縁切り おまじない 強力。 【縁切り】迷惑住人やパワハラ上司に!強力な縁切りのおまじない!

縁切りのおまじない38選!簡単強力な方法であの人にさよならを!

縁切り おまじない 強力

恋バナ編集部のケイコです。 今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して縁切りに効果があった、縁切りのおまじないをシェアさせて頂きます。 好きになった人に恋人がいたり、結婚していて配偶者がいた場合、皆さんはその恋を諦めますか? 「相手には恋人がいるんだから仕方ない・・・」「結婚しているなら私が割り込む隙なんてないよね・・・」と自分の気持ちに整理をつけてその恋を諦める人もいるかもしれませんが、「恋人がいても関係ない!! 私はあの人が好きなの!! 」「結婚していても離婚しない可能性はゼロじゃないんだから隙はあるはず!! 」と考えて、諦められない人もいるかもしれません。 後者の場合だと、「恋人と別れて欲しいな・・・」「配偶者と離婚して欲しいな・・・」と思う人が殆どではないでしょうか。 しかし、別れて欲しいと考えているだけでは、相手次第になってしまいますよね。 かといって、好きになった人が恋人や配偶者と別れるように自分から行動を起こすのは、相手にバレてしまったらトラブルの元凶になってしまいますし難しいケースが多いと思います。 そんな時こそ、ぜひおまじないに頼ってみてください。 実際に、ブログ読者の方々からも「縁切りのおまじないを試してみたら、好きな人と恋人が別れた!! 」「カップルを別れさせる縁切りのおまじないを試したら本当に効果があった!! 」という体験談や報告を沢山もらっています。 そこで今回は、ブログ読者の方々から沢山頂いた体験談や報告を基に「本当に効果があった」「おまじないを試したら好きな人が恋人と別れた」という縁切りに効果絶大の別れさせる強力なおまじないを紹介していきたいと思います。 また、おまじないの効果には個人差がありますので、試したおまじないの効果がなかった場合でも他のおまじないを試したら効果が現れる場合もあります。 ブログ読者の方々からはおまじないによってカップルを別れさせる事が出来た体験談や報告を沢山頂いています。 報告頂いたおまじないの中から強力なおまじないを厳選していくつか紹介していきますので、自分にピッタリのおまじないを探してみてくださいね。 (2)次に、黒色のマジックで白色のキャンドル全体を黒く塗りましょう。 この時、別れさせたいカップルや夫婦の別れた未来を想像しながら黒く塗っていってください。 (3)白色のキャンドル全体を黒色のマジックで黒く塗ったら、ライターorマッチでキャンドルに火を灯しましょう。 (4)キャンドルに火を灯したら、目を閉じて別れさせたいカップルや夫婦が別れた未来を想像しながら「〇〇(あなたの好きな人の名前)に纏わりつく黒い影は消え去れ!! 」と声に出して唱えてください。 (5)目を閉じて別れさせたいカップルや夫婦が別れた未来を想像しながら「〇〇(あなたの好きな人の名前)に纏わりつく黒い影は消え去れ!! 」と声に出して唱えたら、すぐに息を吹きかけてキャンドルの火を消しましょう。 (6)キャンドルの火を消したら、キャンドルが冷めるまで待ちましょう。 (7)キャンドルが完全に冷めたら、黒色のビニール袋の中に入れてください。 (8)そして、輪ゴムでビニール袋の口を縛りましょう。 (9)ビニール袋の口をしっかりと縛ったら、開封せずにそのまま捨ててください。 これでこのおまじないは終了です。 (2)白色のキャンドル全体を黒色のマジックで黒く塗っている時は、別れさせたいカップルや夫婦の別れる未来を想像しながら塗る必要がありますが、別れる事になる原因も具体的に想像するようにしましょう。 そうする事によって、おまじないの効果がアップします。 (3)目を閉じて別れさせたいカップルや夫婦が別れた未来を想像しながら「〇〇(あなたの好きな人の名前)に纏わりつく黒い影は消え去れ!! 」と声に出して唱える時は、出来るだけ大きな声で唱えるようにしましょう。 恥ずかしがらずに思い切って大きな声を出して唱える事がポイントです。 (4)キャンドルの火を消す時は、優しく息を吹きかけるのではなく強く息を吹きかけるようにしましょう。 あなたの好きな人から、恋人や配偶者を吹き飛ばすイメージを持って息を吹きかけてください。 【即効性アリ!! (2)コップにミネラルウォーターと塩をひとつまみ入れたら、左手の薬指を使って混ぜ合わせましょう。 (3)混ぜ合わせる事が出来たら、コップの中の水を一気に飲み干してください。 (4)コップの中の水を一気に飲み干したら、次はあなたの利き腕の手の甲に赤色のペンであなたの好きな人の名前を書きましょう。 (5)次は、あなたの利き腕とは逆の手首に赤色のペンであなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書いてください。 もし名前が分からなければ「恋路の邪魔者」と書きましょう。 (6)ここまでの工程を終えたら、あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を隠すような形で青色のリボンを手首に巻き付けてください。 (7)青色のリボンを巻き付けたら、そのリボンを見つめながら「絶縁します!! 」と声に出して5回唱えましょう。 (8)唱え終えたら、利き腕ではさみを持って青色のリボンを切ってください。 (9)切った青色のリボンはごみ箱に捨ててしまいましょう。 これでこのおまじないは終了です。 この工程を飛ばしておまじないを行ってしまうと、効果が正常に現れない場合の方が多いので必ず行うようにしましょう。 (2)あなたの好きな人の名前を書くのは利き腕の手の甲、あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書くのは利き腕とは逆の方の手首です。 書く場所を間違えてしまうと、おまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、間違えないようにしましょう。 もし、逆に書いてしまうとあなたと好きな人との縁が切れてしまいますので注意してください。 (3)利き腕とは逆の方の手首に、あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書く時は、用意した青色のリボンを巻いた時に隠れる大きさで書くようにしましょう。 リボンを巻き付けた時に、書いた文字がリボンからはみ出してしまっていたらおまじないの効果が薄れてしまいます。 (4)「絶縁します!! 」と声に出して5回唱える時はもちろんですが、青色のリボンをはさみで切る時も「別れて欲しい!! 」という気持ちを強く持ってはさみで切りましょう。 そうする事によって、おまじないの効果がアップします。 (5)切った後のリボンは、必ず捨てるようにしましょう。 持っていたらおまじないの効果が徐々に薄れてしまいますので、捨てるのを忘れないようにしてください。 (2)三面鏡と赤色のマニキュアを用意したら、三面鏡の真ん中にあなたの好きな人の名前を赤色のマニキュアで書いてください。 (3)次に、三面鏡の右側にあなたの名前を赤色のマニキュアで書きましょう。 (4)最後に、三面鏡の左側にあなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を赤色のマニキュアで書いてください。 あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前が分からない場合は、「恋路の邪魔者」と書きましょう。 (5)ここまでの工程を終えたら、三面鏡を新聞紙数枚の上に寝かせて置いてください。 (6)そして、あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書いた鏡面をトンカチなどの鏡を割る為の道具を使って割りましょう。 (7)あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書いた鏡面を割ったら、割れた破片は新聞紙に包んでからゴミ袋の中に入れて捨ててください。 (8)あなたの好きな人の名前を書いた鏡面と、あなたの名前を書いた鏡面は割らずに、実際にあなたの好きな人と恋人or配偶者が別れるまでそのまま残しておきましょう。 (9)おまじないの効果が現れて、あなたの好きな人が恋人or配偶者と別れたら鏡は割らずに新聞紙に包んでゴミ袋の中に入れて捨ててください。 これでこのおまじないは終了です。 その関係を表す為に三面鏡を用いているので、別々の鏡3枚ではなく必ず三面鏡を使うようにしましょう。 (2)三面鏡に赤色のマニキュアを使って、それぞれの名前を書く時は、邪念を込めないように無心で書いてください。 邪念が込められてしまうとおまじないの効果が正常に現れない場合があります。 また、名前以外の余計な情報は書かないようにしましょう。 (3)鏡を割る時は、「〇〇(あなたの好きな人の名前)と別れて!! 」といったように強い気持ちを持って割りましょう。 