ゲール ノート ツァイ ツラー 3cf。 アイスランドツアーに関する一覧

ドイツ人名・男性名 A~Z: Mt.Erech Ave.

ゲール ノート ツァイ ツラー 3cf

経歴 [ ] ドイツ西部の工業都市で生まれる。 後に父親を亡くし卒業後はペンキ職人見習いを務めていた。 一方で地元のサッカークラブのやでとしてプレーを続け、1960年には西ドイツ五輪代表に選出され、一定の評価を得た。 1963年にが創設されるととプロ契約を結びレギュラーとして活躍。 1965年にに移籍した後、膝の怪我のために現役を引退した。 ブンデスリーガ通算201試合に出場22得点を記録した。 選手キャリアの晩年に差し掛かった頃から指導者を目指してサッカー指導者養成コースで学び1970年にライセンスを取得。 1974-75シーズンにの監督に就任したのを皮切りに監督として数クラブの指揮を執ったが、時代の1977-78シーズンの戦では0-12と大敗 を喫するなど多くの結果を残す事は出来ずにいた。 1981年にの監督に就任。 有能な若手選手やベテラン選手を集めて常に優勝を争えるチームへと育て上げた。 1995年に監督を退任するまでの14シーズンの長きに渡って指揮を執り、ブンデスリーガ優勝2回(1987-88シーズン、1994-95シーズン)、優勝1回(1991-92シーズン)を成し遂げるなど監督としての評価を高めていった。 ブレーメンで成功を収めたレーハーゲルは1995年にの監督に就任したが、レーハーゲルの志向する「個人がチームの為に戦う」スタイルは、やらのスター選手を数多く擁するバイエルンでは発揮できず、決勝直前にクラブ首脳陣との対立もあって監督を退任した。 1996年、の監督に就任。 当時2部リーグに降格していたチームを1部に復帰させると1997-98シーズンにはブンデスリーガ2部から昇格したばかりのクラブを優勝させるという離れ業もなし遂げるなど、2000年まで指揮を執った。 レーハーゲルは選手と監督を通じて唯一ブンデスリーガにおいて1,000試合以上に携わっており、通算387勝205分228敗はいずれも最多記録である。 より監督に就任。 では初戦の戦と第2戦の戦で連敗する苦しいスタートとなったが、ここから6連勝して予選を突破し以来となる本大会出場を果たした。 2004年の前も下馬評は低かった が代表チームをまとめ上げ、マンツーマンディフェンスと後方にスイーパーを置く堅固な守備からのカウンター攻撃で開催国のや前回優勝国のといった強豪国を次々と破り同国を初優勝に導いた。 この手腕は評価され、 DFB から年俸250万ユーロで監督就任を打診され、副会長のが直接説得にあたったが、「3年間かけて欧州王者に育てたチームを離れるわけにはいかない」と、この申し出を断った。 その後はへの出場やの連覇は逃したが、ではプレーオフの末に3度目の本大会出場を果たした。 では71歳10ヶ月でチームの指揮をとったが、これは全32チーム中最年長であった。 2010年6月17日に行われたグループリーグ第2戦の戦でギリシャワールドカップ初勝利をもたらすと共に、ワールドカップで勝利を上げた最高齢監督にもなった。 しかし1勝2敗勝ち点3の成績でグループリーグ敗退が決まると、監督を辞任した。 ギリシャ代表監督としての通算成績は106試合で53勝23分け30敗。 2012年2月19日にブンデスリーガのの監督にシーズン限りの契約で就任した。 チームは入れ替え戦に廻り敗れたため、契約通り退任することとなった。 獲得タイトル [ ] 監督時代 [ ] フォルトゥナ・デュッセルドルフ• 優勝 1回(1980年) ヴェルダー・ブレーメン• 優勝 1回(1992年)• 優勝 2回(1988年、1993年)• 優勝 2回 (1991年、1994年) 1. FCカイザースラウテルン• 優勝 1回(1998年) ギリシャ代表• 優勝 1回(2004年) 個人 [ ]• (2005年) 脚注 [ ]• 不明-1963• 1963-1968• 1968-1970• 1970-1975• 1975-1977• 1977-1979• 1979-1983• 1983• 1983-1987• 1987-1991• 1991-1992• 1992-1993• 1993-1994• 1994-1995• 1995-1996• 1996• 1996-1998• 1998-2004• 2004-2007• 2007-2008• 2008-2009• 2009• 2009-2011• 2011• 2011-2013• 2013-2016• 2016-2017• 2017• 2017-2018• 2018-2019• 2019-• () 1961-1964• () 1964• ヘルマン・エッペンホフ 1964-1965• () 1965-1966• () 1966-1968• () 1968• () 1968-1969• () 1969-1970• () 1970-1971• () 1972-1973• デトレフ・ブリュッゲマン 1973• () 1973• () 1973-1974• () 1974• () 1974-1976• () 1976• 1976-1978• () 1978-1979• () 1979• 1979-1981• () 1981• () 1981-1982• () 1982-1983• ヘルムート・ヴィッテ 1983• ウリ・マスロ 1983• ヘルムート・ヴィッテ 1983• () 1983• () 1983-1984• () 1984• () 1984• 1984-1985• () 1985-1986• ラインハルト・ザフティヒ 1986-1988• 1988-1991• 1991-1997• 1997-1998• 1998-2000. () 2000. 2-2000. ウド・ラテック 2000. 4-2000. 2000. 7-2004• 2004-2006. () 2006. 12-2007. 2007. 3-2008. 2008. 5-2015. 2015. 7-2017. 2017. 6-2017. 2017. 12-2018. 2018.

