仏壇 飾り 方。 現代のライフスタイルに合わせたミニ仏壇の飾り方・仏具の配置

仏壇の飾り方について 日蓮宗

仏壇 飾り 方

仏具を飾る 仏具を飾る 毎日、おまいりする仏壇を仏壇らしくするには、仏壇のなかに本尊、位牌を安置するだけではなく、花立や燭台、香炉などの仏具を飾って、はじめて完成します。 仏壇に仏具を飾ることを「荘厳 しょうごん する」といいます。 荘厳はサンスクリット語で「見事に配置されていること」という意味で、さまざまな仏具で仏壇を飾って、はじめて仏壇になるのです。 揃える仏具は宗派によって違いがありますので、仏具を選ぶときは信頼できる仏壇店と相談しながら購入するのが一番です。 仏具の素材もさまざまで、木製、銅器、陶器、金襴(繊維)、樹脂などでできており、素材によって価格もかなり違います。 また仏壇に合わせて、仏具の大きさを選ぶことも大切です。 大きすぎれば、仏壇内がうるさく感じられますし、小さすぎると、さみしく感じます。 漠然と仏具を揃えると、仏壇内の統一性がなく、美しく見えないことがあります。 見事に荘厳した仏壇にするためにも、仏壇店と相談をしながら選ぶとよいでしょう。 仏具の飾り方 仏具荘厳の基本は香炉 こうろ ・花立 はなたて ・燭台 しょくだい です。 三具足 みつぐそく 、五具足 ごぐそく といい、これを基本に荘厳していきます。 三具足は香炉、花立、燭台で、中央に香炉を置き、向かって右側に燭台、左側に花立を置きます。 五具足は花立と燭台が対となり、中央に香炉、その両脇に燭台、さらにその両脇に花立を飾ります。 五具足が正式な飾り方ですが、小さい仏壇の場合は三具足でよいです。 香炉 線香や抹香をたくもので、玉香炉と前香炉があります。 小さい玉香炉は本尊前に安置し飾り香炉とします。 一般には広口の前香炉を線香を供えるために使います。 三本足の香炉は一本足を手前にして置きます。

