尿酸 値 下げる 薬。 尿酸が血圧を上げる!?|看護師が教える簡単健康管理方法

尿酸値を下げる薬と痛風発作

尿酸 値 下げる 薬

尿酸とは 尿酸は老廃物だ! 私たちの体は、約60兆個もの細胞が活動することで成り立っています。 細胞の核部分には「核酸」というものがあり、細胞がエネルギーを使って活動したり、新陳代謝を行うことにより、核酸がプリン体へと分解されます。 このプリン体がどんどんと分解されていき、最終的にたどり着くのが、尿酸という物質です。 尿酸は体にとって不要な老廃物、いわばゴミですので、尿へと排泄されて体の外へと出て行きます。 尿酸が溜まると、高尿酸血症に! ほとんどの生物は、 尿酸を分解する力(酵素)を持っているため、体内に溜まることはありません。 しかし、人間をはじめとする一部の霊長類は、尿酸を分解するために必要な酵素が遺伝的に欠けているため、 体内に溜まりやすい動物であると言われています。 さらに、食べ物・飲み物からの摂取量が過剰であったり、腎機能の低下によって排泄しにくい状態になると、行き場を失った尿酸は血液の中に溜まり、増え続けていきます。 血液1dL中に7mg以上の尿酸が溜まった状態のことを、「 高尿酸血症」と言います。 尿酸は関節に溜まりやすく、高尿酸血症の方が、関節に激しい痛みを感じる病気が「 痛風」です。 若い人・女性でも要注意! 食べ物に不自由していた昔の日本人にとっては、50代以上の富裕層に多い病気でした。 しかし現在は安くいろいろな食事をすることができるようになったため、 高尿酸血症の若年化が進み、30代から発症することも珍しくありません。 今では、患者数は500万人以上とも言われており、非常に身近な病気です。 性別で比べると、女性ホルモンであるエストロゲンが尿酸の排泄を促進するため、 女性よりも男性に多い病気と言われています。 しかし、閉経を迎えるとこのエストロゲンの分泌量が急激に低下するため、男性と同じ状態になってしまいます。 そのため、女性だからといって安心できるわけではなく、 閉経の近い50代前後の女性でも気をつけなければならない病気です。 尿酸と血圧の関係 尿酸で血圧が上がる!? プリン体を体内で分解すると、尿酸とは別に「活性酸素」が発生します。 活性酸素は老化の大敵としてよく知られていますが、それは体の中でも同様で、 血管の柔軟性を保つ物質の働きを悪くしてしまいます。 すると、血管の老化が進み、 動脈硬化が悪化するのです。 血管が硬くなれば、血液の圧力をもろに受けてしまいますから、血圧は高くなってしまいます。 これが、尿酸が血圧を上げる正体なのです。 尿酸1mg:血圧10mmHg 尿酸による動脈硬化・高血圧のリスクは、医療の中でも非常に危惧されている問題です。 尿酸と血圧の関係を見てみると、このようにして健康状態が変化することになります。 血圧の高い方、高血圧の患者さんは、日ごろの生活習慣が乱れていることから病気を発症していますので、この 尿酸値も併せて高い場合が多いと言われていますので、注意しましょう。 また、高尿酸血症になると、関節に尿酸が蓄積されることで激痛が起こる「 痛風」のリスクも兼ね備えています。 