デリケート ゾーン かぶれ。 皮膚科医が解説!デリケートゾーンのかゆみの原因と対策とは

フェミニーナ®軟膏|ジェル|ミスト|製品情報|小林製薬

デリケート ゾーン かぶれ

デリケートゾーンのかゆみに効く薬 小林製薬 フェミニーナ軟膏S この「 」はCMでも有名なので、「デリケートゾーンのかゆみと言えばフェミニーナ軟膏!」というイメージが強い人は多いのではないでしょうか。 私も生理中など、ナプキンかぶれで悩んだ時期があり、思い切って使ってみたことがあります。 肌にしみることなくかゆみをしっかりと抑え、殺菌効果もあり、親水性クリームなのでべたつきも気になりませんでした。 初めてこういった軟膏を使う方には、特におすすめです。 小林製薬 フェミニーナジェル この「 」もフェミニーナですが、軟膏ではなくジェルタイプで、べたつきがさらに気にならなくなっています。 パウダー配合のジェルタイプなので、生理時などのデリケートゾーンのかゆみに効果的なのはもちろん、さらさらとしたつけ心地で、暑い時期には軟膏よりもさっぱりとつけられます。 季節により、軟膏とジェルを使い分けてみるのもよい方法と言えますね。 ユースキン製薬 ユースキンラフレ ハンドクリームでお馴染みの、ユースキン製薬のデリケートゾーン用クリームが「 」です。 こちらは乳液状クリームで、しっとりしながらもさっぱりの使用感です。 パッケージが個人的には非常にすっきりしていて、薬局でも買いやすいイメージが持てます。 かゆみ、かぶれを抑え、トラブルの悪化を防ぎます。 小林製薬 フェミニーナ ミスト 「フェミニーナ軟膏にミストが!」と、初めて見た時は私も驚きました。 軟膏やジェルですと、塗った後にどうしても手がベタついてしまい、気になってしまう人もいますよね。 こちらの「 」はスプレータイプなので、デリケートゾーンにシュッとするだけでよいのです。 デリケートゾーンのかゆみは突然ひどくなることもありますので、ゆっくりトイレに入れないことの多い外出先や持ち歩き用として1つあると、とても安心できますね。 ロート製薬 メンソレータム フレディ メディカルクリーム ロート製薬からも、「 」というデリケートゾーンのかゆみ用クリームは発売されています。 肌にやさしい弱酸性の成分で、さらさらパウダーも配合されており、ジメジメしないつけ心地と、ふんわりとしたせっけんの香りも好評ですよ。 ロート製薬 メンソレータム フレディ メディカルジェル ロート製薬でもクリームタイプとは別に、「 」というジェルタイプのものも出ています。 生理時のデリケートゾーンのかゆみなど、基本的な効能はもちろん、このジェルの特徴はクールな清涼感を感じることです。 好みはあると思いますが、かゆみにはひんやりとしたつけ心地は気持ちよいものですので、つけた瞬間からすっきりとしたい人にはおすすめです。 池田模範堂 デリケア この「 」は、デリケートゾーンのかゆみをしっかりと抑え、炎症を抑える働きがある弱酸性のクリームです。 肌のphバランスを整える効果もあり、やさしく確実にかゆみを抑えていきます。 池田模範堂 デリケアエムズ デリケアと言えば、こちらの「 」の方が、ある意味有名かもしれません。 特徴的なCMで印象に残っている人も多いでしょう。 デリケアとデリケアエムズの違いは、スーッとするメントールがデリケアには入っていないことがあげられます。 男性にはメントールの清涼感を好む人が多いため、男性用に配合しているようです。 そのため、商品名にはエムズと入っていますが、成分的には女性が使っても問題ありません。 万協製薬 ビタトレール デリモア こちらの「 」は、有効成分の作用により、「おりものによるかゆみ」「生理時のかゆみ」「下着によるかぶれ」など、デリケートゾーンのトラブルによるかゆみを抑える働きがあります。 1日数回の塗布することで、効果が得られます。 まとめ デリケートゾーンのかゆみに効く市販薬を、口コミをもとにランキング形式でご紹介しました。 デリケートゾーンということもあり、どの市販薬も成分は似かよっていますし、低刺激で優しく、かゆみの症状には効果的です。 あとはそれぞれの使用感、タイプにより使い分けることをおすすめします。 また、 人気のかゆみ止めに関しては、下記を参考にしてみてください。 そして、 その他かゆみの様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

