ピル 市販。 ピル(避妊薬)とサプリメント・薬・食べ物|飲み合わせで効果が落ちる?

ピルは薬局やドラッグストアで購入可能?

ピル 市販

Contents• 日本でピルが普及しないワケ 日本の薬局でピルが売っていないのはなぜ? ピルは避妊効果はもちろん、ニキビやPMS(生理前症候群)の改善や、月経のコントロールにも効果があり、特に海外では薬局で販売しているところあり、多くの女性が服用しています。 しかし、なぜ日本ではピルの普及が遅れているのでしょうか? なぜ薬局に販売しない?市販化を見送られた理由 日本では、安全で効果が高い薬を薬局で購入できます。 それは薬事法によって精度高く管理されているからです。 ですが、その薬事法によって気軽に購入できない薬もあることは事実です。 ピルはその一つの医薬品と言えるでしょう。 海外では薬局はもちろんのこと、自動販売機などでも購入できます。 日本では医師の処方箋がないと購入できないとされています。 また、薬局でのピルの販売は、 「薬局で薬剤師が使用方法について説明することが困難」「手軽に購入できると安易な使用が増えてしまう」と懸念され、薬局での販売化が見送られています。 日本で普及しにくい理由は病院での処方が高いハードルに。 最初一歩を踏み出しにくい現状 上記のように、薬局等ではピルの販売はできないシステムになっています。 日本でピルの普及が遅れている原因のひとつは、病院での処方でしか手に入らないからと考えられます。 日本では1999年まで、低用量ピルが認可されていませんでした。 それ以降徐々に低用量ピルは浸透してきましたが、市販化は見送られてきています。 日本でのピルの購入方法は、病院で処方されるしかありません。 医師の処方箋がないと国内で認可されたピルを入手できないシステムになっています。 安全面を考えるとかなり信頼度が高いですが、同時にピルを入手するためには医師の診察が必要となり、ピルを入手するための最初の一歩が踏み出しにくい現状があると言わざるを得ません。 女性にとって、婦人科の検診は恥ずかしさもありハードルが高いと言えますし、地方では婦人科が少なく通院しにくい現状もあります。 を利用して、海外から通販で購入できるサービスもありますが、日本ではほとんど浸透していない現状があります。 副作用や避妊のマイナスイメージが強すぎる?? さらにメディア中心に、 副作用などのリスクの報道が多いことや、 「ピル=避妊」のイメージが強すぎて、高年齢の方中心に良いイメージはあまりないようです。 確かに副作用の中には、何万人に1人ほどの確率でもあります。 しかし、正しい使用方法で服用することや、事前に血栓症体質かを調べることによって回避できるので、医師の診断の上服用すれば安全に服用できます。 また、「ピル=避妊」のイメージが強いかもしれませんが、実はピルには 「ニキビの改善」「月経のコントロール」「生理前後のイライラや生理痛の緩和」などの効果も得られ、避妊だけではなく、女性の毎月の憂鬱な想いを解決してくれる薬なのです。 を合わせてご覧ください。 ピル服用の効果を正しく理解しよう ピルは医薬品です。 ピルについて正しい知識を得てから服用しましょう。 ピルを飲むことによって避妊するメカニズム まず、ピルはどんな薬でどんな仕組みで妊娠を防ぐのかについて解説したいと思います。 ピルの主成分ですが、実は女性ホルモンなんです。 女性の卵巣から分泌される【卵胞ホルモン(エストロゲン】と【黄体ホルモン(プロゲステロン)】が主成分となっています。 これらのホルモンを含んだピルを飲むことによって、脳が妊娠に必要なホルモンがもうすでに分泌されたと勘違いします。 その結果、卵巣からのホルモンが抑えられ、排卵が抑制され妊娠しなくなるという仕組みです。 さらに、万が一排卵があっても、ピルには子宮内膜が厚くなることを防ぐ効果もあり、受精卵が子宮内に着床しずらい環境をつくります。 脳が「妊娠した」と勝手に思い込んでいるので、身体は「もう妊娠できない」状態になるのです。 ピルの種類には大まかに2つあります。 毎日飲んでこの状態を作り出し、「事前に妊娠しない状況を作る」低用量ピルと、避妊に失敗するなどの理由で急遽服用するアフターピルがあります。 をご覧ください。 避妊以外の効果とは 一般的には、ピルは避妊というイメージが大きいと思います。 実際に避妊を目的としてピルを服用する女性も多いですが、実は他にも女性に嬉しい効果がいくつかあります。 ピルに期待する効果 ・避妊効果 ・ニキビの改善 ・不正出血・生理痛の軽減 ・月経のコントロール(生理が来る日を完全にコントロール) ・予定に合わせて生理日を変更できる ・PMS(生理前症候群)の改善 ピルを服用することによって、女性特有の様々な悩みの解決に繋がります。 例えば、男性ホルモンを抑制するピルを飲めばニキビの改善をすることができます。 また、ほとんどの低用量ピルは28日周期で月経周期をコントロールします。 生理日をコントロールすることによって、旅行やデートなどのプランも立てやすくなったり、大事な仕事や試合の場合でも生理日を変更することもできます。 ピル服用に不向きな人って? ピルを服用すると、めったにありませんがなどのリスクも高まる可能性があります。 血栓症のリスクが高まる方は服用できません。 例えば 、「血栓症体質」「35歳以上でタバコを1日15本以上する人」「女性ホルモン剤やピルでアレルギーを経験したことがある人」「妊娠中、授乳中」の方は服用できない人に該当します。 その他にもピルを服用できないと診察される場合があります。 初めてピルを服用する際は、婦人科等で診察を受けましょう。 さいごに 日本でのピルの普及はまだまだ先かもしれません。 値段も外国より高いですし、病院でしか入手できないことは購入のハードルが高すぎると言えるでしょう。 しかし、外国では薬局や自動販売機でも売っている薬です。 しっかり知識をもって正しく服用すれば、かなり女性には嬉しい薬と言えます。 望まない妊娠を前もって防ぐこともできるはずです。 ピルの情報が正しく認知され、日本にピルが普及する日を待ち望んでいます。