痛風が生じるタイミングには個人差があり、数値だけではいつ起こるか分かりません。 尿酸値が6~7mgだとしても痛風になる方もいらっしゃいますので、「正常範囲内だから大丈夫」と安心せずに、日ごろから健康管理を行うことが重要です。 減塩だけでは不十分? 減塩だけでは血圧は減らせない 塩分は血圧を上げる重要な要因となっていますので、血圧が高い方は減塩することが大切ではありますが、それだけでは健康管理は十分と言うことはできません。 減塩を行いながらも、今以上に 血管を老化させないようにする工夫も必要です。 ポイントを抑えて、できることから積極的に始めて行きましょう。 1.バランスの良く食べて、腹八分目を心がける 健康管理の要です。 ついつい好きな物にばかり箸が伸びてしまいますが、野菜を積極的に食べるようにし、食事全体のバランスを考えましょう。 肥満も尿酸を増やす原因となりますので、暴飲・暴食は厳禁です。 2.プリン体の多い食材はつまむだけ プリン体の多い食べ物は尿酸を増やし、血圧を上昇させるため、つまむくらいの量に抑えましょう。 3.アルコールは嗜む程度に アルコールの代謝を行う時にエネルギーを大量に使うため、いくらプリン体カットと書かれていても、尿酸が増える原因となります。 医師から制限されていなくても、アルコールは1~2杯程度に止めるようにしましょう。 4.潜む「果糖」に注意 乳飲料、清涼飲料水、お菓子、果物、ハチミツなどに含まれる果糖は、尿酸を上げる原因と言われています。 意外なものに含まれていることもありますので、甘いものは食べすぎ・飲みすぎのないように気をつけましょう。 「水」と「アルカリ性食品」で血管の老化を防ぐ 血管の老化を防ぐためには、 水分をたくさんとることが非常に大切です。 水は尿酸の結晶化を防いでくれるため、体に溜まりにくくなります。 また、ドロドロ血液になることも防いでくれますので、尿酸をしっかりと腎臓まで運び、尿を作って排泄できるようになります。 ただし、一気に飲んでしまうと血液が急激に薄まり、貧血のような症状を起こすことがありますので、少しずつこまめに飲むようにしてくださいね。 さらに、 アルカリ性食品は尿を中性化させてくれるため、尿酸の結晶化を防いで、排出しやすくする働きを持っています。 野菜、きのこ、豆、海藻などのアルカリ性食品を積極的に食べるようにすると、血管の老化を防げますよ。 高血圧予防・改善サプリメントも血管の老化予防になる! 血圧を下げると血管の壁にかかる負担が軽くなるため、結果として 血管の老化を防ぐことにつながります。 それだけでなく、高血圧の方におすすめするサプリメントの中には、 血管の老化予防に効果的な成分を配合しているサプリメントもあるため、血圧を下げながら動脈硬化など他の病気を防ぐことも出来るのです。 高血圧予防・改善サプリメントと一口に言っても、さまざまな方面からアプローチしていますので、サプリメントの中でも「血管の弾力を高める」「サラサラな血液を作る」「血管の負荷を軽減する」といった効果のあるサプリメントは、より血管の老化予防につながります。 気になる方は試してみてくださいね。

