パチンコ 休業 しない 店。 新型コロナの自粛ムードの中、批判集まるパチンコ店。消毒などの対応や自主休業を決めた店も

休業しないパチンコ店の店舗名公開はむしろ営業続ける店に”好都合”? 危険な選択になる可能性も

パチンコ 休業 しない 店

パチンコ店の営業について 休業要請が出た後も、いくつかのパチンコ店の営業は、続いています。 【主税局連れて行くぞ】都内で営業を再開したパチンコ店、24店舗について、小池百合子都知事「都の職員が出向いて現地調査を行い再度、休業要請を行う。 「パチンコ店も営業しないといけないのはわかるけどさ~」って話ばかり。 いや、97%が休業したんですって。 ほぼ全店が「泣く泣く」休業したことは全く知らず、「パチンコはこの状況でも営業している」と思っている。 偏向報道、よくない。 パチンコ店の営業を巡る問題 パチンコ店が空いていると何が問題か? それは、密室での人の密集です。 大声は出さないにしても、何百人が集まり、集団感染を起こしやすいです。 休業要請・指示に応じないパチンコ店をめぐっては、自粛している人たちからすれば、信じられない光景ですよね。 こんなに医療機関が逼迫しているのに、なぜ感染を拡大させる可能性があるところにわざわざ行くのか! 子供に自宅ステイを求めて、大人が出歩く。 不要不急の案件では、まずありません。 この一連の出来事に対し、警察への通報や、住民の苦情が相次いでいます。 パチンコ店営業再開 Q:怖くないですか? 利用客「正直わかんない」 Q:これで感染拡大したら、救える命も救われないということも… 利用客「それを言われたら、ごめんなさいとしか正直言いようがないですよね」 ごめんで済まないから休業要請されてるのだが💢 — ちぢれ麺 RamenReiwa パチンコ店が営業を続ける理由 パチンコ店がそこまでして営業をする理由は、簡単にいうと、 「保証対象外の遊技業であること」 今回のコロナの影響に対し、経済産業省・中小企業庁が実施する「セーフティネット保証」を出しています。 セーフティネット保証とは、様々な要因により経営不振に陥った業種に対して出す制度で、この対象となれば、金融機関から無担保等で借り入れができるという制度。 今回のコロナ禍では、「全国的に経営環境が悪化した業種」として、全国で500以上の業種が保証対象業種に指定されています。 しかし!パチンコ店は、この 保証対象業種に含まれていないのです。 加えて、固定費の額が個人経営の飲食店に比べて、何倍もかかるということです。• 多くの従業員を抱えていること• 高額な家賃 街中では1000万を超える事も 事業規模が大きければ大きいほど固定費などが莫大になり、傷が深い今回のコロナ影響ですが 例えば、航空会社などであれば固定費が大きくとも、場合によっては政府が援助する場合などがあります。 中小企業にも支援策が出されます。 パチンコ店には、それがないため、無理にでも営業しているようです。 その業種が何に属し、どんな支援を受けられるのか、パチンコ店のような遊技業はとても不利な状況にいるようです。 最後に 個人的にはパチンコはしないので、保証対象である必要性はないと感じますが それでも雇用があるので、失業される方がいると思うと、なかなか難しい問題です。