そうする事によっておまじないの効果がアップします。 また、割れた破片で怪我をしないように、破片が飛び散らないよう気を付けながら割りましょう。 (2)黒色の折り紙と青色のペンを用意出来たら、黒色の折り紙の表面(色がついている方の面)にあなたの好きな人の名前を書いてください。 (3)次に、黒色の折り紙の裏面にあなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書きましょう。 (4)そして、そのまま折り紙の裏面に「お付き合いしている人と別れます」と書いてください。 別れさせたい相手が配偶者だった場合は「配偶者と別れます」と書きましょう。 (5)その後、バケツや洗面器などの水を溜める事が出来る容器に水を溜めてください。 (6)バケツや洗面器などの容器に水を溜めたら、その中に折り紙を浮かべましょう。 (7)水の中に浮かべた折り紙が十分に水を吸ったら、バケツや洗面器などの容器から折り紙を取り出してください。 (8)そして、折り紙をびりびりに破いてしまいましょう。 (9)破いた折り紙はそのままゴミ箱に捨ててください。 これでこのおまじないは終了です。 他の色の折り紙やペンを使っておまじないを行っても効果を期待出来ません。 (2)黒色の折り紙の裏面に青色のペンであなたの好きな人の恋人or配偶者の名前と、「お付き合いしている人と別れます」「配偶者と別れます」と書く時は、実際に別れる原因を頭の中で思い浮かべながら書くと、おまじないの効果がアップします。 ただし、現実的に起こり得ない原因を想像してしまうとおまじないの効果が現れなくなる可能性がありますので、現実に起こり得る原因を思い浮かべるようにしましょう。 (3)折り紙を水に浮かべている時は、折り紙から目を離さないようにしましょう。 折り紙が水を吸い過ぎてしまって、水の中で折り紙が砕けてしまったらおまじないの効果が現れなくなってしまいます。 水の中で砕けてしまう前に折り紙を取り出してください。 (4)取り出した折り紙を破る時は、「好きな人が恋人or配偶者と別れる」という気持ちを強く持って破るようにしましょう。 そうする事によって、おまじないの効果がアップします。 (2)各色の折り紙を用意したら、ピンク色の折り紙の裏面にあなたの名前、黄色の折り紙の裏面にあなたの好きな人の名前、黒色の折り紙の裏面にあなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を、黒色のペンを使って書いてください。 あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前が分からない場合は、あなたの好きな人と相手との関係性を書きましょう。 例えば、彼女であれば「〇〇(あなたの好きな人の名前)の彼女」、夫であれば「〇〇(あなたの好きな人の名前)の夫」といったように書いてください。 (3)各色の折り紙の裏面に、それぞれ名前を書き終えたら、その折り紙で折り鶴を折っていきましょう。 (4)それぞれの折り紙で折り鶴を作ったら、縫い針に赤い糸を通して、ピンク色の折り鶴(あなたの名前を書いた折り鶴)と黄色の折り鶴(あなたの好きな人の名前を書いた折り鶴)を赤い糸で縫い付けてください。 (5)2つの折り鶴を赤い糸で縫い付けたら、自宅の部屋の見栄えが良い所に飾っておきましょう。 (6)次に、黒色の折り鶴(あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書いた折り鶴)を持って、外に出てください。 (7)黒色の折り鶴は、川や海など水が流れる場所に流すのが理想的ですが、もし近所に川や海が無ければ自宅の庭か近所の公園に埋めましょう。 これでこのおまじないは終了です。 (2)折り紙の裏面にそれぞれの名前を書く時は、書く折り紙を間違えないように気を付けてください。 例えば、黒色の折り紙にあなたの好きな人の名前を書いてしまうと、あなたの好きな人との縁が切れてしまいます。 また、ピンク色の折り紙にあなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を書いて、黄色の折り紙にあなたの好きな人の名前を書いてしまうと二人の仲が強まってしまうので注意しましょう。 (3)折り紙で折り鶴を折っている時は、あなたの好きな人が恋人or配偶者と別れる未来を想像しながら折っていきましょう。 そうする事によって、おまじないの効果がアップします。 