次の

尿酸値 下げる 市販薬とは?

尿酸 値 下げる 薬

Contents• 尿酸生成抑制薬 尿酸は肝臓で作られますが、上の図のように尿酸はプリン体を代謝(身体から出すために形を変える)することで生じます。 その際に重要なのが キサンチンオキシダーゼという酵素です。 この酵素があることでプリン体が尿酸となる反応が起きやすくなり(反応が活性化する)、身体から排泄されます。 しかし、尿酸が高い人にとってはできれば尿酸は作られてほしくないものですよね? そのため、尿酸生成抑制薬はこのキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを抑えることで尿酸の生成を低下させます。 名称としては以下のような薬です。 尿酸が高くなる原因として多いのは尿酸排泄低下型で約60%程度です。 混合型を合わせれば、それ以上の割合である尿酸排泄的を解消しようというのがこの薬です。 ここで少し腎臓の話にそれますが、そもそも腎臓は血液中の不要物を濾過してきれいな血液にするための臓器です。 実際に身体の外に出る尿は1日に1~2リットル程度であり、原尿のほぼ全て(約99%)が身体の中に戻っていることが分かるかと思います。 上記の流れを簡単に言うと、ザルのようなもの(糸球体)で本当に必要なものだけは残すようにして大雑把に原尿を作り、そこから必要なもの(水分と栄養素等)を回収するというのが腎臓の役割であり、回収されなかったものが尿となり体外に排泄されているということです。 ここで尿酸の話に戻りますが、尿酸は最初のザルはほぼ通るけどそのあとで90%近くが回収されるという性質があるため、その回収作業をできなくして尿酸値を下げる(身体の外に出す)のが尿酸排泄促進薬です。 名称としては以下のような薬です。 というのも、尿酸排泄促進薬で尿の中の尿酸が増えてしまうと尿酸が濃くなり過ぎて尿路結石を起こす可能性があるため、尿をアルカリ化して結石の発生を抑制するのが目的です。 それぞれの薬の使い方 尿酸値が高くなる原因と高くなることで注意が必要な疾患については以下の記事でまとめています。 それは、 副作用や薬としての使用しやすさの点で比較した際に尿酸排泄促進薬よりも尿酸生成抑制薬の方が良いためです。 尿酸排泄促進薬の特徴 特徴 尿酸排泄低下型に適した働き方をする 尿中の尿酸が増えることで尿路結石ができやすくなる ベンズブロマロンは肝機能障害を起こすことがある 高尿酸血症の原因として尿酸排泄低下型が多いのであればそれに合った働き方をする薬(尿酸排泄を多くする薬)を使用することが本来であれば適しているのですが、デメリット部分の「 尿路結石」や「 肝障害」があるために、全体の使用量としては少ないのが尿酸排泄促進薬です。 「尿路結石」は以下のような要因で起きやすくなります。 尿量低下(水分摂取不足) 酸性尿 尿中尿酸排泄量の増加 尿酸排泄促進薬は上記のうち、「尿酸排泄量」を増加させるため、他の要因を改善することで尿路結石を作らせないようにします。 具体的には、「1日に2リットル以上水分を摂取する」、「尿アルカリ化薬を併用する」などです。 そうすることで尿路結石の発生を予防します。 また、肝障害はベンズブロマロンで報告されており、薬を使用する際のルールとしても「使用開始後少なくとも6か月間は必ず、定期的に肝機能検査を行うこと」とされています。 この肝障害については薬によって起きるものであり、尿路結石のように明確な予防法はありません。 そのために、「肝障害が起きやすい初期のうちは特に注意をして、もし症状が現れたらすぐに発見できるようにしましょう」と決められているのです。 過去に尿路結石や肝障害になったことがある人の場合には使えなかったり、細心の注意が必要になるため、薬を使用するにあたっての配慮すべき点が多いことが使用量の少なさにつながっています。 尿酸生成抑制薬の特徴 特徴 尿酸排泄促進薬に比べて重篤な副作用が起きにくい 尿路結石や肝障害がある人でも使うことができる 水分摂取目標がない 使用経験が短く、情報が少ない(フェブキソスタット・トピロキソスタット) 現在の 高尿酸血症に対する薬物療法のメインは尿酸生成抑制薬の使用です。 実際の現場でも、新規に治療を開始する場合、尿酸生成抑制薬(特にフェブキソスタット)が使用される印象が強いです。 尿路結石や肝障害を気にする必要が少なく、水分摂取目標もありません。 (水分摂取はした方が良いです) 尿酸生成抑制薬のデメリットは、アロプリノールを使用する際に腎臓が弱い人では使用量の調節が必要だったり、皮膚にアレルギー症状が出やすい報告があること、フェブキソスタット(2011年5月発売)とトピロリックは(2013年9月発売)と使用経験が短いことが挙げられます。 また、尿酸生成抑制薬がキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを抑えることは前述しましたが、この酵素はカフェインの分解にもかかわっているため、カフェインの作用が強く出る場合があることも注意しなければならない点です。 最近ではフェブキソスタットに重大な副作用の懸念なども出ており、この点については近いうちに記事を作成予定です。 ベンズブロマロンでの肝障害など副作用についても記載しましたが、副作用は必ずしも起きるわけではありません。 注意事項として必要なため記載をしておりますが、半年から1年以上、安定して使えているのであれば不安になる必要は少ないと考えられます。 さらに詳しく知りたいという方は薬剤師向けの記事を近日中にアップする予定ですのでそちらをご覧ください。 では、次回もよろしくお願いします!.

