ワード ページ 数 削除。 【VBA】ワードの指定ページを削除する

【Word(ワード)活用塾】ページ番号を、表紙や目次に入れないで設定する方法

ワード ページ 数 削除

文書内の1ページを丸ごと削除したい:Word ワード 2013基本講座• 文書内の1ページを丸ごと削除したい スポンサードリンク• 文書内のあるページをまとめて削除する方法です。 削除したいページ内にカーソルを表示します。 下図では2ページのフォントを緑色にしてわかりやすいようにしています。 3ページ目のフォントはオレンジ色にしています。 検索と置換ダイアログボックスの[ジャンプ]タブが開きます。 カーソルが表示されていたページが選択されました。 [閉じる]ボタンをクリックして、検索と置換ダイアログボックスを閉じます。 [Delete]キーを押すと、選択していた2ページ目が削除されました。 元の3ページ目のオレンジ色の文章が2ページ目になってます。 文書のページ数が多いときは、スクロールするのが大変です。 指定したページへ移動するにはジャンプ機能を利用します。 ここでは、3ページ目に移動してみます。 ページ番号に「3」と入力して、[ジャンプ]ボタンをクリックします。 3ページ目の先頭にカーソルが表示されました。 または、[Shift]キーを押した状態で、3ページ目の文末をクリックして選択することもできます。 [Delete]キーを押すと3ページ目を削除することができます。 [閉じる]ボタンをクリックして、検索と置換ダイアログボックスを閉じます。 スポンサードリンク | ||文書内の1ページを丸ごと削除したい.