【即効性アリ!! (2)木材ときりor彫刻刀を用意したら、きりor彫刻刀で木材にあなたの好きな人の名前と、あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を縦に彫ってください。 左側にあなたの好きな人の名前、右側にあなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を彫るようにしましょう。 もし、あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前が分からない場合は「恋路の邪魔者」と彫ってください。 (3)木材にあなたの好きな人の名前と、あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前を彫り終えたら、次は両面が黒色の紙を用意しましょう。 (4)両面が黒色の紙を用意したら、その紙を手で細かく千切ってください。 千切った黒色の紙は一か所にまとめておきましょう。 (5)黒色の紙を千切り終えたら、木材とボンドを用意してあなたの好きな人の恋人or配偶者の名前の上に黒色の紙を貼り付けていってください。 (6)あなたの好きな人の恋人or配偶者の名前が黒色の紙で完全に隠れてしまうまで、千切った黒色の紙を貼り付けていきましょう。 (7)完全に名前が隠れた後、千切った黒色の紙が残っていたら、その紙も重ねるように全て貼り付けてください。 (8)最後に、「ラディーレン」と声に出して3回唱えましょう。 これでこのおまじないは終了です。 また、厚さに関しては彫った時に穴が開かない程度の厚さがあれば十分です。 (2)木材に名前を彫る時は、邪念を込めないように気を付けましょう。 邪念を込めてしまうとおまじないの効果が正常に現れない可能性があります。 (3)黒色の紙を手で千切る時は、あなたの好きな人が恋人or配偶者と別れる未来を頭に思い浮かべながら、紙を千切っていきましょう。 千切った黒色の紙を木材に貼り付けていく時も同様です。 【別れさせたい相手の名前が分からない場合でも効果絶大!! (2)黒色の糸を30センチくらいの長さにはさみで切りましょう。 (3)30センチくらいの長さに切った糸を、50円玉の穴の部分に通して輪を作るように結んでください。 (4)次に、コップの中に水と塩を入れて混ぜ合わせましょう。 (5)ここまでの工程を終える事が出来たら、50円玉に糸を通して輪を作り、利き手に持ってください。 (6)そして、水と塩を混ぜ合わせたコップを目の前に置いて、頭の中であなたの好きな人が恋人or配偶者と別れる未来を想像しましょう。 (7)あなたの好きな人と恋人or配偶者が別れる未来を想像出来たら、輪にしてある糸を持ったまま50円玉の部分をコップの中の水に入れて、「イレーズアンサス」と3回強く唱えてください。 (8)唱え終わったら、50円玉を引き上げましょう。 (9)最後に、50円玉に通してある糸をはさみで切ってください。 これでこのおまじないは終了です。 1度試して効果を実感出来なかったとしても、何度も繰り返しているうちに効果が現れる場合もあります。 ただし、繰り返し行う時は日を跨いでからにしましょう。 1日に何度も行うのは良くありません。 (2)繰り返し行う場合は、同じ50円玉を使用すると効果が増していきますのでオススメです。 ただし、正しい方法でおまじないを行わないと自分と好きな人との縁を切ってしまう場合もありますので、おまじないに必要なものやおまじないの方法はしっかりと守って、正しい方法で行うようにしましょう。 また、カップルであれば自由恋愛の範疇ですが、夫婦を別れさせるとなると人一人の人生を壊してしまうリスクもあります。 くれぐれも別れさせるおまじないを実行する時は、別れさせてでも好きになった人と一緒になりたいのかを良く考えてから実行するようにしてくださいね。

次の

【縁切り】迷惑住人やパワハラ上司に!強力な縁切りのおまじない!

縁切り おまじない 強力

