あっこ に おまかせ。 和田アキ子「アッコがおまかせ ~和田アキ子50周年記念トリビュート・アルバム~」特設サイト

「アッコにおまかせ」の初音ミク特集があまりにもひどくて大騒ぎに

あっこ に おまかせ

2007年10月15日 11時43分 「アッコにおまかせ」の初音ミク特集があまりにもひどくて大騒ぎに 「」とは、いわゆる「歌」を作るソフト。 このソフト自体に歌詞と音程を与えることで、まるで人間が歌っているかのように演奏してくれるという、今までもあるにはあったが特に完成度が高かったソフトであったということと、それなりに良い感じの歌声を披露できるということでネットで大人気に。 ニコニコ動画やYouTubeにはこの初音ミクにいろいろ歌わせてみた系のムービーが大量に出現、一過性のブームを通り越して根付いていくような雰囲気も。 そして、TBS系列の放送局で10月14日に「 」内で初音ミク特集っぽいのが放送されたわけですが、この内容があまりにもあまりな編集され具合であったため、放送直後からネット上では大騒ぎに。 後半30秒ぐらいで突然バイアスがかかり、それまでの展開と突然大きく離れ、オタクさらし&オタクたたきの印象操作っぽい内容にされてしまった点が問題になったわけです。 詳細な経緯は以下から。 まず初音ミクについて。 YouTubeに実際に歌っている動画が多数アップされているので実際に見てもらえばその威力は実感できるのではないかと。 大ざっぱな内容はITmediaの記事がわかりやすいです。 夜中の2時に更新されており、一体誰が書いたのか知りませんが、尋常ではない怒りが感じられます。 しかしその後は一転し、ユーザーの「3次元には興味がないんで」「俺の嫁」といった発言や、ユーザーの部屋に貼られていたギャルゲーキャラのポスター、コスプレなどを取り上げる流れになった。 最後に、ナレーションがこのユーザーに対し「普段は何を」と質問。 ユーザーが「コンビニでアルバイトを」と返答すると「ふーん、ご立派ですねえ」とナレーションが返して特集ビデオは終了した。 次にネット上の反応を見てみることにしましょう。 まずは2ちゃんねる。 既に祭り状態に突入しており、以下のブログで実際に放送された内容、2ちゃんねるでの反応、使われなかった企画書などがまとめられています。 ブログの中の人でもあるwat氏は以下のようなコメントを出しています。 投稿者 wat : 2007年10月14日 23:13 今回の件は、一人の初音ミクユーザーとして非常に残念に思います。 TBSという時点で、期待などできないとは思いましたが・・・予想以上に酷い放送内容でした。 しかし、それで初音ミクの素晴らしさが失われた訳では無いはずです。 実際に使ってみれば、このソフトの凄さは分かります。 開発者の皆様には、このような妨害などには屈せず今後も素晴らしいソフトを世に送り出してくれることを望んでおります。 クリプトンのブログは投稿者名がコメントの下につくため、上記コメントは一般ユーザーの方からのコメントで、実際のwat氏のコメントは以下のものになります。 まず、私はお詫びしなければならないようですね。 結果こうなってしまった事は、取材そのものに対してOKを出した私の責任は大きいです。 つんく云々に関してはアチラが用意した原稿です。 実際は、弊社の広報担当者が対応したのですが、その場の雰囲気も操作された上であの部分を上手く使ったのですね。 (後日、原稿など色々と公開しましょうか?) しかし、余りにも幼い、、、初音ミクやニコニコ動画などのムーブメントに対する喧嘩の売り方に呆れてしまいます。 指紋もベタベタに残してるのにこういう形をとるのですね・・・。 投稿者 佐々木 渉(wat) : 2007年10月14日 13:30 皆様、本当に沢山のお気持ち、お心配り、叱咤激励のコメント本当にありがとうございます。 今、私はかなりお酒を飲んでおりますが、昼間より冷静です。 昼間の私のコメントには、一、社会人としてモラルに欠けていた部分が大いにあります。 