次の

現代のライフスタイルに合わせたミニ仏壇の飾り方・仏具の配置

仏壇 飾り 方

三回忌法要までは 命日からまる2年 赤い花は遠慮する• 毒・トゲ・悪臭のある花は避ける 浄土真宗では、悲しみの深い時期にお仏壇の花に赤色を使うことは遠慮します。 通常、命日から三回忌法要までの間というのは、故人がお亡くなりになってから2年という期間なので、一般的にお仏壇のお飾りは白を基調とします。 地域やお寺さんによっては花の色に決まりが無い場合もあります。 そして、毒・トゲ・悪臭のある花というのはお仏壇にふさわしくありません。 仏花にはお浄土の美しさを表す意味もあるので、花を選ぶ時に以上の点を参考にされて下さい。 お仏壇の花 法事用 完成図 三つ具足の場合はこのような完成図です。 三回忌までの法事を想定した仏花なので、白をベースにした色合いになります。 花の色に黄色がありますが、菊などのお仏壇によく使われる花であれば問題ありません。 一方、五具足の場合は全てを上の図のように横一直線に並べるとかなり幅をとります。 お仏壇のスペースにあわせて、ろうそく立てや仏花を前後にずらして置いたりするなど、調節してください。 簡単にお花を飾りたい方にはこちら 失敗無し お店にお花を買いにいくのは大変だし、どうやって生ければいいか分からないという方は、 すでに仏花としてアレンジしてある生花を購入する手もありますよ。 こちらは基本的な仏花の組み方がしてあり、良い商品だと思います。 ボリュームも十分なので、お仏壇のサイズに合わせて花の本数を調節して下さい。 花が余れば、お仏壇に使わなかった分をお墓にお供えするのもいいですね。 三具足なら花瓶1つ分• 五具足なら花瓶2つ分• リンドウ• スターチスなど• 花が大きめの菊 材料のお花はスーパーでも手に入りやすく、日持ちのする花です。 ここでは生け花の要素を取り入れたちょっとしたコツと一緒にご紹介します。 では、イラスト付きで解説する仏花の生け方をご覧ください。 1・樒 しきみ を生ける 花瓶には8分目くらいまで水を入れておきましょう。 仏花の完成形の高さは、おおよその目安として、ろうそく 新品 の高さと大体同じくらいがいいと思います。 花瓶に入ってしまう部分の葉は取り除き、全体的にひし型をイメージして形を整えて下さい。 お仏壇や花瓶のサイズが小さい場合は、 倒れてしまわない高さに仏花を調節して下さい。 2・リンドウで仏花の「芯 しん 」を作る リンドウなどの直線的な1本の花を利用して、仏花の芯(しん)となる部分を作ります。 先ほどの樒 しきみ と同じくらいの高さになるように切り、花瓶に入ってしまう花や葉は、手などで取っておきましょう。 3・小菊はリンドウよりも少し短く 次に小菊など なければ他の数本の花 を、先ほどのリンドウより少し短くなるように切り、花瓶に入ってしまう花や葉は手などで取りましょう。 4・輪菊を手前にあしらう 小菊より少し短く 小菊の手前に、花が中くらいの大きさの輪菊 りんぎく などをもってきます。 輪菊とは1本の茎に一輪の花を咲かせるタイプです 他にもカーネーションやトルコキキョウなど、手に入った材料でかまいません。 全体のバランスを見て、本数を調節してみて下さい。 5・スターチスなどの細かい花で立体感を出す 仏花にボリュームと立体感を出してくれるのがスターチスなどの花です。 カスミソウやすずらんのような花もおすすめです。 先ほどの輪菊 中 を囲むようにあしらうと、それぞれの花が引き立ちます。 6・やや大き目の菊などで仏花の根本を飾る 仏花の根本に、やや大き目の花などを使うとグッと締まるので、より安定した印象になります。 ここでは白い菊を使用しましたが、7回忌以降の法事なら赤やピンクのケイトウや、カーネーションなどでもいいと思います。 7・花瓶に生けた時にバラバラになるなら輪ゴムでとめる 花瓶の口が広いと生けた時に仏花の形がバラバラになる場合があります。 そんな時は茎の下の方を輪ゴムでとめておきましょう。 さらに仏花が傾いて困るなら、余った花の茎などを2センチくらいに切って、仏花の根本と花瓶の隙間 水に浸かっている部分 を埋めるように差し込みましょう。 お仏壇・仏花の置き場所は? 仏花の置き場所ですが、お仏壇のサイズ「大型・中型・小型」によって少々変わってきます。 大型仏壇の仏花の置き場所 大型仏壇の場合は、 前卓 まえじょくという台があればその上へ置くのが基本です。 前卓 まえじょくが無い場合には、お仏壇の中段あたりに仏花・香炉・ろうそく立てを並べるといいでしょう。 お仏壇の中が狭い場合には、お仏壇の前に卓を用意してそこへ並べれば手が届きやすくて便利ですね。 中型仏壇の仏花の置き場所 中型仏壇だと、仏具の大きさにもよりますが、お仏壇の中に置くなら三具足の方が置きやすいと思います。 五具足で置くなら、このようにお仏壇の前に卓を用意して並べると実用的でいいと思います。 いらないときには片付けることができる、折りたたみの板卓などがいいでしょう。 ・3回忌まで間、花の色は白を基調とする ・7回忌以降は花の色に赤があってよい ・毒花やトゲのある花は仏花にふさわしくない ・仏花の生け方は花の高さを変えながら組み合わせるといい ・置き場所はそれぞれのお仏壇のサイズに合わせて 今回ご紹介した仏花は、花屋さんでも扱われるような基本的な花の組み合わせで、仏事の作法でも問題の無い内容です。 どうしても心配な方は、花屋さんでお仏壇用の花を相談してみたり、生け方をご家族などに聞いてみるといいでしょう。 記事中に出てきた「樒 しきみ ・ヒサカキ」については以下の記事で詳しくご紹介していますので、よろしければ読まれてみて下さい。