次の

「つるし上げだ」休業に応じぬパチンコ店 経営者の言い分は…|【西日本新聞ニュース】

パチンコ 休業 しない 店

パチンコ店が自粛要請を無視して営業を続ける3つの理由 パチンコ店が自粛要請を無視して、それでも営業を続ける理由・・・。 それについては人それぞれ意見ありますが、僕は大きく見て3つの理由があると思います。 ニュースを見ると「過去最低の売上」って言う飲食店の声をよく聞くので、相当状況が厳しいことが伝わってきます。 飲食店は、「自粛要請があって休業しているお店」もあれば、「自粛要請はないけれど、 開店していてもお客さんが全く来ない」と言う理由で休業しているお店もあるのです。 これに対してパチンコ店が飲食店と大きく違うのは、自粛要請がなくてもお客さんが来店します。 感染防止が騒がれているのにも関わらず、パチンコ客・スロット客はそんなこと気にせずに打ちに来るのです。 当然、住民には外出自粛が要請されている訳ですが、なぜそれでもパチンコ店に行くかと言うと、もうこれは ハッキリ言うと依存症だからでしょう。 程度の差こそあれ、ウイルスに感染するリスクよりもパチンコを打ちたい衝動を我慢できずに、外出自粛要請を無視してパチ屋へ行くのです。 世間では、こんな人たちをパチンカスって呼びますよね。 う~ん、依存症だから我慢できないんですよ。 ギャンブル依存症は、医学でも認められている「病気」ですからね。 パチンコ店が開いていれば、例え大地震が来ても原発が爆発しそうでも、 お金と時間がある限りパチンコ・スロットを打ち続けるのが、パチンカスやスロッカスなんです。 「多分、自分は感染しないから大丈夫」って自己解決し、ウイルスなんか気にならないんでしょう。 「借金したけど、今日当たれば大丈夫」と言う思考と同じです。 パチンカスでない人には理解できない思考ですが、これがパチンコ依存症の人の思考なんです。 ニュースで、他県まで遠征するパチンカス客が問題になっているって報道されてますよね。 ファミレスが休業しても、わざわざ他県まで食べに行く人はいません。 でも、パチンコ依存症の人は我慢できないので、 そこにパチンコ店がある限り地の果てまで打ちに行くのです。 このようにお客さんが来店してくれるので、パチンコ店は自粛要請があっても無視して営業を続けるのです。 休業しないパチ屋も悪いですが、打ちに行くお客さんも悪い。 でも、そんな依存症を生み出した原因はパチ屋。 やはり「パチンコ=悪」、と言う世間の図式になるわけです。 お客さんが来なければ、自粛要請がなくても休業しますよ。 自粛しないパチンコ屋とか晒しちまったら、パチンコ中毒者が 「おお!あそこはまだ開いてるのか!神!行くぜ!」 と殺到してしまい逆効果なのではないだろうか? 行政はあいつらのことを甘く見ている。 これは飲食店なども同じですが、休業しても経費がかかります。 特にパチンコ店は、 莫大なランニングコスト(経費)がかかるんです。 休業すれば光熱費などは抑えられますが、店舗や敷地面積が大きい分、借地代やテナント料も飲食店に比べて高いです。 新台の購入費なんか、バカになりません。 1台50万円の新台を20台導入したら、それだけで1千万円です。 ちょっとした飲食店なら、1店舗開業できる金額です。 尚、新台を入れたからと言って、すぐにその機械代を回収できるわけではありませんよ。 新台がクソ台だった場合などは、モロ赤字を喰らいます。 そして新しい店舗は、減価償却費も莫大です。 店舗の建設費ですね。 立体駐車場なんか、億単位の費用がかかります。 これらは、例え休業していても発生する経費(返済しなければならない借金)なので、安易に休業すればいいと言うわけにはいかないのです。 飲食店も同じ状況ですが、飲食店1店舗とパチ屋1店舗が売上0円になった場合、どちらが受けるダメージがデカイかは容易に想像ができると思います。 特に借地やテナントに入っているパチンコ店は、相当厳しいと思います。 