アイル ベータ 配合 点眼 液。 緑内障の目薬はいつ使うのがいい?

処方日数制限がある医薬品一覧【新薬】【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

アイル ベータ 配合 点眼 液

過敏症 、 接触皮膚炎 、 丘疹 、 発疹 、 紅斑 、 蕁麻疹 、 角膜炎 、 不快 、 浮腫 、 眼瞼紅斑 、 眼瞼浮腫 、 眼瞼障害 、 眼瞼下垂 、 眼瞼そう痒症 、 眼瞼炎 、 アレルギー性眼瞼炎 、 マイボーム腺梗塞 、 結膜濾胞 、 結膜蒼白 、 結膜出血 、 麦粒腫 、 虹彩炎 、 白内障 、 硝子体剥離 、 硝子体浮遊物 、 眼異常感 、 眼異物感 、 眼脂 、 眼痛 、 眼灼熱感 、 霧視 、 眼乾燥 、 眼精疲労 、 疲労 、 流涙増加 、 視覚障害 、 視野欠損 、 視力低下 、 縮瞳 、 角膜知覚低下 、 複視 、 眼底黄斑部浮腫 、 眼底黄斑部混濁 、 角膜混濁 、 低血圧 、 高血圧 、 動悸 、 頻脈 、 徐脈 、 不整脈 、 失神 、 レイノー現象 、 四肢冷感 、 鼻刺激感 、 鼻乾燥 、 鼻炎 、 副鼻腔炎 、 咳嗽 、 気管支炎 、 咽頭炎 、 浮動性めまい 、 回転性めまい 、 耳鳴 、 頭痛 、 感覚異常 、 悪夢 、 うつ病 、 抑うつ 、 傾眠 、 不眠症 、 重症筋無力症増悪 、 無力症 、 味覚異常 、 口内乾燥 、 口渇 、 悪心 、 胃腸障害 、 消化不良 、 腹痛 、 下痢 、 インフルエンザ症候群 、 感冒 、 呼吸器感染 、 疣贅 、 貧血 、 気分不良 、 倦怠感 、 脱力感 、 筋肉痛 、 胸部圧迫感 、 血中ビリルビン増加 、 血中ブドウ糖増加 、 血中トリグリセリド増加 、 血中尿酸増加 、 高コレステロール血症• 1. 重大な副作用 11. 1.1. 眼類天疱瘡(頻度不明):結膜充血、角膜上皮障害、乾性角結膜炎、結膜萎縮、睫毛内反、眼瞼眼球癒着等があらわれることがある。 3参照〕。 4、9. 1.3、9. 1.4参照〕。 1.4. 脳虚血、脳血管障害(いずれも頻度不明)。 1.5. 全身性エリテマトーデス(頻度不明)。 2. その他の副作用 1). 過敏症:(頻度不明)接触皮膚炎、丘疹、発疹、紅斑、蕁麻疹。 3). 循環器:(頻度不明)低血圧、高血圧、動悸、頻脈、徐脈等の不整脈、失神、浮腫、レイノー現象、四肢冷感。 4). 呼吸器:(頻度不明)鼻刺激感、鼻乾燥、鼻炎、副鼻腔炎、咳嗽、呼吸困難、気管支炎、咽頭炎。 5). 精神神経系:(頻度不明)浮動性めまい、回転性めまい、耳鳴、頭痛、感覚異常、失神、悪夢、うつ病、抑うつ、傾眠、不眠症、重症筋無力症増悪。 6). 消化器:(頻度不明)味覚異常、口内乾燥、口渇、悪心、胃腸障害、消化不良、腹痛、下痢。 7). 感染症:(頻度不明)インフルエンザ症候群、感冒、呼吸器感染。 8). その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. 低出生体重児、新生児、乳児又は2歳未満の幼児〔9. 7.2参照〕。 3. 気管支喘息又はその既往歴のある患者、気管支痙攣又は重篤な慢性閉塞性肺疾患のある患者[喘息発作の誘発・喘息発作増悪がみられるおそれがある]〔11. 1.2参照〕。 4. コントロール不十分な心不全、洞性徐脈、房室ブロック<2・3度>又は心原性ショックのある患者[これらの症状を増悪させるおそれがある]〔11. 1.3参照〕。 (重要な基本的注意) 8. 2. 眠気、めまい、霧視等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事する場合は注意させること。 3. 縮瞳剤からチモロールマレイン酸塩製剤に切り替えた場合、縮瞳作用の消失に伴い、屈折調整を必要とすることがあることから、本剤投与の際も注意すること。