ノキア ソリューションズ & ネットワーク ス 合同 会社。 ノキア、トヨタプロダクションエンジニアリングの5G自営用無線ネットワークに選出

トヨタプロダクションエンジニアリング・日鉄ソリューションズ・ノキア、ローカル5Gを見据えた自営無線網構築プロジェクト始動 :日本経済新聞

ノキア ソリューションズ & ネットワーク ス 合同 会社

ノキアのクリス・ジョンソン氏 その背景には、IoTなどを活用した製造業のデジタル化を進める「インダストリー4. 0」が急速に進んでいることがある。 ノキアが現在この分野に力を入れるようになった理由についてジョンソン氏は、1つは周波数帯域の利活用の幅が広がったことを挙げる。 免許不要な周波数帯の活用に加え、世界各国で産業用途にプライベートLTEやローカル5G用の周波数帯を確保する動きが進み、プライベートなモバイルネットワークの構築がしやすくなったことが大きいようだ。 2つ目は携帯電話以外のデバイスの拡大であり、ウェアラブルデバイスやセンサーなど、モバイル回線に接続できるデバイスが2500種類にまで増えているとのこと。 そしてもう1つは、IoTを活用した産業用のソリューションを提供する企業が増えていることだという。 ローカル5Gの活用に力を入れるようになった理由として、ローカル5Gなどで活用できる周波数帯の幅が広がったことや、デバイスの幅の広がりなどが挙げられている そうした環境が整ったことを受け、ノキアでは既に世界各国で、120以上のプライベートモバイルネットワークの導入を手掛けている。 導入した業種・業界も、運輸からエネルギー、製造業から公共事業に至るまで幅広い。 それだけに、プライベートLTEやローカル5Gの基地局数は、携帯電話産業の2倍となる1400万にまで広がる可能性があるとジョンソン氏はみており、この市場に大きなビジネスチャンスがあると同社は見込んでいる。 日本への注力は28GHz帯の実用化が契機に 一方で、プライベートLTEやローカル5Gは、炭鉱や港湾など一定の範囲だけをカバーするものから、携帯電話会社と連携して全国をカバーする必要があるものまで、業種や業界に応じて多様なケースへの対応が求められる。 携帯電話事業者向けのネットワークとは異なり、個々のユースケースに応じた複雑な対応が求められるのも事実だ。 そんな中でノキアは、長年携帯電話事業者とビジネスを展開してきたことから無線通信技術に強みを持つだけでなく、端末から基地局、コアネットワークからエッジコンピューティングに至るまで、全てをカバーできる製品やソリューションを保有している。 それに加えてさまざまな産業に強みを持つ専門家を雇用したり、幅広い業種・業界の企業とパートナーシップを強化したりすることで、幅広いケースに対応できる体制を整えていることも強みだと、ジョンソン氏は話す。 関連記事• 日本でも商用化間際の「5G」。 そのユースケースとして一番注目されているのが「産業用途」だ。 しかし、先行事例や実証実験を見ていると「Wi-FI(無線LAN)でもいいんじゃないか」と思わなくはない。 あえて5G(あるいはプライベートLTE)を使うメリットはどこにあるのか、エリクソン(Ericsson)の取り組みを見つつ解説する。 商用サービスの開始が迫っている「5G」。 トップバッターとして、米国が2018年後半から2019年後半に5Gサービスの開始を予定している。 5G時代にはどんなトレンドが起こるのか? エリクソン・ジャパンが説明した。 iPhoneを中心にeSIMに対応する端末が増えているが、大手3キャリアはeSIMサービスの提供には慎重な姿勢を崩さない。 MVNOではIIJがeSIMサービスを提供しているが、2019年内に、eSIMの提供に必要な「フルMVNO」の形態を持つ事業者が、他にも登場するという。 NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」の料金プランを一新した。 かつてはMVNOでシェアトップを誇っていたOCN モバイル ONEだが、ここ数年は「4位」が定位置になりつつあった。 「シェア1位の奪還」を目指す同社に、新プランの狙いを聞いた。 インターネットイニシアティブ(IIJ)が、3月15日に「フルMVNO」のサービスを開始した。 フルMVNOで目指しているのはどういった世界観なのか。 フルMVNO化を決めた経緯や、今後の展望などを担当者に聞いた。