築10年以上で自社土地のパチンコ店なら、まだ何とか…ですかね。 パチンコ店って、本当に経費がかかるんですよ。 でもその分売上も多く、ボロ儲けしてることも事実なんですけどね。 それは、 ライバル店も営業しているから。 業界の人なら分かってもらえると思いますが、 パチ屋って他店が悪いことやってると「じゃ、うちも…」って言う体質があるんです。 パチンコ店 オアシス飯田橋 「近隣店舗が営業自粛をしない為、当店も営業します」 東京都内のコロナ自粛率調べてみたらけっこうあるやん 新宿区で自粛してない近隣店舗って2店舗だけやん — 凍り立ち豚 マルハンすら休業中 03Ver1 例えば、イベント。 イベントは禁止されていますが、近隣のライバル店がイベントをやっていたら、「じゃ、ウチもやっても大丈夫だよね。 警察は何も言ってこないみたいだし」ってなります。 もちろん、警察にバレたら(指摘されたら)営業停止を喰らうリスクはありますが、警察も常時すべてのパチ屋をチェックしているわけではありません。 取り締まる時は、その地域で一番目立っているパチ屋を摘発します。 だから、ライバル店がイベントをやっているのなら、それよりちょっと控えめにやって一番目立たないようにするんです。 一番目立つと警察に目を付けられるので、2番手・3番手辺りの過激さのイベントをします。 例えば、ライバル店が「オール設定6!」なら、自店は「高設定!」と言う感じで。 釘調整も同じ。 ライバル店の釘状況をチェックして「ここまでなら、今のところ警察は見逃してくれるんだな」って判断し、ライバル店ほど立たない程度に調整します。 で、一番過激に目立っているライバル店が摘発されたら、すぐに自店はやめるのです。 本来、違法行為など悪いことは、他店の状況に関係なくやってはいけません。 でも、パチンコ業界って「赤信号、みんなで渡ればコワクナイ」的な体質があるんです。 じゃ、一番目立つパチ屋は何でそこまでやるの?って思うかもしれませんが、一番目立つと言うことは集客的に有利だからです。 「オール設定6!」の店と、「高設定!」の店、どっちに打ちに行きますか? 赤信号も先頭で渡れば一番目立ちますが、一番早く渡ることができます。 一番目は、リスクもデカいですがリターンも大きいのです。 警察も、本来なら全店取り締まればいいのですが、そこまでヒマではありません。 何となく気が付いて把握していても、スルーってこともあります。 所轄によって、またその時の担当者によって温度差もありますからね。 これを自粛要請に当てはめてみれば、僕は休業しない理由が納得できます。 ・本当は、自粛しないといけないのは分かってるんだけど、 ライバル店が営業してるから まだ 大丈夫。 ・馬鹿正直に休業したら損をする。 ・ライバル店に差を付けられたくない。 そんな心境だと思うのです。 でも、さすがに周りのライバル店が休業自粛し始めたら世間の目が気になりますので、「じゃ、ウチもそろそろ仕方なく…」となるわけです。 早めに休業すれば、売上がなくなる…。 かと言って、最後まで営業していれば世間の批判を浴びる…。 業界外から見れば、全く持って迷惑な体質だと思います。 こう思えば、東京都で真っ先に休業自粛したマルハンさんはスゴイと思います。 やはり企業イメージもありますし、従業員のことも考えているからでしょう。 売上の損失は莫大ですが、それよりも大切なものを優先させて休業に踏み切ったのだと思います。 こういうのは、だいたい大手からやると言うこともありますが、一番初めに自粛したのは評価すべきだと思います。 実際、すでにいくつものホールが倒産していますからね。 以上が、僕が思う「パチンコ店が自粛要請を無視して休業しない理由」です。 札幌市内パチンコ屋で営業自粛要請に従うお店は自分の情報ではマルハン、ひまわり、ダイナム。 何も音沙汰なしで平然と営業してる店舗はハッピー、べガスべガス、イーグル、太陽。 確かにパチンコ店は「3蜜」です。 