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 脳血管障害、起立性低血圧のある患者:血圧低下により、症状が悪化するおそれがある。 1.2. 心血管系疾患のある患者:血圧及び脈拍数の変動により、症状が悪化するおそれがある。 1.3. 肺高血圧による右心不全のある患者:肺高血圧症による右心不全の症状を増悪させるおそれがある〔11. 1.3参照〕。 1.4. うっ血性心不全のある患者:うっ血性心不全の症状を増悪させるおそれがある〔11. 1.3参照〕。 1.5. 糖尿病性ケトアシドーシス及び代謝性アシドーシスのある患者:アシドーシスによる心筋収縮力の抑制を増強するおそれがある。 1.6. コントロール不十分な糖尿病のある患者:血糖値に注意すること(低血糖症状をマスクすることがある)。 1.7. 閉塞隅角緑内障の患者:使用経験がない。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(チモロールマレイン酸塩は、ヒト母乳中へ移行することがあり、また、ブリモニジン酒石酸塩は、動物実験(ラット:経口投与)で乳汁中に移行することが報告されている)。 (小児等) 9. 7.1. 小児等を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。 7.2. 低出生体重児、新生児、乳児又は2歳未満の幼児には投与しないこと。 外国での市販後において、ブリモニジン酒石酸塩点眼液を投与した乳児に無呼吸、徐脈、昏睡、低血圧、低体温、筋緊張低下、嗜眠、蒼白、呼吸抑制及び傾眠があらわれたとの報告がある〔2. 2参照〕。 7.3. 外国での臨床試験において、0. (高齢者) 一般に生理機能が低下している。 (相互作用) チモロールは、主としてCYP2D6によって代謝される。 2. 併用注意: 1). 降圧剤[降圧作用を増強する可能性がある(相加的に降圧作用が増強されると考えられる)]。 2). 中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体、オピオイド系鎮痛剤、鎮静剤、麻酔剤等)、アルコール[鎮静作用を増強する可能性がある(相加的に鎮静作用が増強されると考えられる)]。 3). モノアミン酸化酵素阻害剤[血圧変動に影響する可能性がある(ノルアドレナリンの代謝及び再取り込みに影響すると考えられる)]。 4). オミデネパグ イソプロピル[チモロールマレイン酸塩併用例で結膜充血等の眼炎症性副作用の発現頻度の上昇が認められた(機序不明)]。 5). アドレナリン、ジピベフリン塩酸塩[散瞳作用が助長されたとの報告がある(機序不明)]。 8). カルシウム拮抗剤(ベラパミル塩酸塩、ジルチアゼム塩酸塩)[房室伝導障害、左室不全、低血圧を起こすおそれがある(相互に作用が増強される)]。 9). ジギタリス製剤(ジゴキシン、ジギトキシン)[心刺激伝導障害<徐脈・房室ブロック等>があらわれるおそれがある(相加的に作用(心刺激伝導抑制作用)を増強させる)]。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 患者に対し次の点に注意するよう指導すること。 ・ 薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意すること。 ・ 点眼に際しては、原則として仰臥位をとり、患眼を開瞼して結膜嚢内に点眼し、1〜5分間閉瞼して涙嚢部を圧迫させた後、開瞼すること。 ・ 他の点眼剤を併用する場合には、少なくとも5分以上間隔をあけてから点眼すること。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