次の

スマルナ

ピル 市販

噂になることを恐れ受診できない こんな国内事情から、アフターピルのオンライン診療に踏み切る医療機関が出始めている。 その一つが、都内の新宿駅に直結するビルで開業している「ナビタスクリニック新宿」(医療法人社団・鉄医会)。 2018年9月からアフターピルをオンライン診療のみで処方する窓口を開設したところ、初日から利用や問い合わせが相次いだ。 それから1カ月余り、「すでに数十件の利用実績があります」と同院理事長で内科医の久住英二さん。 「日本ではアフターピルを処方していない産婦人科も多いし、地方の小さい町だと、その町に1軒しかない産婦人科を受診したら、すぐに噂になることを恐れて受診できないといった声も聞きます。 海外では薬局で買える市販薬で、安全性は問題にはならない。 望まぬ妊娠を避けるためにも、オンライン診療で対面診療のハードルを下げ、薬を手に入れやすくすることが大事だと考えました」 (久住さん) オンライン診療は「次善の策」 久住さんが個人輸入して処方している『エラ錠』は、服薬の効果があるのは性交後5日(120時間)以内。 国内で承認されている『ノルレボ錠』の場合は3日(72時間)以内だ(写真はイメージです)。 Getty Images オンライン診療とは、スマートフォンやパソコンを通じオンライン上で医師の診察を受ける医療。 これまで、原則医師との対面診療しか認められていなかったのだが、2018年4月からオンライン診療が保険適用となった。 ただし、ガイドラインには「原則として初診は対面診療で」「その後も同一の医師による対面診療を適切に組み合わせて行う」と記載され、厚生労働省はさまざまな規制をかけている。 まだ、ゆっくりソロソロと動き出した試運転のような段階なのだ。 関連記事: ただし例外として、患者がすぐに適切な医療を受けられない場合などに限っては、対面による初診を省くことを認めている。 アフターピルについてこの「例外」が認められるか厚労省に問い合わせたところ、「やはり初診は対面診療が原則。 不適切な事例の可能性がある」との回答だった。 久住さんは、こう指摘する。 「 『緊急』避妊薬なんですから、処方にあたり重視すべきなのは迅速性です。 初診の人にもすぐに薬を届けられなければ意味がない。 私が本当にやりたいのは、一般の薬局でこの薬を入手しやすくすること。 今はそれができないから、次善の策としてオンライン診療という選択をしている」 市販化を望む声は9割 これまでにも、性暴力の被害者を支援する団体などからアフターピルの市販化を求める声が高まっていた。 にもかかわらず、日本ではなぜ市販化が見送られたのか? 2017年には医師や薬剤師らで構成する厚労省の検討会が会議を重ね、市販化を議論した。 だが、日本産科婦人科学会などから選出された検討委員のメンバーは、「薬局で薬剤師が説明するのが困難」「安易な使用が広がる」などと反対意見を表明し、市販化は見送られた。 その後、 厚労省がパブリックコメントを募集したところ、市販化に賛成する意見が348件のうち320件で9割を超えていた。 反対意見は28件だった。 宋美玄さんは「産みたい時に産む、ではダメなんですか」と問題提起する。 宋さん提供 東京・丸の内でクリニックを開業する産婦人科医の宋美玄(そん・みひょん)さんは、女性の「リプロダクティブ・ヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康・権利)」の観点からこう話す。 