今後、私に何かしらの罰が科せられるとしても、このままとさせて下さい。 また、その延長線上で、一つ、私、一個人としての懺悔をさせて下さい。 実は今回、混乱してしまったのも、一つ大きな要因があります。 今回の企画の中で、実は「藤田咲」さまにもオファーがかかっておりまして、結果的にスケジュール的な問題から、実現しなかったのですが、私はそのやり取り/交渉にも関わっておりまして、、、最低です。 サプライズゲストとしてユーザーのお宅に訪問なんてネタでした。。。 もし実現していた場合、「初音ミク」にその命たるキャラクターボイスを一緒に考えてくださり、吹き込んでくれた彼女にどんな影響を及ぼしたかを考えると、心が掻き毟られる気分です。 私は・・・無知で、非常識で、世間知らずで。。。 なんて事をしようとしたのでしょうか・・・最悪の事態を想像すると、本当に自分が、情けなくて情けなくてたまりません。 何百時間を共に過ごし、「藤田さんに頼んでよかったなあ」と心底そう思っていた、初音ミクのボイスになんて事をしようとしたのでしょう。 後悔なんて許されませんね。 藤田さん、藤田さんのファンの皆様、YAMAHA剣持さん、社長、関係者各位、ファンの皆様、そしてどこかに存在する「初音ミク」の魂達。。。 本当にゴメンナサイ。 投稿者 wat : 2007年10月14日 23:13 さらに実際の放送において恣意的編集をされてしまった、ある意味被害者であり渦中の人物でもあるtask氏については以下に発言内容と思われるものが集められています。 862 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 28 ID:4MUhXG9q0? 「曲の制作風景を撮りたい」と。 その時に「自分の部屋ヲタっぽいとこがあるんで、そういうの片付けた方がいいですよね」とは言った。 そしたら「いや、普段のままの方がいいです」と。 取材の内容もそういうのじゃなくて制作風景の取材だし、と。 まぁここで「そうなのかー」と納得した俺の判断が誤ってたということになるんだけど。 967 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 61 ID:4MUhXG9q0? ほとんどが曲の制作風景の撮影。 ミクが動いてる画面撮ったり。 で、その中の数分のヲタ部分を今回の放送で使った。 もともとの予定だった「制作風景」は全カット。 164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 97 ID:4MUhXG9q0? 実際の所、今までいろいろなテレビ局の方などと話す機会がありましたが、当初の予定とは違う形で取材した映像を使う場合には当然ながら事前に許諾を求められます。 取材された側である上記内容の発言を読む限りでは、事前にどういう使い方をするかという説明から大きく逸脱しており、さらに最終的には後半30秒あたりが今までとまったく違う意図不明の内容に編集されていることから、BPO(放送倫理・番組向上機構)に意見を投げても妥当なレベルであるのではないかと。 意見は以下から。 TBS自体への意見は以下からメールフォームに記入することで送信可能です。 なお、TBSはどうか知りませんが、一般的にテレビ番組に寄せられた意見(メールやFAX、電話による抗議内容など)は1週間分ぐらいがまとめられて全部、番組プロデューサーなどの元に届けられます。 で、当然ながらその意見などを読んで番組に反映させていくのが通常のサイクルです。 ただ、今回のGIGAZINE編集部からの電話以外にも視聴者から怒りの電話(ユーザーを馬鹿にしているのか!などなど)が殺到しており、今後の対応などは決まってはいないそうです。 電話に出ていただいたスタッフの方も今までの経緯などをあまり理解していなかったようなので、この記事で書いてある内容などを説明しておきました。 今後の対応に要注目です。 ・続報.

