の天才だと勝手に思っています。 実際、比喩的な情景描写でここまで綺麗な歌詞を書ける人は少なくないですか? まぁ他の人はどう感じるかは分かりませんが、純粋に凄いものは凄い。 私はそう感じます。 というワケで、「きっかけ」の中から幾つか気になる表現を抜粋してみたいと思います。 前の文を修飾する表現 まず歌い出しAメロ部分の「青信号が点滅して早歩きになる」から始まる部分の歌詞は私が読み取るに、 後ろの文に修飾される事で比喩的な表現に変わっていく一文だと感じます。 とはいえ、当然この一文にも比喩的な表現は使われています。 例えば、 早歩きという表現は「心の焦り」を表現した比喩。 それを「信号の点滅」が修飾しているので、より深く「焦り」を表現した意味の言葉になっているように感じます。 そして、信号の点滅に急かされ早歩きになるという 「心の焦り」を比喩的に表現した歌詞を、 「自分の意思には関係ない」と、まるで無秩序であるかの様な意味をもたせた歌詞で修飾しています。 極め付けはBメロ最後の「なんで焦ってるの?」などという客観的な視点の部分。 「あ、今までの歌詞は第三者の話だったんだ」 そんな印象を抱かせる締めになっており、心の焦りや自分の意思という表現をしておきながら、すべては第三者の話だったというオチ。 深読みするとすれば 「自分の人生なのに全く現実感がない」とでも言っておいたほうがいいのかな。 いい加減自分の人生に真剣になれよってことなんでしょうかね? 人間らしさを否定する歌詞 まだまだ面白い表現はたくさんありますよ。 例えば、横断歩道と心の信号をリンクさせながら表現している部分。 2番のAメロです。 ここも少し深読みすると、 「人生は二進法では生きていけない」そんな意味が込められてる感じがします。 特に信号機やスイッチなどは二進法を具現化したみたいなもんですから尚更です。 人生の中には右もあって左もある、上もあれば下もある、外があれば中もある、縦があれば横もある。 多様な選択肢があるが故にそれだけ悩みも多い。 そんな状況から逃げ出したい、人間やめたい。 大げさに言えばそんな感じでしょうか(笑 心理学的に言えば 、 自分の人生を信号機に投影してる感じですよね。 選択肢が少なければどれだけ人生楽なんだろうかって。 ただ、そこはさすが秋元さん。 次の歌詞、2番Bメロの「指示を待つのではなく自分の意思で踏み出したい」などと表現し、まるで人間の世界では数を数えるときに十進法を用いるんだぞーと言わんばかりに、 「信号の切り替えには左右されず常に自分の意思で人生は選びなさい。 何かきっかけがないと選択できないようではダメだぞー」 と、そんな意味が込められている歌詞が当てられています。 この部分は歌詞全体のコンセプトである「きっかけ」を強く印象付けるいい歌詞だと思います。 少しずれたんで最後に比喩的な歌詞を 少し比喩表現からはずれてしまったので、最後にもう一つだけ。 それは落ちサビの前のブロックの歌詞、「人混みに釣られるように自分の意思とは無関係に走り出す」などと表現されている部分です。 なんとなく歌詞の状況のイメージはつきますか? おそらく意味もなく周りに合わせてしまう状況を比喩的に表現した歌詞だと思います。 ここも心理学に通づる部分もありますよね。 心理学の領域では認知的不協和と呼ばれる現象があります。 具体的には、 周りの状況と自分の認識に差異がある時に生じるストレスを無意識下で回避しようとする現象のことです。 いわゆる、周りのみんなが手を挙げてるのに自分だけ手を挙げてない時に感じるあの感じです。 ただ、この曲の歌詞に関しては、 「その状況も受け入れなさい」 「自分は自分でいいんだ!」 そして、 「流されることに抵抗する」 と訴えかけ、人に流されて生きることの虚しさや儚さを表現すると共に、 歌詞全体のコンセプトである「きっかけ」を強く印象付ける歌詞になっているように感じます。 無秩序な世の中に焦らせれそうになっても、楽な二進法に流されそうになっても、周りがいきなり走り出しても、自分は自分だよ。 他人に自分の人生を委ねちゃいけないよ。 きっかけは人から与えられるものではなく、自分で見つけ出すものだぞ。 世間の流れに抗うことも時には必要だぞ。 最終的にはこんな感じで解釈できるんじゃないでしょうか? 実はサイレントマジョリティーに似てる ちなみに、この曲を初めて聴いた時から思っていたんですが、欅坂46の「サイレントマジョリティー」になんとなく似てる気がしませんか? と言っても、ほとんどの人は似てないって言います。 確かに曲の雰囲気とかは全然違いますもんね。 ただ、よーく聞いてみると意外な共通点が見つかるんですわ。 というわけで、私が似てるなーって感じるポイントを2点挙げてみますね。 1、サビが転調してる 私自身も音楽に深く精通しているわけではないので詳しくは分かりませんが、私の耳がおかしくなければ「きっかけ」も「サイレントマジョリティー」もサビが転調してます。 特に「サイレントマジョリティー」に関しては違和感がないくらいに綺麗に転調が決まっている感じがします。 ですので、転調が少しわかりにくいですよね。 でも、サビとメロの雰囲気がガラッと変わるのが分かると思うんです。 