ビタミン 剤 市販。 ビタミン剤(医薬品) おすすめ&選び方 特集

ビタミン剤おすすめ20選~美白や口内炎・風邪に!人気のビタミン剤ランキング

ビタミン 剤 市販

どのビタミン剤が一番効く? 私たちの生活には絶対に欠かせないビタミン。 不足すると体調不良が起きやすくなってしまうため、毎日適切な量を摂取しなればいけません。 ただ、ビタミンはストレスや食生活などで簡単に不足してしまいます。 そこで、私たちのビタミン不足を改善してくれる重要な役割を果たしてくれるがビタミン剤なのです。 ビタミン剤は不足してしまったビタミンを手軽に補うことができるため、体調管理には欠かせません。 しかし、ビタミン剤と言っても、販売されているビタミン剤の種類も多く、どれが効果が高いのか悩んでしまう方も多いですよね。 そこで、今回はどのビタミン剤が最も効果的なのか、そして、ビタミンの効果や病気との関わりを解説します。 疲れやすくなった、疲労感が抜けない• もっと健康になりたい• 安全にビタミンを補給したい そんなあなたの健康を守り、維持するためにも、しっかりビタミン剤について学んでいきましょう! ビタミンは体にとって必須の成分 身体の不調を整えるだけでなく、不足することで不調の原因となるビタミン。 そのため、身体の健康のためにはビタミンを摂取した方が良いといわれることも多いのですが、実は、意外と知らないことが多いですよね。 そこで、ビタミンとはどんなものなのか、基本的なことから解説していきます。 ビタミンの1日の摂取量の目安 ビタミンか健康のためには必須の成分となりますが、闇雲に取れば良いというものではありません。 1日の中でどれくらいの量を摂取した方が良いのか、きちんと目安となる量が決められているのです。 それでは、代表的なビタミンごとに、摂取量の目安を確かめていきましょう。 4mg 女性:1. 1mg ビタミンC 男性:100mg 女性:100mg ビタミンB2 男性:1. 6mg 女性:1. 2mg ビタミンD 男性:5. 4~55mg 女性:1. 2~45mg ビタミンE 男性:6. 5~800mg 女性:6. 0~650mg ビタミンB12 男性:2. 男性と女性で目安の摂取量が変わるように、年齢によっても細かく定めてられており、 0歳の摂取量はこの表の30~50%程が目安量となっていることが多いです。 この違いは、身体の大きさや消化器官の働きなどを顧慮して設定されているといわれています。 そのため、ある程度の年齢の方はこの表の目安量を目標に、小さい子はきちんと参考サイトのリンク先から、 年齢と性別にあった適切な量のビタミンを摂取するようにしましょう。 ですので、 自分がどれだけ摂取しているのか判断が難しいです。 さらに、自分の身体の中でビタミンが不足しているかも分かりづらいですよね。 実は、身体に起きる不調から、 自分のビタミン不足を判断することができるのです。 ビタミン不足で現れる症状の内、顕著なものが ニキビや 疲労感です。 ニキビは余分な皮脂が溜まってしまうことで現れる症状ですが、大人になるとそこまで頻繁に現れるものではありません。 ですが、皮脂の量をコントロールする ビタミンB2が不足すると、適切な調整ができずに皮脂が大量に分泌されてしまいニキビができやすくなります。 また、疲労感の正体は エネルギー不足です。 糖質などから適切にエネルギーを合成できないため、身体の回復が追いつかずに疲労感を抱いてしまうのです。 ただ、たくさん食べればエネルギーになると思われがちですが、エネルギーの材料があっても 適切に合成を促す役割がいないとエネルギーが効率よく作り出せないのです。 ビタミンにはエネルギーの合成を促す働きがあり、ビタミン不足がエネルギーの合成を防いでしまうことで、疲労感を抱きやすくなるといわれています。 特に、 ビタミンB群や ビタミンCがエネルギーの合成を促す作用が強いため、これらの不足が疲労感を招いてしまうのです。 さらに、直接的な症状として、 めまいや 頭痛、 動機などが起きることもあります。 ビタミンには身体の細部で働く効果があり、部位によって作用する効果が異なっています。 そして、 1つのビタミンが多くの場所で活躍しているため、単にビタミン不足といっても、非常にさまざまな不調が現れてしまうのです。 こうしたビタミン不足による身体の不調を 潜在性ビタミン欠乏症と呼び、軽度な症状ですが深刻な事態であることには変わりありません。 最近なんとなく疲労感が拭えない、頭がふらつくといった場合には一度食生活などを見直してみましょう。 補充をしないと病気のリスクが高くなる 潜在性ビタミン欠乏症の症状を見ると、直接的に身体に悪い影響を与えるとは思いにくいです。 少しくらい疲労感があっても、そこまで気にしない方も多いかもしれませんね。 しかし、ビタミン欠乏症が怖いのは、ビタミンが不足することが症状のトリガーとなることです。 つまり、 ビタミン不足が深刻化すると、欠乏症状も深刻化してしまうのです。 病名 関係するビタミン 症状 脚気 ビタミンB1• 倦怠感や食欲不振、感覚の麻痺• 心臓の肥大をもたらすことがあり、明治時代では年間1万人の死亡者数が出ていた 壊血病 ビタミンC• 全身の倦怠感だけでなく、内出血や構内の出血など、細かいところからの出血が増える• 消化器などから出血することや、乳児の場合は歯や骨の発育に影響することもある ペラグラ ビタミンB3• 吐き気や嘔吐、下痢などの消化器系、皮膚炎や発赤などの皮膚への症状が多く現れる• 重症化すると、認知症やうつなどの原因となることもある くる病 ビタミンD• 子どもをメインとして発症する• カルシウムと骨の結合を阻害し、コブや成長障害を引き起こす 悪性貧血 ビタミンB12• 基本的な症状は貧血と同じ• ただし、重症化することで知覚障害や胃炎などを招くことがある ビタミン不足による代表的な5つの症状を一覧表としてまとめましたが、いかがでしょうか?