マグネシウム ノートパソコン。 【現行21選!】軽量・薄型のおすすめノートパソコン【2020年7月 夏 更新版】軽い・薄い

【2020年】10万円以下のおすすめノートパソコンの比較・紹介【3つ厳選】

マグネシウム ノートパソコン

By: 高性能ノートパソコンとは、デスクトップパソコンに匹敵するほどの高性能なスペックを有するノートパソコンのことです。 以前は動画編集を行ったり、PCゲームをプレイしたりするときはデスクトップパソコンを選ぶのが常識とされていましたが、最近はノートパソコンの高性能化が進み、デスクトップと比べても遜色ないスペックのモデルが登場しています。 高性能ノートパソコンはどういう人におすすめ? 高性能なノートパソコンは、動画編集をする方やゲーマーなどマルチタスクをこなす方におすすめです。 基本的に搭載されているパーツも高スペックなので快適に作業できます。 例えば、ネットサーフィンのみであればスペックを抑えたノートパソコンでも問題ありません。 しかし、動画編集をしながらWordやExcelを開いたり、ゲームをプレイしながらSkypeなどの通話アプリを使用したりなど、複数のコンテンツを快適に利用する際はハイスペックのノートパソコンの方がストレスなく作業できます。 高性能ノートパソコンの選び方 CPUをチェック CPUとはパソコンの処理性能を決める重要な部品です。 人体でいうと頭脳に例えられ、一般的にクロック周波数 GHz が高いCPUほど処理性能が高いのがポイント。 ただし、CPUの性能は周波数だけではなくコア数やスレッド数も影響します。 コアとはCPUのなかに含まれ、実際に処理を担当する中央処理ユニットのこと。 デュアル 2個 ・クアッド 4個 ・ヘキサ 6個 の順にコア数が増えるほど、処理を分担して行えるので複数の作業を同時に進めた場合でも快適に作業が可能です。 また、コアをさらに細分化したものがスレッドですが、スレッド数が多いほどより多くの作業を同時にこなせます。 大半のパソコンにはインテル社のCPUが搭載されていますが、Core m3・Core i5・Core i7・Core i9の順にクラスが上がり、処理速度がより向上。 高性能ノートパソコンの場合、写真編集やブログ更新、ビジネス用途が主ならCore i5でも十分です。 大量の写真編集や本格的な映像制作、3Dデザイン制作を行いたい方はCore i7以上のCPUを搭載したモデルをチェックしておきましょう。 GPUをチェック GPUはパソコン内の描画に関わる部品。 通常パソコンにおけるデータ処理の大半にはメモリが使用されますが、描画に関する処理はデータ容量が膨大なため、メモリとは別に描画専用の処理ユニットであるGPUを設けることで、パソコン全体にかかる負荷を軽減しています。 例えば、ディスプレイにレタッチ効果を適用した写真や動画を出力する際や、ゲームで3Dオブジェクトを多用する場合などでも、ストレスを感じることなく快適に対応できます。 通常のノートパソコンにおけるGPUはCPU内に簡易的なモノが搭載されていることがありますが、高性能ノートパソコンにはそれとは別に独立したGPUが搭載されていることがほとんど。 CPUに内蔵されたタイプよりも処理容量が多いため、動画編集やゲームを快適に楽しめます。 独立GPUは米国のNVIDIA社が開発した「GeForce」とAMD社の「Radeon」が一般的。 動画編集やゲームが主な用途の場合は、最低4GB以上の容量を備えた独立GPUを搭載した高性能ノートパソコンがおすすめです。 メモリ容量をチェック メモリは作業領域の広さを決める部品で、作業中に使用しているデータの一時保管場所として使われています。 よく作業デスクの広さに例えられ、メモリの容量が増えるほど作業デスクが広くなるイメージです。 容量の多いメモリでは一度に多くのデータを同時に処理できるのが特徴。 例えば、Webで情報を検索しながら資料を作成したり、音楽を聴きながら動画編集をしたりなど、マルチタスクが快適に進められます。 