離乳食 お茶 いつから。 赤ちゃんにアイスはいつから?アレルギーに注意!?市販のおすすめや手作りレシピご紹介!

【いつからOK?】離乳食の飲み物類(緑茶・ウーロン茶・ココア・ジュース…)

離乳食 お茶 いつから

赤ちゃんにお茶はいつからOK?飲ませていいお茶の種類と与え方 赤ちゃんにお茶はいつから与えるべきなのか、暑い季節は特に気になってしまいます 育児本などで調べてみると「母乳やミルクを飲んでいれば他の物は特に与える必要はない」と書かれていたりするけど、お店の赤ちゃん用品のコーナーには低月齢から飲めるお茶が販売されていますし、「汗をかくと赤ちゃんだって喉が渇くでしょ?」「お風呂の後は白湯やお茶でしっかり水分補給させなきゃ!」という人もいますよね。 赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗をいっぱいかくので脱水なども気になるところですが、いつからどんなお茶を与えれば良いのでしょうか? 赤ちゃんは母乳やミルクを飲んでいるので水分はしっかり取れているはずですが、白湯は必要なのでしょうか?白湯を与えるメリットとデメリットや飲ませ方について解説します。 赤ちゃんにお茶はいつから与える?お茶をあげる意味 赤ちゃん用のお茶が販売されていたり、まわりの赤ちゃんが水分補給のためにお茶を飲んでいたりするとそろそろ始めた方がいいのかな…と考えてしまいますよね。 でも早い時期に初めての物を与えるのは少し怖い気もするし…早い時期から飲める赤ちゃんのお茶も販売されていますが、赤ちゃんにお茶はいつから必要なのでしょうか? 赤ちゃんの水分補給にお茶は必要? 赤ちゃん用のお茶には生後1ヶ月頃からとされているものも販売されています。 しかし、生まれて間もない赤ちゃんはお腹の機能が未発達なので母乳やミルク以外の物を与えてしまうと下痢をしてしまうかもしれません。 「白湯やお茶で水分補給」という一昔前の考えとは違い「 母乳は完全栄養」という考えが主流になり、 母乳やミルクだけで十分な栄養源になるので生後5~6ヶ月頃の離乳食開始までは他のものは与えなくて良いと指導する産院も増えています。 お茶を与えていけないという訳ではなく、赤ちゃんの水分は母乳やミルクだけで十分なので無理に与える必要はないのです。 赤ちゃんの水分補給も大事ですが、 母乳育児をしているママは大切な母乳が出なくならないようにしっかりと安全なお茶で水分補給心がけましょう! お赤ちゃんがお茶を飲み始めるのはいつから? 月齢の目安 お茶は種類によって生後1ヶ月頃から与えられるものもあり、いつから始めなければならないという決まりもありません。 では、赤ちゃんにお茶を与え始める時期は何を目安にすればよいのでしょうか? お茶は離乳食の準備が整い始めたら 赤ちゃんにお茶を与え始めるのは離乳食スタートと 同時期の生後5~6ヶ月が良いといわれています。 しかし、今日から離乳食だから麦茶も今日からという訳にはいきませんよね。 離乳食は一つの食材をアレルギーが出ないか、お腹をこわさないかなど十分に気をつけながら進めていかなければいけません。 赤ちゃんの唾液が増えてきたり、 大人が食事をする姿を見て口をモグモグするようになるなど、早い子であれば生後3~4ヶ月頃の離乳食を始める準備が整い始めた様子が見られる頃から与えてみるのもいいかもしれません。 離乳食開始前に与える事で母乳やミルク以外の味に触れたり、乳首からではなくスプーンで口にものを入れる練習にもなります。 赤ちゃんがお茶を飲めると外出時に便利 生後3ヶ月を過ぎると赤ちゃんとの外出も多くなってくると思います。 基本的に母乳やミルクでの水分補給出十分なのですが、外出時に母乳を頻繁にあげる事は難しかったり、ミルクは腹持ちも良く消化のためにも間隔をあけた方がいいので暑かったり、乾燥しているからといってこまめに与えるのは難しかったりします。 