次の

和田アキ子が謝罪 宮迫に「おまかせ」スタッフが不適切質問「ふざけんな!」/芸能/デイリースポーツ online

あっこ に おまかせ

来歴 [ ] 幼少よりとを習う。 小学生のときにを始めるが一時中断し、高校卒業のころに再びドラムを叩き始める。 2011年、「」のドラマー「あっこ」として。 会話をで行うに魅了され 、バンド活動中にラップをするキャラクターとして「 あっこゴリラ」とノリで 名乗り始める。 その後、バンドのボーカリストである「きさ」(坂口喜咲)が喉を壊してしまったため、ソロでライブをやるようになる。 ソロとしての活動がバンドと折り合いがつかず 、2015年4月「HAPPY BIRTHDAY」は解散。 ソロのラッパーとして活動するようになる。 並行してTVのリポーターやラジオ・アシスタントなどの活動も行う。 2016年1月、ファースト・アルバムとなる『TOKYO BANANA』をKAMIKAZE RECORDSよりリリース。 同年11月にEP「BACK TO THE JUNGLE」を2. 5D Productionsよりリリース。 それに先立ち、同年10月には野生のゴリラに出会うためにへ赴き、でプロモーション・ビデオの撮影を行った。 2017年1月29日、・で行われた第1回「CINDERELLA MCBATTLE」で優勝し、初代女性No. 1ラッパーとなる。 同年3月、の番組『』に初の女性グループの一員として出場。 同年11月にリリースのEP「GREEN QUEEN」に収録されているとのコラボレーション曲「ゲリラ」が、同年12月から放映ののCMに起用される。 2018年4月にはインディーズ時代のファースト・アルバムの表題曲でもある「TOKYO BANANA」の新バージョンなどを含んだ「TOKYO BANANA 2018」 をリリース。 再デビューという表現も使われている。 4月27日からバックバンドBNNZ(バナナズ)とともに初の東名阪ツアー「ゲリラゴー ONE MAN TOUR」を行う。 12月にメジャーでのファーストアルバムとなる「GRRRLISM」をからリリース。 2019年4月より、毎週月曜日から木曜日の21:00から23:55まで『』でナビゲーターを務める。 2020年2月、EP「ミラクルミー」をリリース。 人物 [ ] HIPHOPの分野で影響を受けたアーティストとして、、、、、。 日本のアーティストでは、、などの名前を挙げている。 また子供のころに触れた音楽として、キング・クリムゾン、ビートルズ、ジョン・レノンを挙げている。 作品テーマとして「女の子らしさ」などの性別のあるべき姿に対する固定概念へ疑問を投げかけ 、体毛や年齢をテーマにした楽曲などがある。 フェミニズム [ ] 2019年3月2日のツイートにて自ら「」を名乗る。 同年10月にの番組『MUSIC GARAGE:ROOM 101』に出演した際、渡辺志保との会話の中で当初はやフェミニストに対して「めんどくさい」「怖い」イメージがあったと語っている。 アルバムの『GRRRLISM』のタイトルは、90年代初頭のフェミニズムのムーブメント「」に由来している。 評価 [ ] はのコラムで、配信シングル「エビバディBO」でのあっこゴリラの緑色の染められた腋毛に着目し、について楽しい方法で示すことについて「尊い」と語っており 、リリックは「呪いから人を解き放つ力がある」と評している。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格 2. TOKYO BANANA• 向井さん• ビューティフル・ウーマン(ゴリラ夫妻ver. KAMIKAZE• お兄ちゃん• 脱ヲタ feat. erica 2. 5D Productions EP 2016年11月30日 BACK TO THE JUNGLE• Back to the Jungle• シン・ゴリラ• ドンキーコング• JUNGLE STAR WARS EP 2017年11月8日 GREEN QUEEN• TOKYO BANANA 2018• 地球の歩きかた• GRRRLISM• エビバディBO• グランマ• ジェイソン• 開戦前夜• オーバー・ザ・ボーダー• EP 2020年2月12日 ミラクルミー• ミラクルミー• 超普通• やっちーまいな• 超自由 feat. 大門弥生• メキメキワー feat. Malawi kids コラボレーション [ ] 発売日 アーティスト タイトル クレジット 2016年1月1日 MAKI DA SHIT 巡り合わせ feat. あっこゴリラ 2017年5月24日 umaneco 生理 feat. あっこゴリラ 2018年10月10日 大門弥生 NO BRA! feat. あっこゴリラ 2019年4月5日 ichika Good Enough feat. あっこゴリラ 2019年12月11日 SAND CASTLE feat. あっこゴリラ 脚注 [ ] []• 2020年2月9日閲覧。 musicstore. auone. 2020年2月8日閲覧。 - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2020年2月8日閲覧。 SONAR MUSIC : J-WAVE 81. 3 FM RADIO. 2020年2月8日閲覧。 Cocotame ココタメ -ココにしかないエンタメ情報 ソニーミュージックグループ. 2020年2月8日閲覧。 Cocotame ココタメ -ココにしかないエンタメ情報 ソニーミュージックグループ. 2020年2月8日閲覧。 CREATIVEMAN PRODUCTIONS 2018年5月25日. 2020年2月8日閲覧。 あっこゴリラ. 2020年2月9日閲覧。 プレイリスト&カルチャーメディア DIGLE MAGAZINE 2017年11月6日. 2020年2月9日閲覧。 News JP. 2020年2月9日閲覧。 株式会社ローソンエンタテインメント. www. hmv. 2020年2月9日閲覧。 2020年2月9日閲覧。 Spincoaster 2018年3月28日. 2020年2月9日閲覧。 レコチョク. 2020年2月9日閲覧。 Inc, Natasha. 2020年2月9日閲覧。 あっこゴリラ. 2020年2月9日閲覧。 2020年2月9日閲覧。 www. j-wave. 2020年2月9日閲覧。 あっこゴリラ 🦍AKKOGORILLA 2019年3月1日. 2020年2月15日閲覧。 miyearnzzlabo 2019年10月13日. miyearnZZ Labo. 2020年2月15日閲覧。 CINRA. NET. 2020年2月15日閲覧。 (ノート). 2020年2月15日閲覧。 文春オンライン. 2020年2月9日閲覧。 外部リンク [ ]• akkogorilla -.