「先進国の日本でアフターピルが市販化されていないなんて、情けないですよ。 コンドームは普通に薬局やコンビニで買えるのに。 OTC化(一般医薬品化)が蹴られた時も、『認めたら、女性がふしだらになる』といった論調で語る人がいたけれど、要は、バースコントロールでしょう? 女性が産みたい時に産む、じゃダメなんですか?と言いたい」 宋さんは、こうも指摘する。 「そもそも女性が主体的に選択できる避妊の方法が、日本では限られているんです。 本来、低用量ピル(低用量経口避妊薬)を飲めば、簡単かつ安全に生理予定日をコントロールできる。 日本人の約8割が避妊法として選ぶコンドームの失敗率は3%から14%なのに対し、低用量ピルは正しく飲めば避妊の失敗率は0. それなのに、日本での認可は1999年とアメリカよりも40年遅れ、やっと保険が認可されても薬価をかなり高く設定されて、いまだに使いづらい状態のままです」 妊娠したら体良く自主退学 女性が主体的に選択できる避妊法にアクセスしづらい環境は、どんな影響をもたらすのか? 文部科学省副大臣政務秘書官を務めた後、全日制・通信制高校の校長として「10代の性」 の現実と向き合った経験がある鈴木朝雄さんは、性交渉の低年齢化とともに、10代の人工妊娠中絶を増やす結果につながる懸念もあると見ている。 「日本の性教育の問題を考えないと。 日本では『性行為、性交、セックス』なんて言葉はご法度だと、表面的な話しかしない学校がほとんど。 避妊の方法は一応、コンドームを見せるだけ。 あとはうやむやにして教えない。 正しい性教育をしないでおいて、10代の女の子たちが毎日40人も人工妊娠中絶手術を受けている現実があるんです」 厚労省の「衛生行政報告例の概要」によると、平成28(2016)年度の人工妊娠中絶の実施数は、年間で16万8015件。 そのうち、10代の中絶は1割近い、1万4666人に上る。 1日に換算すると約42件にも及ぶ。 Shutterstock 「私は、中絶はできればしない方がいいと思っています。 今や高校生になると、性経験のある人の割合は女子は4人に1人。 男子は7人に1人という現実がある中、 日本の学校の多くは、女子高生が妊娠したら単位不足だとか本人の都合だとか理由をつけて、体良く自主退学へと仕向ける。 それって、公然のマタハラですよ」(鈴木さん) 鈴木さんによると、お金のない10代の子はネットで法外な値段で出回る偽物のアフターピルや中絶費用を稼ぐために援助交際をしていた事例もあるという。 であれば、妊娠しない仕組みや手段を、彼ら彼女らに広めることが先決だ。 「アフターピルは、避妊に失敗したり性暴力の被害を受けたりした緊急時に望まない妊娠を高い割合で防ぐことができるからこそ、正しい知識を伝えるとともに、ネットを通して医師より入手しやすくしてもらえたら、中絶も減るはずです」 避妊方法の選択の仕方について、産科医の宋さんはこうアドバイスする。 「セックスに安全日はないんです。 コンドームも適切に使用しても失敗する可能性はある。 いざという時はあるわけで、アフターピルという手段があることは知っておいてほしい。 だからといって、コンドームはつけなくていいわけじゃない。 性行為によるHIV感染や、クラミジア・淋菌感染症などの性感染症を防ぐには、コンドームが有効ですから」 さらに、妊娠回避の「最後の手段」と言われるアフターピルも妊娠阻止率は100%ではないという。 「夫婦間など定期的にセックスをするパートナーがいる人には、避妊効果の高い低用量ピルを適切に使うことをお勧めします」(宋さん).