そんなときに赤ちゃんのお茶はとても活躍してくれます。 外出が多くなってきたらマグなどで持ち歩くといざというときにとても便利です。 離乳食が始まるまでは母乳やミルク以外の水分を与える必要はないとされていますが絶対にあげてはいけないという訳ではありません。 唇が渇いているなど水分が必要かなと感じたときは少量でも飲ませてあげると口の中を潤してあげられます。 お茶を飲むことで 様々な味になれる準備にもなり、食後にお茶を飲む習慣が出来ると歯磨きができない赤ちゃんでも 口の中を清潔に保つことができ虫歯の予防にもつながります。 しかし、あまり早い時期からお茶を飲むようになってしまって母乳やミルクの量が減ってしまったら赤ちゃんがとれる栄養も少なくなってしまいます。 まずは 母乳やミルクをしっかり与える事が大切なので基本的には母乳やミルクだけで十分だと頭に入れ、赤ちゃんの頃合いを見ながら少しずつ始めていきましょう。 赤ちゃんとの外出いつからOK?1ヶ月健診が終わると赤ちゃんの行ける場所は広がりますが行きたくても我慢したい場所、行先別赤ちゃんや小さな子連れでも気持ち良く外出するポイントとしてマナーや持ち物をチェック! 赤ちゃんにお茶をあげるのはどんなとき?こんなときに与えてみよう! 離乳食開始頃から少しずつお茶を与えようと思っても無理に与える必要がないとなるとどんなときに与えればよいのか分からなくなってしまいますよね。 お茶を与え慣れさせることで赤ちゃんが成長し、離乳食がメインになったころにはジュースなどの甘い飲み物に頼らなくても水分補給ができるようになるメリットもあります。 赤ちゃんの頃合いを見ながら赤ちゃんに合ったお茶と日常のタイミングで与えてみましょう。 お茶はどんなときに飲ませるの? まだ言葉の出ない赤ちゃんは少し喉が渇いたとしても「お茶が飲みたい!」といえませんよね。 ではどんなときにお茶を与えればよいのでしょうか? 日常生活でお茶を与えるタイミング 普段いつもと変わらない生活の中でも赤ちゃんが水分を欲しいと感じているかもしれないタイミングはいくつかあります。 お風呂上り• お散歩や外遊びの途中や後• 寝起き• 暑いとき 大人でも外出から帰ったときやお風呂上りに水分が欲しいと感じますよね。 赤ちゃんも同じように水分が欲しいと感じているかもしれません。 普段の生活の中でもタイミングを見計らって取り入れてみましょう。 赤ちゃんにこんな様子が見られたらお茶で水分補給 普通の生活以外でも赤ちゃんが水分を必要としているときがあります。 たくさん汗をかいている• 大泣きした後• おしっこの量が普段よりも少ない 赤ちゃんにこんな様子が見られたときは水分補給のためにお茶を飲ませてあげて下さい。 おしっこの量や回数で判断できる!夏場は特に気を付けたい脱水症状 赤ちゃんは大人と比べ体内の水分量も多く、代謝も良くてとてもよく汗をかきます。 そんな赤ちゃんが真夏の暑い時期などに汗をたくさんかき体内の水分が減ってしまうと体への負担も大きくなってしまいます。 外だけでなく熱のこもりがちなチャイルドシートに乗っているドライブ中にも脱水症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。 おしっこの回数や量が少なく感じる、泣いているのに涙が出ない、唇が乾燥してよだれの量が少ないなど感じたときには脱水に気を付けこまめにお茶などを飲ませ水分補給をしてあげる事大切です。 赤ちゃんでも大人でも水分が欲しいタイミングはほとんど同じなのです。 大人がこんなときは喉が渇く水分が足りないと感じるタイミングで水分補給を心掛けましょう! 授乳の前にお茶を飲ませてしまうと母乳やミルクの量が減ってしまう可能性が出てきます。 授乳間隔とお茶を与えるタイミングには注意が必要です。 授乳の前は大切な栄養摂取のためにもお茶は与えないようにしましょう。 