縁切りのおまじないで、嫌になった恋人やもう関わりたくない相手を切りたい人もいるかと思います。 これまでのご縁の全てが良縁になり続けるとは限りません。 早く別れたいがなかなか縁を切らせてもらえなかったり、彼や夫に近づく女性と縁を切らせたいなど縁を切りたい理由が色々あるはずです。 どんな理由にせよ、縁を切るには良縁を結ぶよりも難しいケースもたくさんあります。 そこで今回は、縁切りに有効なおまじないをご紹介します。 ぜひ、試してみてください。 相手別|縁切りの強力なおまじない一覧 縁切りのおまじないは、縁を切りたい相手によって方法が変わってきます。 ここでは縁切りしたい人別に強力なおまじないをまとめています。 あなたが縁切りしたい相手を選んでチェックしてみてください。 1-1. 縁切りおまじない|元カレ・元夫へ しつこく付きまとう元カレや元夫に悩まされているときには、一緒に撮った写真を使うおまじないで守護霊に守ってもらいましょう。 写真はプリントされたものでもデータ保管しているものでも全てを1つに集め、プリント写真なら白い封筒に入れてデータは一つのファイルにまとめます。 その封筒やデータの入った媒体を黒い紐で十字に結び一晩その状態で置いたら、黒い紐と十字に破ったプリント写真を安全な場所で燃やします。 火を使うのが不安な場合には、はさみを使ったおまじないに挑戦しましょう。 紙に彼の名前を書きはさみで細かく切り刻み、それをのりやボンドでひとまとめにしてしまうだけのおまじないです。 1-2. 縁切りおまじない|異性関係へ ストーカーなどの異性は、相手の名前もわからないような状況でもできるおまじないで撃退しましょう。 用意するものは、粗塩と半紙、それをしまえる机などの引き出しだけです。 半紙に粗塩をくるみ引き出しの上段にしまいます。 これで縁を切りたい相手が近づけなくなります。 縁切りしたい異性に会ってしまったときにできる、『コルヌ』というおまじないもあります。 顔を合わせてしまったら、握りこぶしを作り、人差し指と小指を立て「消え失せろ」と心の中で強く念じるだけです。 1-3. 縁切りおまじない|彼氏の浮気相手・夫の不倫相手などへ 大好きな彼氏や夫に浮気・不倫相手がいて縁を切らせたいときには、浮気相手と彼が別れるようなおまじないを試してみましょう。 赤・白・黒の折り紙を用意し、赤には彼、白にあなた、黒に縁切りさせたい相手の名前を書き、それぞれ折り鶴にします。 赤と白は寝室に大切に飾り、黒の折り鶴は川に流してしまうと、彼と相手との縁が自然と切れます。 折り紙を使った縁切りのおまじないはもう1つあります。 今度は赤い折り紙と赤いペンを用意しおまじないをする部屋を真っ暗にします。 その部屋の中で赤い折り紙を縦半分に折り赤い面の左に相手、右に彼、裏側の白い部分にあなたの名前を書いたらその折り紙を細かく破りゴミを捨てるだけで終わりです。 おまじないの様子を家族や彼に見られないように注意しましょう。 1-4. 縁切りおまじない|友達へ 苦手な友達や嫌いな友達との縁を切りたいときは、トイレットペーパーを使ったおまじないをやってみましょう。 おまじないの方法は、ペーパーに黒いペンで縁を切りたい友達の名前を書いたらトイレに流すだけと簡単です。 できれば一週間続けると効果もアップします。 家に庭があるときには、白い便箋に黒いペンで縁切りしたい友達へ宛てた別れの手紙を書いたらそれを燃やしてしまいます。 その灰を土に埋めたらおまじない完了です。 1-5. 縁切りおまじない|上司・同僚などの職場関係へ 仕事上の付き合いがある人との縁を切ることが難しいときには、下記のおまじないを使ってみましょう。 紙を10枚用意し、縁を切りたい人の名前を書きます。 表と裏を交互に合わせ左上をホチキスでとめ、翌日右上もとめます。 3日目に左下、4日目は右下と4箇所をとめ5日目に名前を書いたペンを紙に突き刺して穴を開けたら、紙を切り刻んで捨てておまじない終了です。 近くに噴水のある公園があるなら、食卓塩以外の瓶塩を使ったおまじないも効果があります。 まず右手に塩を出し、瓶は地面に置いてから両手で塩を払います。 その後縁を切りたい相手を思い浮かべてから左手にも塩を出して今度は噴水に捨て、公園の蛇口で手を洗うだけと簡単な方法です。 1-6. 縁切りおまじない|姑などの家族へ 家族との縁を切りたいときは、時計のおまじないが有効です。 寝室以外の家の中にある、捨ててもいいような時計を川へ持って行き、電池を入れ直して時間を合わせます。 時計の時間をリセットすることで、家族でいた時間をリセットすることになるおまじないです。 姑との縁を切りたいときは、姑が1人で写っている写真を用意しましょう。 その写真を姑の名字を抜かした名前の文字数分折ります。 顔が内側にくるように折ったら「私とあなたの縁を切ります」と唱えて写真は燃やしましょう。 今すぐ実践!縁切りに効く待ち受け画像 一刻も早く縁切りしたい相手がいる人のための、縁切りに効果がある待ち受け画面をご紹介します。 どの縁を切りたいかで効果のある画像が違うため、それぞれ3パターンにまとめました。 2-1. 恋人との縁を切る画像 ブラックストーンの画像には、恋人との縁を切ってくれる力があります。 パワーストーンとして身につけておくのも効果的です。 