次の

スマルナ

ピル 市販

概要 [ ] 経口避妊薬(以下「ピル」)は、にで開発され、広く普及した。 世界で1億人のが服用するとされるが、使用状況は国ごとに大きく異なる。 アメリカでは1200万人の女性が使用し 、では16 - 49歳の女性の3分の1が内服している。 成分にとが含まれ、これによりを抑制する。 避妊の機序は、• 排卵の抑制• 粘液の性状の変化(の子宮内侵入を抑制)• の変化(の抑制) である。 正しく服用した場合のの確率は、はピルで0. 3、避妊手術で0. 1 - 0. 1 - 0. 15 - 0. 1 - 0. 避妊以外にも、周期の変更やの緩和、の治療などに使われる。 かつては高用量ピル・中用量ピルが用いられていたが、の低減を目的として、低用量ピル・超低用量ピルが開発されて主流となっている。 では、以前から治療目的の、ホルモン量が低用量ピルの10倍程度の中用量ピルが認可されていたが、(11年)になって、ようやく目的の低用量ピル( oral contraceptive OC )が認可され、(平成20年)に月経困難症の治療薬として認可された。 避妊用としては、低用量ピルが主流になっている。 のみを含むピルは「ミニピル 」と呼ばれ、授乳中など卵胞ホルモンがである場合に処方されるが、日本では未認可である。 生理開始日から、1日1錠を決まった時間に21日間服用し、その後の7日間服用を休む周期が基本となる。 したがって、も殆どが1シート21錠入りのもの(使いきった後の7日間は服用しない)か、28錠入りのもの(7日分には、有効成分が全く入っていない「の塊」)である。 日本で経口避妊薬を入手するには、の診察を受け、健康状態を考慮して、を受ける必要があるである。 服用できない場合 [ ] 一般に下記の症状がある人には使用できない(禁忌)。 成分に過敏性素因がある人• ・・及びその疑いのある人• 診断の確定していない異常性器出血のある人• ・・・及びこれらの疾患にかかったことのある人• 35歳以上で1日15本以上のタバコをする人• 前兆のあるの患者• 又はを合併するの患者、になったことのある心臓弁膜症の患者• 、など血管病変を伴う患者• 血栓性素因のある人• の患者• 手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内及び長期間安静状態の人• 重篤ながある人• がある人• 脂質代謝異常のある人• の人(軽度の高血圧の患者は除く)• 耳硬化症の人• 妊娠中に、又はの症状が出たことのある人• 妊娠又は妊娠している可能性のある人• 授乳婦• 骨成長が終了していない可能性がある人• 重篤な腎障害、又はのある人(これが禁忌に入っているのは黄体ホルモンとしてドロスピレノンを含有する製剤のみ) また糖尿病患者やの人、年齢が40歳以上の人、の患者、乳癌の家族歴又は乳房に結節のある人、血栓症の家族歴を持つ人、喫煙者、、心臓弁膜症やの患者などは、慎重な投与をすることが求められている。 副作用 [ ] 片頭痛、、、イライラ、減退、、などがあげられる。 また、よくピルの服用による体重の増加が挙げられるが、それは誤りである。 しかし食欲が増す事はある。 このほか稀な例ではあるが、、長期服用によるなどの可能性が指摘されている。 、糖尿病を悪化させる可能性があるとも言われている。 ピル服用中に妊娠しても、胎児に悪影響を与えることはない。 [ ] のきっかけとなることがある。 主要な副作用として が挙げられる。 ピルは血栓が起こるリスクを3 - 5倍引き上げるとされ、で10年間に104人が血栓症で死亡したと公表されており、やでも集団訴訟が起こされている。 妊娠した場合の血栓症発症率はピル服用者の約2倍、産後12週目では約10倍で、妊娠の方がはるかに血栓症のリスクが高い。 医学的理由で服用禁止とならなければまで飲み続けても問題ない。 日本ではの超低用量ピル「ヤーズ」により、2013年6月に服用した20歳代の女性が頭蓋内静脈洞血栓症で死亡した。 その女性は、婦人科で月経困難症の診断で超低用量ピル「ヤーズ」を毎日1錠内服するよう処方された。 2日目に頭痛が起こり、6日目には頭痛、吐き気、動悸など体調不良がひどくなったため内科受診し、吐き気止めと胃腸薬を処方された。 9日目に頭痛・嘔気・ 食欲不振が続くため、内科受診し精神安定剤を処方された。 当初の婦人科も受診した所、ヤーズ内服を総内服量7錠の時点で中止し、脳外科受診を勧められた。 嘔吐、歩行困難もあったが検査予約して帰宅。 10日目体動困難となる。 11日目の朝ベッドの上で失禁状態で発見され、病院へ搬送された。 意識レベル低下し痙攣もあり、CT所見よりと診断された。 抗凝固剤のヘパリン治療開始。 