外出やお風呂の時間設定を見直してみるのもいいかもしれません。 赤ちゃんのお茶を作ってみよう!薄味がポイント 赤ちゃん用のお茶として販売されているものはそのまま飲めたり、分量のお湯で溶かして与える事ができてとても楽なのですが、わざわざ赤ちゃん用としてお茶を購入しなくても家族みんなの分を作りながら赤ちゃんのお茶を作ることができます。 家族みんなで飲めれば経済的にも助かりますし、小さいお子さんがいれば赤ちゃんと同じ物を一緒に飲んでいるという感覚だけで喜んで飲んでくれたりもします。 1.お湯を沸かす(必ず1度沸騰させること) やかんやお鍋に水を入れ沸騰させましょう。 ブクブク沸騰してきたら弱火で15分ほど火にかけておきます。 水だしできるお茶もありますが水で抽出するだけだと雑菌などが繁殖しやすくなり、まだ未発達の赤ちゃんの体に負担をかけてしまいますので必ず沸騰させるようにしましょう。 2.お茶を煮出す(パックに書かれている適正時間でOK) 沸騰したお湯の中にお茶のパックを入れて3~5分煮出し、5分程度おいてからパックを取り出します。 水から煮出してしまうと麦茶本来の成分が変質してしまい美味しさが軽減します。 3.お茶を薄める。 最初は4~5倍にしてスタート 赤ちゃん用のお茶パックも市販されていますが普通のお茶パックであれば白湯で薄めてあげます。 初めて赤ちゃんに与えるときは4~5倍に薄めてあげると白湯に近く苦味も和らぎます。 最初から濃いお茶を与えてしまうとその味を嫌がってしまい飲まなくなってしまう可能性もあるので、 少しずつ慣れてきたら2~3倍に薄めたお茶にしていきましょう。 濃度が分からないというときは一度赤ちゃん用のお茶を大人が飲んで試してみると分かりやすいと思います。 赤ちゃん用のお茶と普通のお茶には違いがあるの? 赤ちゃん用品のコーナーには赤ちゃん用としてのお茶が販売されていますが大人が飲んでいるお茶との違いはあるのでしょうか? 赤ちゃん用として販売されているものを見ると絶対にそれを使わなければいけないと思いがちですが、普段飲んでいるお茶との違いはお茶の濃さになります。 普段飲んでいるお茶も薄めてあげれば赤ちゃんも飲むことができます。 煮出しで作ったお茶は冷蔵庫に入れておいたとしても1日で飲むようにしましょう。 まだまだ未発達な赤ちゃんの胃腸は弱いので、作り置きはせずに次の日は新しいものを準備してあげて下さい。 赤ちゃんは生後9ヶ月くらいから大人と同じ濃さのお茶を飲めるようになってきます。 しかし、離乳食の進み具合や体質によって違いは出てきますので赤ちゃんに合わせたお茶を作ってあげましょう。 どれだけ飲ませて大丈夫?赤ちゃん与えるお茶の量と飲ませ方 お茶を与える量に特に決まりはありませんが最初はスプーンひとさじから始めてみましょう。 赤ちゃんが欲しがるようならお茶を気に入ってくれたのかもしれませんのでスプーンで数杯あげてみます。 マグやスパウトが持てるようになれば母乳やミルク、 食事に影響が出ないように10~30mlくらいの少量から始めていきましょう! 赤ちゃんに冷たいお茶はダメ!適切なお茶の温度 喉が渇くと冷たい物をグイっと飲みたくなってしまいますが、基本的には大人であっても内臓を冷やしては体に良くありません。 内臓が冷えると消化機能や血流を悪くしてしまいます。 消化機能が未熟な赤ちゃんは絶対に内臓を冷やしてはいけませんので、どんなに暑くても冷たいお茶は与えないようにして下さい! 赤ちゃんは母乳のような生ぬるい温度が飲みやすいのでお茶も 人肌の温度で与えるようにしましょう。 赤ちゃんはお茶嫌い?飲んでくれないときの対処法 赤ちゃんにお茶を与え始めてはみたけれど飲んでくれない…口に入れても吐き出してしまう。 そんな赤ちゃんも多いと思います。 お茶を飲んでくれないと水分はちゃんと摂れているのか気になってしまいますよね。 