次の

デリケートゾーンのかゆみに効く薬ランキング

デリケート ゾーン かぶれ

デリケートゾーンかゆみの原因は6つ ただ「デリケートゾーンがかゆい」と言っても、その原因は1つではありません。 原因に合わせて解決策も違いますので、自分の症状に合った対策をとる必要が出てきます。 肌の乾燥 肌は、潤いがあることによってバリアの働きを持ち、外部からの刺激に対して守りを固めています。 ところが肌が乾燥すると、そのバリアが機能せず、デリケートゾーンの場合は下着や陰毛との擦れなど、肌が刺激を受けやすい状態に晒され、これが、かゆみを引き起こす原因となります。 蒸れ・かぶれ 乾燥とは逆に、肌が蒸れすぎてもかゆみが生じやすくなります。 生理中の蒸れや、日常でも汗やオリモノなどで蒸れやすい環境があり、雑菌が繁殖しやすい状態を作り出しています。 特に生理中は肌が敏感になっているので、ナプキンはこまめに取り替えるなど、衛生面に気を遣うようにしましょう。 陰部は皮膚が薄くできているので、やさしく洗わないと、肌の乾燥やかぶれが起こりやすくなり、かゆみが伴います。 また、膣内は石鹸などで安易に洗わないほうが良いです。 膣内にいる善玉菌が洗い流されてしまいます。 どうしも洗いたい人には、膣内専用の洗浄器をおすすめします。 カンジダ症 カンジダ症の原因となるカンジダ菌は、膣だけでなく消化器官や口内、皮膚などにもいる常在菌です。 通常であれば悪さはしないのですが、ストレスや疲れなどで体の免疫力が低下しているときは増殖しやすくなり、膣カンジダの場合はオリモノの異常や陰部のかゆみを引き起こします。 なお、このカンジダ症は性病ではありませんので、いろいろと誤解のないように気をつけてください。 性行為の相手が感染者だった場合や、まれに公衆のプールや温泉などでの感染もあります。 市販薬でどうにかなるものではないので、早急に婦人科または産婦人科を受診し、医師の診断を仰いでください。 妊娠中のかゆみ 必ずしも妊婦さん全員に起こるというものではないですが、妊娠時の女性ホルモンの変化によって皮膚がかゆくなることがあります。 肌に余計な刺激を与えないこと、保湿をすることなどの肌ケアはもちろん、産婦人科の先生に相談してみることも一つの解決方法です。 デリケートゾーンのかゆみは「黒ずみ」にも繋がる デリケートゾーンの悩みには、かゆみ以外に「黒ずみ」も存在します。 この黒ずみは、実はかゆみによるものが原因となって引き起こされているケースもあるのです。 黒ずみの原因は、メラニン色素の活発化にあります。 肌を掻きむしったことが肌への負担となり、肌を守ろうとする働きでメラニン色素が増え、これが黒ずみとなります。 全身どこでも同じことが言えますが、特に肌が敏感なデリケートゾーンは黒ずみができやすく、かゆみを抑える対策が必要になります。 デリケートゾーンのかゆみ!早く治すにはどうしたらいい? かゆみへの対策法としては2つ考えられます。 局所麻酔成分で素早くかゆみを鎮める• 抗ヒスタミン成分でかゆみを抑制• 殺菌成分で雑菌の繁殖を抑制• ビタミンEで肌の新陳代謝を高める ジェルタイプとミストタイプもあります。 ジェルタイプの「フェミニーナジェル」は、サラッとした感触なので、軟膏タイプのベトつきが気になる人におすすめです。 ミストタイプの「フェミニーナミスト」は、患部にシュッと吹きかけて使えるので、外出先で使いたい人には手軽でおすすめです。 成分表を確認の上で使用してください。 根本的な治療法でもありませんので、併用はしないでください。 日々意識したいこと• やさしく丁寧に洗う• 保湿を充分に行う• 自分のサイズに見合った下着をつける つまりは、肌への刺激を減らし、肌ケアも怠らないということです。 デリケートゾーン専用の石鹸や保湿クリームなどでのケアもおすすめです。 【 予防法その2 】専用石鹸を使用する 石鹸でかゆみを止めるのは、薬のような効果を狙うのではなく、どちらかというと 予防策という位置づけになります。 弱酸性成分の石鹸• デリケートゾーン専用の石鹸 のどちらかを使用しましょう。 普通の石鹸やボディシャンプーでは、皮膚が薄いデリケートゾーンには刺激が強く、おすすめできません。 (この刺激がかゆみを引き起こしていることもあります) 【 予防法その3 】脱毛する・減毛する 陰毛のデメリットとしては、• 蒸れやすい• 擦れることで肌に刺激を与えてしまう• 尿やおりもの、生理の時の血が付着し衛生面が悪い• ニオイを発しやすい• 手入れを怠ると、男性から不評をもらいやすい などがあります。 もちろん、二次被害としてかゆみや黒ずみの原因にもなります。 そのため脱毛や減毛することで、デリケートゾーンの悩みの解決策とする人もいます。

次の

デリケートゾーンのかぶれの原因は?病気の可能性も。市販薬の効能を解説!

