エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出。 集計表から抽出・集計DSUM 関数 DSUM関数の使い方

Excel(エクセル)でデータ抽出する方法!「3つの関数」を使って業務効率化

エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出

個人情報は既存の商品購入履歴や新規顧客獲得するために非常に重要な情報となります。 しかしシステムの規模が大きくなるにつれて業務を行う時間は変わらないのに情報が膨大になり必要な情報を取得するのに大量の時間を要することもあるでしょう。 そこで Excel関数を上手く用いて「 Excel(エクセル)でデータ抽出」を行う方法をご紹介したいと思います。 業務の効率化に利用して下さい。 Excelでデータ抽出する方法その1:「VLOOKUP関数」 顧客情報は管理する項目が多いため、1つのまとまった情報ではなく Excelデータ抽出すると別シートにて表記されるケースがあります。 一緒の情報として確認したいといった場合に利用したい関数が「 VLOOKUP関数」になります。 「 VLOOKUP関数」は各Excelデータに共通項目があれば突き合わせをして1つのシート上にまとめられる機能となります。 1-1.「関数の挿入」を選択します。 (今回は最終購入日まで合わせます) 1-5.取得したい「最終購入日」は4列目なので列番号に「4」を入力します 1-6.最終購入日が挿入されました。 Excelでデータ抽出する方法その2:「IF関数」 「 IF関数」を用いることで条件指定の結果を Excel上にデータ抽出することが出来ます。 今回は購入金額によってランクの表記を表したいと思います。 以下のサンプルを用いて「 IF関数」でランキングを設定していきたいと思います。 2-1.「関数の挿入」を選択します。 2-2.関数分類を「すべて表示」に変更し、「IF関数」を選択します。 別の指定方法でも作成出来ます。 「VLOOKUP関数」同様に件数が増えれば下にコピーしていくだけで同じ関数の指定を引き継いで表示することが出来ます。 Excelでデータ抽出する方法その3:「COUNTIFS関数」 IF関数で条件付けが出来るようになるとそれぞれの件数が何件あるのかを集計したくなります。 例えば先ほどの利用ステージもそれぞれのステージに何人の顧客がいるのかを把握することで分析や営業戦略に活かすことにもつなげることが出来ます。 今回はステージが複数存在するので「 COUNTIFS関数」を利用します。 この関数を用いてステージ毎に何人の顧客数がいるのかを集計していきたいと思います。 3-1.集計したいセルにカーソルを移動し、「関数の挿入」を選択します。 3-2.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIFS関数」を選択します。 3-3.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIF関数」を選択します。 ブロンズの条件は「10,000円以内」なので以下の指定となります。 他の関数同様に件数が増えても「検索範囲」を広げることで追加出来ます。 最後に 今回は比較的簡単で汎用性に特化した関数を紹介しました。 利用する人が複雑で利用出来なければ後々廃れていってしまう機能になってしまいます。 単純且つ利便性の良い仕組みの構築を目指して頂いてそのきっかけになれれば嬉しいです。 件数が膨大になっても Excelで簡単にデータ抽出出来るのが今回紹介しました関数のメリットになるので、まだ件数が少ない内から採用を検討頂ければと思います。

次の

エクセル 関数 対象を全て抽出する

エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出

DGET関数 リストまたはデータベースから条件に従って検索し、条件に一致した 1 つの値を取り出します。 DGET関数の書式と引数 DGET データベース, フィールド, 検索条件 データベース 検索するセル範囲を見出しも含めて指定します。 フィールド 値を取り出したい列を、「見出しの項目」または、リストの先頭列からの位置を示す「列番号」で指定します。 検索条件 検索条件が設定されているセル範囲を指定します。 DGET関数の基本的な使い方 エクセルDGET関数で条件を満たすデータを抽出する使い方を説明します。 G2に、「見出しの項目」をフィールドに指定して、商品名「梨」の、金額を抽出する式を入力します。 G3に、「列番号」をフィールドに指定して、商品名「梨」の、金額を抽出する式を入力します。 単価「230」の商品名 「りんご 紅玉 」が抽出されます。 単価「120」の商品名 「りんご さんさ 」が抽出されます。 検索条件にワイルドカードを指定 G2に、「ふじ」を含む商品名の、金額を抽出する式を入力します。 ワイルドカードを使用します。 条件を満たすレコードが複数存在する場合は、エラー値を返す DGET関数は、複雑な検索条件を指定して値を抽出することができますが、条件に一致するレコードが複数ある場合は、エラー値 「 NUM! 」 が返されます。 条件に一致するレコードが1つある時のみ値を返します。 」 が返されます。 DGET関数で、複雑な検索条件を指定して値を抽出 エクセルDGET関数は条件を満たすデータを抽出できる関数です。 検索して条件に一致する値を抽出するエクセル関数には、DGET関数の他に、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数がありますが、エクセルDGET関数は複雑な検索条件を指定して値を抽出することができます。 エクセルDGET関数以外に複数の条件、複雑な検索条件を指定して抽出することができる関数にはDSUM関数がありますが、DSUM関数が返すのは抽出した数値の合計です。 DGET関数は値を、DSUM関数は数値の合計を返す関数です。 間違えないようにしましょう。 こちらの記事もご覧ください。