高性能ノートパソコンの場合、メモリ容量に関しては最低8GB、可能であれば16GBを選ぶのがおすすめ。 Webブラウザでタブを数個開いて維持するだけでも6GB以上のメモリを消費するので、並行して書類作成やクリエイティブ作業を快適に進めたい場合は8GB以上が必須となります。 なお、高性能ノートパソコンを長期にわたり使用したい場合はメモリを後から増設できるかもチェック。 パソコンの処理速度が遅くなった場合はメモリ容量を追加することで改善する場合がありますが、Apple社のMacBookのように増設が不可な機種もあるので注意しておきましょう。 ストレージの種類と容量をチェック ストレージとは画像や動画、ソフトウェアなどありとあらゆるデータを保存する装置のこと。 メモリがデータの一時的な取置場所であったのに対し、ストレージはデータの長期に渡る保管場所として使用されます。 ストレージは本棚にも例えられますが、容量が多くなるほどより多くのデータを保管できるのがポイント。 高性能ノートパソコンのストレージに使用される記録メディアには主にHDDとSSDの2種類あります。 HDDは容量当たりの単価が安いので、大容量でもリーズナブルな価格で購入できますが、処理速度が遅いことや衝撃に弱いのがデメリット。 一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、静音性に優れているのが特徴です。 ただし、容量当たりの価格はHDDより高いので、その点は留意しておきましょう。 ストレージの容量は最低でも256GB以上がおすすめ。 最近は写真も動画も大容量化が進んでいるので、ある程度容量の大きいモデルの方がすぐにデータがいっぱいになる心配を軽減できます。 大量の写真データを管理するのはもちろん、動画編集を頻繁に行う場合は512GBまたは1TBの容量を目安にしましょう。 高性能ノートパソコンのおすすめメーカー レノボ Lenovo By: デルはアメリカに本社を置く1984年創業のパソコンメーカー。 販売方法のひとつとして在庫を持たない注文生産 BTO=Build To Order を採用していおり、高性能なパソコンをリーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。 ノートパソコンのラインナップには、コストパフォーマンスに優れたライトユーザー向けの「Inspiron」、ハイスペックなプレミアムモデルの「XPS」、PCゲームのプレイに特化した「Dell G」、業界屈指の高性能を持つゲーミングモデルの「ALIENWARE」などをラインナップ。 初心者向けの製品からハイエンドモデルまで揃っているのが魅力です。 アップル Apple By: アップルはアメリカに本拠を構える1976年創業のパソコンおよびモバイル機器メーカー。 同社はiPodやiPhoneなど人々の暮らしを大きく変えた機器を開発してきたことでも知られています。 パソコンにおいては使いやすさと連携機能の高さが特徴。 多くのWindowsパソコンと違って、ハード(パソコン本体)とOS(基本ソフト)の両方を自社で開発しており、操作系も洗練されているので、パソコン初心者でも直感的に使いこなせます。 また、同社製品のiPhoneやiPadとのデータ同期がスムーズにできるのもポイントです。 同社の高性能ノートパソコンであるMacBookシリーズは主に3種類。 携帯性を最重視したコンパクトな「MacBook」、高性能と携帯性のバランスが取れたライトユーザー向けの「MacBook Air」、高負荷なクリエイティブ作業にも対応できるハイスペックな「MacBook Pro」をラインナップしています。 重量わずか953gの軽量ボディを実現しながら、CPUには「Intel Core i5 10210Y」、メモリには「LPDDR3 8GB」、ストレージには「SSD 258GB」を搭載。 処理の重いソフトウェアもサクサク快適に動作します。 1回の充電で約11. 4時間使える長時間バッテリーを採用しているのも大きな特徴。 