黒子 の バスケ 事件。 黒子のバスケ脅迫事件の概要!犯人渡邊博史の動機&出所後の現在まとめ!

黒子のバスケ脅迫事件

黒子 の バスケ 事件

こんばんは、スマホクラブの きよてつ です。 キャラもののスマホケースは プラスチック制ハードケースが多いと思いますが 爪が短くて… ネイルしたばかりで… 変えたいけど外せない… そんな時は 引用元: 自分好みのデザインケースを探してみて 引用元: オススメの iPhoneケースを 紹介します 黒子のバスケ・iPhone5,iPhone5S共用 ちびキャラ・ハードケース と…その前に 黒子のバスケってなんだ? 調べました 「黒子のバスケ脅迫事件」の方が有名かもしれませんね 引用元: 引用元: 作品概要 読切版が第44回(2006年11月期)ジャンプ十二傑新人漫画賞を受賞 『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SPRINGに掲載 その後、本編が『週刊少年ジャンプ』2009年2号から2014年40号まで連載 ストーリー 帝光中学校バスケットボール部。 部員数は100を超え、全中3連覇を誇る超強豪校。 その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、 無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は、 「キセキの世代」と呼ばれている。 が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。 誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、 天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと 引用元: 【衝撃映像】黒子のバスケの必殺技を忠実に再現出来るNBAのバスケットマンが凄すぎる!! 今週の閲覧人気ランキング100• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:.

次の

黒子のバスケ脅迫事件の概要!犯人渡邊博史の動機&出所後の現在まとめ!