木で作られたハートで表面が赤く塗られている画像も縁切り効果があると注目されています。 こちらは検索して取得したものでないと効果が発揮されないと言われているため気をつけましょう。 2-2. 悪い縁を断ち切る画像 人だけでなく、自分にとっての嫌なこととの縁を切るための待ち受け画像として有名なものが、海に沈む時計の幻想的な画像です。 また、星がハートを描いている夜空の画像も悪縁を断ち切ると言われています。 どちらも自分で撮るのは難しいため、ネット検索でゲットしましょう。 2-3. 嫌いな人を遠ざける画像 盛り塩の画像は魔除け効果があり、結界をはることができるため嫌いな人を遠ざけると言われています。 盛り塩なら自分でも作って撮影できそうです。 水中の画像も今ある縁から遠ざかり新しいことに挑戦できるとされている待ち受けです。 水で洗い流し、新しい友人を作りたいときに使ってみましょう。 わざわざ行く価値あり!縁切りに効くパワースポット 良縁を結ぶためのパワースポット巡りがあるように、縁切りに効くパワースポットも存在します。 今回は関東の縁切り効果のある神社とお寺をご紹介します。 お礼参りをすることで次の良縁を引き寄せることもあるのでしっかりお参りしてきましょう。 3-1. 関東の縁切り神社 東京都では、縁起が悪いと迂回路が作られたという逸話があるほどの縁切榎がよく知られています。 板橋区にあり、境内には縁切りの願いがこめられた絵馬がたくさん奉納されているそうです。 埼玉にある鴻神社は縁切りや縁結びのお稲荷様です。 お狐様や絵馬を奉納することで縁切りの願をかけましょう。 栃木の足利には日本三大縁切り神社の門田稲荷神社があります。 男女の関係だけでなく、病気や災厄からの縁切りにも効果があるとされているため多くの参拝客が訪れています。 3-2. 関東の縁切り寺 都内で縁切り寺といえば、新宿区にある陽運寺が有名です。 境内の水掛け福寿菩薩に、水をかけながら祝詞を唱えることで縁切りができると言われています。 千葉の市川にある本光寺は650年以上の歴史あるお寺で縁切りの守護である源頼政公が鎮座しています。 悪縁を切る弓矢御守りが有名です。 鎌倉にある東慶寺は縁切り寺として広く知られています。 江戸時代には離縁したい女性が駆け込むお寺だったと言われ、今でも縁切りしたい人が集まるスポットです。 おわりに 人は呪わないこと 縁切りのおまじないは人を呪うような感情に結びつきやすいものですが、淡々と縁を切ることだけを考えて実行するようにすることが肝心です。 「人を呪わば穴二つ」ということわざがありますが、おまじないも同じで自分に跳ね返ってきてしまうと言われています。 悪縁は断ち切り、良縁を結べるよう、おまじないのやり方は間違えないよう気をつけましょう。

次の

おまじない

縁切り おまじない 強力

縁切りに超強力なおまじない4選 配偶者や彼氏・彼女と「別れたい」と考えている人は、意外に多いと聞きます。 昨今、芸能界ではオシドリ夫婦と呼ばれた2人がまるでサスペンスドラマのような愛憎劇を繰り広げ話題になっていますが、片方の愛が強すぎる男女ほど別れるときには「ドロドロ」になってしまいます。 そのような理由から自分から別れを切り出すことができず、ひたすら相手から縁を切ってくれることを待っている人も多いよう。 そんなとき役に立つのが、日本古来から伝わる「おまじない」です。 信じるも信じないは「あなた次第」ですが、縁を切りたい時に使えると言い伝えられている「強力おまじない」を以下にご紹介します。 おまじないの歴史と種類 日本におけるおまじないの歴史 強力なおまじないを紹介する前に知っておきたいのが、「おまじないの歴史」について。 そもそも「おまじない」は、「呪(まじな)う」という名詞形に接頭語の「お」をつけたもので、神仏など不思議なものの威力を借りて災いや病気を起こしたり、除いたりする術とされています。 その歴史はかなり古く、じつに縄文時代から存在していました。 その根拠となっているのが、土偶。 人間の女性を模したそのなかに精霊を表現していると考えられており、農業の豊作や子孫繁栄などの願いを込めて作られたといわれています。 これも立派な、おまじないというわけです。 土偶は現在の日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、現代でも使われている「おまじない」もあります。 その代表格が「いたいのいたいのとんでけー」。 怪我をしたとき、その箇所をさすりながら「いたいのいたいのとんでけー」というわけですが、実際のところ痛みが取れるわけではありません。 