次の

ノキアソリューションズ&ネットワークスの中途採用事情~年収、評価制度、就労環境、etc~

ノキア ソリューションズ & ネットワーク ス 合同 会社

ノキアは6月23日、福岡県福岡市にあるトヨタプロダクションエンジニアリングの製造設計センターにおいて、産業用グレードの自営用無線ネットワークに導入されることになったと発表した。 ノキアはローカル・システム・インテグレータである日鉄ソリューションズ(以下、NSSOL)と協業しており、今回の契約はトヨタプロダクションエンジニアリング、NSSOL、ノキアの間の既存の取引関係に基づいているとのこと。 今回、ノキアは産業用のグローバル・デジタル・オートメーション・サービスのプラットフォームである「Nokia Digital Automation Cloud(NDAC)」を提供。 NSSOLは無線エリア設計、ライセンス申請サポート、システム構築、継続的な保守および運用を提供する。 9Gおよび5G の自営用無線ネットワークがトヨタの製造拠点で利用できるかどうかを評価し、デジタルトランスフォーメーションの目標達成に役立つ新しい製造プロセスを設計する。 9Gネットワークがトヨタプロダクションエンジニアリングのサイトに導入され、機器のデジタル化と可視化を可能にするさまざまなIoTデバイスをサポート。 時間の経過とともにネットワークは5Gにアップグレードされ、製造プロセスを進化させるとともに、自動化が進んだオペレーティング環境にするという。 ノキアが提供するNDACは、ニーズに応じて拡張できる4. なお、5Gネットワークは超高速、超低遅延、およびマッシブMIMOによる複数の同時接続により、製造業界の変革をもたらすアプリケーション、サービス、およびワークフローを提供するための大きな一歩になるとしている。 ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社のエンタープライズビジネス統轄営業本部長であるドニー・ヤンセン氏は、「ノキアのシステム統合パートナーであるNSSOLさまと連携することで、ノキアの5G対応の自営用無線ネットワークソリューションによって、トヨタプロダクションエンジニアリングさまによる次世代の製造ユースケースの統合が可能になり、トヨタのデジタルトランスフォーメーションが加速し、将来の自動車IoTビジョンの実現をサポートします。 NSSOLさまと、トヨタと最も親密な関係にあるトヨタプロダクションエンジニアリングさまとともに、ノキアは国内自動車産業にブレークスルーをもたらしています」とコメント。 トヨタプロダクションエンジニアリング エンジニアリング革新部 エンジニアリングフェロー大西章宏氏は「トヨタプロダクションエンジニアリングでは最先端の設備や技術の研究開発を行なっており、生産準備、設備開発・設計、品質データ管理などを行なっています。 ノキアの5G自営用ネットワーキング機能を導入することで、この新たなデジタルエンジニアリング技術を通じて、トヨタのモノづくりに貢献していきます」とコメント。 日鉄ソリューションズの執行役員 テレコムソリューション事業部長 吉田利昭氏は「トヨタプロダクションエンジニアリングさまによる先進的なデジタルトランスフォーメーションの取り組みの実現に貢献できることを嬉しく思います。 このプロジェクトを通じて、トヨタプロダクションエンジニアリングさま、ノキアとともに、自動車業界のデジタルトランスフォーメーションを支援していきたいと考えています」とコメントしている。

次の

トヨタ系が自動車工場向けローカル5G構築プロジェクト、ノキアやNSSOLと

ノキア ソリューションズ & ネットワーク ス 合同 会社

回答者 3. 0 入社を決めた理由: 前に勤務していた会社が、当方が担当していた事業の事業譲渡をノキアに対して行ったため、転籍という形で入社しました。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 入社理由の妥当性は、事業譲渡という点からみると妥当かとは思います。 但し、「非の打ち所がないほど妥当か?」という点では、入社時点で会社の経営状況含め未来を読むのは大変困難ですが、現状と年齢を考えると、別事業に1から携わる形でも、前に勤務していた会社に残るという選択肢を取ったほうが良かったかもしれません。 入社当時に認識しておくべき点として、当たり前ではありますが、vorkersのようなサイトで社風など情報を詳細に集めておく必要はあると思います。 回答者 2. 5 企業買収にて大きくなっており、私も事業買収されて、中途入社 入社前は将来の安定や欧州企業の良さをアピールしていたが、 入社後に、別の企業を買収し 重複部門や商品分野の統廃合が多く実施されて、 結果的にポジションクローズとなり、早期退職に応募しました。 外資系ですが、日本人率は高いが最終決裁は本国、中国になり非常に見えにくい。 また、Japan内の他の部門への移動もほとんど実現出来ません。 ノキアのグローバルビジネスとして、 日本市場の優先や投資は他の通信インフラベンダーより低いと感じます。 品質のレベルや工場改善力も乏しく日本品質レベルには達することは出来ません。 更に、本社はそこまでの品質への意識やコスト投資も無いので、勉強や経験を積むことを期待出来ないので、20代30代の入社はお勧めしません。 技術開発は中国本土がメインなので、通信インフラ開発の経験があり、中国企業や中国人との交渉経験がある方は、入社の検討も有りかも知れませんが、 いつポジションクローズになる恐れがあることは常に考えている方が良いです。 語学は、本社や中国本土とは英語がメインなので、ある程度、技術専門的なコミュニケーションができる必要があります。

次の