お茶を飲んでくれない赤ちゃんには何か理由があるのかもしれません。 麦茶は嫌だけどほうじ茶は飲む、ベビー麦茶は嫌だけど普通の麦茶を薄めたものなら飲む赤ちゃんもいます。 「麦茶」ひとつとっても、味は色々で赤ちゃんの好みも千差万別なのです。 一つのお茶にこだわらずに赤ちゃんが飲んでも安全なお茶を数種類試しているのもいいかもしれません。 甘い飲み物は控えましょう!お茶よりもジュースや果汁を欲しがっているのかも? お茶を飲まなくなってしまう原因として一番多いのではないのでしょうか。 離乳食が始まりお茶以外にも果汁などの甘い飲みもの与え始めるとお茶を全く受け付けなくなる赤ちゃんもいます。 子供は甘いものが大好きです。 甘みのないお茶よりも甘い果汁やジュースの方が良くなってしまうのは仕方がありません。 しかし、 水分補給のつもりで甘い飲み物を与え続けてしまうと虫歯や肥満の原因にもなってしまいます。 お茶が飲めるようになるまでは甘い飲み物に慣れさせないためにも果汁やジュースを必要以上に与えないようにしましょう。 喉が渇いてないのかも。 母乳やミルクで足りているのなら無理しなくてOK 大人であっても喉が渇いていないときはさほど何かを飲みたいとは感じませんよね。 赤ちゃんも水分が足りていて飲みたくないのかもしれません。 お風呂上りや寝起きなどの赤ちゃんが水分を必要とするタイミングを見計らって与えてみましょう。 母乳やミルクをしっかりと飲んでいるのであれば赤ちゃんにお茶を無理やり与える必要はありません。 飲まないからといって特に体に影響が出るわけでもありません。 すぐに飲んでくれなくて根気よく続けていけばいずれ飲んでくれるようになりますし、食事中の水分が気になるのであれば離乳食にスープを取り入れるなどして水分補給をする方法もあるので焦らずゆっくり進めていきましょう。 赤ちゃんのお茶は 味の濃さや温度など注意も必要になります。 たくさん飲んでくれるからとたくさん与えすぎて 栄養面に影響が出てしまう可能性も出てきます。 水分補給のために「お茶はたくさん飲んだ方がいい!」なんて考えずに必要なタイミングで赤ちゃんに合わせたお茶を少量ずつ与えるようにしましょう。 赤ちゃんに飲ませてOK!おすすめなお茶の種類 赤ちゃんはどんなお茶でも飲めるという訳ではありません。 赤ちゃん用として販売されているお茶は飲ませる事は可能ですが、大人が飲むようなお茶で選ぶときには必ず ノンカフェインのお茶を選ぶようにしましょう。 赤ちゃんに最適!定番「麦茶」 麦茶はミネラルを多く含んでいます。 水分補給だけではなく体に蓄積された熱を放出し体温調整にも役立つ作用や胃の粘膜を保護してくれたり虫歯の発生を抑制してくれる効果も期待できます! 授乳中のママにもおすすめ「ルイボスティー」 ルイボスティーはノンカフェインで低タンニン、 カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分などのミネラルが豊富で赤ちゃんが飲むお茶としても人気があります。 妊娠中や授乳中の女性が飲むお茶としても適していて、特に授乳中のママが飲むとミネラル類が母乳を通して赤ちゃんへ届きますので赤ちゃんにもママにも優しいお茶といわれています。 赤ちゃんでも飲めるお茶は体に優しく、家族みんなが安心して飲めるのでたくさん作りすぎても無駄にならずに助かりますよね。 糖分なども気にならないので家族みんなで健康的に水分補給を心掛けましょう! 赤ちゃんには強すぎる避けたいお茶の成分 赤ちゃんのお茶はノンカフェインのものというように、お茶の種類によって避けたい成分の入ったお茶もあります。 赤ちゃんには避けたい成分は授乳中のママも避けた方が良い成分になります。 母乳を通して赤ちゃんに悪影響を与えないように注意しましょう。 神経を興奮させてしまう「カフェイン」 カフェインには 神経を興奮させる作用があります。 