どれも、 潜在性ビタミン欠乏症から派生していく症状ばかりですよね。 こうした症状を 顕在性ビタミン欠乏症と呼び、確実にビタミン不足によって引き起こされていることが分かっています。 潜在性ビタミン欠乏症では、ビタミン不足が直接的な原因かどうかは分からないため見落としがちです。 しかし、ドンドンと症状が深刻化していくことで深刻な欠乏症状を引き起こしてしまいます。 ですので、 潜在性ビタミン欠乏症の時点で対策を講じておく必要があります。 また、悪性貧血のように症状が起きているのに、 気づきにくい症状も存在しています。 気づいたら深刻な症状となっている可能性も極めて高いです。 そのため、身体の不調を感じたらスルーしてしまうのではなく、 病院を受診したり、ビタミンに気をつけた食生活に変化させることが大切ですよ。 過剰摂取でも体の毒になる さて、ビタミン不足が身体の不調を起こす原因となってしまいますが、気をつけなければいけないことがあります。 それは、 過剰摂取です。 実は、ビタミンの中には過剰摂取により、 身体に不調を起こしてしまうものがあります。 表を見てもらうと分かりますが、各ビタミンには最大量が決められています。 これは、 耐容上限量と呼ばれており、この数値よりも多く摂取すると過剰摂取によるリスクが0ではないことを表しています。 表の中で耐容上限量が記載されているビタミンは、 脂溶性ビタミンという分類で水分によって溶けず、体内に蓄積されやすいため耐容上限量が決められています。 一方、ビタミンB群やビタミンCは 水溶性ビタミンであるため、水に溶けやすく体外に排出しやすいため耐容上限量が決められていないのかもしれません。 では、耐容上限量がない場合は気をつけなくてもよいか、というとそうではありません。 耐容上限量が定められていなくても、 種類によっては過剰摂取による副作用に気をつけなければいけません。 例えば、ビタミンB群の過剰摂取は手足のしびれや感覚障害を引き起こし、ビタミンCの過剰摂取は下痢や吐き気を招くことがあります。 特に注意しておきたいのは、ビタミンB群です。 症状が深刻化しやすいため、過剰摂取には最大限の注意を行いましょう。 ビタミン剤を摂取することのメリット ビタミンは少なくても多すぎても、身体に不調をきたしてしまいます。 そこで、体内のビタミン量を調節するために効率的なのがビタミン剤です。 ただ、ビタミン剤とサプリってどう違うのか、そもそもそんなに効力があるのか疑問視する声も多くあります。 それでは、ビタミン剤を摂取することの大きなメリットを確かめていきましょう。 ビタミン剤とは医薬品!効果に保証 ビタミン剤とよく似ている商品が サプリメントです。 どちらも手軽に、不足しがちなビタミンを摂取できるため、同じ役割を果たす商品です。 実は、この2つには明確は違いがあります。 それは、 ビタミン剤は 医薬品として扱われ、 サプリメントは健康食品として扱われているのです。 医薬品とは、主に病気などの治療や予防に使われるもので、健康食品は栄養を補給するためのものです。 つまり、医薬品は 効果や働きがしっかりと調べられた裏付けがある、という証明にもなっているのです。 ですので、サプリメントを選ぶよりもビタミン剤を選んだ方が、安全性などのメリットが大きいといわれています。 また、サプリメントの説明を見られた方は気づいているかもしれませんが、 サプリメントには服用方法や適切な量が表示されていません。 目安は〇粒です、のような表現が多いですよね。 どうしてこのような表記となっているかというと、細かく摂取方法を取り決められるのは医薬品だけだと決められているからです。 その結果、 1粒や1日あたりの摂取量は少なめに設定されていたり、 指示がないため摂取しすぎたりすることもあるのです。 ビタミン剤では、飲み方の指示が細かく記載されており、 1日に摂取しても良い上限も明確に決められています。 ですので、過剰摂取や適切なタイミングで摂取するためにも、指示が分かりやすいビタミン剤がより効果的なのです。 手軽に栄養の補給ができる ビタミン剤の優れている点は、なんといっても栄養補給の手軽さです。 本来なら多くの食物から摂取するビタミンを、1~2粒程度でまかなえてしまうため、 不足しがちなビタミンでも簡単に摂取できるのです。 それでは、どれくらい手軽になるのか比較してみましょう。 まずは、広告などでも見かけることが多い ビタミンCの摂取方法です。 ですので、1日分の目安となる100mgを摂取するためには、 1日の中でレモン5個を食べなければいけません。 ちなみに、みかんだと3~4個、サツマイモだと1個半程度が100mgの量となっています。 続いては、脚気にも関係している ビタミンB1の量を比較していきます。 ビタミンB1が多く含まれている食品は豚肉やうなぎです。 豚肉の場合は、 もも肉やヒレ肉なら110~140g、 ハムでは200g程度、 ベーコンでは210~280gを1日で食べなくてはいけません。 うなぎだと150~200g程度が1日の目安量と同じです。 どれも美味しい食材なので、初めは苦労しません。 ですが、毎日同じ量を摂取しようとするとレパートリーが足りなくなり、 途中で飽きてしまうこともあるのです。 食べなくなってしまえばその分栄養は不足してしまうため、ビタミンの欠乏症状が現れやすくなってしまいます。 また、女性だとこれらの量を1日で食べられないことや、食べられたとしても体重が気になってしまいますよね。 ですので、手軽に足りないビタミンを摂取できるビタミン剤が 非常に効率的なのです。 