お茶 aa。 モナーの看板やお茶出しAA

【顔文字】 生活 − 飲食

お茶 aa

オチャイル? アガリイッチョウ!! オマチ!! バシャ! オチャカエシ! ・o /ミ >o< 「アチーッ!! ゴラァ!! ドケ!! 、アチィー!! ヌルイ! オチャキック! >< マズーイ! もう一杯!! ヌルイ!! :ギャー スカッ! カラィィイイ!! アーンシテ! oO,,ヒック!! ポカッ!!

次の

無茶しやがって

お茶 aa

30数年の中国茶人生の結晶 「体がふわりと宙に浮いた。 いや、そんな感じがしたのだ。 …(中略)…鳳(おおとり)の背に乗っているような、この世のことかと怪しい不思議で愉快な感覚に、脳か体かはわからないが、満たされていったのだった」 著者は希少な烏龍(ウーロン)茶である「岩茶」を初めて飲んだときの神秘的な体験をこう綴る。 1984年春、中国福建省の北西部に位置する武夷山(ぶいさん)を訪ねたときのことだ。 これがきっかけとなって中国茶にのめり込んだ。 88年には都内で日中文化交流サロン「岩茶房」を開店した。 毎年のように中国各地に旅し、数え切れないほどの名茶を飲んできた。 「人は良いお茶に酔う。 三十数年間のわたしの人体実験結果である」。 何度も茶酔を体験した著書は、「茶の力」が中国の思想や歴史に与えた影響やエピソードを著名な人物や漢詩を引用しながら縦横に語る。 本書は半生を懸けた中国茶人生の結晶である。 特別な烏龍茶「岩茶」に心酔 茶は中国古代の神話上の農業神、神農(しんのう)が発見したとされる。 茶を飲料とし、茶樹を栽培したのも中国から始まった。 茶の種類は星の数ほど多い。 一説には5千以上ともいわれる。 産地や形状、水色(抽出したときの色)、味、香りはひとつひとつ違う。 茶はどれもツバキ科の茶樹(学名カメリア・シネンシス)の葉が原料。 中国では、茶葉の発酵の度合いによって緑茶、青茶(烏龍茶)、黄茶、白茶、黒茶(プーアル茶)、紅茶の六つに大きく分類される。 緑茶は茶葉を摘んですぐに蒸したり、釜炒りしたりして熱を加え、茶葉に含まれる酵素の働きを止める不発酵茶である。 白茶は微発酵、青茶は半発酵、紅茶は完全発酵だ。 黄茶と黒茶は、緑茶を発酵させた「後発酵茶」と呼ばれる。 黄茶は緑茶に近い軽度の後発酵、独特の風味を持つ黒茶はコウジカビによる後発酵を施している。 著者が心酔する岩茶は、六大茶類のうち青茶、すなわち烏龍茶の一種だが、特別のものだ。 武夷山の特産で、武夷岩茶とも呼ばれる。 岩茶の最大の特徴は「岩韵(がんいん)」があること。 岩韵(岩韻)とは、武夷山の風化した岩肌の養分(ミネラル)を吸収した茶葉が抽出されたときに醸し出す味と香り。 後味と残り香の余韻も独特だ。 「三十六峰九十九岩」の異名がある武夷山は大小135の奇峰と奇岩が連なる山系である。 恐竜が繁栄した白亜紀の地殻変動により上昇し、形成されたという。 「岩茶には、太古の岩のミネラルが奏でる複雑でかぐわしい味と香りがシンフォニーのように重層的に響き合っている魅力がなければならないという。 これが岩韵。 岩韵は、人の肉体と精神に良い影響をもたらす重要な味であり、香りなのだ」.

次の

【書評】“茶酔”の境地に至る:佐野典代著『ものがたり 茶と中国の思想――三千年の歴史を茶が変えた』(gma.polarbottle.com)

お茶 aa

::::;;:... i ヾ l  ̄... ::;:;;;彡j:::::::::::::::....... 丶 ト ,. ' ' `、 ヽ、.. ::::;;;ジ. :::::::::::::::::::::: ,'.  ̄ ̄ ,, -'''". 駲刪櫑躪. 膚順棚斷. ' , ;::::::::::::... ::::::::.... i ヽ、... :::::::::! ::::::::::::... ヽ、 ,: '.

次の