空調なんかタバコのヤニで詰まってますし、いくら遊技台をアルコール消毒しても、頻繁にお客さんが打ち替わるので完璧に対処するのはムリです。 そもそも台を消毒しても、無数にある玉やコインまでは消毒できません。 換気をよくするのなら、入口のドアは開けっぱなしにするべきです。 コンビニなんかは、そうしてますよね。 でも、パチ屋ってドアを開けっぱなしにすると、騒音がうるさくて速攻で近所からクレームが来るので無理なんです。 全面禁煙前は、「ドアが開く度にタバコ臭い!」って言うクレームもありました。 と、 どう考えても感染リスクが高いのに、政府はパチンコ店に営業自粛の要請をしません。 その政府が自粛要請しない理由についても、ついでなので書いてみます。 自民党にもいますね。 「パチンコ議連」って言う、 パチンコ業界に関連した議員連盟があるんですよ。 まあ、パチンコ業界に便宜を図る見返りに、献金をもらったり票の取りまとめをお願いするわけです。 国会議員とパチンコ業界とにつながりがあるわけですから、「パチンコ店に自粛要請は出しにくいな…」となっても不思議ではありません。 誰がどう見ても、政府の対応は不自然ですよねぇ。 現在、個人事業主や中小企業に向けて、この日本政策金融公庫が無担保・低金利で貸し付けを行っています。 自粛の影響で経営がヤバくなった会社に対して、倒産しないようにお金を貸しているわけです。 実は、この日本政策金融公庫。 パチンコ企業は、利用することができません。 金融業や保険業・風俗業や娯楽業は、日本政策金融公庫からお金を借りることができないのです。 これが、政府がパチンコ店に自粛を要請しない理由ではないか?と言う意見もあります。 自粛を要請したはいいけど、 お金を借りることができなければ倒産する可能性が高いからです。 このご時世、民間の金融機関から借りることは簡単ではないですからね。 【まとめ】パチンコ店はネット通販や屋外販売ができない 「まとめ」と書いておきながら、新しいことを書きます。 僕は競馬もやるんですが、現在は無観客レースで開催しています。 競馬・競艇などは ネット投票があるので、お客さんが来場しなくても売上をある程度は確保することができます。 でも、 パチンコ店はネットでできません。 現在の風営法では、実現は不可能です。 お客さんは、パチンコやスロットを打ちたいのなら、直接ホールに行く必要があります。 ここが、痛いところなんですよね…。 そして、飲食店。 店内は3蜜になることから、 ネット通販やテイクアウトを始めたり、屋外や駐車場で飲食できるスペースを造っているお店も見かけます。 でも、 パチンコ店はこれらもできません。 パチンコ台は、玉の還元があるので元々不可能ですが、スロットなら駐車場に置いてもできそうです。 立体駐車場内に設置すれば、雨天でも大丈夫。 …もちろん無理ですね。 遊技台は、設置場所を移動する時は警察の許可が必要です。 (申請してもムリです) もし、屋外でスロットでもできればその店舗に従業員を集約して、他の何店舗か休業させると言う選択肢もあるかもしれません。 ネット通販もダメ、テイクアウトもできない、屋外もムリ・・・。 パチンコ店は、現状のまま営業するしかないのです。 ここに来て、風営法が重くのしかかってきている感じがします。 パチンコ店はランニングコストがかかるから休業すると死活問題という事は理解出来る。 でも業界全体の事を考えるとやはり無理にでも休業させるべきだと思う。 今回営業しているホールは晒されて、この状況下でも打ちに行く依存性達の行列も報道された事で、依存性問題がより叩かれて規制がまた厳しくなりそうで怖い。 営業しているホールは一部なのに、パチンコ店のイメージはまた悪くなってしまった。 客や従業員の事を考えて苦しくても休業しているホール関係者が気の毒だ。 そして緊急事態といくら訴えても、この状況下でホールに向かう依存性の人達は自分がコロナにかかり、家族に感染させて、大切な人を失わない限り事の重大さに気付かないのだろう。

