褒められた ビジネス。 【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【褒められた時の返事12選】ビジネスでも使える返し方の対応や例文

褒められた ビジネス

人から褒められた時、みなさんはどんな反応をしますか。 照れてしまう人、「ありがとう」と受け入れる人、謙遜してしまう人。 色々な褒められた時の返し方がありますが、日本人で多いのは最後の謙遜する人でしょう。 どうしても照れや恥じらいからせっかく褒められても「そんなことないです。 」などと否定してしまった経験がある人も多いでしょう。 しかしあまり謙遜しすぎるとどんなことになってしまうのでしょうか。 褒めてくれた人はせっかくあなたのことをよく見てくれて褒めてくれたのにそれを謙遜しすぎると相手はどんな気持ちがするでしょうか。 いくつかのシーン別にみていきます。 ビジネスシーンにおいて 仕事で成果や成功を収めた時、上司や目上の人に褒めてもらうということは喜ばしいことです。 しかし、褒められた時の返し方で謙遜のあまり「そんなことはないです。 」「たまたまです。 」などという言葉を使ってしまうと褒めてくれた上司の顔を潰してしまうことになりかねません。 自分を否定することは、育ててくれている上司までもを否定しかねないので注意しましょう。 対人関係において 仕事以外でも褒められる機会はあります。 友達や恋人、家族など身近な人に褒められる機会は多いのではないでしょうか。 より親密な関係を築きたいと思うからこそ褒めてくれているのに、褒められた時の返し方で「そんなことないよ。 」と言われてしまうと拒絶されるような気分になります。 せっかくより良い関係が築ける可能性があるのにもったいないです。 褒められた時の返し方の敬語 褒められるということはみなさん嬉しいことですが、特にビジネスシーンで上司や先輩から褒められるととても嬉しいですし、モチベーションが上がります。 ビジネスで成功している人はきっとたくさん褒められる機会が多いはずです。 仕事ができる人は敬語を適切に使い、褒められた時の返し方が上手い人でもあります。 「〇〇さんのおかげです。 」「〇〇さんが分かりやすく教えてくれたからです。 」などの言葉を加えた褒められた時の返し方は褒めた人もいい気分になりますしなりますし、また良い所を見つけてほめてあげたいという気持ちにもさせます。 お互いに気分が良く、これからの関係性も円滑に保てるきっかけにもなります。 お褒めいただきありがとうございます 褒められた時の返し方の敬語で一番オーソドックスな返し方が「お褒めいただきありがとうございます。 」という言い方の敬語です。 褒められた時の返し方で使っている人も多いでしょう。 褒めるという言葉を丁寧にして「お褒め」という言葉にして、「もらう」という言葉を謙譲語にして「いただき」という言葉にした「お褒めいただきありがとうございます」です。 褒めてくれた相手に尊敬の念を示しながら、自分はへりくだりながらきちんと返せている見本のような敬語のフレーズです。 似たような言い方の褒められた時の返し方の敬語に「お褒めいただき恐縮です。 」という言い方がありますが、こちらのほうがより謙遜した言い方です。 上司や目上の方に褒めてもらった時の返し方はこちらのほうがスマートで印象が良い敬語です。 もったいないお言葉です 褒められた時の返し方の敬語でよく使われているものに「もったいないお言葉です。 」というのがあります。 謙遜しつつも褒めてくれた人への敬意も表しているおすすめの褒められた時の返し方です。 相手に好印象を与える褒められた時の返し方の敬語 褒められた時の返し方をどうしたらよいのか困ってしまった経験をしたことがある人も多いでしょう。 咄嗟に褒められた時などは特に困ってしまいます。 そんな時、褒めた人も褒められた人も気持ちの良くなるようなおすすめの返し方を紹介します。 前述したように、謙遜しすぎて「私なんて」と卑屈になりすぎてしまうとせっかく褒めてくれた人も気分が悪くなってしまいます。 かと言って「褒めてもらって当たり前」というのも反感を買ってしまいます。 ではどんな返し方がいいのかと言うと、褒められたことを素直に喜び、そこに感謝の気持ちも付け加えるのがおすすめです。 メールで褒められた時の返し方の敬語 普段の生活や仕事でもメールでのやりとりが多い現代ですが、メールで褒められた時の返し方の敬語はどのようにしたらよいのでしょうか。 メールは顔の見えないやりとりなので、少し言い方が違うだけでも相手に与える印象が変わってしまうこともあります。 褒められた後の対応はどのようにしたらよいのかみていきます。 褒められた後の対応をいい加減にすることは印象が良くありませんので、すぐに返信をするようにしましょう。 具体的にはどんな文章を送るのがよいのでしょうか。 まずはお褒めのメールをもらったことにお礼を言います。 とメールをくれた方の力添えに感謝するととても印象が良いです。 最後にこれからもご指導をお願いします。 と締めくくれば、これからの関係もスムーズに築いていけます。 異性から褒められた時 異性から褒められたとき、心の中ではとても喜んでいるのに上手く返すことができなかった。 なんてことみなさん経験があるのではないでしょうか。 異性に褒められることは嬉しいことですが、照れや恥じらいから謙遜する人が多いでしょう。 では、異性から褒められた時にどのような返し方をすると印象がよいのでしょうか。 謙遜しつつも嬉しいという気持ちを素直に表現する。 あなたに褒めてもらえて嬉しいという気持ちを表現するのがポイントです。 異性から褒められた時のおすすめの返し方 では異性に褒められた時の返し方は、どんな返し方がよいのか具体的な言い方をみていきます。 普段、異性から褒められる機会がないという人も多いのではないでしょうか。 いざ褒められたら、どうしていいか分からなくなります。 しかし褒めてくれたということは、少なからずあなたに好意があるということなのでお礼は必ず言いましょう。 」と笑顔を添えて言えると好印象間違いなしです。 褒められた時の返し方のポイント.