いつもの食事にプラスするだけでビタミン不足を予防できるので、使用しないなんて選択肢はありませんよね? 失敗しないビタミン剤の選び方 サプリよりも効果が証明されて、私たちの力となってくれるビタミン剤。 ですが、調べてみると、ビタミン剤だけでも多くの種類が販売されているため、どんなビタミン剤を選ばべばよいのか分かりませんよね。 ですので、粗悪品を掴まされない、失敗しないビタミン剤の選び方を解説します。 解消したい悩みで選ぶ ビタミン剤は効率的に栄養を摂取することができますが、手軽なために 過剰摂取に注意しなければいけません。 しかし、過剰摂取はビタミン剤の飲み過ぎだけで起こるわけではありません。 ビタミン剤を摂取しても、皆さん食事をしないということはないですよね。 つまり、食事によって適切な量のビタミンを摂取できているのに、そこへビタミン剤まで摂取してしまうことでも過剰摂取となってしまう場合があるのです。 ですので、まずは どのビタミンを摂取したいのか、個別に考えなければいけません。 ただ、どのビタミンを選ばべばよいのか、不足しているのか、明確には分かりません。 そこで、身 体の不調から、どの悩みを解消したいかでビタミンを選びましょう。 例えば、ニキビを解消するためだったらビタミンB2、目の疲れを改善するならビタミンAやビタミンB1、B12などです。 こういった症状はビタミン不足による欠乏症状でもあるので、自分に不足しているビタミンを判別することができるのです。 漠然とビタミン不足に備える、というわけでなく、 何を改善したいかで摂取するビタミンを選んで購入しましょう。 配合成分の含有量で選ぶ ビタミン剤の選び方で、多くの方が注目しているのが 配合量ですよね。 1粒にどれだけ多くのビタミンが含まれているのか、どうしても気になりますよね。 もちろん、1粒に多くのビタミンが配合されているもののほうが優れているのですが、それが 100%あなたに合っているビタミン剤とは限りません。 1粒に含まれるビタミン量が多いほど、 1度に摂取するビタミン剤の量は少なくなり手軽になります。 しかし、含有量が多いと細かい調節ができないため、 たった1粒でも過剰摂取となる場合があるのです。 例えば、普段から栄養バランスに気をつけた食生活をしている方は、含有量が多すぎると過剰摂取となりやすいです。 ですので、あなたの食生活や生活スタイルによって、 最適な含有量を選びましょう。 ビタミン剤は配合量が少なくても、1日あたりの摂取目安量は変わりません。 大幅にビタミンが足りなさそうなら、その分多めに摂取して調節することも可能なのです。 もし、過剰摂取による不調が怖い、不安に感じる場合は 含有量が少ないビタミン剤から試していき、徐々に摂取量を増やしてみるのがオススメです。 特に、マルチビタミンなどは、目的のビタミン以外のビタミンが過剰摂取となる場合もありますので、しっかりとさまざまな点から選んでみてくださいね。 価格で選ぶ ビタミン剤は効果が高いといっても、定期的に摂取する必要があるため、高額なものだと継続しにくいですよね。 ですので、ビタミン剤の 価格も注意しておかなければいけないポイントです。 一般的には、 価格が高額になるほど含有量や含有成分の種類が多く配合されていることがあります。 もちろん、高価なものほど効果が期待できますが、必ずしも効果的に働くとは限りません。 せっかく高額なものを購入したのに、全く効果が現れないこともよくあります。 そのため、ビタミン剤を初めて使用する場合は、なるべく 低価格なものから始めてみるのがオススメです。 どうしてもそのビタミン剤が良いと言う場合は、量を減らして調節するのも失敗しないポイントですよ。 また、サプリなどには定期購入やそれに伴う割引サービスが用意されていることがあります。 中には、初回は0円で頂ける場合もありますよね。 ビタミン剤の場合は、こうした 割引サービスは基本的に用意されておりません。 何故かというと、ビタミン剤は治療などに使われる医薬品ですので、半永続的に飲み続けるものではないからだと考えられています。 症状が収まったら摂取を控える、という考え方なのかもしれませんね。 ですので、割引サービスだけでなく、場合によっては定期購入サービス自体がないことがありますので、 通販で購入する場合は送料の取扱にまで十分に確認しておきましょう。 愛用者の口コミ・評判 失敗しないビタミン剤の選び方、最後は 実際に使用した方の意見を参考にすることです。 以前は通販サイトでのレビューや販売会社が用意したものが主流でしたが、今ではビタミン剤だけを集めたレビューサイトも増えています。 ですので、こうしたサイトを活用しながら、 愛用者の口コミや評判を一つずつ見ていきましょう。 口コミのより効果的に活用する場合は、 最も良い意見と最も悪い意見を見比べます。 一般的には、効果があると良い意見、効果がないと悪い意見となっています。 ですが、あなたにとって効果があるかどうかは試してみないと分からないため、決定打にはしにくいかもしれません。 こうした場合は、2つの意見を比較して見ながら、飲み方や効果があると実感した割合などから判断しましょう。 また、ビタミン剤の場合、不調を解消させることはできても、それ以上に健康になるとは限りません。 あくまでも足りないビタミンを補い、正常な働きを行わせることがビタミン剤の作用だからです。 ですので、 販売会社のサポートや副作用といった口コミににも注目して参考にしましょう! おすすめ総合ビタミン剤ランキング ここからは、実際に販売されているビタミン剤の中から編集部が選んだオススメビタミン剤をランキング形式で紹介します。 もちろん、ランキングが上位になるほどオススメ度は増しますが、大切なのはあなたの目的と合うことです。 