落ち着きがなくなり興奮してしまったり、情緒不安定で感情の起伏が激しくなってしまったり、寝つきが悪くなり夜泣きの原因にもなります。 また、乳幼児突然死症候群のリスクが高まってしまうといわれているので、赤ちゃんだけではなく授乳中のママもカフェインの摂取量には十分に注意しましょう。 「タンニン」の濃度に注意しよう! タンニンは基本的にすべてのお茶に含まれています。 緑茶に含まれるタンニン70mgに比べ麦茶は10mgと少なく、お茶の種類によってタンニンの濃度が違ってきます。 タンニンを多く含むお茶は 便が硬くなり飲みすぎると便秘になってしまいます。 便秘が原因で母乳やミルク、離乳食を食べなくなってしまったり、お腹にたまる事で苦しがったり痛がったりしてしまうかもしれません。 避けた方が良い成分が含まれているお茶として緑茶・抹茶・紅茶・ほうじ茶・ウーロン茶・番茶があります。 赤ちゃん用としてほうじ茶や番茶が販売されていますが、意外にもほうじ茶はカフェイン、番茶にはタンニンが多く含まれています。 赤ちゃん用として販売されているものはかなり薄く作られているので飲ませられますが、普段大人が飲んでいるものは避けた方が安全です。 赤ちゃんに与えるお茶はノンカフェイン・低タンニンのお茶を選ぶようにしましょう。 赤ちゃんの便秘の解消法は?母乳やミルク、離乳食の改善案、マッサージやストレッチ、綿棒浣腸のポイント、砂糖水の飲ませ方、便秘に効く食材もご紹介!便秘の判断基準、病気からくる便秘の可能性もお伝えします。 お茶はあくまで水分補助!安心安全なお茶で赤ちゃんのペースですすめていこう 赤ちゃんのお茶は赤ちゃん用に薄めた安全な種類のお茶であれば飲ませる時期も飲ませる量もほとんど決まりはありません。 しかし、母乳やミルクメインの赤ちゃんには飲ませなければいけないという必要性もほとんどないのです。 赤ちゃんはまだ生まれたばかりで体の機能も未熟で栄養もしっかり取って成長していかなければいけません。 お茶はあくまで水分補給です。 低月齢の赤ちゃんに必要なのは栄養がしっかり摂れる母乳やミルクなので赤ちゃんの成長の妨げにならない程度にゆっくり焦らずに安心安全なお茶ですすめていきましょう!.

次の

【離乳食はいつからいつまで?】時期別の進め方やコツは?

離乳食 お茶 いつから

麦茶を与えるのは離乳食が始まる生後5ヶ月から 麦茶を赤ちゃんにいつから飲ませていいのか?? それは離乳食が始める、生後5ケ月頃です! ベビー麦茶は離乳食を始めると同時に、 少しずつあげましょう。 離乳食をあげるまでは、母乳かミルクで十分です。 お風呂あがりの水分補給も、 補助としてあげるなら、 白湯が良いです。 生後4ケ月までに麦茶や果汁を与えると、 食物アレルギーを起こす可能性があります。 うちは完母だったので、 お風呂上りの水分補給も母乳を与えていました。 麦茶を与え始めたのは、生後7ケ月からです。 麦茶は与えるのが遅くても、 母乳やミルクをしっかり飲んでいるなら、 困ることはありません。 大人と同じ麦茶を飲ませるのはNG!? 赤ちゃんに、大人用の麦茶を飲ませるのはNGです。 赤ちゃんは味に敏感なので、 大人用の麦茶を与えてしまうと、 苦みを感じ、飲んでくれません。 ちなみにベビー麦茶と大人の麦茶の違いは、濃さです。 なので大人の麦茶を薄めれば、 赤ちゃんに飲ませることができるベビー麦茶となります。 始めは4倍に薄めるようにし、 慣れてきたら2倍に薄めるようにします。 赤ちゃんに大人の麦茶をあげる場合は、 沸騰したお湯に煮だした麦茶にしましょう。 時間が経つにつれ雑菌が繁殖するので、 煮だしてから24時間以内のものを赤ちゃんには飲ませます。 大人と同じ濃度の麦茶はいつからOK!? 麦茶にはカフェインが含まれていないので、 赤ちゃんが飲むなら、大人用の麦茶をそのまま飲ませても大丈夫です。 早ければ離乳食後期の、 生後9ヶ月~11ヶ月頃からでOKです。 