次の

ワードの文書にページ番号を入れる・変更・削除する設定の方法

ワード ページ 数 削除

「Excelページ設定」シリーズ(この記事は第2回です)• ヘッダー、フッター、ページ番号を編集または削除する方法• 目次 問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。 ぜひご覧ください。 1.ヘッダー・フッターのメリットとデメリット 問題 ヘッダーまたはフッターを入れることのメリットとデメリットを述べなさい。 解説 ヘッダーやフッターを入れるとすべてのページに共通の文字列を入れることができます。 ページが分かれていても1つの連続した文書であることがわかり、他の文書と混ざったときも元に戻すことができます。 ヘッダーやフッターを統一することによって1つの文書であることを表すため、共通でないものは入れてはいけません。 ヘッダーやフッターを入れると、1ページあたりのボディーの面積が減ります。 そのため、ページ数が増えることがあります。 2.ヘッダーの挿入 問題 ヘッダー左側に「会議資料」と入れなさい。 また、フォントを16ptにしなさい。 解説 ページレイアウトのページ設定の画面を開きます。 ヘッダー・フッターのタブにします。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 会議資料と入力します。 OKを押すと会議資料と表示されます。 この画面ではヘッダー・ボディー・フッターに分けて考えます。 編集するにはそれぞれの編集のボタンを押します。 もう一度、ヘッダーの編集のボタンを押します。 会議資料を選択します。 フォントのボタンを押します。 16ポイントにします。 16ポイントになりました。 3.ページ番号と日付の挿入 問題 さらに、フッター中央にページ番号を、右側に日付を挿入しなさい。 解説 今度はフッターの編集のボタンを押します。 フッター中央にカーソルを置きます。 ページ番号のボタンを押します。 ページ番号が入ります。 このようなボタンをヘッダー、フッターの「 組み込み要素」といいます。 右側にカーソルを置きます。 日付のボタンを押します。 この日付は文書を作成した日ではなく、印刷した日付です。 *補足* ページ番号は「1」から始まりますが、この開始番号は「ページ設定」の「 先頭ページ番号」で変えることができます。 通常は「自動」になっていますが半角数字を入力することによってその番号からページ番号が始まります。 4.ヘッダー・フッターの削除 問題 ヘッダー・フッターを削除しなさい。 解説 フッターやヘッダーを削除するときは、指定しないにします。 直接、文字を削除してもよいです。 解説 ページ設定の画面を出します。 ヘッダー・フッターのタブにします。 フッターの編集のボタンを押します。 中央に会議資料、スペースを入力します。 ページ番号のボタンを押します。 スラッシュを入力します。 総ページ数のボタンを押します。 これで完成です。 ページを消します。 会議資料を入力します。 6.ヘッダーに画像を入れる 問題 ヘッダー右側に画像を挿入しなさい。 解説 任意の場所に画像を保存しておきます。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 右側にカーソルを置きます。 図の挿入のボタンを押します。 ファイルから、画像の保存場所を探して挿入します。 印刷するとすべてのページにロゴが入ります。 ヘッダーを大きくするとボディーの部分が狭くなります。 ヘッダーやフッターに使用する画像は、できるだけ横長の小さいものにします。 7.ページレイアウトビュー 問題 Excelの挿入タブの中には、ヘッダーとフッターのボタンがあります。 この画面でフッター中央にページ番号を挿入しなさい。 解説 ヘッダーやフッターを挿入するには、通常、ページ設定の画面を使います。 この方法のほかに、挿入タブの、ヘッダーとフッターのボタンを押すという方法があります。 このような画面を「 ページレイアウトビュー( PageLayoutView)」といいます。 ビュー( View)とは画面表示の見え方のことです。 フッターに移動します。 中央をクリックします。 ページ番号のボタンを押します。 これで完成です。 ページレイアウトビューにすると、挿入したヘッダーやフッターを見ることができます。 8.標準ビューでヘッダー・フッター領域を非表示にする 問題 標準のビューに戻しなさい。 解説 表示タブでページレイアウトビューになっていることを確認します。 これを標準にします。 一般に、ヘッダーやフッターが見えない状態を「 標準ビュー( NormalView)」といいます。 標準ビューはヘッダーやフッターの非表示です。 標準ビューにしてもヘッダーやフッターが消えるわけではありません。 隠れるだけです。 右下のボタンを使ってビューを切り替えることもできます。 縦長の表の場合、ページが変わるごとに途切れるのは見にくいです。 通常は、 標準ビューにしておきます。 9.ヘッダー・フッターに&を使う 問題 ヘッダー左側に半角で「Q&A」と入れなさい。 解説 ページレイアウトのページ設定の画面を開きます。 ヘッダー・フッターのタブにします。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 全角で「Q&A」と入力します。 この場合は問題なく入ります。 「QSheet1」になります。 ヘッダー・フッターの編集の画面で、日付やページ番号を入れると、&から始まる記号で表示されます。 これを組み込み要素といいます。 これでQ&Aになります。 &を2つにすると「&」を表示することができます。 ヘッダー・フッターの時に、半角の&を使用するには 必ず&を2つにします。 解説は以上です。 10.動画版はこちら(無料) この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 4-3、4-3-2、4-3-3 の3本のYoutube動画を書き起こしたものです。