それでは、もう少し詳しく成分を見ていきましょう。 トウキ、エゾウコギ、オウギ、タイサン(オキソアミヂン末)は生薬、つまり薬と同じような働きをする成分で、それぞれが滋養強壮作用がとても強い成分です。 トウキ:血液循環を促進、免疫機能を高める• エゾウコギ:エネルギー代謝の改善、抗ストレス作用• オウギ:強壮・強心作用、免疫機能を高める• タイサン:血行改善作用、ビタミンの吸収を促進する それぞれの生薬にはこのような効果があり、4種類の効果が相互的に働くことで、よりビタミンの働きを促進させています。 タイサンの作用により効率的に吸収したビタミンを、トウキなどで改善した血液循環により体内の各へ届けます。 そして、ビタミンの働きでエゾウコギやオウギの作用をサポートすることで、身体の働きを活性化させてくれます。 つまり、 ビタミンを効率的に使用してエネルギーを作り出し、活性化した血液循環によって細部まで行き渡らせることが、このビタミン剤の力なのです。 そのため、 疲労感や体力低下を回復させ、 食欲不振などにも効果が働き、次の日の仕事などを頑張れるようになりますよ! また、配合されているビタミンは、 B1、 B2、 B6、 C、 Eの5種類です。 ビタミンB群はエネルギーの合成を促し、ビタミンCが血管を健康にしてくれます。 さらに、ビタミンEには血行改善作用が含まれているため、4種の生薬と非常に相性が良いビタミンが多く配合されています。 さらに、相性の良い成分をバランスよく配合することで実現した相乗効果によって、より効果が働きやすくしているのです。 残業続きで、全身がバキバキの時に、疲労回復できそうなものをDSで探していたのがきっかけで購入。 お店のポップや箱の裏をじっくり見て、他社商品と比較するも、決して安くはないけれど、ニンニク抽出成分やLアルギニン、ビタミンが入ってるということで、何だか効きそうで購入決定。 結果、物凄く効いたって感じは分からないけど、少しは調子良くなったのかな、という使用感。 それでも身体に良さそうなことは少しでもやっておきたい、ということでリピートしています。 疲れた時以外にも、風邪をひいた時、旅行先で体力が要りそうな時など、サプリメントケースに入れてあれば気分的に安心。 何かを頑張ったわけじゃないけれど、疲労感や倦怠感が拭えない状態、実は、ビタミン不足の可能性が高いのです。 さらに、4種類の生薬によって回復させるだけでなく、前日よりも元気にさせてくれるのです。 エネルギーの補給と疲労の回復。 この代表的な2つの働きによって、嫌な身体の辛さから抜け出せますよ。 効果が現れない?厳しい意見も 使って二か月ぐらいですが、あんまり効果はわからないです; これとは違う栄養ドリンクの方が効き目がはっきりとでるなぁと思います。 ビタミン不足による疲労感には、ビタミンを補うことで改善できますが、そのレベルには幅があります。 劇的に変化する場合もあれば、元に戻った程度などさまざまです。 なぜかというと、疲労感による辛さはビタミン不足以外にもストレスや睡眠不足など、いくつかの原因が考えれれます。 ですので、 たまたまビタミン不足が原因でない場合や、 個人差によってあまり効果が現れなかった場合などが考えれます。 飲み方はさまざま?使い方のバリエーションも豊富に 寝る前に飲むのが最近の習慣です。 やはり飲まないと寝起きがつらいことが多いです。 飲んで寝さえすれば、一日の疲れの回復を早めてくれている感じはしています。 ですので、 あなたの生活スタイルによって飲むタイミングを変えることができます。 そして、飲むタイミングによって効果が現れるタイミングなどが異なるようです。 ただ、これはあくまでもその人にあった摂取方法なので、あなたの生活スタイルなどに合うかは分かりません。 参考にして真似してみるのは大切ですが、効果が出ないからといってそのまま辞めててしまうのは非常にもったいないですよ。 アリナミンEXプラスの特徴は、ビタミンの働きに注目し、メインとして扱っているところです。 一般的なビタミン剤のイメージに最も合うかもしれません。 フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)、ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)、ビタミンB12(シアノコバラミン)、ビタミンEコハク酸エステルカルシウム、パントテン酸カルシウム、ガンマーオリザノール Source: こちらが、アリナミンEXプラスに配合されている成分の一覧となります。 アリナミンEXプラスの成分の特徴は、 ビタミンB群がメインとなっていることです。 ビタミンB群は、エネルギーの合成に必須ともいわれるビタミンで、 疲れや疲労感を取り除くためには欠かせないものです。 さらに、 抗酸化作用や 抗うつ作用なども含まれているため、心と身体、2つを元気にさせることに重きを置いているようです。 特に、ビタミンB群の中でもエネルギーの合成に欠かせないのが ビタミンB1です。 ビタミンB1は糖質からエネルギーを作り出すのを促しますが、壊れやすく身体に吸収されにくい性質も持っています。 そのため、 ビタミンB1は欠乏しやすいビタミンとしても知られています。 そこで、アリナミンEXプラスでは、ビタミンB1誘導体である フルスルチアミンが使用されています。 ビタミンB1誘導体は、ビタミンB1の作用はそのままにより身体に吸収されやすい性質をもった物質です。 一般的な状態では、ビタミンB1の不足を補おうとしても身体に吸収されず、なかなか効果が現れません。 ですが、ビタミンB1誘導体であれば、 不足分を適切に補うことができ、エネルギーを合成させやすくしてくれます。 