次の

仏壇・仏具の基礎知識「お仏壇の飾り方(祀り方)」|お仏壇とは|仏壇・仏具|メモリアルアートの大野屋

仏壇 飾り 方

お仏壇の場所 お仏壇は、その家で一番いい部屋である仏間の、奥の真ん中に安置されます。 お仏壇は、「 宮殿(くうでん)」と「 須弥壇(しゅみだん)」に分けられます。 上の楼閣(屋根)がある部分が宮殿で、その土台のようになっている部分が須弥壇です。 本願寺派の屋根は一重で柱は金箔ですが、大谷派は屋根が二重で柱は黒塗りで金具が打ってあることが多くあります。 屋根がなければ、厨子の場合もあります。 家庭用仏壇には、これに扉と、内側の扉である「 金障子(きんしょうじ)」がついています。 お仏前の立ち居振る舞い そして、仏さまの前をみだりに横切ったりしてはいけません。 気を張って静かに歩きます。 お仏壇の前で作業したり、物を置いておいたりもしません。 お仏壇の中に大変なお客様が座っておられると心得れは、その前を通る時はどうすればいいか分かります。 お仏壇の掃除も、体操服ではなく、正装のほうが望ましいです。 御本尊の御安置 宮殿の中央にを御安置します。 正しい浄土真宗の御本尊は、です。 世間の掛軸と違いますから、自ら大切に取り扱うと同時に、見ている人達にも尊く思われるように両手でお取り扱いします。 お持ちする場合はお納めした桐箱などの入れ物を風呂敷などに包みます。 置く場合は、床に置かずなるべく高いところに置きます。 お仏壇に御安置する時は、お仏壇の他の準備がすべて整ってから、最後に御安置します。 その時、画鋲などで打ち抜いてはいけません。 上にひもがあるはずですので、お仏壇に掛金具を固定して、そこにおかけします。 御安置する時は、まず、両手でたてにお持ちして、押し頂いてから風呂敷をといていきます。 その場合、当然ながら御本尊を転がさないよう、風呂敷を動かします。 桐箱のふたをはずしたら両手で一度おし頂いてから、取り出し、両手で頂きます。 御安置したら、さっそく合掌礼拝して、周りを片付けます。 また、に向かっての礼は、人に対する挨拶より深くなります。 人に対して45度で短いとすれば、阿弥陀如来に対しては90度で長くなります。 角度を見ただけで相手が分かります。 万が一火事が起きた場合は、まず第一に御本尊を安全な場所にお移ししなければなりません。 瓔珞、灯籠、輪灯 お仏壇は「 瓔珞(ようらく)」、「 灯篭(とうろう)」または「 輪灯(りんとう)」などを吊るして荘厳します。 本願寺派の輪灯は細かい装飾が施され、大谷派の輪灯はシンプルなことがあります。 また大谷派では、瓔珞と輪灯が一体になっていることもあります。 お仏飯・飾り香炉 大きな須弥壇には上卓(うわじょく)などを置いて、仏飯(おぶっぱん)を置けるようにします。 お仏飯は、仏器(ぶっき)に盛り付け、仏器台(ぶっきだい)の上に置いてお供えします。 その時は、手で直接お供えせず、「 仏器差(ぶっきさ) し」に挟んで、仏器台に置くようにします。 仏器の下の段に上卓(うわじょく)を置いて、火舎(かしゃ)を飾ることもあります。 火舎は飾香炉(かざりこうろ)、金香炉(きんこうろ)ともいいます。 三具足と五具足の違い 前卓(まえじょく)には、香炉(こうろ)を置き、線香を立てます。 前卓の足は、本願寺派は内側に曲がり、大谷派では外側に曲がっていることが多くあります。 前卓は、金箔加工したものでなく、大きいものは、木枠に水引を懸ける場合もあります。 前卓の上は、平生は三具足(みつぐそく)ですが、法話や大きなの時は、五具足(ごぐそく)にするのが一般的です。 三具足というのは、左に花瓶、真ん中に香炉、右側に燭台お灯明を置くことを三具足といいます。 五具足というのは、一番外側に花瓶を1対、その内側に燭台を1対、真ん中に香炉を置くことを五具足といいます。 お仏花とお灯明 お仏花は「 花器」に生けて前卓の上に置きます。 花器は「 華瓶(かひん)」ともいいます。 前卓が汚れないようにか花器受けを置くのがいいでしょう。 仏花の高さは花器の三倍以上が目安です。 