次の

ビジネスに効く!実践心理テクニック・Chapter 8 「褒めて人の心を動かすための心理テクニック」

褒められた ビジネス

いつも来るのを楽しみにしてます」 「お料理、おいしかったです。 ごちそうさまでした」 「あなたに対応してもらえて、安心できました」 「いつもよくしてくださって、ありがとうございます」 時に、お客さまからこんなうれしい言葉をいただくこともあるはずです。 自ら応対したお客さまによろこんでいただけることほど、うれしいことはないですよね。 でも、案外に悩む人が多いのが、 「 お褒めいただいたとき、どうお返事すればいいのか?」ということです。 お客さまにお褒めの言葉をいただいたら、ぜひ、それを素直に謙虚に受け止めて、 笑顔で「 ありがとうございます!」とお返事しましょう。 「そんなことない」は逆効果! ~「過度な謙遜・卑下」が失礼にあたる理由 もしかすると、「人に褒められるとつい『そんなことない』と否定してしまう」という方もいるかもしれません。 もちろん「謙虚さ」は美徳のひとつですが、 「過度な謙遜や卑下」は、せっかくよい点を見いだしてくださったお客さまの見解を否定するように聞こえてしまいかねません。 「全然そんなことありません!」などと全否定するのは、失礼にあたることがあります。 仮に謙虚なお返事をするにしても、「まだまだです」という程度にとどめておくのがよいでしょう。 接客のお仕事は、サービスに自信を持ってお客さまをもてなすこと(よろこんでいただくこと)が、そもそものミッションです。 それなのに、商品・サービスの美点を否定してしまうと、「 じゃあ、あなたは『良いもの・良いこと』だと思っていないサービスを提供しているの?」とモヤモヤさせてしまいます。 過度に自分を卑下することも、「 自分の仕事に大して自信がない人からサービスを受けたくない」という不快感をも与えてしまいかねません。 それに、こんな考え方もできます。 提供する商品・サービスは、自分だけでない多くの方の仕事によって成り立っています。 つまり、 お褒めの言葉は自分自身に対してだけでなく「ほかの人のがんばり」への評価でもあるのですから、お褒めの言葉は素直に受け取るのがベストなのです。 ありがたく思う気持ちは、表情でも伝える お褒めいただいても「当然のことだ」といった憮然とした態度でいるのでは、あまり印象がよくありません。 うれしいお言葉をいただけたら、ぜひ笑顔で、お返事をしましょう。 「自分だけの成果ではない」ことを示す さらに、評価いただいたポイントに対して「これもみなさまにご愛顧いただいているおかげです」などというように、「 いろいろな人びとのサポートありきである」という感謝の意を伝えられると、謙虚な好印象を与えられます。 「今後もサービス向上に取り組む」意思表明を伝える お褒めいただいた評価を無駄にしないよう、「さらなるサービス向上に尽力する」「これからもよろこばれるサービス提供を目指す」というやる気を見せるお返事の仕方も有効です。 お褒めいただき、ありがとうございます。 /おそれいります。 顧客満足を向上させるためには、至らない点を反省するだけでなく、「よかった点」を伸ばすことも大いに重要です。 お客さまからのうれしいお言葉は、ぜひ覚えておいて、自分の糧にしていくとよいでしょう! 接客・接遇のスキルを磨き、ワンランク上のサービスを目指すなら。 1名から参加できる!全国の主要都市会場で開催【公開講座】受講者募集中! 課題に合わせてカリキュラムをご提案。 企業・官公庁向け「講師派遣型」研修なら、インソースで!.