ビタミン以外の成分では、以下のような働きを促す作用が確認されています。 パントテン酸カルシウム:脂質や糖質をエネルギーに変化させるのを促進• ガンマーオリザノール:ビタミンB1・B6・B12の働きをサポートする この2つの働きはとても分かりやすく、メインとなるエネルギーの合成を効率化し、 ビタミンB群の働きを促進させる作用を持っています。 ですので、数あるビタミン剤でも疲れを解消しやすく、多くの方が愛用しているのです! 仕事上、肉体労働なので肩の凝りや腰痛、全身のダルさ、重さ、しっかり寝ても疲れが取れない状態でした。 値段も高いので効くだろうと思って期待していたのに… 3粒朝に飲んでいますが、全然効いている感じがしません。 飲んだ後しばらくアリナミン独特の臭いが口 の中に残ります。 リピはしません。 少しがっかりしてしまうような意見ですね。 アリナミンEXプラスのマイナスな意見で多いのが、 臭いと 効果の実感のできなさです。 臭いに関しては、 効果がある場合にも気になっている方が多いため、注意しておきたいポイントです。 臭いがきつくて継続できない場合も考えられますので、まずは少量からの購入がオススメです。 また、効果が現れにくいという意見の多くが、 肉体労働や筋肉痛に対して効果が実感できないというものでした。 この場合の疲労は、ビタミンでの回復も効果的ですが、その他にもタンパク質などを多く摂取する、良質な睡眠を心がけるといった対策が必要です。 そのため、 ビタミンだけでは思うように回復しなかったことが考えられます。 アリナミンEXプラスによる回復作用は、とても高いものですが、どうしても向き不向きが現れてしまうため、あなたの生活スタイルと照らし合わせながらしっかり考えてみましょう。 確かな効果を実感!驚きの口コミも 常に疲れが朝まで残り、特に目が辛かったのですが毎日寝る前に飲みだしてからは、朝の目覚めがスッキリです。 非常に有りがたいです。 アリナミンEXプラスの効果を実感する場合、 飲まなくなったときが多い印象です。 飲んでいるときにはあまり効果を実感できなくても、 やめた途端に悩んでいた症状が現れて再び悩まされてしまうのです。 その結果、アリナミンEXプラスが手放せなくなってしまうようです。 ビタミン剤は医薬品ではありますが、治療薬とは異なっています。 ですので、全てを解消しより元気になる、というのではなく、 元の状態へ戻るという作用が強いのかもしれません。 また、アリナミンEXプラスはあくまでも身体のサポートを行う医薬品ですので、 根本的な原因を治療することはできません。 そのため、一時的に症状を緩和させることができても、完治させることは非常に難しいのです。 もし、症状の完治を目指す場合は、原因を見つけ適切な治療を行うためにも 病院へ受診することが最も効果的です。 アリナミンEXプラスは効果の高さから誤解されてしまうことがあります。 もちろん、偽りのない効果なのですが、身体のサポートを行うビタミン剤として使用しましょう。 我慢できる程度の身体の不調ではアリナミンEXプラスを試し、それでも回復しなければ病院へ行く。 この2つの方法を上手に活用して、パワフルな生活をおくりましょう! 第3位は、皇漢堂製薬株式会社から販売されている 新ネオビタミンEX クニヒロです。 このビタミン剤の特徴を解説する前に、まずは新ネオビタミンEX クニヒロに含まれている成分を見てみましょう。 フルスルチアミン塩酸塩、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ガンマ-オリザノール Source: 何処かで見覚えがある成分ではないでしょうか?実は、新ネオビタミンEX クニヒロの成分は アリナミンEXプラスとほぼ同じなのです。 つまり、アリナミンEXプラスと同等の働きが期待できるため、多くの方から注目を集めて言います。 どうしてこの2つのビタミン剤の成分が酷似しているのか分かりませんが、おそらく効率的に ビタミンB群の働きを促すためには最適な成分なのだと考えれます。 ただし、アリナミンEXプラスと同じ効果を発揮出来るのかというと、そうではありません。 成分は同じでも配合量のバランスや輸出している物質によって、効果の働き方が異なります。 新ネオビタミンEX クニヒロの成分は詳しく公表されていないため、全く同じ含有量かは分かりませんが、異なっている可能性が高いでしょう。 そのため、似たような成分ではありますが、 効果の現れ方は別物だと考えておくのがベストです。 ただ、そうなると新ネオビタミンEX クニヒロの方が劣っていると思われるかもしれませんが、それは少し違います。 ビタミン剤による効果の現れ方には個人差があり、ビタミンの働き方にも個人差が大きく関係しています。 ですので、 同じ成分でも新ネオビタミンEX クニヒロのほうが効果を実感しやすい場合もあるのです。 ビタミン剤の効果が現れにくい場合、他のビタミン剤へ乗り換える方も多くいます。 ですが、全く異なる成分だと不安を感じてしまうこともありますので、まずは似た成分の異なったビタミン剤を試してみるのがオススメですよ! これはすごい!ドラッグストアで眼精疲労に効くものはないか薬剤師さんに尋ねたところ半信半疑で購入しましたが、効果覿面!飲み始めて二日目で眼精疲労がなくなりました。 一度切らしてしまったときに、また目が痛くなったのですぐにドラッグストアに走りました? 眼精疲労で悩んでいるかたにオススメです。 成分は同じだけど効果は現れにくい……そう感じてしまう方も多いのですが、実際には きちんと新ネオビタミンEX クニヒロの効果を実感できている方が多いようです。 