ただ大人への麦茶に早く切り替えてしまうと、 苦みで飲んでくれなくなることもあるので、 切り替え時期には注意しましょう。 うちは1歳半くらいから、大人用の麦茶をあげていました。 まだ1歳でも離乳食は薄味が基本なので、 その頃まではベビー麦茶をあげていました。 ベビー麦茶が飲めるからといって、 急いで大人用の麦茶に切り替える必要はありません。 赤ちゃんの離乳食の進み具合などをみて、 切り替え時期を判断しましょう。 スポンサーリンク よく読まれている記事一覧 スクロールしてね! 麦茶の量と飲ませ方 赤ちゃんにあげる麦茶は、 常温のものを飲ませましょう。 冷たい麦茶は、内臓に負担をかけてしまいます。 始めは小さいスプーンで、飲ませてあげてください。 2、3杯飲むようになったら、5杯。 5杯以上飲むようになったら10杯と、少しずつ量を増やしましょう。 量を飲むようになったら、マグマグや哺乳瓶で飲ませましょう。 ベビー麦茶には種類があります。 パック• ペットボトル 始めは少量ずつ作れる粉末がおすすめです。 飲ませる度に作るので、衛生的です。 量が飲めるようになったら、パックを飲ませてみましょう。 パックはだいたい100ml~125ml入りなので、 このくらいの量を飲みきれるようになったら、 パックにすると良いでしょう。 ペットボトルは500mlなので、 一度開けたら冷蔵庫に入れて、 24時間で飲みきった方が衛生的です。 パックで足りなくなってきたら、 ペットボトルの方がお得ですね。 うちは7ケ月から飲ませはじめて、 麦茶もはじめからよく飲んだので、 パックであげていました。 ストローのみができなくても、 パックだと押すと出てくるので、 ストロー飲みの練習にも最適です。 でも月齢とともに飲めるようになるので、 あせって飲ませる必要はありません。 あまり低月齢から飲ませて、 母乳やミルクを飲む前にお腹いっぱいになっては、 栄養不足になってしまいます。 麦茶は水分補給の補助的役割なのを、 忘れないでくださいね。

次の

離乳食にトマトジュースを使えるのはいつから?簡単レシピも紹介

離乳食 お茶 いつから

この記事の目次• いつからお茶はあげてもいい?離乳食のときから? 赤ちゃんの食事といえばミルクですが、飲み物はいつからあげてもいいのでしょうか? 生後すぐから3か月くらいまでは、母乳やミルク以外には喉が渇いたときに湯冷ましをあげるくらいでとくに飲み物は必要ありません。 3か月くらい経ったら、 果汁をあげ始めてもいいそうです。 では、お茶はだいたい何か月からあげてもいいのでしょうか?赤ちゃん専用のお茶は生後一か月からと書かれていることが多いです。 産後に、 半年くらいは基本的には母乳やミルクの水分以外は必要ないそうですが、赤ちゃんの生まれた時期やミルクを飲む量にもよるでしょう。 お茶や他の飲み物をあげてはいけないのではなく、母乳やミルクでじゅうぶん水分は摂れているのです。 生後、3か月までは赤ちゃんの水分補給を心配するよりも 母乳を作るお母さんの栄養管理や体調管理が大事です。 お茶のあげどきは、離乳食の開始時と言われているので 生後4~5か月頃からとなります。 基本的に、あげなくてはいけないものではないので赤ちゃんの生まれた時期や体調をみながらお茶を飲ませるようにしましょう。 お茶をいつからあげるか迷ったら離乳食と一緒に始めよう! 離乳食のあげどきは、 口をもぐもぐする、唾液を出すなどのサインがでた頃となります。 だいたい生後6か月くらいからこのような様子がみれると思います。 哺乳瓶に入れてあげてもいいですが、離乳食開始の時期にはスプーン一匙から始めてみても良いでしょう。 麦茶に慣れてきたら、少しずつ飲む量も増やしていきましょう。 大量に赤ちゃんに麦茶を飲ませすぎると、お腹が緩くなったりオシッコの回数が増えることがあります。 