カメラに顔を向けるだけでロック解除ができる「Windows Hello」や、電源オフ時でもスマホの充電ができる「パワーオフUSB充電機能」など、便利な機能が充実しているのも魅力です。 カラーバリエーションは、パールホワイト・メタリックピンク・ネイビーブルーの3色から選択が可能。 ファッション感覚で自分の好きな色が選べるのも嬉しいポイントです。 スペックの高さが魅力のモバイルノートパソコン。 高いパフォーマンスを実現する「Intel Core i7-1065G7」や、大容量の「DDR4 16GB」を搭載しており、負荷のかかる作業も高速で処理できます。 6型の大画面ディスプレイを搭載していながら、重量はわずか1120gを実現。 携帯性を重視する方にもおすすめです。 機能面では、音楽や映像を繊細かつ迫力のあるサウンドで楽しめる「DTS:X Ultra」、ワンタッチでロック解除できる「指紋認証」、暗い場所でも快適にタイピングが行える「バックライトキーボード」に対応。 新素材カーボンナノチューブ採用の高密度バッテリーにより、約22. 5時間の長時間駆動が可能なのも大きな特徴です。 ビジネスユースに最適なモバイルノートパソコンです。 A4ノートよりも小さな薄さ約18. 7mmのコンパクトボディを実現。 場所を気にせずどこでも気軽に取り出して作業できます。 最新のThunderbolt 3対応の「USB3. 1 Type-C」をはじめ、HDMI出力端子・アナログRGE端子・LANコネクタなど、インターフェイスが充実しているのも魅力です。 CPUには、第8世代の「Intel Core i7 8565U」、メモリには「LPDDR3 8GB」、ストレージには「SSD 512GB」を搭載。 マルチタスクのような負荷のかかる作業もサクサク軽快に行えます。 Appleの人気シリーズ「MacBook Air」の2020年モデル。 Appleが開発した「アルミニウムアロイ」を採用することで、高い強度と耐久性を実現。 ほかの製品とは一味違ったスタイリッシュなデザインも魅力です。 細部までリアルに表示する「Retinaディスプレイ」により、写真や動画がきれいな映像で楽しめるのもポイント。 スペック面では、Intelの第10世代Coreプロセッサーに加えて、グラフィックスの処理能力が最大80%向上した「Intel Iris Plus Graphics」、大容量の「LPDDR4X 8GB」を搭載。 大きな負荷のかかる動画編集やマルチタスクもサクサク快適に動きます。 快適で安定した打鍵感を得られる「Magic Keyboard」を採用しているのも魅力のひとつです。 ハイスペックで扱いやすいレイザーの人気モデルです。 最新の第10世代「Intel Core i7-1065G7」に加えて、大容量の「LPDDR4 16GB」や、処理速度が速い「M. 2 SSD 256GB」を搭載。 マルチタスクやゲームなど負荷のかかる処理もサクサク軽快にこなします。 専用の外付けGPU「Razer Core X」と接続すれば、グラフィックスカードを簡単にアップグレードできるのもポイントです。 重量わずか1. 36kgの軽量モデルながら、リアルな没入感が楽しめる「Dolby Atmos」や、自分好みにカスタマイズできる「RAZER CHROMA」、カメラを見るだけでロック解除ができる「Windows Hello」など、便利な機能を多数搭載。 陽極酸化処理された「CNC加工アルミニウム」を採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているモデルです。 便利な機能が充実したエイサーの人気モデルです。 使う時だけポップアップする「収納式カメラ」や、疲れの原因となるブルーライトをカットする「AcerBluelightShield」、高速データ通信が可能な「Wi-Fi 6 IEEE802. 11ax 」を搭載。 画面のベゼルを極限まで薄くした「ゼロフレームディスプレイ」により、画面占有率92%の大画面を実現しているのも大きな特徴です。 