実は、効果がない、現れないという口コミ探したのですが、適切なものが見つけられなかったこともあり、新ネオビタミンEX クニヒロの効果の高さをより実感させれる結果となりました。 高評価の裏側はコスパの良さ! 肩こりや眼の疲労を緩和するのに手放せません。 他社製品と同成分で価格がだいぶお手頃なので、 こちらの製品を健康維持・疲労軽減の為、 家族皆で愛用しています。 毎日2錠服用し、疲労が多い時は少し多めに使います。 新ネオビタミンEX クニヒロの口コミで最も多いのが、 コスパの良さです。 アリナミンEXプラスは効果が高い反面、どうしても価格が効果になってしまい、継続して摂取できないことがネックになっているようです。 反面、新ネオビタミンEX クニヒロは価格がお手頃ながら、同じ成分を摂取できるとあって 継続的に摂取するならこちらを購入し続けたいと思う方も多いようです。 みなさんも経験したことがあるかもしれませんが、価格と効果の高さは比例していると思うことがあります。 価格が高い=効果が高い、という感じですね。 すると、期待値が大きくなるため、思ったより効果が出ないと、どうしても辛辣な意見が増えてしまいます。 一方で、元々お手軽な価格だと、効果に対する期待値もそこまで大きくないため、同程度の効果でも効果を実感しやすいと思ってしまうことも多いそうです。 ですので、 新ネオビタミンEX クニヒロには高評価が集まりやすいのかもしれませんね。 もちろん、新ネオビタミンEX クニヒロも、アリナミンEXプラスも効果が高いことには変わりませんので、ビタミン剤デビューをするのなら、失敗しても実害が少ない新ネオビタミンEX クニヒロから初めてみるのがオススメです。 第4位にランクインするのが、エーザイ株式会社から販売されている チョコラBBプラスです。 チョコラBBプラスは、どちらかと言うと女性をメインターゲットに据えているように、今までとは異なったアプローチが行われているのが特徴です。 リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム Source: こちらが、チョコラBBプラスの成分となり、ビタミンB群がメインとなっているのが分かります。 実は、ビタミンB2やB6には、エネルギーの合成を促すだけでなく 肌の回復を高める美肌効果も確認されています。 そのため、肉体疲労だけでなく、 肌あれや にきび、 口内炎などの改善を促す作用があり、チョコラBBプラスが効果的に働くといわれています。 また、ニコチン酸アミドとパントテン酸カルシウムは、どちらも 皮膚の健康維持作用が含まれています。 つまり、チョコラBBプラスを効果的に活用する場合は、疲労回復よりも ビタミン不足による肌トラブルの回復を見越して使用するにがオススメです。 さらに、チョコラBBプラスは子どもには使用できませんが、含有量を押さえたチョコラBBジュニアなど、 さまざまなバリエーションが用意されているのも嬉しい特徴の1つです。 大人が試して効果があった成分を、安心して子どもも使用できる、家族一緒に活用できるビタミン剤としてチョコラBBプラスの右に出るものはありませんよ! 10代の時から思い出した時に適当に飲んでいましたが、これ意味ない?と思い、買わなくなっていました。 でもある時、真面目にチョコラBBを飲んでみよう!と久しぶりに購入しました。 ほぼ ちゃんとこれを朝晩飲んで、あとは今まで朝はぬるま湯で流すだけだったのを、しっかり洗顔料で洗うように変えました。 ニキビが完全にできなくなった訳ではありませんが ホルモンバランスとか色々あるし 、でもかなり改善されました!! チョコラBBプラスの口コミで多いのは、やはりニキビなどの肌トラブルの解消です。 肌トラブルを解消してくれる医薬品は他にもありますが、チョコラBBプラスはビタミンが主要成分となっているため、 安心して摂取できるのかもしれません。 特に、 ビタミン自体が副作用を起こすことはありませんから、滅多なことで副作用が起きないことも嬉しいですよね。 ただ、肌トラブルが起きてしまう原因はビタミン不足以外にも原因があります。 根本的な原因が解決しないかぎり、何度もできてしまいますし、思っていたよりも効果を実感しにくいということにも繋がります。 そのため、肌トラブルの場合でも、チョコラBBプラスを飲んでも何度もニキビなどができてしまう場合は病院へ行き適切な治療を受けましょう! オススメ総合ビタミン剤、第5位は株式会社 メディスンプラスから発売されている ビタトレールEXPです。 それでは、早速ビタトレールEXPの成分を見てみましょう。 フルスルチアミン塩酸塩 ビタミンB1誘導体 、ピリドキシン塩酸塩 ビタミンB6 、シアノコバラミン ビタミンB12 、トコフェロールコハク酸エステルカルシウム ビタミンE 、パントテン酸カルシウム、ガンマ-オリザノール Source: この成分ですが、どこかで見覚えのある成分ですよね?実は、ビタトレールEXPも 新ネオビタミンEX クニヒロやアリナミンEXプラスと同じ成分で作られているのです。 ですので、ビタトレールEXPの働きもこれらのビタミン剤と同じように、ビタミンB1の吸収を促し、エネルギーの合成をサポートすることで、 疲労や倦怠感の改善効果が期待できます。 また、成分が同じためか、口コミを探してみても見つかりませんでした。 おそらく、同じ成分である上記2つのビタミン剤の口コミを参考にして、ビタトレールEXPを摂取するかどうかを決めていると考えられます。 そのため、ビタトレールEXPための口コミを作成する方は多くないのかもしれません。 ただ、口コミがない=効果がないというわけではありません。 実際に同じ成分で効果のあるビタミン剤があるため、 ビタトレールEXPに対しての信頼感はもちろんあります。 