しかし、おまじないとしては一定の効果があり、不思議と痛みが軽減されたような「気がする」ことがあります。 このように人間はいつの時代も一種の「暗示」をかけられることにより、不可能が可能になったような気がしたり、実際にできないようなことができてしまうことがあります。 そしてそのようなことを「おまじない」と呼び、日本の創世記である縄文時代から、平安・戦国・江戸・明治・昭和・平成と受け継がれています。 恋愛におけるおまじないの歴史 縄文時代から存在していたおまじないですが、恋愛に関するものはいつごろから生まれていたのでしょうか? 諸説ありますが、やはり通常のおまじないと同じく、縄文時代の土偶をルーツに、様々なものが受け継がれ、現代に残っていると考えられています。 現代はメールやインターネットなどでいつでも連絡がとれる世の中で、GPSで相手の居場所を常に確認している男女もいるようですが、連絡手段が乏しく、電話もない時代には「ひたすら相手を待つ」ことが恋愛の大部分を占めていました。 そんな時代の紳士・淑女たちは、おまじないをすることにより、恋愛の成功を信じていたようです。 もちろん、逆も真なりで、おまじないによって別れを願うこともあったものと思われます。 おまじないは日本人の恋愛に、多大な貢献をしてきたと言っても過言ではありません。 縁切りに使いたいおまじない4選 ここからは、実際に縁を切りたいと思っている男性(または女性)と「別れる」ために使いたいおまじないをいくつか厳選して紹介します。 歌によるおまじない 珍しいおまじないの代表格といえば、トイレでのおまじないです。 トイレットペーパーに別れたい人間の名前をフルネームで書き、そのまま流すだけ。 「簡単すぎる」と思うかもしれませんが、かなり高い効果があるといわれます。 また、その発展形として、塩を使ったものもあります。 こちらの場合トイレットペーパーには別れたい人の名前ではなく、願いごとを記入します。 その後塩を「ひとつまみ」して振りかけ、最後にトイレに流します。 こうすることで、あらゆる願いが叶うと考えられています。 なおこのおまじないは「塩おまじない」と呼ばれていますが、書いたトイレットペーパーを燃やすやり方もあるようです。 おまじないによって別れることになった事例 これまでおまじないの手法について解説しました。 「やろうかな?」と感じた方も多いでしょうが、その効果について疑問視している人もいることでしょう。 実際におまじないよって「縁を切れた」ということはあるのでしょうか? 実際におまじないによって別れることになった事例 成功事例が多いのが「塩おまじない」です。 こちらは恋愛意外にも汎用性があるため実践した人が多数存在し、成功報告も多数寄せられています。 ある女性は、夫婦関係に悩んでおり、塩おまじないでトイレットペーパーに「夫と別れたい」と書いて塩を振りかけて流してみたところ、望みどおり離婚することができたそうです。 ただし、おまじないをしたから「必ず効果がある」というわけではありません。 成功しない場合も多々あります。 「大願が成就するまでやり続ける」という根気も必要になります。 おまじないを使用することのメリット 「成功しないかもしれない」と聞くと、やりたくなくなってしまうかもしれません。 しかし、おまじないを実践することには、様々なメリットがあります。 おまじないをすることによって「信じる」ことができる 大きなメリットとしてあげられるのが、「信じる」ことができること。 「縁を切りたい人間がいる」ということは、少なくとも日々の生活に懸念事項があるということで、もやもやした気持ちをもって生活している人が多いことでしょう。 そんなとき、おまじないをすることによって、「おまじないをしたのだから上手くいく」「別れることができる」と自分自身に暗示をかけ、信じ込ませることができます。 「信じる」ことは生きる上での希望につながり、日常生活に「張り合い」を持つことが可能になります。 「病は気から」という言葉もあるように、日々の生活は「気持ち」によって変わるもの。 少しでも前向きに、ポジティブに過ごすためには、懸案事項をなくす「願掛け」的な意味合いが強いおまじないは、一定の効果があるといえます。 まとめ おまじないと聞くと「迷信だ」「やっても意味がない」と考える人もいるかもしれません。 その考えも間違いではありませんが、おまじないに成功事例があるのも事実ですから、「やってみる価値はある」といえるのではないでしょうか。 人との縁に悩んでいる人は、ぜひ実践してみてください。

次の