次の

【最強監督まとめ】ウイイレアプリ2020の監督一覧!評価・フォーメーション・戦術まで全網羅!

ゲール ノート ツァイ ツラー 3cf

ウイイレアプリ2020:監督最強ランキング(使用感)<随時更新> ウイイレアプリ2020皆さんは監督選びどうしていますか? 2019と比べてだいぶ使用感が変わってきちゃったんで、どの監督にすればいいか分かりませんね! 個人的には中央攻撃が強い印象があるので2トップがおすすめですね。 まだまだ色々と分かってくることもあるので随時ランキングを変動しようと思います。 とりあえず10人の選手を選んでみました。 特徴的なフォーメーションの監督を選んでみました!! 選考ポイントはいつもどおり以下に設定しています。 攻撃力• 守備力• 使用感• 楽しさ• 逆転力 それではまずは10位から。 第13位:ゲールノート・ツアィツラー(4-3-3) 選考ポイント• 他には以下の監督がいます。 セルジオ・コンセイソン (おすすめ)• チム・ピッシア (おすすめ)• ベシーノ・ビバンコ• カルロス・カルヴァリャル 選考ポイント• マネジメント能力だとハミロ・アメリカーノがおすすめですが、フォメの形は大槻毅がFWが近くておすすめ。 ハミロ・アメリカーノ(780)• 片野坂知宏(650) 選考ポイント• 戦術が少しずつ変わってくるのでより良い監督がいたら変更していきます。 4-3-3(中央フラット)監督 監督名 マネジメント能力 ゲールノート・ツァイツラー 910 セシリオ・トゥナル 830 ジャニオ・カント 820 イヴ・ファンデルヘーゲ 730 ジャラル・ビン・ファウジ 720 ロベルト・プロシネツキ 710 4-3-3(中央V字型)監督 これが一番多いですね。 ランキングさせてません。 監督名 マネジメント能力 ファビオ・カンナバーロ 700 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 とりあえずランキングだけです。 監督ごとの詳細なレビューは後で追加します。 今後も随時ランキングは見直していきたいと思います。 今回は急に4-2-4と3-2-2-3(3CFタイプ)が登場したのでランキングさせてみました。 4-2-4のブリジド・アルカ監督は本当に攻撃しやすいのでおすすめです。

次の

ヨーゼフ・シゲティ

ゲール ノート ツァイ ツラー 3cf

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 今日はウイイレアプリ2020に 搭載されている監督を、評価が最高評価点が上位の監督から順番にトップ20名をピックアップしました。 評価4点の割合が高い順にランキング形式で書いていきます。 同数の場合は、評価3点の割合が高い方が上位です。 評価点とは、当サイトのTwitterアカウントの投票機能でを使い、各選手を評価点4点〜1点でユーザーのみなさんに評価してもらったものです。 評価4点が最高点で、評価1点が最低点です。 是非監督選びの参考にしてみて下さい。 また、このランキングは 新しい監督が搭載されるごとに随時更新予定です。 あとで読んでほしい監督記事• ルイス・アルベルト・ロマン グアルディオラ.

次の