石橋 ひ いろ。 【アート】久留米・石橋美術館が60年の歴史に幕 青木繁「海の幸」などブリヂストン創業者が集めた至極のコレクションをじっくりと…(3/4ページ)

マンドリンで学ぶ!コードのいろは①【メジャー】

石橋 ひ いろ

が意外と反響があり、みなさんのマンドリンコードに対する関心が伺えました。 一方、あの企画はそもそも単純に個人競技としてコードを綴っていくだけで、初心者にわかりやすいコードを紹介するコンセプトではありませんでした。 そのため、複雑でわかりにくいと感じられた方も少なくなかったようです。 そこで、マンドリンを使って、コードというものを一から紐解いていこうと思います。 コードは覚えるものではなく、作るものだ! あえて最初に釘をさすようなことを書きますが、コードを知ったからといって、直ちに曲が書けるようになるわけではありません。 コードは決して万能ではありません。 しかし、コード、またはその進行を学ぶ過程で、新しい発見が必ず生まれると思います。 その発見は、色んな事に応用できるはずです。 ここでは、コード表を示して順番に説明していく方法は、とりません。 急がば回れ、という言葉があります。 コードの構造を知り、自分でコードを作るプロセスこそが、大事だと思います。 それでは、簡単なコードから順番に、一緒に作っていきましょう。 パズルみたいなものです。 ドミソ。 まずはドミソです。 これをマンドリンで弾いてみましょう。 ドが一番低音にあって、ドとミとソの音が入ったコードを作ればいいのです。 一番低音の音をベース音と言います。 ベース音のドは4弦の第5フレットにしましょう。 では3弦は、どの音を担当するのが良いでしょうか? 第2フレットのミか第5フレットのソの2択ですね。 ここでは第5フレットのソを選んでみましょう。 4弦3弦のセーハですね、ちょっと慣れが必要ですが、がんばって押さえましょう。 こうなってくると、あとは自然に決まって来ます。 2弦は第10フレットのソ・・・はきついので、第7フレットのミを押さえます。 最後に1弦は、これはもう第8フレットのドしかないですね。 これで、ジャラーンと鳴らしてみてください。 はい、これがCメジャーです。 ドミソのシーメジャーです。 CMajと書いたり、Cだけで表記されたりすることもあります。 同じCメジャーでも、他の押さえ方はたくさんありますが、まずこれを指に馴染ませましょう。 他のコードに流用できる。 ドミソのCメジャーのコードの一つをご紹介しました。 ここで大事なのは、ベース音がドの音になっていることです。 上で紹介したコードをただのCメジャーのコードとしてではなく、 『ベース音がドのメジャーコード』として認識してみましょう。 それでは、ベース音がラのメジャーコードは? そうです、指の形はそのままで、ズズズッと人差し指を第二フレットのラまでずらしてやるのです。 これで、 『ベース音がラのメジャーコード』ができましたね。 これはなんと言うコードでしょう? さっきのはベース音がド(C)だったので、Cメジャー。 今度のはベース音がラ(A)なので、Aメジャーです。 コードを自分で調合する楽しみを。 このように、一つのコードを学べば、他のコードを自分で作れるというわけです。 コードの名前なんて、初めはどうでも良いです。 直感に任せて、音を少しずつ変化させていく楽しみを覚えていただければ幸いです。 次回は、マイナーコードについて書きます。

