尿 検査 潜血 プラス マイナス。 尿潜血の原因は?プラスマイナス値って何?陽性が出たときの対処法

尿潜血がプラスマイナス?健康診断で引っ掛かった!これって病気?原因は?

尿 検査 潜血 プラス マイナス

ちなみに、この出血となる原因として、以下のような病気が挙げられます。 腎腫瘍• 多発性嚢胞腎• 腎結核• 腎結石• 腎外傷• 腎梗塞• 尿管炎• 尿管腫瘍• 尿管結石• 膀胱炎• 膀胱結石• 膀胱腫瘍• 前立腺肥大(男性の場合)• 前立腺炎(男性の場合)• 前立腺結石(男性の場合)• 前立腺腫瘍(男性の場合)• 尿道炎• 尿道結石• 尿道腫瘍 などが挙げられますが、これら以外にも腎臓や泌尿器以外の 癌などによっても出血することがあります 2)。 女性の場合の注意点 女性の場合は 月経や 不正出血などによって尿潜血が見られる(偽陽性となる)こともあり、一時的なものか病的なものかを調べるには、再検査や尿沈渣というさらなる検査が必要です。

次の

尿潜血いつも陽性?!§2 血尿が症状となる良性疾患

尿 検査 潜血 プラス マイナス

尿蛋白がプラスマイナスと表示されたら健康状態は良くない可能性が! 冒頭でもふれましたが、尿検査で尿蛋白がプラスマイナスと表示されることがあります。 初めて見た方は、マイナスが陰性で、プラスが陽性だから、プラスマイナスは・・・?と迷ってしまうと思います。 尿蛋白やプラスマイナスの表示とはいったいどういうものなのでしょうか? 尿蛋白とは? 尿蛋白というのは、その名の通り、尿に含まれるタンパク質のことです。 腎臓は血液をろ過して、必要のない老廃物を尿として排出しています。 このとき、タンパク質は体に必要な物質のため尿ではなく血液に戻されなければなりません。 しかし、腎臓がうまく機能しないと、タンパク質まで尿として排出されてしまうのです。 尿蛋白がプラスマイナスの意味は? 一般的に尿検査は、採取した尿を試験紙に垂らし、試験紙の色の変化で陰性か陽性を判断します。 つまり、 プラスマイナスとは陽性が疑われる状態と言えます。 再検査は必要 尿蛋白の検査結果でプラスマイナスがでたらどうしたらいいのでしょうか? 陽性の疑いがある程度なら、再検査の必要はないと、自己判断をしてしまうのは危険です。 もしかしたら腎臓病などの病気が潜んでいる可能性があります。 なので、 再検査は必ず行ってください。 ただ、再検査を行う際に注意したいことがあります。 激しい運動や入浴後、発熱時、月経前後は尿蛋白が出やすくなります。 その為、再検査のタイミングは激しい運動や入浴後、発熱時や月経前後の時期をさけるのがよいでしょう。 尿蛋白の原因 しかし、どうして尿からタンパク質が出てしまうのでしょうか? 尿からタンパク質がでる原因は大きく一過性のものと病的なものに分けられます。 それぞれについてみていきましょう! 一過性のもの(「生理的蛋白尿」や「機能的蛋白尿」と呼ばれます)• 腎臓より前の部分に問題がある場合• 腎臓に問題がある場合• 腎臓より後の部分に問題 がある場合の3つのパターンにわかれます。 糸球体性蛋白尿 糸球体に異常が生じ、本来通ることができない大きなタンパク質が糸球体を通過してしまうのが原因でおこる蛋白尿• 尿細管性蛋白尿 尿細管で再吸収されるはずの小さなタンパク質を再吸収することができなくなるのが原因でおこる蛋白尿• 腎後性蛋白尿 前立腺や膀胱など腎臓よりも後にくる臓器が原因で出る蛋白尿です。 血液、粘膜などが尿に混入してタンパク質が尿に現れます。 尿蛋白がでる原因もさまざまなんです。 病気が原因なものと一過性のものがあり、病気が原因だとしても、腎臓の病気だけが原因とは限らないんですね。 参考:• 肥満症• 高血圧• 糖尿病• 膠原病など 尿蛋白がでるだけでこんなにたくさんの病気の可能性があるんですね。 怖い病名も並んでいて、再検査にいくのも億劫になってしまいそうですが、もし、プラスマイナスと表示されてしまっても、早めに受診されてくださいね。 参考: 尿蛋白を改善する対処法 それでは、どのように尿蛋白を改善したらよいのでしょうか? ポイントは食事、運動、ストレスです! 食事 尿蛋白を改善する対処法ですが、まずは食事面から何がよくて、何がよくないのかまとめてみました。 まず腎臓によい栄養素ですが、ずばりオルニチンです! オルニチンは肝臓によいイメージがありますが、実は腎臓にいいいんですよ。 オルニチンを含む食べ物には以下のものがあります。 しめじ• えのき• えりんぎ• まいたけ• シジミ• チーズ• ヒラメ• キハダマグロなど きのこ類に多く含まれているんですね! タンパク質 また、 摂りすぎに気を付けたいのはタンパク質、塩分です。 たんぱく質は代謝するときに老廃物がでます。 そのため、タンパク質を取りすぎると血液中の老廃物が増えてしまい腎臓に負担がかかります。 肉、魚、卵、乳製品、大豆製品はタンパク質が多いから取りすぎに注意してくださいね。 しかし、あまりに、たんぱく質を制限するとエネルギー不足になるため、炭水化物や脂質でエネルギーをとるといいですよ。 塩分 塩分もとりすぎると、ナトリウムをろ過する腎臓には大きな負担がかかります。 厚生労働省ではナトリウム(食塩相当量)を18歳以上の男性で一日8g未満、女性で7g未満を目標値としています。 味噌汁一杯で塩分約1. 5gほどありますので、油断してしまうと簡単に超えてしまいますので注意が必要ですね。 適度な運動 適度な運動をすると血液の循環がよくなります。 血液の循環がよくなると腎臓の機能が向上します。 しかし、激しすぎる運動をし大量に汗をかいても水分補給をしないと、尿が濃くなってしまい尿蛋白の原因になってしまいます。 適度な運動をきちんと水分補給をしながら行ってくださいね。 ストレス ストレスや過労で腎機能が低下してしまい、尿蛋白が出てきやすくなることがあるようです。 質の良い睡眠をとったり、ゆっくりとお風呂に入ったり、ストレスをためすぎない生活をこころがけるといいかもしれませんね。 参考: まとめ 尿蛋白は腎臓がうまく機能しなくなることによってでてしまいます。 尿検査の結果、陰性と陽性以外にプラスマイナスと表示されることがあり、陽性が疑われるという意味です。 プラスマイナスと表示されても重大な病気の可能性もありますので、必ず再検査を受けに行きましょう。 尿蛋白を改善するためには食事面の改善、適度な運動をすること、ストレスを感じにくい生活をすることが大切です。 参考:血 カテゴリー•