アルミの2~4倍の強度を備えた「マグネシウム・リチウム合金」と「マグネシウム・アルミ合金」を採用することで、耐久性に優れているのもポイント。 ブラック・ホワイトのおしゃれなワントーンカラーで統一することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも魅力です。 デュアルディスプレイに対応したゲーミングノートパソコンです。 6型メインディスプレイとは別に、キーボードの上部に14型サブディスプレイを搭載。 ゲームをしながらサブディスプレイで情報チェックしたり、動画を見ながらゲームを楽しんだり、用途に応じてさまざまな使い方ができます。 最大5GHz駆動するCPU「Intel Core i9-9980HK」や、大容量メモリ「DDR4 32GB」、処理速度に優れた「NVMe M. 2 SSD 1TB」など、全体的なスペックが高いのも特徴。 最新のGPU「NVIDIA GeForce RTX 2060」を採用することで、処理の重い高解像度のゲームや、VRコンテンツもノンストレスで快適に楽しめます。 エイスースの人気ゲーミングシリーズ「ROG」の最上位モデルです。 どんなゲームもサクサク快適にプレイが可能です。 3型の大画面ディスプレイにより、迫力ある映像でゲームが楽しめるのも特徴です。 デルの最新技術が詰まったゲーミングノートパソコン。 重量2. 63kg、高さ18. 6mmの扱いやすいサイズを実現していながら、最大4. 50GHzで駆動する「Intel Core i7 9750H」や、グラフィック性能が大幅に向上した「GeForce RTX 2060」を搭載。 最新のサーマルテクノロジー「Advanced ALIENWARE Cryo-Tech v3. 0」により、高パフォーマンス状態を長時間安定して維持できるのもポイントです。 ほかにも、激しい動きも滑らかに表示する「144hz駆動のディスプレイ」や、設定を自分好みにカスタマイズできる「NEW ALIENWARE COMMAND CENTER」など、ゲームを有利にプレイできる機能を多数搭載。 素材にマグネシウム合金を採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも魅力です。 高性能なゲーミングノートパソコンが欲しいけれど、価格が高くて手が出せない方におすすめのモデルです。 比較的手の届きやすいリーズナブルな価格を実現していながら、パフォーマンスが向上した「GeForce GTX 1050 Ti」や、4コア8スレッドの「Intel Core i7-7700HQ」、データの読書き速度が高速な「M. 2 SSD 128GB」を搭載。 最新の3DゲームやVRコンテンツもサクサク快適に楽しめます。 複数の外部ディスプレイを接続する「Matrix Display」を使えば、ゲームのプレイ中に別の画面で情報収集したり、ゲームをしながら動画配信ソフトを確認したり、さまざまな使い方ができます。 ゲーミングデスクトップに匹敵する高いスペックを備えたモデルです。 最大4. 機能面では、有線・無線LANを同時にネットワークへ接続する「Killer Doubleshot Pro」、ハードなゲーミングにも耐えられる「SteelSeriesゲーミングキーボード」、動きの激しいゲームも滑らかな映像で楽しめる「高リフレッシュレートパネル」を搭載。 ほかのプレイヤーと差をつけたいヘビーユーザーにおすすめです。

次の

【2020年版】高性能ノートパソコンのおすすめランキング14選。最強機種をご紹介

マグネシウム ノートパソコン