アイベータ配合点眼液

アイル ベータ 配合 点眼 液

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 重大な副作用• 眼類天疱瘡 頻度不明 :結膜充血、角膜上皮障害、乾性角結膜炎、結膜萎縮、睫毛内反、眼瞼眼球癒着等があらわれることがある。 3参照〕。 4、9. 3、9. 4参照〕。 脳虚血、脳血管障害 いずれも頻度不明。 全身性エリテマトーデス 頻度不明。 その他の副作用• 過敏症: 頻度不明 接触皮膚炎、丘疹、発疹、紅斑、蕁麻疹。 循環器: 頻度不明 低血圧、高血圧、動悸、頻脈、徐脈等の不整脈、失神、浮腫、レイノー現象、四肢冷感。 呼吸器: 頻度不明 鼻刺激感、鼻乾燥、鼻炎、副鼻腔炎、咳嗽、呼吸困難、気管支炎、咽頭炎。 精神神経系: 頻度不明 浮動性めまい、回転性めまい、耳鳴、頭痛、感覚異常、失神、悪夢、うつ病、抑うつ、傾眠、不眠症、重症筋無力症増悪。 消化器: 頻度不明 味覚異常、口内乾燥、口渇、悪心、胃腸障害、消化不良、腹痛、下痢。 感染症: 頻度不明 インフルエンザ症候群、感冒、呼吸器感染。 その他: 0. 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 低出生体重児、新生児、乳児又は2歳未満の幼児〔9. 2参照〕。 気管支喘息又はその既往歴のある患者、気管支痙攣又は重篤な慢性閉塞性肺疾患のある患者[喘息発作の誘発・喘息発作増悪がみられるおそれがある]〔11. 2参照〕。 コントロール不十分な心不全、洞性徐脈、房室ブロック 2・3度 又は心原性ショックのある患者[これらの症状を増悪させるおそれがある]〔11. 3参照〕。 重要な基本的注意• 眠気、めまい、霧視等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事する場合は注意させること。 縮瞳剤からチモロールマレイン酸塩製剤に切り替えた場合、縮瞳作用の消失に伴い、屈折調整を必要とすることがあることから、本剤投与の際も注意すること。 特定の背景を有する患者に関する注意 合併症・既往歴等のある患者• 脳血管障害、起立性低血圧のある患者:血圧低下により、症状が悪化するおそれがある。 心血管系疾患のある患者:血圧及び脈拍数の変動により、症状が悪化するおそれがある。 肺高血圧による右心不全のある患者:肺高血圧症による右心不全の症状を増悪させるおそれがある〔11. 3参照〕。 うっ血性心不全のある患者:うっ血性心不全の症状を増悪させるおそれがある〔11. 3参照〕。 糖尿病性ケトアシドーシス及び代謝性アシドーシスのある患者:アシドーシスによる心筋収縮力の抑制を増強するおそれがある。 コントロール不十分な糖尿病のある患者:血糖値に注意すること 低血糖症状をマスクすることがある。 閉塞隅角緑内障の患者:使用経験がない。 授乳婦 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること チモロールマレイン酸塩は、ヒト母乳中へ移行することがあり、また、ブリモニジン酒石酸塩は、動物実験 ラット:経口投与 で乳汁中に移行することが報告されている。 小児等• 小児等を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。 低出生体重児、新生児、乳児又は2歳未満の幼児には投与しないこと。 外国での市販後において、ブリモニジン酒石酸塩点眼液を投与した乳児に無呼吸、徐脈、昏睡、低血圧、低体温、筋緊張低下、嗜眠、蒼白、呼吸抑制及び傾眠があらわれたとの報告がある〔2. 2参照〕。 外国での臨床試験において、0. 高齢者 一般に生理機能が低下している。 相互作用 チモロールは、主としてCYP2D6によって代謝される。 併用注意:• 降圧剤[降圧作用を増強する可能性がある 相加的に降圧作用が増強されると考えられる ]。 中枢神経抑制剤 バルビツール酸誘導体、オピオイド系鎮痛剤、鎮静剤、麻酔剤等 、アルコール[鎮静作用を増強する可能性がある 相加的に鎮静作用が増強されると考えられる ]。 モノアミン酸化酵素阻害剤[血圧変動に影響する可能性がある ノルアドレナリンの代謝及び再取り込みに影響すると考えられる ]。 オミデネパグ イソプロピル[チモロールマレイン酸塩併用例で結膜充血等の眼炎症性副作用の発現頻度の上昇が認められた 機序不明 ]。 アドレナリン、ジピベフリン塩酸塩[散瞳作用が助長されたとの報告がある 機序不明 ]。 カルシウム拮抗剤 ベラパミル塩酸塩、ジルチアゼム塩酸塩 [房室伝導障害、左室不全、低血圧を起こすおそれがある 相互に作用が増強される ]。 ジギタリス製剤 ジゴキシン、ジギトキシン [心刺激伝導障害 徐脈・房室ブロック等 があらわれるおそれがある 相加的に作用 心刺激伝導抑制作用 を増強させる ]。 適用上の注意• 薬剤交付時の注意 患者に対し次の点に注意するよう指導すること。 ・ 薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意すること。 ・ 点眼に際しては、原則として仰臥位をとり、患眼を開瞼して結膜嚢内に点眼し、1~5分間閉瞼して涙嚢部を圧迫させた後、開瞼すること。 ・ 他の点眼剤を併用する場合には、少なくとも5分以上間隔をあけてから点眼すること。 保管上の注意 室温保存。