いかがでしょうか?上位のビタミン剤と比べても、遜色ない働きが多いですよね。 ただ、どうしても働きが限定的なものが多くなってしまうため、総合的な作用という点では劣ってしまいます。 ですが、逆に言えば、 特定の症状を緩和させるためには、こうしたビタミン剤が 最適だということでもあります。 安心してビタミン剤を活用してためにも、最後までしっかり読んでいってくださいね。 はっきりと言えば、必要です。 ビタミン剤はあくまでも医薬品であり、一時的なビタミン不足を補うためのものです。 そのため、永久的に毎日飲み続けるものではありません。 ビタミン剤によって体調が良くなったとしたら、同量のビタミンを摂取できるように食生活を見直しましょう。 また、データによるとビタミン剤のみでビタミンを摂取することで、他の病気を引き起こすリスクがあるともいわれています。 ですので、バランスの良い食事を心がけてください。 そして、アルコールの分解によって、ビタミンが消費されたり、ビタミンの吸収が阻害されたりと、あまり良い影響を与えません。 ビタミンの効果を最大限活かすためには、ある程度の禁酒も必要ですよ。 基本は食事で不足をビタミン剤で補給 ビタミン不足に陥りやすい現代では、毎日を元気に頑張るためにはビタミン剤が必要な場合が多くあります。 ですが、どれだけ効果が高いビタミン剤でも、 効果は一時的なものに過ぎません。 ビタミン不足を根本から改善させるためには、食事によるビタミン摂取が不可欠です。 ビタミン不足の解消は、 バランスの良い3回の食事で解消させましょう。 そして、 どうしても不足してしまう場合や、 欠乏症による症状が辛いときだけビタミン剤で不足したビタミンを補給しましょう。 ビタミン剤は特効薬ではありません。 あなたの身体が健康に、元気になるためのアシストを行っているだけです。 ビタミン剤に依存しないように、日頃からビタミンのバランスに注意していきましょう! 参照リンク.

次の

ビタミン剤・サプリメントって本当に効くの?

ビタミン 剤 市販

「市販のビタミン剤と併用しても大丈夫ですか?」 薬局薬剤師がよく受ける質問の一つに 市販のビタミン剤と医療用の薬との飲み合わせがあるかと思います。 市販のビタミン剤であれば安心というイメージはあるかと思いますが、医薬品と併用に注意をしないといけないビタミン剤や、禁忌のビタミン剤もありますので見落とさないように注意しなければいけません。 医薬品との飲み合わせで注意が必要なビタミン剤をまとめてみました。 医薬品と併用に注意するビタミン剤のまとめ ビタミンAと相互作用のある医薬品 ・ ワルファリンカリウム(ワーファリン) ワルファリンの抗血液凝固作用を増大させ、出血傾向になる可能性あり。 ・ エトレチナート(チガソン) 角化症治療薬 ビタミンA過剰症になる可能性があるため 禁忌。 ・ トレチノイン(ベサノイド) 抗悪性腫瘍薬 ビタミンA過剰症になる可能性があるため 禁忌。 ビタミンKと相互作用のある医薬品 ・ ワルファリンカリウム(ワーファリン) ワルファリンの効果が減弱する。 ビタミンDと相互作用のある医薬品 ・ ジゴキシン(ジゴキシン)メチルジゴキシン(ラニラピッド) ビタミンDの摂取により、血中のカルシウム濃度が上昇し、心筋細胞内カルシウムの濃度が上昇すると、ジギタリス中毒の症状である不整脈が悪化しやすくなる。 ・ アルファカルシドール(ワンアルファ、アルファロール)カルシトリオール(ロカルトロール)エルデカルシトール(エディロール) 活性型ビタミンD3製剤 カルシウムの吸収が増え、高カルシウム血症が現れる可能性があり。 ビタミンCと相互作用のある医薬品 ・ エストロゲン製剤 ビタミンCにより代謝が阻害されエストロゲンの血中濃度が上昇する。 ・ アセタゾラミド(ダイアモックス) 腎・尿路結石。 大量のビタミンC投与で、その代謝物であるシュウ酸の尿中排泄が増加し、カルシウム析出を助長して腎・尿路結石が発生しやすくなると考えられる。 葉酸と相互作用のある医薬品 ・ フェニトイン製剤(アレビアチン、ヒダントール) フェニトインの代謝が亢進し、フェニトインの血中濃度が低下する。 会社HP:• ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。 調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。 調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。 2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。 2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。 「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」 というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。 1983年11月 岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。 大学より京都・大阪で14年間、沖縄Iターン特集立ち上げのため沖縄県で4年間暮らし、現在は福岡県民。 1歳の息子と妻の3人家族。 当面の目標は、 「息子の成長スピードに負けないこと」 座右の銘は、 「まくとぅそうけい なんくるないさ」 =「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」 記事作成のサイトポリシーについては この投稿者の最近の記事.