目的に合わせたおすすめノートパソコン 新年ということで、志もあらたにノートパソコンを買い換えたい人も多いでしょう。 学業や仕事にノートパソコンは欠かせません。 今回は買いやすさ、持ち運びやすさ、パワフルで作業を効率的に処理できるなど目的に合わせて、最新のおすすめノートパソコンを10機種ご紹介します。 【目次】• 「買いやすさ」を重視する人におすすめなノートパソコン 現在では技術の進歩によって、ある程度、低価格なノートパソコンでも実用的に使うことができます。 まずは、このようなリーズナブルな価格帯でありながら、優れた製品を紹介していきます。 クラムシェル型(要はスタンダードなノートパソコンの形状)で、コスパが高いのが「E203MA」です。 ディスプレイサイズは11. ヘビーな用途にはあまり向きませんが、SNSやメールはもちろん、ワープロや表計算ソフトのデータを見たり編集するような日常用途には十分で。 ふだんはMacを使っているが、仕事などでWindowsのソフトのデータを見たり、編集したりしなければならないような人にもいいかもしれません。 高速なUSB3. 0ポートも2つ搭載し、周辺機器も実用的に接続できます。 バッテリ駆動時間はなんと14. 6時間と外出先でも安心して使えながら、実売価格は驚きの3万円前後とリーズナブルです。 これは11インチディスプレイ搭載で、モバイル利用もしやすくなっています。 プロセッサはAMD A9でAtomやCeleronよりも速く、より快適に仕事ができます。 メモリ4GB、ストレージSSD128GBで実用的なスピードで動きます。 DELLなのでキーボードもしっかりしていて、バンバンタイプできます。 オフィスソフト付属モデルもあり、価格は6万5000円程度になります。 AcerのAspire3は15. 6インチの大画面ディスプレイを搭載しながらコスパがいいパソコンです。 さらに万一のトラブル時にデータの損失を防いでくれる「データ復旧安心サービス」を搭載しています。 このソフトは無料で1年間使えます。 そして、目の疲れが気になる人のためにブルーライトをブルーライト対策メガネ並みにガードしてくれるブルーライトシールド機能を搭載していて、目の疲れを防いでくれる。 CPUはCerelonで実用レベルの性能は持っているという感じ。 SSD搭載で起動は早い。 普通にゆったり使いたい人向けのパソコンです。 タブレット部は薄く剛性が高く、クオリティが高い。 このタブレット部の軽量さとヒンジ部のスタビライザーのおかげでノートパソコンのように置いてタイプしたときの安定感は高く普通のクラムシェル型ノートパソコンのように使える。 まさに理想の2in1パソコンと言えるかも知れない。 ノートパソコンフォルムでの重さは1キロ程度で十分にモバイルパソコンと言えるぐらい軽い。 圧倒的に完成度が高い2in1パソコンだ。 VAIO A12はタブレットも使いたいという人には圧倒的にお勧めなノートパソコンだと言える。 ノートパソコンとタブレットを持ち運ぶよりも遙かに荷物を減らすことができるだろう。 3インチモデル)はバッテリ長時間駆動とコンパクト軽量さを実現したノートパソコンです。 1キロを切る965gの重さで駆動時間は実に最長27時間と極めて長くモバイル向け。 さらにそのボディはマグネシウム合金が多用されて極めてタフで、ミルスペック基準をクリアしており、外で持ち歩くのにも耐える。 そしてボディカラーはホワイトとダークシルバで、特にホワイトは清潔感があり、ビジネスっぽくない印象で女性もきっと気に入ることでしょう。 キーボードもしっかりしていてタイプしやすいので外出先でも作業しやすい。 USB-Cポートも搭載し、USB-Cからの充電にも対応。 バッテリ駆動時間も25whバッテリで11. 5時間と長い。 富士通ならではのしっかりしたハードウェアで持ち運びも安心。 その軽さは驚異的で今までのノートパソコン以上に外に持って行きたくなる軽さだ。 「思い切った高性能さ」を重視する人におすすめなノートパソコン 据え置き型というか持ち運ぶことをほとんど意識していないタイプのノートパソコンはモバイルパソコンのように重量的な制約がないため、高速なプロセッサーを搭載したり、高音質なスピーカーを搭載したり、VRに対応するなど、思い切った高性能なパソコンを作ることができます。 AH-MRは高性能なプロセッサを搭載しているのは当然として、高度な3D機能も搭載し、3Dゲームも遊べます。 そして、最大の特徴はWindowsMRゴーグルが付属することです。 