アニポケ なんj。 【アニポケ】サトシ歴代シリーズ総合ファンスレpart37【主人公】

マトリ(ロケット団) (まとり)とは【ピクシブ百科事典】

アニポケ なんj

概要 (CV:) ロケット団のボス・の秘書を務める。 最終話にて初登場。 及びを自らの手で壊滅させた虚偽の報告をしたに対し、地方潜入の任務を与え、それに伴いムサシたちをエリートに昇格させる。 それ以降サカキと三人組のパイプ役となり、表の顔も含め多忙を極めるボスに代わり三人組に、その意向を伝えることもあった。 三人組からは「現場を知らない本部勤めの口うるさい上司」とあまりいい印象を抱かれてない。 その後、イッシュ地方制圧計画「オペレーション・テンペスト」が多くの不確定要素から失敗に終わり、ムコニャのシリアス期が終了すると出番が減るも、秘書としての役目は続く。 XYでも3話で姿のみ現し、107話ではムコニャからの通信をサカキに繋いだ。 では出番がかなり多く、3話で姿だけ、更に12話ではムコニャに対し、新たなポケモンの捕獲と定期的な活動報告を要求。 62話では自ら勝手にやってきたを(当初ムコニャのそばにいたのを見ていたため)献上されたものと勘違いし珍しく上機嫌な姿を見せている。 89話以降はアローラの異変を察知して自身の捕獲精鋭部隊「マトリ・マトリックス」を率いルナアーラ及びネクロズマ捕獲に赴く。 しかし、ネクロズマのウルトラオーラ吸収の影響は光学迷彩を施された高速移動挺でも通用せず腑抜け状態に陥る。 指揮時は何時もの秘書服ではなく、通常の団員服を纏う。 正気を取り戻した後は優秀な部下とウルトラホールの向こう側へ捕獲しに向かうものの、ザオボーとククイ博士に迎撃されただけでなく、カプ・コケコにも艇を小破された。 122話では以前「をゲットした」と虚偽の報告をされたことに伴い、本部に提出するよう求める。 当然そんなことできないのだが、事情を知らないマトリは自らアローラ地方へ赴きキテルグマやロケット団が発見したポケモンたちの監視を行うことに。 その後深夜に「キテルグマを運ぶことができないならを進化させればいい」という提案でヌイコグマを連れ去ろうとするが、ニャースが替え玉となって計画は中止に終わる。 また、この時ニャースを連れ戻しに来たキテルグマに移動艇ごと撃墜され、辛うじて生存しながらもキテルグマに恐怖心を植え付けられた。 サカキから怒られたらしい。 感情を表に出すことはほとんどなく、淡々と秘書の役目をこなす。 常にサカキの側にいるため影響力も絶大で、それ故にムサシからはあまり良い感情を持たれていない。 などと違い、世代を跨いで登場しているキャラクターである。 DPから皆勤賞である彼女だが、実は新無印24話まで サトシと直接会ったことが無い。 子供だからと侮ったが、をと壊滅させ、を幾つも潰した事実を解っていない。 話数にして 462話分、リアルタイムで言えば、 9年9ヶ月に相当する。 手持ちポケモン ・ 使用技: SM62話で偶然ムコニャが出会ったポケモン。 ハイスペックだがかなりずる賢い性格で、彼ら(特にニャース)を散々振り回した。 その際モニターで見たサカキを気に入ったため ニャースの貯金をネコババしていつのまにかに渡り、ムコニャが気づいた時にはマトリの補佐というまさかの超出世を遂げている。 マトリ本人は非常に喜んでいたので結果オーライか。 最後はマトリと同様キテルグマにトラウマを植え付けられた。 関連タグ ・・・ムサシが憎むロケット団の女性繋がり。 ・・・悪役チームに落ちこぼれの烙印を押して悪役チームの憎しみを買った人間の女性繋がり。 ・・・悪の皇帝ではあるが、世代を跨いで登場する悪役繋がり。 関連記事 親記事.

次の

マトリ(ロケット団) (まとり)とは【ピクシブ百科事典】

アニポケ なんj

63 ID:JZbuFsyF0. 70 ID:9krMN4x0a 強さリセットや設定を出しておいて廃棄する(GSボールから未来から来たカラマネロまで山ほど)、サトシはリーグに勝てないなどの「アニポケの不文律」をファンも受け入れている状態が納得できない 公式インタビューで一度くらいそれに触れたことはある? スタッフの愚痴以外でXYの準優勝の説明はあった? アニポケは嫌いじゃないけどスタッフが不誠実なんだよ プニちゃんのこと幼女の胸に潜り込む淫獣扱いしたりSMサトシ別人説で荒れるようなことしたり外注会社が愚痴を漏らしたりスタッフの発言をどうして統制できないんだろう? i i! ゙ i ノ ゝ;;;:::::::::::::::::::;ノ。 :::::: iiミ! i ゙、! 50 ID:Oj15otg6M サザエさん、まる子、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、アンパンマン、名探偵コナン これらのアニメみたいに最初期のキャラクターが残ったままでやれてたらポケモンも評価はされただろう。 79 ID:NMxi7wEJ0.

次の

マトリ(ロケット団) (まとり)とは【ピクシブ百科事典】

アニポケ なんj

CV: 概要 (一部wikipediaより抜粋) 『』の登場人物。 本名・出身地・素性が一切不明の女性 ポケモンハンター。 ステルス機能を搭載した飛行艇に乗って各地で暗躍しており、左腕の特殊な機械から発射した光線でを石化して捕獲し、依頼人達に売り捌いている。 ただし、 途中で勝手に依頼を取り下げた依頼人からは二度と依頼を受けつけない主義である。 冷酷非道な性格で、人やポケモンを傷つけることを厭わず、面倒を避けるためには 己の部下をも犠牲にするため、 あまりの悪党ぶりにからも嫌われている。 しかしポケモンの捕獲や依頼人との取引といった仕事は常に自ら先頭に立って行っており、部下からの信頼は厚い。 それに加え、トップレンジャーのやピラミッドキングのを知っているなど、各地の実力者についても知識があるらしい。 また、時には伝説ポケモンを相手取らなければならない場合もあるためか、相手ポケモンの攻撃をその身に受けても無事だったり、高速で飛行するの背中に立っていられたりと、J自身の身体能力も非常に高い。 しかし本人はポケモンバトルに興味はないようで、彼女がポケモンを繰り出す際は相手ポケモンの力量を測る時か、逃走する際の時間稼ぎなどがほとんど。 依頼を達成した後や依頼を破棄された時は速やかに撤収するなど引き際も弁えているため、彼女を逮捕するのは非常に困難である。 ゲストポケモンと「」を使えるのついでに、喋るを珍しいという理由から捕らえた事もある。 石化したピカチュウを見たサトシに対して 「死んではいない」、また飛行艇に乗り込んできたサトシに対して 「生きて帰れると思うなよ」など、 規制ギリギリの台詞でその恐ろしさを表現している。 アニポケ史上、類を見ない悪党ぶりである。 Jのターゲットにされたポケモン• 最期 からの依頼で、湖に住む伝説のポケモンである・・を捕獲する。 ギンガ団に引き渡した後は速やかに撤収しようとしたが、ユクシーとエムリットが捕獲される寸前に放っていた「」の攻撃を受けたことで飛行艇が湖に墜落。 その爆発に巻き込まれ、沈んでいった。

次の