お灯明は、木蝋(もくろう)または電気蝋燭を蝋燭立てに立てて、前卓(まえじょく)の上に置きます。 お仏壇が汚れたり、火事の危険もありますので、現在では、木蝋よりは電気蝋燭にした方がいいでしょう。 蝋燭立ては燭台(しょくだい)ともいいます。 お供物のお供えの仕方 果物やお菓子などのお供え物は、大きなお仏壇では三方(さんぼう)に盛りますが、家庭のお仏壇は供笥(くげ)と方位(ほうだて)が一体になっているものが多くあります。 また、高坏(たかつき)に盛ったり、三段盛りに盛って供笥に載せたりすることもあります。 家庭用の小さなお仏壇なら銘々皿の場合もあります。 お供えする場合には、それらの器の上に懐紙を敷いてお供えします。 なければ半紙でもできます。 経机、おりん 前卓の前には、お聖教を置くための経机(きょうづくえ)、おりんを置くためのりん台、りん布団等を並べる場合もあります。 お聖教とは、の説かれたをはじめ、親鸞聖人や覚如上人、蓮如上人の書かれたものをいいます。 のことです。 一般的には経机といいますが、浄土真宗では和讃卓(わさんじょく)ともいいます。 なお、おりんを前卓に置く場合は、りん台は必要ありません。 「 りん棒」は「 うち棒」とも「 撥(ばち)」ともいい、おりんの中には置かず、経机または前卓の上に置きます。 りん棒の台を使う場合もあります。 仏具の向き 仏具には、必ず前後、左右の向きがあります。 向きをよく心得て、間違わぬように置く事が大切です。 三本足、五本足の仏具(香炉や仏器台など)は、一本足を前にします。 花器や蝋燭立てに獅子をかける時、顔が前に向くようにします。 上卓、前卓の打敷(うちしき)押さえ板を載せる時も、前後があるので気をつけます。 供笥や高杯に果物など下段に三個を三角に並べて、上段に一個載せて盛りつけます。 手前に1個、向こうに2個並べるといいでしょう。 その時、下に敷く半紙の置き方は、前の方に折り目が来るように仏様の方に折った先が向くように敷きます。 鶴亀のろうそく蝋燭立ては、鶴のくちばしが内側に向くように置きます。 浄土真宗の正しいお仏壇の中 親鸞聖人の教えを、浄土真宗といいます。 浄土真宗は、「 」とも言われますように、一仏に向かいます。 それはなぜかというと、お釈迦さまが、仏教の結論として、『 大無量寿経』にこう説かれているからです。 一向専念 無量寿仏 (大無量寿経) 「 無量寿仏」とは阿弥陀如来のことです。 「 一向専念」とは、阿弥陀如来一つに向きなさい、阿弥陀如来だけを信じなさい、ということです。 私たちのを解決し、この世から未来永遠の幸福に救ってくださる仏は、阿弥陀如来以外にはおられませんから、阿弥陀如来以外の諸仏や菩薩やには一切、手を合わせたり、拝んだりはしないのです。 このことを蓮如上人は『 御文章』に、こう教えられています。 一心一向というは、阿弥陀仏において、二仏をならべざる意なり。 (御文章) ですからお仏壇の中は、親鸞聖人も覚如上人も蓮如上人も教えられているように、 「 」の正しい御本尊のみにして、雑行の対象になるようなものは置かないのがよいのです。 例えば、亡くなった方のや写真などは、お仏壇の中ではなく、別の場所に置くようにします。 仏教に関する掛け軸なども、同様です。 また親鸞聖人や蓮如上人の御影は、お仏壇の外の両側にお掛けするのがよいでしょう。 浄土真宗のお仏壇に入れてはいけないのは、位牌や故人の写真、御名号以外の掛け軸などです。 お仏壇の中は浄土真宗の正しい御本尊である南無阿弥陀仏のみでスッキリするのが、親鸞聖人の御心にかなったお仏壇の中です。 お仏壇を飾ったら お仏壇の飾りができたら、それで終わりではありません。 朝晩のおつとめをきちんとさせて頂きましょう。 朝晩の勤行は、親鸞聖人、蓮如上人の教えを毎日聞かせて頂き、阿弥陀仏の救いに遇わせて頂き、変わらない幸せになる大切な聞法のご縁です。 朝晩欠かさず励行するようにしましょう。 ではどうすれば生きている時にに救われ、変わらない幸福になれるのかということについては、以下のメール講座と小冊子に分かりやすくまとめてありますので、今すぐお読みください。

次の