次の

ピボットテーブルを使ったデータ抽出:エクセル2010基本講座

エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出

スポンサーリンク 条件に合っていたらA、そうじゃなければBのように、1つの条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けたいときに使うのが。 でも、この条件に合っていたらA、そっちの条件に合っていたらB、そうじゃなければCのように、 複数条件のどれに合っているかで、3パターン以上に振り分けたいときには、IF関数の中にIF関数を入れ込むか、IFS関数を使います。 IF関数の中にIF関数を入れ込む( このページでご紹介する方法)• どのバージョンでも使える(古いバージョンのExcelでも可)• 関数の中に関数を入れ込むので、若干慣れは必要• 「IF」に複数形の「S」が付いた関数• Office 365、またはExcel 2019で使える関数なので、を設定した文書を扱うすべてのパソコンに、Office 365、またはExcel 2019がインストールされている必要がある (IFS関数が設定されている文書を、IFS関数が無いバージョンのExcelで開くとどうなるかは、「」)をご覧ください。 IF関数の中にIF関数を入れ込む方法より使い方は簡単 上記のように、それぞれメリット、デメリットがあるので、自分に合った方の関数を使えばOK。 もし、その文書を扱うすべてのパソコンにOffice 365、またはExcel 2019が入っているかどうかが分からない、という場合には、私ならこのページでご紹介するIF関数の中にIF関数を入れ込む方法を使います。 1つ目の条件と結果表示の設定 まずは1つ目の、 条件 会員区分 ポイント数が300以上 VIP会員 を設定していきます。 振り分けた結果を表示させたい「会員区分」欄の先頭セル、C2番地をし、[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 今回はIF関数を使いたいので、一覧から「IF」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 ちなみに、この一覧から「IF」を選択する際、「IF」の頭文字である「I」のところまで、を使うと便利です。 前のダイアログボックスで「IF」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 まずは[論理式]の設定から。 [論理式]に文字カーソルがあることを確認します。 1つ目の条件は、 (もし)ポイント数が300以上だったら です。 現在、IF関数の設定をしているのは、表の相原さんの欄。 ですので、 (もし)相原さんのポイント数が300以上だったら となるよう、 まずは、相原さんのポイント数が入力されているセル、B2番地をクリックで選択すると、[論理式]にB2を設定できました。 続いて、[値が真の場合]に文字カーソルを移します。 Excelのバージョンによっては[真の場合]という欄です。 この欄には、先ほど[論理式]に設定した1つ目の条件に該当していた場合に、どうしたいのかを設定します。 1つ目の条件に該当していた場合には「VIP会員」という文字を表示させたいわけですから、「VIP会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 これで、1パターン目の設定が完了です。 2つ目の条件と結果表示の設定 [値が偽の場合]に文字カーソルを移します。 Excelのバージョンによっては[偽の場合]という欄です。 [値が偽の場合]には、[論理式]に設定した 条件に該当していなかった場合を設定します。 でも今回は、1つ目の条件に該当していなかった場合、「ゴールド会員」になるのか「一般会員」になるのかを、 更に切り分けなければいけないので、再び、条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けるIF関数を使います。 この時、「IF」の表示ではなく、セル番地の表示になっている方は、マウスポインターをこの部分に合わせると、表示が「IF」に変わるのでクリックします。 すると、2つ目のIF関数のダイアログボックスに切り替わりました! IF関数の中にIF関数が入っていることは、数式バーを見ると実感できます。 2つ目のパターンは、 条件 会員区分 ポイント数が200以上300未満 ゴールド会員 です。 ということは、 「200以上」という表現をするだけで、「200以上300未満」という設定と同じことになるわけです! というわけで、 (もし)相原さんのポイント数が200以上だったら となるよう、 まずは、相原さんのポイント数が入力されているセル、B2番地をクリックで選択し、[論理式]にB2を指定します。 Excelのバージョンによっては[真の場合]という欄です。 この欄には、先ほど[論理式]に設定した条件に該当していた場合に、どうしたいのかを設定します。 先ほどの条件に該当していた場合には「ゴールド会員」という文字を表示させたいわけですから、「ゴールド会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 これで、2パターン目までの設定が完了しました! スポンサーリンク 最後の3つ目は大前提に注目! [値が偽の場合]に文字カーソルを移します。 Excelのバージョンによっては[偽の場合]という欄です。 [値が偽の場合]は、[論理式]に設定した 条件に該当していなかった場合を設定します。 3つ目のパターンは、 条件 会員区分 ポイント数が200未満 一般会員 です。 