次の

尿潜血・タンパク尿が出たら透析が必要になっちゃうんですか?

尿 検査 潜血 プラス マイナス

何度も同じ結果なら要検査 尿蛋白の再検査で腎臓の病気が見つかるというケースも少なくありません。 尿の再検査をする場合は尿たんぱく以外に、尿糖・尿ウロビリノーゲンなどの腎臓機能に関する数値の検査を行い、その数値によってさらにCTやMRI、超音波検査などの精密検査が実施されます。 腎臓機能の低下による病気に急性腎炎や慢性腎炎、慢性糸球体腎炎、腎盂腎炎などの腎臓の病気や尿管結石、膀胱炎、尿道炎などの腎臓と尿管の限定された病気の可能性があります。 または、肥満症や高血圧、糖尿病などによる病気の1つの症状として腎機能が衰えるというケースもあるということです。 プラスになる原因は? 生理的蛋白尿 尿蛋白の量は病気だけが原因ではなく、 妊娠中などは血液の量が増加しているので腎臓に負担がかかり通常の状態よりは 陽性の反応が出やすいということがあります。 健康な状態ではほとんど尿蛋白が下りる事はありませんが、妊娠中や 激しい運動のした後、生理前や風邪などで高熱を出したと気なのは 生理的に蛋白の量が増える事があります。 この時点での尿蛋白についてはあまり問題にはならないということですが、何度も続けて検査に陽性反応があれば、やはり再検査で腎機能の検査を受ける事が望ましいと言えます。 病的尿蛋白 尿に蛋白が下りる原因には 腎臓の処理能力を超えてしまって蛋白がこし出されてしまった場合 腎臓に異常があり蛋白が漏れてしまう場合、または 尿路結石や膀胱炎、月経血の混入などがあります。 妊娠中でもなく運動後でもない場合は腎臓機能の低下による尿たんぱくの疑いが有り、病的なものが関係していると考えられます、 腎臓や尿管などの障害が有る場合もあるので尿の再検査と血液検査等で腎機能の検査を受ける事が大切です。 プラスになるとどうなる? 妊婦さんの場合 妊娠以前より多くの血液をろ過しなくてはならないので腎臓への具負担はかなりのものとなります。 当然腎機能の低下につながり尿蛋白の陽性の結果が出やすくなります。 妊婦さんが高血圧を発症することを妊娠高血圧症候群といいます。 以前は妊娠中毒症と言われていましたが、高血圧と尿蛋白を認める場合は妊娠高血圧腎症に分類されます。 幼児の場合 子供に多い腎臓病は急性腎炎と慢性腎炎がありますが、この2つに共通するものはむくみです。 血液の成分調整がうまくできない為に起こる症状ですが、尿蛋白とともにむくみがあるようならしっかりと検査を受ける事が大切です。 また赤ちゃんに多い尿路感染については生まれつき尿管に異常が有る場合もあるのでこちらもしっかりとお医者さんに相談して検査を受けることをお勧めします。 男性の場合 男性の尿蛋白にみられる原因の多くに 糖尿病性腎症があります。 糖尿病の合併症の1つです。 また、腎硬化症などは 高血圧が続くことにより糸球体への強い圧力がかかり糸球体の障害が起き腎機能が低下していく病気もあります。 同じように脂質異常症も動脈硬化によって糸球体の血流が悪くなります こういった病気になると持続的に尿蛋白を認められることが多く、進行すれば人工透析や腎移植などを必要とする場合もあるので普段からの生活習慣に気をつけることが必要です。 プラスの改善方法は? 塩分を控える 糖分を控える 糖分を控える ストレスを溜めない 尿蛋白の検査結果がプラスマイナス(擬陽性)と出たら再検査をすることが大事です。 