12日目に呼吸不全となり気管挿管施行。 13日目に死亡した。 その後2人目の死亡者が発生した。 10代後半の女性であり、投与開始から526日目にで死亡したと推定されている。 ヤーズは月経困難症と子宮内膜症の治療のために、、とともに処方された。 初回投与から526日後に、患者が外出して下宿に帰宅した後に連絡が途絶え、その3日後に下宿内で死亡しているのが発見された。 解剖の結果肺動脈の本幹に血栓があり、肺動脈塞栓症が死因と確定。 初回投与の499日後に2シート(56錠)を最終処方しており、36錠残っていた。 (PMDA)は、処方時には患者に血栓塞栓症のリスクについて説明するとともに、新たに作成した「患者携帯カード」を渡すよう求める文書を掲載した。 2013年10月には、が女性ホルモン剤使用中患者の血栓症に対する注意喚起を行った。 また、1例目の死者が出た時点で、87人が副作用で血栓塞栓症になったと報告された。 その後、同年12月に肺と足の血栓症により40代女性が死亡した。 PMDAの集計などによると、2008 - 2013年上半期に日本で使用されたピルに関して、血栓の重症例が延べ361件副作用として報告されていた。 副作用の報告は08年の33件から12年の105件に増え続けていた。 死亡は11件あり、10代1人、20代2人、30代4人、40代1人、50代2人、不明1人だった。 に関しては、によるで、「経口避妊薬の常用」に関して「Group1 ヒトに対する発癌性が認められる」と評価されている。 また、を伴うと・循環器系への副作用が高まるため、ピルを服用するなら禁煙することが望ましい。 避妊目的以外の利用 [ ] 生理周期の安定、生理痛の軽減、経血量の減少など、月経に関する症状の治療目的で使用される。 また、子宮内膜症の予防・病巣進行の停止、子宮体がん、卵巣癌のリスク軽減なども期待できる。 副作用でもある抗アンドロゲン(男性ホルモン)作用を利用した治療 、毛が薄くなることが報告されている。 モーニングアフターピル [ ] モーニングアフターピルは避妊措置に失敗、または避妊措置を講じなかった性行為後に緊急的に用いるものであり、通常のピルのように計画的に妊娠を回避するものではない。 1970年代より Yuzpe(ヤッペ)法と呼ばれる中容量ピルを使った緊急避妊は欧米で実施されており、日本でも「医師の判断と責任」によって緊急避妊法としてホルモン配合剤あるいは銅付加が利用されてきた。 1999年に錠が "" としてフランスで正式に商品化された。 の医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議では、経口妊娠中絶薬の市販化について審議されたが、アメリカなどの緊急避妊ピルを常時使用している環境と比較した性教育の不十分さや薬剤師の知識不足による誤解などを懸念することを産婦人科医会医師などが反対理由として表明している。 アメリカでは大学区校内の自動販売機でこの薬が購入できる一方、日本において人工妊娠中絶は病気でなく自費診療で相場は15万円前後であるため、緊急避妊薬が容易に手に入るような環境が広まると、結果として産婦人科医の人工妊娠中絶の件数減少により収入が減る可能を医師が懸念する可能性を指摘する意見もあり 、中絶が「罪人に対する処罰」であり産婦人科医の「いい金づる」とも表現されている。 一方で、産婦人科医からは中絶薬を使用することで起こる不正出血を防ぐための入院もあり得るとして、開業医の収入は減らず女性自身の負担が増加する可能性を述べる者もいる。 海外で承認されている子宮内避妊システムの小さいものの利用、腕に入れるインプラント、皮膚に貼るシールの利用を含め「産む、産まない」の選択を女性自身が決める「リプロダクティブ・ヘルスアンドライツ」の権利が尊重される必要がある。 ヤッペ法 [ ] ノルレボの発売まで緊急避妊法として日本で最も一般的に行われてきた方法が、1970年代に発表された Yuzpe(ヤッペ)法である。 この方法は性交後72時間以内に0. 5mgの(NGR)と0. 05のエチニルエストラジオール(EE)を含有する「いわゆる」中用量ピルを2錠、さらにその12時間後に2錠を服用するというものである。 前述したように「医師の判断と責任」によってすでに緊急避妊以外の適用で承認されている薬剤であるプラノバール配合錠が転用されてきたのだが、中用量ピルであれば緊急避妊として使用できると誤解している婦人科医師がおり、ソフィアA(1錠中ノルエチステロン 1. 00mg,メストラノール0. 05mg)、ソフィアC(1錠中ノルエチステロン 2. 00mg,メストラノール0. 10mg)などをプラノバール配合錠(1錠中ノルゲストレル 0. 