デリケート ゾーン かぶれ

デリケートゾーンのかゆみに効く薬 小林製薬 フェミニーナ軟膏S この「 」はCMでも有名なので、「デリケートゾーンのかゆみと言えばフェミニーナ軟膏!」というイメージが強い人は多いのではないでしょうか。 私も生理中など、ナプキンかぶれで悩んだ時期があり、思い切って使ってみたことがあります。 肌にしみることなくかゆみをしっかりと抑え、殺菌効果もあり、親水性クリームなのでべたつきも気になりませんでした。 初めてこういった軟膏を使う方には、特におすすめです。 小林製薬 フェミニーナジェル この「 」もフェミニーナですが、軟膏ではなくジェルタイプで、べたつきがさらに気にならなくなっています。 パウダー配合のジェルタイプなので、生理時などのデリケートゾーンのかゆみに効果的なのはもちろん、さらさらとしたつけ心地で、暑い時期には軟膏よりもさっぱりとつけられます。 季節により、軟膏とジェルを使い分けてみるのもよい方法と言えますね。 ユースキン製薬 ユースキンラフレ ハンドクリームでお馴染みの、ユースキン製薬のデリケートゾーン用クリームが「 」です。 こちらは乳液状クリームで、しっとりしながらもさっぱりの使用感です。 パッケージが個人的には非常にすっきりしていて、薬局でも買いやすいイメージが持てます。 かゆみ、かぶれを抑え、トラブルの悪化を防ぎます。 小林製薬 フェミニーナ ミスト 「フェミニーナ軟膏にミストが!」と、初めて見た時は私も驚きました。 軟膏やジェルですと、塗った後にどうしても手がベタついてしまい、気になってしまう人もいますよね。 こちらの「 」はスプレータイプなので、デリケートゾーンにシュッとするだけでよいのです。 デリケートゾーンのかゆみは突然ひどくなることもありますので、ゆっくりトイレに入れないことの多い外出先や持ち歩き用として1つあると、とても安心できますね。 ロート製薬 メンソレータム フレディ メディカルクリーム ロート製薬からも、「 」というデリケートゾーンのかゆみ用クリームは発売されています。 肌にやさしい弱酸性の成分で、さらさらパウダーも配合されており、ジメジメしないつけ心地と、ふんわりとしたせっけんの香りも好評ですよ。 ロート製薬 メンソレータム フレディ メディカルジェル ロート製薬でもクリームタイプとは別に、「 」というジェルタイプのものも出ています。 生理時のデリケートゾーンのかゆみなど、基本的な効能はもちろん、このジェルの特徴はクールな清涼感を感じることです。 好みはあると思いますが、かゆみにはひんやりとしたつけ心地は気持ちよいものですので、つけた瞬間からすっきりとしたい人にはおすすめです。 池田模範堂 デリケア この「 」は、デリケートゾーンのかゆみをしっかりと抑え、炎症を抑える働きがある弱酸性のクリームです。 肌のphバランスを整える効果もあり、やさしく確実にかゆみを抑えていきます。 池田模範堂 デリケアエムズ デリケアと言えば、こちらの「 」の方が、ある意味有名かもしれません。 特徴的なCMで印象に残っている人も多いでしょう。 デリケアとデリケアエムズの違いは、スーッとするメントールがデリケアには入っていないことがあげられます。 男性にはメントールの清涼感を好む人が多いため、男性用に配合しているようです。 そのため、商品名にはエムズと入っていますが、成分的には女性が使っても問題ありません。 万協製薬 ビタトレール デリモア こちらの「 」は、有効成分の作用により、「おりものによるかゆみ」「生理時のかゆみ」「下着によるかぶれ」など、デリケートゾーンのトラブルによるかゆみを抑える働きがあります。 1日数回の塗布することで、効果が得られます。 まとめ デリケートゾーンのかゆみに効く市販薬を、口コミをもとにランキング形式でご紹介しました。 デリケートゾーンということもあり、どの市販薬も成分は似かよっていますし、低刺激で優しく、かゆみの症状には効果的です。 あとはそれぞれの使用感、タイプにより使い分けることをおすすめします。 また、 人気のかゆみ止めに関しては、下記を参考にしてみてください。 そして、 その他かゆみの様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

次の