一方の「きっかけ」の転調は結構あからさまにやってますね(笑 ボーカルが「ウォー」とか「ハァー」って半音づつ音を上げながらサビに誘導している感じで。 そんでもってサビに入ると同時にドラムとベースが一気に疾走感を出してくるので、メロ部分とサビが全然違う印象になり、まるで別の曲に聞こえます。 というわけで、「サイマジョ」と「きっかけ」は2面性を持った楽曲という共通した部分があると感じています。 お互いいい曲だと思いますが、個人的に「きっかけ」は音楽的にもかなり高いクオリティーを思った曲だと思うんです。 まぁだから何だ?って話ですがw 2、歌詞が自己啓発チック 表現の仕方、曲調が違うのであんまり意識されない部分ではあると思いますが、歌詞の方向性は全体的に類似している部分が多いような印象です。 先ほども言いましたが「きっかけ」の歌詞で深い意味を持つ言葉は、 「流されてしまうことに抵抗すること」この一文がとても意味を持った歌詞だと感じています。 同じくサイレントマジョリティーも、 「やるべきことをやれ」「人に流されるな」「自分の事は自分で判断しろ」的なコンセプトを感じる歌詞です。 これを自己啓発というかは置いておいても、 両者の歌詞の方向性はかなり類似した部分が多いと思います。 秋元さん歌詞の方向性変えたんかな? サビ転調、自己啓発歌詞は売れる鉄板 サビ転調に関してはチャゲアスの「YAHYAHAYAH」、GReeeeNの「奇跡」などの有名曲も転調してます。 (多分 自己啓発系の歌詞は挙げたらキリがないくらい沢山あります。 例をあげるのがめんどくさいんで自分で調べてください笑 「自己啓発 歌詞」とかでググれば沢山出てくると思いますよ。 というわけで、自己啓発の歌詞+サビ転調がある「きっかけ」「サイレントマジョリティー」は必然的に売れる条件が揃っていると言えるわけです。 きっかけに関してはこの要素にプラスして「カノンコード」の進行になっているので、こうなると売れない理由が見つかりませんわ。 ちなみに、、、 乃木オタなら知ってて当然なんでしょうが、「きっかけ」と「君の名は希望」は作曲者が同じ人らしいですね。 確かに冒頭がピアノで始まったり、サビ以外は何処となく暗い印象、サビはちょっと明る印象を受けるなど、楽曲としての類似点は多い気がします。 ただ、「君の名は希望や」や「きっかけ」はイントロがピアノなので、てっきりピアノで作曲したのかなーと思っていたんですが、どうやら作曲者はギター奏者っぽいんですよね。 ということは、これらの曲はギターで作ったって事になるのかな? もしそうなら、ギター一本でこんな曲かけるなんてすごいですね。 これがプロか・・・・。 当初乃木坂46の曲についてはほとんど知らなかった私ですが、今ではランキングを付ける事ができるくらいにまで成長しましたよw 人って興味があるものに対する吸収力ってのは半端じゃないんですねw というわけで、乃木坂素人の私なりにオススメの曲を順位付けしてみたのでこちらも参照してくださいな。 まだ乃木坂の曲を全て聞いたわけではないですが、「きっかけ」に関しては乃木坂を代表する曲になってもおかしくない印象を受けました。 決してアイドルソングの王道ではないですが、とてもいい曲だと思います。 それに乃木坂46自体もすごく魅力的なグループだと思いますよ。 当然可愛い子たちが集まっている事も魅力の一つですが、彼女らの魅力はそれだけに尽きません。 OK、バブリー! 乃木オタの皆さん、どうもこんにちは。 新常です。 早いもので橋本さんが引退 乃木坂46のファンを勝手に増やそう計画 乃木オタの皆さんノギー! 非オタの人もノギー! みな 乃木坂46のバラエティー女王は誰だ?? どうも新常です。 最近はテレビで乃木坂メンバーを見る機会 会話って難しい 残暑が厳しいですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。 私は8月の終わりから風邪を 久々の歌詞分析をしてみます 乃木オタの皆さんお久しぶりです。 新常でございます。 最近織田 どうも。 最近怒涛の勢いで乃木坂関連の記事を書いている新常です。 このブログのコンセプトは「雑 乃木坂46の15枚目シングルの選抜メンバーが発表されました。 弱冠17歳ながら数万人規模の前に立ち 失くして気がつく偉大さ 乃木オタの皆さん調子は如何でしょう? 最近関東地方は晴れの日が続いてい なるほどーそういう風に歌詞を心理学的に解釈できるのですね。 私は〈哲学者〉秋元康が決定論に流されがちな現代人に向かって、自由意志論に立ち勇気を与えてくれる、考え方を変えさせてくれる、そういう風に解釈していました。 つまり、社会のレールに乗って行かなければ成功しない現代でそれに乗りそびれた、乗ることに違和感を感じる人たちが結局この世界は因果論的にできていて、この先は自分の決められることではない、この世界はこういう論理でできているので仕方ないと考えがちなところで、自由意志論に立ち返って、自分が持っている〈自由〉によって自分のいまは変えられる、もっと感情に素直になっていいのだと伝えようとしているのではないかと哲学的に考えました.