黒子 の バスケ 事件

ここまで説得力のある生きづらさについての本を他に知りません。 著者独自の造語を交えて語られる最終意見陳述は生きづらさを抱えてる人にぜひ読んでほしい。 (犯罪者が書いた本だから〜、黒バスファンだから許せない等色々思うところはあるかもしれませんが、 偏見抜きに読んで見てほしい) 今抱えている生きづらさはどこから来たものなのか。 日本社会で普遍の価値観とされているものは 絶対的なものなのか?考えるヒントが散りばめられているように思います。 以前ツイッターでSNSのおかげで人々の生活が見えやすくなり、努力も可視化されるようになった。 言い訳ができない時代になった。 (そしてそれは良いことだ)というようなツイートを見かけ胸が苦しくなったことを思い出しました。 多くのものが可視化される時代で、可視化されにくいものは無かったことにされてしまう。 でもそうしたものの中にこそ大事なものがあるように思います。 努力が足りないといわれる人は本当に努力が足りないのか?人はみな生い立ちも境遇も違うのい、なぜ他者に頑張りが足りないといえるのか? 歪んだ努力教が広まり、著者の言う、埒外の民、浮遊霊といった存在をどんどん追いやっていく社会に進んでいかないことを願います。 香山リカさんが言うように本当に人を傷つける犯罪ではなく良かった 経済的な被害と多くの人の気持ちは傷つけたかもしれませんが、傷害や殺傷事件だったら いくら示唆に富んだ文章を書いても生きづらさの参考図書として受け入れられることは難しかったでしょう。 (またこれは偶然ではなく著者は身体的な被害は出ないように細心の注意を払っていたことから本来優しい人物なのかなとも思います) 初めは奇怪な事件への好奇心で手に取りましたが思いがけず私にとって大事な本となりました。 著者はもう刑期を終えて出所しているのでしょうか?どうか平穏に暮らしていてほしいと願っています 黒子のバスケ事件については、概要は知っていましたが、あまり興味を持てなかったので本書も読んでいませんでしたが、ふとしたことで興味を持ち、読んでみました 感想としては、著者の家庭環境が劣悪だったことや学校時代に悲惨ないじめにあったことは同情しますが、なんでその怒りが会ったこともない漫画家に向かうのかがよく分からない・・・ そもそも、特に熱心なファンというわけでもないのに、この人なぜそこまで黒子のバスケの著者に執着してるんだろ?って正直思いました 自分が負け組で黒子のバスケの著者が勝ち組ゆえの妬みや憤りというのも、理解できない しょせん漫画家なんてヤクザな商売で、いくら一度売れたからって次の保証なんてなんもないわけで、一発当てて終わった漫画家なんてたくさんいるし、彼が勝ち組が憎いというならもっと他に憎むべき勝ち組はいるだろって思います わざわざ、全国の郵便局から脅迫状を何百通も送ったり、黒子のバスケの著者の母校を訪ねたり、なんかその行動力をもっと他に向けたほうがいいのではないかと・・・ 著者は出所後は自殺を宣言してたようですが、これだけの文章を書ける能力と行動力があれば、もっと他にできることはあるはずと思います インターネット上で見つけた最終意見陳述の一部抜粋を拝読し、本書を購入いたしました。 怪人801面相を名乗り、一連の犯行の真っ只中で匿名掲示板に書き込みを重ねていた「ぶっ飛んだ」容疑者として、ゲスな好奇心くらいしか抱いていなかった渡邊さんについて「知りたい」と思うようになったキッカケが、この最終意見陳述でした。 特に惹かれてしまった部分が、p. 257に掲載されている、渡邊さんの高校受験を強盗からの逃走に喩えた一節です。 この一節を拝読し、自分が何故、自分自身の過去の成功を「努力」の賜物と感じることができないのか、そしてなぜ自分自身のこれからの人生に興味を持つことができないのか、明確に理解できてしまいました。 また、高校時代の教師が「受験勉強を乗り越えるためには、大学合格後の人生に肯定的なストーリー(=夢)を、どんな小さなことでも良いから、一つでも多く心に抱くことが必要だ」と主張していたことを思い出しました。 イジメや児童虐待、あるいは児童乱用で「生きる力の源」すなわち「安心」が損なわれてしまった人間は、「夢」を持つことが出来ません。 より正確に言えば「夢」を持つという発想がありません。 渡邊さんのように地元一の進学校への合格が果たせたところで、合格の瞬間は、マラソンで一等賞のテープを切った歓喜の瞬間にはなり得ないのです。 それは、凶器を携えた強盗から死に物狂いで逃げ切った、倒れ込みそうになるほどの疲労感と向き合う瞬間にすぎないのです。 渡邊さんはイジメや虐待について、社会がどのように対処していくべきかということを多く語られております。 ひとつ、とても印象に残った主張は児童虐待の「虐待」(abuse)を「乱用」と社会が本来の意味で正しく理解するべきだ、というものです。 渡邊さんは「虐待の本質とは『両親が自身の欲望の充足のために子供を乱用する』ということ」だと主張されております。 思うに、日本社会が(文字通りの)暴力や、食事を与えないなどのネグレクトしか「虐待」と見なさないのは、日本の国教が「努力教」であることに起因しているのではないでしょうか。 