これは富士通製のWindowsMR(Mixed Reality)対応のVRゴーグルでケーブルでパソコンと接続すればWindowsMRのVR世界を楽しむことができます。 ディスプレイは15. 6インチで基本的に据え置き型ですが、仕事からVR世界まで楽しむことができるマルチなパソコンなのです。 この問題を解決したのがnVidiaの提唱するMax-Qデザイン。 このおかげで最新の高性能GeForceを搭載したパソコンを2センチ以下、18mm程度の厚さで、2キロ代の軽量さで作ることができるようになりました。 ASUSの ROG ZEPHYRUS GX501 はこのMax-Qデザインを採用したゲーミングノートパソコン。 6インチディスプレイを搭載し、高性能なGeForce1070GPUを搭載しながら、その重量はわずか2. 2キロになっています。 また、その高性能のおかげでVR Readyとなっており、WindowsMRはもちろん、Occulus Rift、HTC VIVEなどの世界でもポピュラーなVRシステムにも対応します。 キーボードもハイクオリティでタッチが柔らかく、仕事にも十分使えます。 その高性能で仕事も効率よくこなせるし、ゲームもできるし、VRも楽しめる。 しかも普通の15インチディスプレイノートパソコン並みの軽さで持ち運ぶこともできるわけです。 仕事だけじゃなく、パソコンでいろいろ楽しみたい人にお勧めなノートパソコンです。 7キロにもなるモンスターゲーミングノートパソコン。 デスクトップパソコンに匹敵するようなハイパフォーマンスを持っている。 最新の第9世代Corei8プロセッサを搭載し、GPUにオーバークロック可能なGeForce GTX 1080を搭載し、火を噴くようなハイパフォーマンスで最強レベルのゲーミング体験を実現してくれる。 そして、そのディスプレイは3msという非常に短い時間でレスポンスする144GHz駆動のディスプレイを世界ではじめて搭載している。 さらにそのストレージはRAID0構成で、2つのNVMe PCI Express3. 今までの常識を塗り替えたゲーミングパソコン。

次の

マグネシウムボディのInspiron 14 7000(7490)レビュー、GeForce MX250搭載

マグネシウム ノートパソコン

マグネシウム合金 ノートPC筐体素材(その5) ~ マグネシウム合金 ノートPC筐体のボディ素材や、表面加工についてのまとめ。 多くのエントリー製品ではポリカーボネート(工業プラスチック)だが、外装にアルミ素材を張り付けたもの、鋳造またはプレス加工のアルミボディや、軽量化のためにマグネシウム合金を用いたもの、一部に繊維強化プラスチック(カーボンファイバやガラスファイバ)を用いたものがある。 さらに上級モデルでは、アルミの塊から削り出した高級ボディの製品もある。 素材と表面加工• 軽量金属!マグネシウム合金の筐体 軽量金属!マグネシウム合金の筐体 マグネシウム合金とは、マグネシウムをメインとしたアルミニウム・亜鉛との合金で、アルミニウム合金と同じく「軽合金」に分類される。 アルミニウム合金と比較すると剛性で劣るものの、軽量面では優勢。 振動吸収性に優れるため、モーター駆動系の振動にシビアな機器にも使われる。 電磁波シールド性も高い。 工業部材製造においては切削性が良く加工しやすいが、切粉が燃焼しやすいデメリットがある。 (近年は難燃性マグネシウム合金も開発されている)。 「天板・パームレスト・底面ボディ」すべてが金属の筐体で、 1Kg未満の13型ノートというのがコンセプトにある。 それを可能としているのが、マグネシウム合金の筐体。 同時期のアルミボディ・ノートでは軽くても1. 2kgあたりなので200g以上は軽量化している。 2020年1月にレビューしたDELL Inspiron 13(7391)がマグネシウム合金の筐体。 Inspiron 13(7391)はの発売は2019年9月であるが、おそらくオール・マグネシウムボディのノートPCはこれがDELL初だと思われる。 そもそもマグネシウム合金は上位ノートのシャーシ部分ではよく使われていた材料である。 