体に悪いことはありませんが、お茶を飲んでミルクを飲まなくなったり離乳食を食べなくなるようであればあげる量を減らしましょう。 赤ちゃんにお茶をあげるときは、 カフェイン成分が含まれていないものにしましょう。 家で麦茶を作る場合は、 水出しで作ったものはNGです。 煮沸していない水道水に含まれるカルキや雑菌で胃腸が未発達な赤ちゃんの負担となってしまいます。 煮だしたものを白湯で薄めてあげてください。 ミルクと同じように人肌程度の温度にしましょう。 お茶をいつからあげるかどうかは、離乳食同様成長に合わせて よく、赤ちゃんにも水分を摂らせたほうがいいと祖母の世代や年配の人は言ってくることもあるでしょう。 ミルクや母乳を飲んでいて体重が増えていれば、他の飲み物は必要ありませんが大人が食べたり飲んだりしているものに 興味が出てきたら赤ちゃん用のものをあげる時期かもしれません。 お茶をあげるのが心配な場合は、まず赤ちゃん用の水をあげてみましょう。 ミネラルウォーターをあげる場合は殺菌処理がされているかどうかを確認してください。 水道水や殺菌処理がされているかどうかわからない場合は念のために 煮沸しましょう。 生後3ヶ月を過ぎた頃から赤ちゃんとの外出することも増えてきますよね。 このころからお茶デビューをしてもいいかもしれません。 外出先でミルクをあげることは大変なのでお茶は便利ですよね。 お茶を飲むことによって、 虫歯の予防にもなりますし他の味に慣れる準備ができてきます。 外出時だけでなく、お風呂上りや寝起き、暑いときなどもお茶を始めるタイミングにいいでしょう。 お茶でアレルギー反応は出る? 赤ちゃんはすぐに下痢をしてしまうものですが、もし麦茶を飲んで下痢をしているようであればあげる量を減らしましょう。 もしくはお水に変えるといいでしょう。 麦茶の原料である大麦の アレルギーの可能性もないとは言えません。 離乳食と一緒に始めた場合は、何が原因かわかりにくいので下痢をした場合は麦茶ではなくお水にしてみてください。 赤ちゃんの場合、 麦茶の温度が冷たくても下痢になってしまいます。 麦茶が濃すぎたり、大人用のものをあげてもお腹がビックリしてしまうのです。 硬水を使って麦茶を作っても、下痢になってしまうことがあるので気をつけましょう。 赤ちゃんにはできれば、お茶を飲んでほしいとあげ始めたけれどなかなか飲んでくれないときもあるでしょう。 そんなときは、まだ時期が早かったのかもしれません。 始めは味に慣れていないのでスプーン一杯でも飲まない子もいます。 離乳食を食べるようになってから、お茶を飲むようになったり汗をたくさんかいたときにあげたら飲むようになったりと赤ちゃんのほうにも お茶を飲むタイミングがあるので気持ちに余裕を持ってあげることが大切です。 離乳食初期にNGな飲み物とは? カフェインやタンニン、添加物が含まれていないお茶や白湯は赤ちゃんが離乳食を始めるときに適した飲み物ですが、逆にあげてはいけない飲み物にはどんなものがあるのでしょうか? 離乳食初期の赤ちゃんは、お腹がまだまだ未熟なので牛乳や生水、硬水、豆乳、ウーロン茶・緑茶・ほうじ茶・コーヒー・紅茶、赤ちゃん用ではないイオン水、炭酸水、赤ちゃん用ではないジュースや乳酸菌飲料をあげるのは止めましょう。 糖分や塩分、添加物を多く含むものはできるだけあげないほうがいいでしょう。 この、飲み物をあげるときには小さじ1杯の量から始めてください。 離乳食を始めて赤ちゃんが便秘ぎみのときは、 果汁がおすすめです。 白湯で2~3倍に薄めて少しづつあげてください。 赤ちゃん用ではない果汁や野菜ジュースは塩分や糖分が入っているので一歳を過ぎてから与えましょう。 卒乳のときは母乳やミルクのを徐々に減らすために、他の飲み物を飲んでほしいとあせってしまいますが赤ちゃんのペースに合わせてあまり飲まないようであれば日をおいてみるなどして慣らしていってください。

次の