たとえば漫画やアニメを禁止するなどの「変わった躾」程度で成人後も生きづらさを感じてしまう人間は根性が足りない、そんなものは社会で対処すべき問題ではない、殴られたり蹴られたりした訳ではないのだから寧ろ親に感謝しろ…等と主張したがる日本人が多いのは、それが努力教の教義であるからではないでしょうか。 未だに「黒子のバスケ脅迫事件」の動機は作者への嫉妬だという、誤った冒頭意見陳述に基づいた誤解が広がっております。 渡邊さんは精神科医の香山リカ氏から差し入れられた「消えたい 虐待された人の生き方から知る心の幸せ」を読み解き、冒頭意見陳述を撤回されております。 本書に全文が掲載されている最終意見陳述では、何故事件を起こしてしまったかということが「生ける屍」「浮遊霊」などの独自の造語を用いて緻密に分析されております。 そんな現代人の心理を読み解きつつ、虐待といじめがいかにして渡邊さんの認知を狂わせたのか、狂った認知を抱えて生きてきた渡邊さんが築いた社会との仮説の糸とは、そして「黒子のバスケ」の登場で仮説の糸を切られた渡邊さんの心理は…。 事件の動機は「作者への嫉妬」などという単純なものではなかったのです。 ところで、自分も、香山リカ女史が仰る通り罪名が「威力業務妨害」で良かったと思います。 犯罪の厳罰化や死刑制度、犯罪を減らすために取るべき手段をめぐる議論に関して渡邊さんも主張されていた通り、人は誰しも肉体的苦痛を恐れるものだからです。 仮に渡邊さんの罪名が「傷害罪」「殺人罪」などであったならば、渡邊さんの犯行で被害者が受けたであろう肉体的苦痛を想像し、あるいは、被害者が自分であったならばと想像し、恐怖から本書を手に取ることは出来なかったのではないかと思うのです。 最後に、自分も、渡邊さんのように、どうしても観たかったアニメを観ることを禁止されて育ちました。 自分の容姿が嫌いで、小学生時代には、文集の自画像を描くコーナーにありのままの自分の顔を描くことを拒否し、観たかったアニメのキャラクターを描きました。 クラスメイトからは奇異の目で見られ、教師には叱責されました。 それでも、自分の顔を描くことを拒否し続けました。 中学1年生の時に通っていた塾では、髪質を理由にいじめに遭い、退塾してしまいました。 (渡邊さんも指摘されていたように、塾でのいじめも存在するのです)そして、ひとりで勉強して進学校に合格を果たしたのですが、この時の「成功体験」について、思い出しても思い出しても、疲労感や恐怖感、そんなロクでもない感情しか込み上げてこないのです。 こうした自分自身の漠然とした生きづらさ、自分の人生に興味を持つことができないという感覚の根っこにある部分を分析するにあたり、本書は非常に役立ちました。 生きづらさの原因がわかったところで、「では、この生きづらさを乗り越えてやろう」などということを考えるポジティブさは到底持ち合わせておりません。 渡邊さんが出所後に取ろうと思われている手段と同じ結末を選択する運命にあるのではないかとすら感じております。 ただ、本書を読ませていただいたことで、恨むべき対象をしっかりと認識することができたことは本当に良かったです。 アニメの中のキャラクターに自己投影することで自分の醜さから一時的にでも逃れることを許してくれなかった親へのささやかな仕返しとして、生まれ持った醜い容姿に殺されてしまった自己肯定感の復讐として、1箇所だけ、美容整形をしたのです。 1箇所だけの整形では大して顔の印象も変わらず、写真に写った自分の顔は醜いままです。 ただ、恨むべき対象に、小石を投げつける程度のことはやってやったのだと思うと、ちょっとだけ自分のことも許してやれるような気がしてきました。 本書は、生きづらさを読み解くための教本として、生涯手元に置いておきたいと思います。 「努力」したくてもできない環境で育つと人間はどうなるのか、虐待やいじめを受け続けて育った人間は自己と周囲をどう規定するのかが、この本には書かれている。 内容は、前半は犯行の経緯や実行した際の詳細な描写、後半はなぜそうなるに至ったかの自己考察と大きく2部に分かれている。 前半は厭世観に満ちた、綿密に描きこまれたサスペンスのような様相だが、後半になると色合いが変わる。 なぜ自分は加害者となったのかを、子供時代の虐待やいじめの経験から読み解いていくのだが、これらの経験が凄まじい。 彼は漫画やアニメを筆頭に勉強に至るまで、「子供が楽しみや達成感を感じることは何であれ悪である」とする両親のもとで育った。 そこには両親なりの思惑があり、それこそが事件の引き金を引いたモノなのだが、詳細はここでは述べない。 著者はマスコミが騒いだように、「黒子のバスケ」の作者の藤巻氏自身を妬んだわけではなかった。 これは藤巻氏や「黒子のバスケ」が持つ様々な要素が、偶然にも、歪んだままながらぎりぎり安定を保っていた彼の認知を崩してしまいそうになった結果、「自分」を取り戻そうとするために行った犯行だったのだと思う(もちろん、だとしても事件を起こしたのは悪いことだ)。 行きつく先に死を思い描いていたのだとしても。 著者はとくに後半で、「自分の動機はほとんどの人には理解できないだろう」といっているが、はたしてそうだろうか。 著者ほど極端ではないにしても、現代に生きる人たちの中にも、様々な理由で多かれ少なかれつながりや安心感に不安を持ち、努力の万能性や、努力は自己責任であるということにわずかな疑問を覚えている人はいるのではないだろうか。