次の

石橋陽彩(いしばしひいろ)オフィシャルサイト

石橋 ひ いろ

はメジャーコードの中で、もっとも応用のきくものを一つご紹介しました。 メジャーの次は、もちろんマイナー! というわけで今回は マイナーコードについて説明します。 メジャーとマイナーの違いは紙一重! メジャーとマイナーは何が違うのでしょう? 実際に耳にすると、メジャーが明るい感じ、マイナーが暗い感じに聴こえると思います。 上の音源がメジャーコード、下の音源がマイナーコードです。 違いがはっきりしていますね。 しかし、実は メジャーコードとマイナーコードの違いは、本当に紙一重なのです。 前回説明したCメジャーコードは、上の図が示すように ド C ・ミ E ・ソ G で構成されています。 では、マイナーの場合の構成音はどうなっているのでしょうか? 実は、真ん中の ミの音を半音下げるだけで、Cマイナーコードになるのです。 家に鍵盤のある方は、実際に響きの違いを試してみてみてください。 当然、コードフォームもよく似ている! CメジャーをCマイナーにするには、ドとソは残留、ミだけを半音下げれば良いわけです。 ここで、前回のおさらいです。 メジャーコードの形を思い出してみましょう。 4弦から1弦に向かって、ド C -ソ G -ミ E -ド C でしたね。 ということは、4弦3弦1弦はそのままで、 2弦のミだけを半音下げれば良いわけです。 するとこんな感じのフォームになります。 これが Cm(Cマイナー)です。 マイナーのmは小文字で書いてくださいね。 大文字で書くとメジャーのMになってしまいます。 さて、あとは前回と同じで、色々と応用してみましょう。 フォームを保ったまま、ベース音(ここでは4弦のC)を移動すると、違うマイナーコードが誕生します。 例えば、人差し指をラのところまで持ってくると、Am(Aマイナー)の出来上がりです! メジャーとマイナーがあれば、大抵の事はなんとかなる?! コードの基本、メジャーコードとマイナーコードさえあればなんとかなる場合も多いのが事実です。 メジャーでもマイナーでもないコードが存在しますが、まずはメジャーとマイナーに慣れていきましょう! 次回はこの2本軸、メジャーコードとマイナーコードを少しオシャレにドレスアップしてみたいと思います。

次の

長野氏の美術館訪問記

石橋 ひ いろ

撮影は「にっぽん泥棒物語」の仲沢半次郎。 1965年製作/87分/日本 原題:Night Hunter 配給:東映 ストーリー グランドバー「テルミー」のバーテン・徹は、先に来て友人を待つ銀行員・明代を巧みに騙して帰らせると、遅れて来た洋裁学院の生徒・カヅ子を口説きおとして、その夜ホテルで一夜を共にした。 翌日、徹にあやつられて再度「テルミー」を訪れた明代には薬を使ってベッドに連れこんだ。 この夜を境にカヅ子も、明代も徹との結婚生活を夢見るようになった。 だが徹には、六年間も同棲生活をする女給・華江がいた。 徹にとって、カヅ子も明代もただのゆきずりの女にしかすぎなかったのだ。 徹はまず、明代の貯金に眼をつけ、銀行を訪れて、結婚資金と偽り二十五万円を持ち出した。 また店の上客・河本からカヅ子の紹介を頼まれた徹は、早速カヅ子のアパートを訪れた。 が、そこには思いがけなく上京したばかりの、カヅ子の妹・はつえが居た。 はつえは自から徹の腕に抱かれた。 そんな時、カヅ子が帰ってきて大混乱。 仕方なく徹は、はつえを故郷に帰した。 数日後、徹はカヅ子を欺き、河本の居るホテルに送りこんだ。 が、これを見ていた地廻りの暴力に徹は、重傷を負った。 入院した徹を見舞ったカヅ子は、そこで初めて華江の存在を知った。 華江は入院費も出せないカヅ子をなじった。 退院後、徹と同棲するようになったカヅ子は、徹のために自ら身体を売った。 が、それもつかの間カヅ子は現行犯で刑事に逮捕された。 参考人として呼ばれた徹も河本もカヅ子に冷たかった。 田舎から再び上京してきたはつえはそんな徹を激しく憎んだ。 そしてある日、はつえに呼び出されて店の前にたった徹は、はつえが必死に突きだしたメスに刺され、その場にくずれ落ちた。 けたたましいサイレンを後に、釈放されたカヅ子は、ひっそりと闇の中に消えていった。

次の