もうお気付きでしょうか? ここまでで設定してきた、• 300以上だったら• 200以上だったら の各条件について、 ことごとく該当していない場合について、今設定しようとしているわけですから、 現時点で 「200未満」ということが大前提になっています! ということは、わざわざ「相原さんのポイント数が200未満だったら」という 条件を設定する必要が無いんです! というわけで、200未満だった場合にどう表示させるのかだけを設定すればいいことになるので、「一般会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 3パターンに切り分ける場合はこれで全ての設定が完了したので[OK]ボタンをクリックし、「」の章にお進みください。 4パターン以上に切り分けたい場合は、このまま次の章に読み進めてください。 スポンサーリンク 4パターン以上の場合はどうするか では、3パターンに分ける仕様だったので、 条件 会員区分 ポイント数が300以上 VIP会員 ポイント数が200以上300未満 ゴールド会員 ポイント数が200未満 一般会員 2つ目のIF関数の[値が偽の場合]は、最後の3つ目の条件が既に大前提となっていたため、条件を設定せずとも「一般会員」という結果表示を指定するだけでOKでした。 でも、今回は4パターン以上に分けますので、次の操作のために、 [値が偽の場合]に設定した「一般会員」の文字は、ダブルクォーテーションごと消しておきます。 それでは操作を始めていきましょう! もし、下記のように4パターン以上に分けていきたい場合も、理屈は一緒。 条件 会員区分 ポイント数が300以上 VIP会員 ポイント数が200以上300未満 ゴールド会員 ポイント数が100以上200未満 一般会員 ポイント数が100未満 非会員 でも、4パターンに設定したい場合には、2つ目のIF関数の[値が偽の場合]に文字カーソルがある時点で、 「一般会員」になるのか「非会員」になるのかを 更に切り分けなければいけないので、再び、条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けるIF関数を追加します。 この時、「IF」の表示ではなく、セル番地の表示になっている方は、マウスポインターをこの部分に合わせると、表示が「IF」に変わるのでクリックします。 すると、3つ目のIF関数のダイアログボックスに切り替わりました! 3つ目のIF関数が入っていることは、数式バーを見ると実感できます。 4パターンに分ける例での、3つ目のパターンは、 条件 会員区分 ポイント数が100以上200未満 一般会員 です。 300以上だったら• 200以上だったら の各条件について、 ことごとく該当していない場合について、今設定しようとしているわけですから、 現時点で 「200未満」ということが大前提になっているわけです。 ということは、 「100以上」という表現をするだけで、「100以上200未満」という設定と同じことになるわけです! というわけで、 (もし)相原さんのポイント数が100以上だったら となるよう、 まずは、相原さんのポイント数が入力されているセル、B2番地をクリックで選択し、[論理式]にB2を指定します。 Excelのバージョンによっては[真の場合]という欄です。 この欄には、先ほど[論理式]に設定した3つ目の条件に該当していた場合に、どうしたいのかを設定します。 3つ目の条件に該当していた場合には、「一般会員」という文字を表示させたいわけですから、「一般会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 これで、3パターン目までの設定が完了しました! 次は4パターン目を設定するべく文字カーソルを[値が偽の場合]に移します。 もし、 5パターン目もあるようなら、更にここにIF関数を追加して切り分けていけばいいわけですが、今回は4パターン目が最後。 4パターン目として、 条件 会員区分 ポイント数が100未満 非会員 を設定するわけですが、 ここまでで設定してきた、• 300以上だったら• 200以上だったら• 100以上だったら の各条件について、 ことごとく該当していない場合について、今設定しようとしているわけですから、 現時点で 「100未満」ということが大前提になっています! ということは、わざわざ「相原さんのポイント数が100未満だったら」という 条件は設定する必要無し! というわけで、100未満だった場合にどう表示させるのかだけを設定すればいいことになるので、「非会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 今回は4パターンの振り分けなので、ここで[OK]ボタンをクリックします。 スポンサーリンク 大きい方からでも、小さい方からでも設定可能 あとは、残りのセルにも同様の数式を設定したいので、で数式をコピーします。 3パターンに振り分けた場合は、このようになります。 4パターンに振り分けた場合は、このようになります。 さて、このような3パターンに振り分ける設定では、 1つ目の設定 ポイント数が300以上だったら VIP会員 1つ目に該当しない場合 ポイント数が200以上だったら (300未満が大前提) ゴールド会員 2つ目にも該当しない場合 (200未満が大前提) 一般会員 と、ポイント数が大きい方から順番に設定していきました。 でも、 1つ目の設定 ポイント数が200未満だったら 一般会員 1つ目に該当しない場合 ポイント数が300未満だったら (200以上が大前提) ゴールド会員 2つ目にも該当しない場合 (300以上が大前提) VIP会員 と、ポイント数が小さい方から順番に設定していくことも可能です。 IF関数はそもそも「この条件に合っていればA、そうじゃなければB」という関数ですから、 「そうじゃなければ」の時点でそれぞれに大前提があります。 この大前提を利用するので、 大きい方から、または小さい方から順番に設定していけばいいわけです。

次の