次の

きっかけ 乃木坂46 歌詞情報

乃木坂 きっかけ 歌詞

乃木坂46がMステで『きっかけ』を披露! 乃木坂46 乃木坂46は、6月10日放送のMステで『きっかけ』を披露するんですが、 「えっ?きっかけ?そんなんシングル出してたっけ?」 と思う人もいるんじゃないでしょうか。 『きっかけ』は、シングルではなく、2016年5月25日に発売されたセカンドアルバムの中の1曲なんです。 (CDの5曲目に収録されてるので、CD持ってる人は確認してくださいね) なので、『きっかけ』という曲を知らないという人がいてもあまり不思議じゃありません。 テレビなどの音楽番組では、多くがシングル曲を披露しています。 そのため、こういったアルバムの中の1曲が聞けるというのはちょっとレアな感じでファンとしては嬉しいところですね。 気になる『きっかけ』の選抜メンバーは? 乃木坂46 ファンとして気になるのは選抜メンバーですよね。 その気になる選抜メンバーはこちらです。 秋元真夏 生田絵梨花 生駒里奈 伊藤万理華 井上小百合 衛藤美彩 齋藤飛鳥 桜井玲香 白石麻衣 高山一実 西野七瀬 橋本奈々未 星野みなみ 堀未央奈 松村沙友理 若月佑美 はい、熱狂的なファンの方はすぐにわかると思いますが、14thシングル『ハルジオンが咲く頃』の選抜メンバーです。 深川麻衣さんも選抜メンバーなんですが、2016年6月16日に卒業することが決定しているので、今回のMステは不参加です。 察しがいい方はわかるかと思いますが、はい、14thシングルと同じです。 ということで、センターは深川麻衣さんなんですが、今回不参加ということで誰がセンターを務めるのか物議をかもしてます。 どうなるのか、放送が楽しみですね。 6月16日に深川麻衣さんが卒業するので、今回は不参加ということでちょっと残念ですね。 やっぱり卒業ってなんだか悲しいですね。 でも卒業は前に進むためのもの! いろんな噂も流れてますが、周りの雑音は気にせず、どんどん前に進んでいって欲しいです!• ドラマや映画が大好きな管理人です。 昔はその好きにトイレに行ったりとかしてたんですが、今はそのCMもおとなしく見てます。 というのも意外と面白いCMが多いんですよね~。 そんな中、昨今ガーナのCMにハマってしまいまして、また、そのガーナのCMに出演している女の子がかわいい! ということで、ガーナのCMに出演している3人の女の子の日々の活動をご紹介していきます。