5mg,エチニルエストラジオール 0. 05mg)と同様の方法で処方されていることから、インターネットなどで情報を得ている女性の間でも不安が広がった。 75mg錠で、性交後72時間以内に(できる限り速やかに)確実に2錠服用する。 72時間を過ぎたケースでは、IUDやの留置で対応される。 卵胞期(排卵前)に使用することによって排卵過程を妨げることが明らかにされている。 したがって緊急避妊薬を排卵前に投与することによって、その後5~7日間排卵が抑制され、その期間に女性の性器内に進入しているすべての精子が受精能力を失うことになる。 また排卵後の服用であった場合黄体期のLH濃度の低下と黄体期の短縮での避妊効果を発揮する根拠となる。 緊急避妊薬の禁忌は、本剤の成分に対する過敏症の既往がある場合、重篤な肝機能障害のある場合(代謝能の低下により肝臓への負担が増加し、症状が増悪する可能性があるため)、妊婦(成立した妊娠には効果がないため) 、 子宮外妊娠の既往がある場合、卵管炎の既往がある場合、あなた自身又は家族に血栓症(血液凝固)の既往がある場合、食物や薬の吸収を妨げる重度の消化管障害(疾患)を有する場合、又はのような重篤な吸収不良症候群を有する場合 [ ]である。 その他肝障害のある場合、心疾患・腎疾患又はその既往歴のある場合(電解質代謝への影響によるナトリウムや体液の貯留により、症状が増悪する可能性があるため)にも慎重を要する。 また、重度の消化管障害あるいは消化管の吸収不良症候群がある場合,本剤の有効性が期待できないおそれがある。 副作用は、消退出血(46. また緊急避妊薬は受精卵の着床を阻止する作用もあるとして、命(受精卵)を強制的に殺すことであるといった生命倫理上の批判もある [ ]。 なお「受精卵の着床よりも先に子宮内膜を剥がして生理様の出血を起こし、妊娠成立を阻止する」ために性行為後に服用するホルモン剤のこと、あるいは、モーニングアフターピルは体内ホルモン濃度の急上昇急降下による落差で消退性出血を導く方法である説明をするサイトもあるが、ノルレボの添付文書においては• 「ピル」は錠剤一般を示す言葉であり、英語でも" the pill"と固有名詞で表現される場合は経口避妊薬( the contraceptive pill)を指す。 2019年12月11日. 2020年4月15日閲覧。 UN Population Division 2006 PDF. New York: United Nations. women aged 15—49 married or in consensual union• Mosher WD, Martinez GM, Chandra A, Abma JC, Willson SJ 2004. PDF. Adv Data 350 : 1—36. all US women aged 15—44• David Delvin. 2015年5月30日閲覧。 Taylor, Tamara; Keyse, Laura; Bryant, Aimee 2006 PDF. London: Office for National Statistics. 2015年5月30日閲覧。 Hatcher R. et al. 2004. Contraceptive Technology: Eighteenth Revised Edition. New York: Ardent Media. 日本産科婦人科学会 2005年12月1日. 2015年7月14日閲覧。 ただし、子宮筋腫や糖尿病への影響が確認されたのは現在ではほとんど用いられない旧来の高用量ピルであり、避妊用の低用量ピルではほぼ無影響とされる。 子宮筋腫・内膜症体験者の会たんぽぽ• 日本糖尿病・妊娠学会• Arun Achar, Sanjay K. Rathi 2011-7. Indian journal of dermatology 56 4 : 380—382. 2013年10月10日医薬品医療機器総合機構• ピルの副作用、血栓に注意を 5年で11人死亡例 朝日新聞 2013年12月17日• 厚生労働省. 2020年5月2日閲覧。 PRESIDENT Online. 2020年5月2日閲覧。 太田出版ケトルニュース. 2020年5月5日閲覧。 NHK 2019年7月18日. 2020年5月5日閲覧。 現代ビジネス 2019年6月6日. 2020年5月5日閲覧。 東峯婦人クリニック 松峯 寿美. 性と健康を考える女性専門家の会. 2015年7月14日閲覧。 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY vol17 no,2 2010. 外部リンク [ ]• (英語)•

次の