特に心配される数値ではないものの、危険な病気が潜んでいる場合もあります。 経過観察で数週間あけて再検査をすることがお勧めです。 特に妊婦さんは尿蛋白が出やすいのでプラスマイナスだからと安心していてはいけません。 擬陽性も持続的に続けば腎臓に負担がかかっていることも考えられます。 定期的に検査をして尿蛋白の数値を管理することをお勧めします。 引用元 __________________ 尿潜血って何の病気なの?尿潜血になったら知っておきたい原因と症状 尿潜血検査は血尿などとはちがい、異常が分かりにくく、何も症状が出ていなくても、検診結果で陽性と出てしまうので、驚かれる方も多いと思います。 症状がでないからこそ、病院で確認する必要があります。 尿潜血って? 尿検査でわかること 健康診断や、クリニックなどで初診でかかる場合など、おしっこを紙コップにだして、提出することがあります。 尿たんぱく・・・腎機能が低下していると、身体に吸収されるはずのたんぱく質が腎臓から漏れて出てきます。 糖尿病の方や、甲状腺機能亢進症、腎性糖尿でも陽性が出ます。 尿路結石、膀胱炎、糸球体腎炎などで陽性と出ることが多いそうです。 女性の場合、病気でなくても陽性になる確率が高いです。 しかも、そのほとんどの方は治療の必要はなく経過観察を続けるだけになるそうです。 また、残る7割の方、実は精密検査をおこなっても「異常なし」だったんです。 すぐに重大な病気になるということは少ないのです! ですが、また反対に膀胱がんや腎臓がんなどが発見されるケースがあるのも確かなのです。 特に多くありがちな陽性となりうる原因 細菌感染などの炎症 尿潜血反応で陽性が出る原因のひとつとして、細菌感染などで起こる炎症は、例えば男性よりも女性に多いという「膀胱炎」や、性交渉などがきっかけで、細菌が尿道の入口から尿道内に感染するという「尿道炎」、他にも「前立腺炎」や「腎盂腎炎」などがあります。 こういった細菌感染などの炎症が原因の場合、一般的には排尿後に痛みがあったり、尿が濁ったり、腰や背中が痛くなる、熱が出るなど、尿潜血以外の症状が出ることが多いと言われています。 尿路のがん 尿潜血の陽性反応は、尿路にできるがんを総称した「尿路のがん」が原因の場合もあります。 膀胱がん 膀胱は下腹部にある、尿を溜めて排出する働きを持つ臓器で、そこにできる腫瘍を膀胱腫瘍と呼びます。 膀胱の内部にできる腫瘍は、90%以上が悪性のもの、つまりがんだと言われています。 早期に発見されるため、胃がんと同じようにお腹を切らずに行う、内視鏡手術によって切除が可能とされています。 症状として最も多いのは尿潜血や血尿で、それも痛みなど、血尿以外の症状がないものが多く、更に膀胱がんの場合、毎回血尿が出るとは限らないようです。 尿潜血の次に行う精密検査ってなに? 1. 再度、尿検査を行う 2. 尿細胞診を行います。 超音波検査を行います 尿潜血のまとめ 尿潜血で陽性と判定され、再検査で不安になっている方も多いと思いますが、尿検査で陰性がでても、ただたんにその時だけ、出血がなかっただけで、本当は病気が隠れていた、なんて人もいます。 その人は、また次の検診まで、尿を検査する機会はないので、悪化してしまう恐れがあるのです。 ご自身の身体をいたわってあげられるいい機会です。 病院を受診し、一度、再検査をうけてみてください。

次の