次の

アッコにおまかせ!

あっこ に おまかせ

TBS系列で10月14日昼に放送された「アッコにおまかせ」で、歌声制作ソフト「初音ミク」を紹介した特集に対し、放送直後からネット上で批判が相次いでいる。 結果的に同ソフトが「単なるオタクのおもちゃという扱い」と失望する声や、「ソフト自体とは無関係な『オタク』をおもしろおかしく取り上げるテレビの印象操作にはうんざり」といった声が多い。 特集は約2分半。 まず東京・秋葉原で通行人に「初音ミク」について尋ね、秋葉原では知名度が高いことを紹介。 同ソフトを使って音楽を制作しているユーザー宅を訪問し、ユーザーが「初音ミク」がPCで歌声を制作できるソフトだと明かした。 ここでナレーションが「歌詞と音程を入力すればヴァーチャルアイドルが歌ってくれる」「萌え萌えアイドルがまるでレコーディングをしたかのように歌ってくれるのだ」などとソフトを紹介した。 先立って登場していたユーザーが、同ソフトを使って制作したオリジナル曲を生演奏付きで披露した。 しかしその後は一転し、ユーザーの「3次元には興味がないんで」「俺の嫁」といった発言や、ユーザーの部屋に貼られていたギャルゲーキャラのポスター、コスプレなどを取り上げる流れになった。 最後に、ナレーションがこのユーザーに対し「普段は何を」と質問。 ユーザーが「コンビニでアルバイトを」と返答すると「ふーん、ご立派ですねえ」とナレーションが返して特集ビデオは終了した。 「ご立派ですね、TBSさん」 番組への批判コメントが相次ぐ「Vocaloid2」公式ブログ。 公式ブログへのコメントは15日午前2時ごろには300件近くに達した。 「メディアに取り上げられただけでもよしとすべき」という意見もあったが、大半は「悪意ある偏見でまとめようとする悪質な意図」といった憤りだ。 ブログに書き込まれたコメントによると、特集内の販売元担当者のコメントは、番組側が用意した原稿だった、という。 特集最後の「ふーん、ご立派ですねえ」とのナレーションに対しては、「口調が明らかに見下している。 職業差別では」という指摘もある。 ブログにはユーザーから、「放送で楽しかった気分は奪われ、創作意欲も大きく削り取られてしまいました。 ホント、返して欲しいです>TBS」「物事に全力で取り組む人達をどうしてあそこまでおとしめることが出来るのでしょうか」というコメントもあった。 「初音ミク」は、ヤマハの音声合成技術と声優の声を組み合わせ、メロディーと歌詞を入力すればアニメ風の声で歌を歌わせることができるPCソフト。 クリプトンが8月末の発売から1万5000本以上を販売するなど、音楽ソフトとしては異例のヒットになり、同ソフトを使って制作した楽曲などをネットで公開する動きも広がっている。 関連記事• グーグル、ヤフーとも「原因は調査中。 早急に対策したい」とコメントした。 TBSは、担当者が作成したものであることを認めた上で「ねつ造ではない」と釈明した。 関連リンク•

次の