次の

緑内障の目薬はいつ使うのがいい?

アイル ベータ 配合 点眼 液

製薬会社 製造販売元:千寿製薬(株) 販売:武田薬品工業(株) 提携:大塚製薬(株) 効能・効果 緑内障、高眼圧症(他の緑内障治療薬が効果不十分な場合) 用法・用量 1回1滴、1日2回点眼する。 収載時の薬価 456. 00円(1日薬価:45. ほとんどがシュレム管による主経路ですが、一部、ブドウ膜強膜による副経路ですね。 しかし緑内障では様々な原因によって上記の排出経路が障害されて眼の中に貯留してしまいます。 また、緑内障は原因によって大きく以下の分類があります。 隅角が開いている「 原発開放隅角緑内障」と、 隅角が閉じている「 原発閉塞隅角緑内障」に分類される。 緑内障の治療 緑内障の治療の原則は 眼圧を下げることです。 主な治療には以下がありますが、「原発 開放隅角緑内障」の場合は主には薬物治療が基本となります。 薬物治療• レーザー治療• 手術 薬物治療のうち、局所投与薬(点眼薬等)には以下の選択肢があります。 炭酸脱水酵素阻害薬• 副交感神経刺激薬• イオンチャネル開口薬• ROCK阻害薬 主には 眼房水の産生抑制、もしくは 排出促進ですね。 最近では、新規作用機序の プロスタノイドEP2受容体作動であるエイベリス(一般名:オミデネパグ)も登場してきました。 基本は 単剤から治療を開始しますが、眼圧が十分に下がらない場合、別の単剤への切り替え(作用機序の異なる薬剤等)、もしくは副作用に注意しながら 併用療法が行われます。 このようにチモロール単剤で効果不十分な場合、アイベータにすることでより眼圧低下が期待できますね。 副作用・注意事項 重大な副作用として、• 眼類天疱瘡(頻度不明)• 気管支痙攣、呼吸困難、呼吸不全(いずれも頻度不明)• 心ブロック、うっ血性心不全、心停止(いずれも頻度不明)• 脳虚血、脳血管障害(いずれも頻度不明)• 全身性エリテマトーデス(頻度不明) などが挙げられていますので特に注意が必要です。 気管支喘息• 気管支痙攣• 重篤な慢性閉塞性肺疾患• コントロール不十分な心不全• 洞性徐脈• 房室ブロック• 心原性ショック.

次の