次の

生ける屍の結末 「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相を読んだ

黒子 の バスケ 事件

「黒子のバスケ」脅迫事件を覚えているだろうか。 2012年、人気マンガ「黒子のバスケ」(集英社)のイベントやタイアップ商品が売られているコンビニ、書店などを標的に、何通もの脅迫状が送られた。 実際には健康被害を受けた人はいなかったが、イベントの中止や商品の撤去を余儀なくされたケースもあった。 そして昨13年、30代半ばの男性が逮捕され、今年になって裁判が行われていたのだ。 判決公判は14年8月21日に行われ、渡邊博史被告人に対して求刑通り懲役4年6カ月の実刑判決がくだされた。 それを受けて渡邊被告人は「謝罪はしない」としてきた従来の姿勢を変えずにコメントを発表し、「努力教の自明性に溺れたお前らが納めた税金で、自分はプリズンニート生活を満喫させてもらうわ」といった挑発的な部分が大きく報道された。 私はこの被告人と小さな接点を持っている。 脅迫状は「創」(創出版)という雑誌にも送られ同誌がそれを掲載したこともあって、篠田博之編集長は犯人逮捕後も拘置所に出かけて接見を重ねている。 3月の初公判で読み上げられた冒頭意見陳述で、渡邊被告人は自らの心の内を自分なりの言葉で分析しようとしていた。 それを見た篠田編集長は、「彼、心の中に問題を抱えているよね。 今度、接見に行くときに差し入れる本を推薦して」と同誌に連載コラムを持っている私に依頼してきたのだ。 その意見陳述を読み、私は、彼がわが子を「醜い」と否定してばかりの母親、アニメを見るだけで殴る、蹴るといった厳しすぎる父親のもとで育ち、小学校に入学してからはひどいいじめにあい、教師に訴えてもまったく相手にされなかったことを知った。 彼自身は自分の犯罪は格差社会の中で「負け組」となった人間が成功者に嫉妬して起こしたもの、と述べていたのだが、話はそんなに単純ではないと感じた。 私は精神科医の高橋和巳氏の「消えたい」(14年、筑摩書房)という本を推薦した。 高橋氏は、虐待を受けておとなになった人は、私たちとはまったく異なる世界に棲んでいるようだ、と書いている。 同書の中で、ある女性が振り返る。 「家の中で、私はいるけど、いない。 私の居場所はなかったし、私はいなかった」。 誰にも自分を認めてもらえず、気持ちも共有してもらえないまま育つと、ついには自分自身でも自分が存在しているのかいないのか、わからなくなってしまうと言うのだ。 渡邊被告人はこの本を熱心に読んでくれたようで、最終意見陳述ではやや興奮したような文体で「社会的存在」になれずにきた自分は「生ける屍」だった、と述べる。 そして、最初に記したように、何も疑わずに目標を持って努力する人たちを「努力教」と揶揄しながらも、それにすらなれなかった自分に絶望もしている。 被告人にとってあるとき出会った「黒子のバスケ」という大ヒット作品の作者は、「『夢を持って努力ができた普通の人たち』の代表」に見えたのだという。 誰からも「そこにいていいんだよ」と自分の存在さえ保証してもらえずにきた被告人にとっては、自分の話を聞いてくれる検事らがいて、エアコンがきいている安全な部屋が与えられ、バランスの取れた食事が出てくる拘置所は、生まれてはじめて経験する快適な場所なのだという。 逆に言えば、これまではそれくらい劣悪な環境で、「私はいるけど、いない」と感じながら生きてこなければならなかった、ということだ。 もちろん、だからといって作者やたくさんのファンを恐怖に陥れ、大きな迷惑をかけた彼のやったことが正当化されるというわけではない。 ただ、これくらい考える力、表現する力を持っていた彼を、これまでただのひとりも認めたりほめたり、いっしょに楽しんだり悲しんだりしてくれるおとながいなかった、というのは不幸そのものであることはたしかだ。 もっと言えば、この豊かに見えるいまの日本にも、彼のような人間は無数にいる。 ぜひネットや先の雑誌に公開されている「黒子のバスケ」脅迫犯の一連の発言を読み、親による心理的虐待やおとなの無関心が子どもの成長にもたらす恐ろしい影響について考えてみてほしい。

次の