では、オール・マグネシウムボディの説明として、13. 3インチノートのInspiron 13(7391)をサンプルに紹介する。 DELL公称の最小重量は 約955gだが、レビュー実機の測量では981 kgだった。 1kg未満であるため、10インチクラスのタブレットPCなみの軽さ。 3インチノートが指2本でつまみ持ち上げられる軽さは、なかなかの新感覚だ。 マグネシウム合金はアルミ合金よりも軽量だが、剛性でやや劣るデメリットがある。 DELLのイベントで聞いたところによると、社内基準をクリアできる剛性で調整したマグネシウム合金らしい。 (色々苦労があるのだとか云々)。 アルミボディのノートと比べると、エッジ(面の折返し)にシャープさがなく、ゆるい雰囲気なのもマグネシウム合金の特徴かと思われる。 「エッジが眠い」という表現で正しいのかな。 また、アルミよりもやや白っぽい特徴がある。 金属としては柔らかいためか、セキュリティロック・スロットが付いていない。 ディスプレイではこの薄さもあるが、ひねってみるとアルミボディのノートと比べて結構しなる。 マグネシウム合金の剛性の低さを最も実感する箇所。 各パーツがマグネシウム合金かチェック マグネシウム合金の天板。 雰囲気はアルミ合金に似ているが、マグネシウム合金の方が白っぽいシルバーカラー 底面もマグネシウム合金。 柔らかいからか、inspironロゴのエンボスがややボケた感じになる。 カバーを開いて、底面カバー、パームレスト(パーツ格納ボディ)がマグネシウム合金なのか確認する。 底面カバーもマグネシウム合金。 プラスチックの梁などはなく、ダイレクトにフックやネジ穴が設けられている。 パームレストは一枚板のトレイ状になっており、裏返せばパーツを格納するボディとなっている。 素材と表面加工• 軽量金属!マグネシウム合金の筐体 欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報! パソコンで英会話学習 パソ兄さんお勧めのPCソフト。 お気に入りの有名映画で英会話が学べる。 セキュリティソフトの選び方 今の時代は更新料0円のセキュリティソフトを選ぶ?選び方ガイド!! パソコンパーツ知識 パソコンを構成するパーツ知識やトレンド情報。 仕組みや規格を知ることで、市場に売られているパソコンの特徴が手に取るように分かってきます。 初心者には少し難しいですが、研究してみてください。 入力デバイス購入ガイド• 液晶モニタ購入ガイド• パソコン・スペック比較• DELLパソコン・レビュー デスクトップPC• 最新パソコンレビュー• 2020年4月 up!! 2020年3月 up!! 2020年2月 up!! 2020年1月 up!! 2019年12月 up!! 2019年11月 up!! 2019年10月 up!! 2019年9月 up!! 2019年8月 up!! 2019年7月 up!! 2019年6月 up!! 2019年4月 up!! 2019年3月 up!! 2019年2月 up!! 2018年12月 up!! 2018年11月 up!! 2018年10月 up!! 2018年9月 up!! 2018年8月 up!! 2018年7月 up!! 2018年6月 up!! 2018年5月 up!! 2018年4月 up!! 2018年3月 up!! 2018年2月 up!! 2018年1月 up!! 2016年• 【 12月】• 【 2016年5~11月】• 【 2016年1~3月】• 2015年• 【 12月】• 【 2015年8~11月】• 【 2015年7月】• 【 2015年3月】• 【 2015年2月】• 免責事項・ご連絡等 当サイトはリンクフリーですが、当サイトのデザインおよびテキストの無断転載・複製を固く禁じており対処しています。 当サイトでは、楽天リンクシェア、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。 当サイトをご利用の際は、以下にリンクの免責事項をよくお読みください。

次の