次の

「乃木坂46」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

乃木坂 きっかけ 歌詞

『きっかけ』は乃木坂46の2ndアルバム『それぞれの椅子』に収録されている曲。 シングル化されていない曲でありながらも音楽番組では披露されている。 また、セブンイレブンのCMタイアップの曲でもある。 作詞作曲はそれぞれ秋元康さんと杉山勝彦さんが担当する。 『制服のマネキン』や『君の名は希望』なども同ペアが手掛けている。 YouTubeなどインターネットで放送されていた「乃木坂46時間TV」ではメンバーが協力してMVを作成しており、メンバーが自ら作った黒板アートにも注目してみてほしい。 この楽曲は信号機がキーになっている。 主人公である私は信号機に人生を照らし合わせ自分の意思で人生を決めていくことの重要さに気付く物語。 きっかけ ---------------- 交差点の途中で 不安になる あの信号 いつまで 青い色なんだろう? しかし、これは自分の「心の不安」を交差点を渡る人に投影している。 ここで信号機は自分を動かしてくれる「きっかけ」として機能している。 もちろんその信号機はポジティブなものではなく、自分の意思とは無関係に決めてしまう否定的なものとして解釈できる。 「いつの間にか少し早歩きになってた」というフレーズは、信号機が点滅することによって意思とは無関係に流されている様子を表した比喩表現である。 「きっかけ」である信号が点滅する、それにつられて早歩きになってしまうのは「場の空気に流されてしまう人」とこのように読み取れる。 きっかけがないと動けない世の中 ---------------- 自分の意思 関係ないように 誰も彼もみんな 一斉に走り出す 何に追われ焦るのか? 「客観的に見てる 私が嫌いだ」というフレーズで決定的ですね。 しかし、私は自分の意思関係なく走り出している人々を傍観しながらまるで自分のことのように感じている。 自分の意思とは無関係に交差点を渡る人を見て、何かきっかけがないと行動に移せない自分がいることに対して私はそんな自分は「嫌いだ」と言う。 ここで伝えたい事は、分かっていながらも外部からの「きっかけ」がないと行動に移せない人が多いことである。 その中の一人がこの曲の主人公である私なんですね。 信号機には「進め、注意、止まれ」の三つの意味がある。 たった三つしかないんですね。 しかし、人生って信号機のように単純に決められるようなものではない。 人生は多くの選択肢が存在し、自分の意思でその可能性を広げていくことができる。 数ある選択肢を選ぶのは、他でもない自分だ。 しかし、日本人はその場の空気に流されやすいとよく聞く。 何か1つのことを選ぶことすら躊躇してしまうことが多いなかで、「流されてしまうことに抵抗しながら自分の意思で選択する」ことの重要性を歌っている。 この曲を通して改めて自分の意思で人生を切り開いていくことが大切だと考えさせられた。 周りに流されることなく自分の意思を持って生きる『きっかけ』になる楽曲だ。 TEXT 川崎龍也.

次の