次の

プロペシアは尿酸値を下げる薬と併用できる?|男性薄毛治療に関する疑問に答えるWebマガジン

尿酸 値 下げる 薬

尿酸値を下げる「フェブリク錠」その効果とは? 痛風になった場合、まずやるべきことは尿酸値を下げることです。 とはいうものの、今までの積み重ねてきた習慣をやめるだけで尿酸値が簡単に下がるのか、というと残念ながらそううまくはいきません。 時には薬を使った治療も必要になるでしょう。 そこで処方される薬の一つが「フェブリク錠」と呼ばれる、尿酸値を下げる薬、いわゆる尿酸降下薬というものです。 このフェブリク錠は痛風や高尿酸血症の治療に使われるもので、痛風の新薬としても注目されています。 以前の尿酸降下薬は1日に数回服用しなければならないというデメリットがありましたが、フェブリク錠に関しては1日一錠で効果を発揮することができるなど非常に優れた特徴があります。 尿酸値を下げる効果としては薬の中でもトップクラスといえるほど優秀で、まさに現代の薬のレベルの高さをうかがうことができます。 先ほども言ったように自力で尿酸値を下げるというのはとても難しいことです。 薬が嫌いだからできるだけ飲みたくない、という方もいるでしょうが、適切な治療を行わなければ尿酸値を下げることは不可能です。 また、痛風が発症して痛みが発生しているのであれば一日でも早く症状を抑えたいと思うでしょう。 痛風はそれほどの強い痛みがありますので、正しく服用して尿酸値を下げることが一番の解決策といえるでしょう。 どの薬にも必ずついてまわるのが「副作用」のこと しかし、フェブリク錠に限ったことではありませんが、薬に必ずついてまわるのが「副作用」です。 もちろん必ず副作用が出るというわけではなく、何も感じないまま問題なく服用できる方もいます。 多少の副作用は薬を飲む以上覚悟しなければなりません。 フェブリク錠に関しては、飲み始めに体のだるさを感じる場合やお腹を下してしまうなど、このような症状を訴えることもあるようです。 ごくまれにですが、重い副作用としては肝臓に症状が出る場合もあります。 たとえば食欲不振や発疹、発熱や吐き気など明らかにおかしいと思った場合は飲み続けるのではなく、医師に必ず相談するようにしましょう。 他にも特徴として「薬を飲んでから痛風の発作が出た」ということがあげられます。 一見薬が合わなかったのか、と思いがちですが、薬を飲むことで尿酸の結晶が関節から溶け出す過程で起こるものです。 結晶となっている尿酸が排泄されることで症状は出なくなりますので、飲み始めに痛風の発作が出てしまった場合は少しの間我慢しなくてはなりません。 痛風の発作は尿酸値が急激に変化した場合に起こるものである、ということを覚えておけばそれほど恐れることはありません。 安心してください。 しかし何度も言うように、明らかにおかしい、もしくは気になる症状が出たという場合は医師に相談してください。 まれに薬が合わなかったというパターンもありますので、何でも自己判断で済ませてしまうのは危険です。 勝手な判断だけは絶対にしないようにしましょう。 食事や生活習慣を正すことの大切さ 具体的に生活においては、尿酸値を下げるために特別あれこれしなくてはならない、というものはありません。 ビタミンやミネラルなど、栄養バランスがしっかりとれた食事を意識すること。 これはどんな方にとってもいえる共通事項です。 そのためには日本人の身体にあった、和食を中心としたメニューを心がけることをおすすめします。 しかしそのなかで工夫を加えていくことが肝心。 たとえば尿酸値を下げるために役立ってくれるクエン酸などをたっぷり含んだ黒酢を食事に取り入れてみる、糖分をできるだけ控えた食事を意識する、おしょうゆも減塩のものを選ぶなど、ちょっとしたことに気をつけるだけでもかなり変わってきます。 大切なのはその積み重ねを守ることなのです。 サプリメントも非常に有効な手段ではありますが、あくまでもサポートとしての役割をこなしてくれるということが前提であるため、フェブリク錠のような薬とはまた別のものであると認識しておくようにしましょう。 薬と、健康補助食品というのは全く別ジャンルのものです。 薬は適切な治療を行うための一環となりますが、サプリメントに関しては補ってくれるもの、という認識でいることが大切です。 決してその働きを混同してしまわないように注意しましょう。 多くの方は実際に自分の身体に異常が起こってからでしか行動できない方が殆どです。 痛風の場合、前兆みたいなものがあるかといえば実はほとんどがなにも感じないまま、ある日突然痛みが起こって発症した、ということがほとんどです。 つまりその痛みが起こってからではすでに遅いのです。 自覚がないうちに対策を行うということは容易ではありませんが、もし健康診断の結果を見て気になる数値が判明したという場合は迅速に、発作が起こる前に出来る限りの対策をとることをおすすめします。 痛風になったらフェブリク錠を飲めばいい、そういう考えを持つべきではありません。 この薬は非常に優秀であることは確かですが、痛風を完治させるものかというと決してそういうわけではないのです。 今や痛風は中高年に起こるものではなく、若い世代にもじわじわと増えてきている病気です。 自分はまだまだ大丈夫、と油断しているとある日突然足元をすくわれてしまうなんてことだってあるのです。 痛風は生活習慣病とも深い関わりを持っていることから、甘く見るべきものではありません。 痛風だからこそ、より気をつけなければならないのです。 薬を飲んでも毎日の習慣を見直すことを忘れないように フェブリク錠を飲んだからそれで終わり、痛風はそんなに簡単なものではありません。 薬を飲んでいるからといって、それで解決する問題ではないのです。 尿酸値を下げるためにはどんな生活習慣に変えていけばいいのか、運動や食事療法など自分でできることを改善していかなければ根本から解決することはできません。 なぜなら痛風は日々の不摂生などが積み重なって起こるものだからです。 効果的な薬はたくさんありますが、その症状を完治させられるのは生活習慣の見直しのみです。 痛風をきっかけに、今までの日々を見直してみてはいかがでしょう?改善すべき点がきっと見えてくるはずです。

次の