次の

「正しい褒め方」をマスターして部下を育てる:日経ビジネス電子版

褒められた ビジネス

Contents• お母さんの仕事 お母さんの仕事は普段誰からも褒めれません。 ご飯を作っても 洗濯物を干しても 部屋を片付けても 弁当を作っても そーんなに感謝感激の言葉がいただけるものではありません。 家族にとっては「当たり前」とさえ思っていることなのかもしれないから。 それは、タクシーの運転手に過度にお礼したり、 感激しないのと似ていると思います。 だって、この場合は 「お金を払っているんだから当たり前だよね。 それが仕事なんだし」と どっかで思っているからです。 でも、 家庭における「当たり前」はお母さんだけに限りません。 家族の中では 「お父さんは一家のためにお金を稼いでくる」とか 「子どもは勉強もの」とか なんとなくみんなお互いに家族に対しての 「当たり前」を抱えて生きているように 思うから。 お母さんだけでなくみんな頑張ってるんだと思うしね。 ただ、周りから「褒め」がないと 気持ちが干からびてくるというのはあるな~と思います。 誰かからの「ありがとう」はやっぱりうれしいもの。 私もやっぱり褒められるの好きだしね。 そして、昔は男性からいただいていた 「綺麗だね、可愛いね」とかの称賛がなくなると 「ものたりなーい」という女性もいるはず 笑 その称賛や周りからの反応の形が今はSNSなんだと思う。 キャラ弁にしろ、何にしろ 何か頑張ったことをSNSで発信してそれに「いいね」がつく。 褒められなくても生きてはいける、でも、 そういう「いいね」はその人にとってはやる気になったりうれしいこと。 「家族が「褒め」をくれなきゃ、他の人からもらうもんね~!」 というのは結構賢いことだよなと思います。 ほら、家族こそ厳しかったりするからさ。 仕事の当たり前 その一方でタクシーの例の通り、 仕事は「料金分の働きはやって当たり前」の世界。 褒められたリ、認められるというのは 仕事の結果に対するものであって目的ではないはず。 個人事業主の人は特に会社と違って一人仕事しています。 だから、当然誰からも励まされないし、自分で決めて自分でやる世界。 褒められなきゃできない、 急かされないと後回し、 なーんて人ははっきり言って向いていない仕事。 認められるってことに飢えている人にはきつい仕事かも。 個人の仕事も、タクシーと同じく「料金分の働きはやって当たり前」 そんな中、相手の期待を越える仕事をしたときには大きな称賛が得られることも。 やっててよかったー 実際には講座のレジュメや講座作り、準備などは裏側の仕事。 スポットライトを浴びる部分ではありません。 「褒められなくてもちゃんと準備する、ずっと続ける」 実はそういう土台の上で仕事が成り立っている。 相手の期待を越えるレベルの仕事を ジブンに厳しくし続けられる人をまわりはプロと呼ぶのだと思う。 今日のヒント 褒められなくても、 すぐに認められなくても、 自分の好きなこと、 楽しいことをして食べていきたいなら、 周りが欲しがるぐらい圧倒的なレベルでやれ!ってことなんでしょうね。

次の