次の

Wordで表紙と目次にページ番号を入れない方法

ワード ページ 数 削除

「Excelページ設定」シリーズ(この記事は第2回です)• ヘッダー、フッター、ページ番号を編集または削除する方法• 目次 問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。 ぜひご覧ください。 1.ヘッダー・フッターのメリットとデメリット 問題 ヘッダーまたはフッターを入れることのメリットとデメリットを述べなさい。 解説 ヘッダーやフッターを入れるとすべてのページに共通の文字列を入れることができます。 ページが分かれていても1つの連続した文書であることがわかり、他の文書と混ざったときも元に戻すことができます。 ヘッダーやフッターを統一することによって1つの文書であることを表すため、共通でないものは入れてはいけません。 ヘッダーやフッターを入れると、1ページあたりのボディーの面積が減ります。 そのため、ページ数が増えることがあります。 2.ヘッダーの挿入 問題 ヘッダー左側に「会議資料」と入れなさい。 また、フォントを16ptにしなさい。 解説 ページレイアウトのページ設定の画面を開きます。 ヘッダー・フッターのタブにします。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 会議資料と入力します。 OKを押すと会議資料と表示されます。 この画面ではヘッダー・ボディー・フッターに分けて考えます。 編集するにはそれぞれの編集のボタンを押します。 もう一度、ヘッダーの編集のボタンを押します。 会議資料を選択します。 フォントのボタンを押します。 16ポイントにします。 16ポイントになりました。 3.ページ番号と日付の挿入 問題 さらに、フッター中央にページ番号を、右側に日付を挿入しなさい。 解説 今度はフッターの編集のボタンを押します。 フッター中央にカーソルを置きます。 ページ番号のボタンを押します。 ページ番号が入ります。 このようなボタンをヘッダー、フッターの「 組み込み要素」といいます。 右側にカーソルを置きます。 日付のボタンを押します。 この日付は文書を作成した日ではなく、印刷した日付です。 *補足* ページ番号は「1」から始まりますが、この開始番号は「ページ設定」の「 先頭ページ番号」で変えることができます。 通常は「自動」になっていますが半角数字を入力することによってその番号からページ番号が始まります。 4.ヘッダー・フッターの削除 問題 ヘッダー・フッターを削除しなさい。 解説 フッターやヘッダーを削除するときは、指定しないにします。 直接、文字を削除してもよいです。 解説 ページ設定の画面を出します。 ヘッダー・フッターのタブにします。 フッターの編集のボタンを押します。 中央に会議資料、スペースを入力します。 ページ番号のボタンを押します。 スラッシュを入力します。 総ページ数のボタンを押します。 これで完成です。 ページを消します。 会議資料を入力します。 6.ヘッダーに画像を入れる 問題 ヘッダー右側に画像を挿入しなさい。 解説 任意の場所に画像を保存しておきます。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 右側にカーソルを置きます。 図の挿入のボタンを押します。 ファイルから、画像の保存場所を探して挿入します。 印刷するとすべてのページにロゴが入ります。 ヘッダーを大きくするとボディーの部分が狭くなります。 ヘッダーやフッターに使用する画像は、できるだけ横長の小さいものにします。 7.ページレイアウトビュー 問題 Excelの挿入タブの中には、ヘッダーとフッターのボタンがあります。 この画面でフッター中央にページ番号を挿入しなさい。 解説 ヘッダーやフッターを挿入するには、通常、ページ設定の画面を使います。 この方法のほかに、挿入タブの、ヘッダーとフッターのボタンを押すという方法があります。 このような画面を「 ページレイアウトビュー( PageLayoutView)」といいます。 ビュー( View)とは画面表示の見え方のことです。 フッターに移動します。 中央をクリックします。 ページ番号のボタンを押します。 これで完成です。 ページレイアウトビューにすると、挿入したヘッダーやフッターを見ることができます。 8.標準ビューでヘッダー・フッター領域を非表示にする 問題 標準のビューに戻しなさい。 解説 表示タブでページレイアウトビューになっていることを確認します。 これを標準にします。 一般に、ヘッダーやフッターが見えない状態を「 標準ビュー( NormalView)」といいます。 標準ビューはヘッダーやフッターの非表示です。 標準ビューにしてもヘッダーやフッターが消えるわけではありません。 隠れるだけです。 右下のボタンを使ってビューを切り替えることもできます。 縦長の表の場合、ページが変わるごとに途切れるのは見にくいです。 通常は、 標準ビューにしておきます。 9.ヘッダー・フッターに&を使う 問題 ヘッダー左側に半角で「Q&A」と入れなさい。 解説 ページレイアウトのページ設定の画面を開きます。 ヘッダー・フッターのタブにします。 ヘッダーの編集のボタンを押します。 全角で「Q&A」と入力します。 この場合は問題なく入ります。 「QSheet1」になります。 ヘッダー・フッターの編集の画面で、日付やページ番号を入れると、&から始まる記号で表示されます。 これを組み込み要素といいます。 これでQ&Aになります。 &を2つにすると「&」を表示することができます。 ヘッダー・フッターの時に、半角の&を使用するには 必ず&を2つにします。 解説は以上です。 10.動画版はこちら(無料) この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 4-3、4-3-2、4-3-3 の3本のYoutube動画を書き起こしたものです。

次の