次の

ビタミンEの市販薬一覧|知りたい!市販薬

ビタミン 剤 市販

ビタミンEは脂溶性のビタミンです。 文字通り、脂に溶けやすい性質を持ち、体内の脂質の酸化を防ぐ作用(抗酸化作用)があります。 血液をサラサラにする働きやコレステロール値を改善する働きなどから、生活習慣病の予防にも役立つビタミンです。 また、、冷え性などの血行不良による症状や、女性の生理不順にも効果があるとされており、ビタミンB1を主剤とする製品(アリナミンEXなど)や、の人向けの製品などに配合されていることもあります。 ビタミンEの性質として、お薬として服用しても、私たちの体にきちんと吸収されにくいという面もあります。 他のビタミン剤とは違って、上記の写真のようにソフトカプセルとして販売されている商品が多いのは、吸収されやすくするための工夫でもあります。 ビタミンE自体が、脂と同じような性質も持っていますので、空気に触れると酸化しやすく、製剤にはいろいろな技術が駆使されているのです。 ですから、ほかのビタミン剤と比較すると、結構なお値段だったりしますね。 とくにビタミンEを主剤とする製品は高価な商品が多いのですが、ビタミンEに限って言えば、高価格な商品の方が吸収がよいため、お勧めです。 (大きな声では言えませんが、あまりに安価な製品は、お勧めではありません・苦笑) ビタミンEを摂ったほうがいいのは、どんな時? ビタミンEは、いろいろな市販薬の中に配合されています。 、、、、、、、、。 血行促進などの目的で、本当に多様な製品に用いられています。 ですから、どちらかというと、他のビタミンの働きを助けるような役割で用いられるケースが多いのですが、ビタミンEが主剤の製品を服用する場合は、下記のような効能効果が期待されています。 末梢血行障害による次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり、手足の痺れ・冷え、しもやけ• 更年期における次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり、冷え、手足の痺れ、のぼせ• 月経不順 筋肉のコリや体の冷え、生理不順などは血行不良が原因となっていることが多いですから、その原因を解消する目的で服用するということですね。 簡単にいうと、ビタミンEには血液サラサラ効果があるということです。 ビタミンEによって血液の流れが良くなりますので、飲み始めると生理時に出血量が多くなることがあります(飲み続けていると、次第に出血量は落ち着いてきます)。 血液は新鮮な酸素や栄養素を全身に運ぶ役割がありますから、その血液の流れを良くすることで、末梢の冷えや痺れなどを改善する効果があります。 天然型ビタミンE。 植物性のカプセルを使用。 ホルモンバランスを調整し、手足の冷えやしびれ、首筋のこりなどを改善します。 15歳未満は服用できません。 楽天で購入:• アマゾンで購入: ユべラックス300(エーザイ)• 天然型ビタミンE。 ホルモンバランスを調整し、手足の冷えやしびれ、首筋のこりなどを改善します。 15歳未満は服用できません。 楽天で購入:• アマゾンで購入: ネーブルファイン(エスエス製薬)• 天然型ビタミンEとガンマーオリザノールを配合。 首すじのコリや手足の冷えなどの改善、自律神経やホルモンバランの乱れを整えます。 楽天で購入:• アマゾンで購入: ユンケルEナトール(佐藤製薬)• 天然型ビタミンEに、ガンマーオリザノールとビタミンB2をプラス。 首筋や肩のこり、手足のしびれなどを緩和します。 楽天で購入:• アマゾンで購入: トコロールEゴールド(武田薬品)• 吸収力の高いアルファ天然型ビタミンE。 末梢血行障害の改善に優れた効果を発揮。 首や肩のこり、手足のしびれ、冷えに。 楽天で購入:• アマゾンで購入: ビタミンEは保管に気をつけて ビタミンEは、油と同じで非常に酸化しやすい性質を持っています。 瓶を開封したら、蓋を開けっ放しにしたりせず、毎回しっかり蓋を閉じましょう。 直射日光が当たる場所や高温な場所での保管もいけません。 開封したら長く持ちませんので、長期間経過した商品(たとえば半年前に開封した商品など)は使用しない方が良いでしょう。 ビタミンEを飲まない方がいい人とは・・ ビタミンEは血液をサラサラにする働きがあるため、お医者さんから抗血栓薬(血が固まらないようにするお薬)を処方されている人は服用してはいけません。 作用が重なって、効果が強く出てしまうことがあるからです。 また、ビタミンEを飲んでから、生理の出血量が大幅に増えてしまった人や、鼻血がよく出るようになった、歯ぐきから出血しやすくなったなど、出血傾向が強くなった人は服用をやめて医師または薬剤師にご相談ください。 ビタミン・ミネラルに関するコンテンツいろいろ.

次の