次の

大手パチンコ店が相次いで休業を発表

パチンコ 休業 しない 店

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための休業要請に従わないパチンコ店について、店名公表に踏み切る自治体が出てきています。 店名公表については、いろいろな声があるようです。 「要請に従わない店の店名公表は当たり前だ」 「店名公表をすれば店への評価が下がる。 その損害はどうしてくれるのか」 なかには、「かえって宣伝になるから人が集まるようになる」などという意見も。 休業要請に従わないパチンコ店について、店名を公表することは、そもそも、どのような法的根拠に基づくのか、ご存じですか? 今回は、休業要請や店名の公表がどのような根拠に基づいてなされているのか、という点をとりあげてみます。 新型インフルエンザ等対策特別措置法が根拠 新型インフルエンザ等対策特別措置法という法律があります。 そして、この法律が改正され、新型コロナウイルスも適用対象となったのです。 休養要請やこれに従わない場合の施設名公表の根拠となる法律は、この新型インフルエンザ等対策特別措置法です(以後、「特措法」といいます)。 この法律の名前は、緊急事態宣言発令の根拠となった法律でもあるので、最近、ニュースで耳にする機会もあったのではないでしょうか? そして、この特措法は、緊急事態において、新型コロナウイルスのまん延を防止し、国民の生命や健康を守り、国民生活・国民経済の混乱を避けるために必要があるときは、多数の人が利用する施設を管理している人や催物の主宰者に対し、施設や催物の制限や停止などを要請することができると定めています。 パチンコ店への休業要請はこの定めに基づくものなのです。 そして、要請にも従わず、そこに正当な理由がない場合には、要請した措置を講じるように指示することができるとも定められています。 店名の公表はなぜ許されるの? 要請に従わなかったとして店名を公表されることについて、みなさんは、どう思いますか? 受け手の反応によっては、店の悪評につながり、売り上げにも影響する可能性がありますよね。 公表が店にとって大きな影響を持つ措置である以上、その根拠が必要になるはずです。 この点についても特措法で定められています。 特措法では、今お話しした要請や指示をしたときには、都道府県知事が、遅れずにこのことを公表しなければならない、と定めているのです。 つまり、公表することは、義務として定められているのです。 どのタイミングで要請するか? 要請や指示をした場合、遅れずにこのことを公表しなければならない、となると、どのようなときに要請、指示をすべきか、ということの判断が大事になってきますよね。 各自治体からは、その判断が法律からは必ずしも明確になっていないとして、国にガイドラインを示してほしいという声があがっていました。 これに応じ、政府は、特措法に基づく要請や指示を行う場合のガイドラインをまとめ、都道府県に通知したと報じられています。 報道によれば、ガイドラインでは、まずは、「協力の要請」という公表を伴わない形での要請をしたうえで、これへの施設側の対応を実地調査で確認することを求めています。 そして、協力の要請に従わないと、今後もっと強い効力を持つ要請・施設名公表に踏み切らざるを得ないことなどを事前に告知することとしています。 それでも協力の要請に応じない場合に、公表の義務が規定されている強い「要請」に踏み切ること、その後の対応による次の段階として指示に踏み切ることなどがその内容になっているようです。 つまり、施設名の公表につながる要請や指示は、協力要請から段階を踏んで行い、それでも正当な理由なく店がこれらに応じない場合に踏み切るものとされているようです。 休業要請には問題も? 休業要請やこれに伴う公表については法的な根拠があるとしても、この法律自体に課題があるのではないかという声もあがっています。 公表は、施設名のみならず、その所在地や要請・指示の内容までが都道府県ホームページに公開されるもので、施設にとっては大きな影響を受けることが予想されます。 また、最近では、休業要請に従わないパチンコ店が散見される事態を踏まえ、今後、休業指示にも従わない施設に対し罰則を科すための改正も検討されていることも報じられました。 たしかに、新型コロナウイルス収束の兆しがなかなか見えず、感染拡大を阻止しなければならない事態であることは間違いありません。 一方で、なぜ施設名などを公表されても営業を続ける施設があるのか?ということも考える必要があります。 休業の要請に従い営業ができなくなることによる売り上げの減少にどう対応すればよいのか?という問題です。 感染拡大防止措置を実効的なものにするためには、休業要請、施設名公表、罰則の話と合わせて、休業に伴い売り上げが減少する事態がどのようにフォローされるのかということもセットで検討されるべき問題であると思います。 [六本木] 〒106-0032 東京都港区六本木4丁目1-4 黒崎ビル7階 [東 京] 〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目2-2 マルヒロ日本橋ビル10階 [新 宿] 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目3-17 新宿第1アオイビル8階 [横 浜] 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-20 相鉄KSビル6階 [北千住] 〒120-0034 東京都足立区千住4丁目19-11 サーパスビルディング4階 [千 葉] 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町1-17 JPR千葉ビル11階 [大 阪] 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8 堂島ビルヂング6階611号室.

次の