俺 の この 手 が 真っ赤 に 燃える。 第九十七回「俺のこの手が光ってうなる! お前を倒せと輝き叫ぶ!(ドモン・カッシュ)」 : 直撃を受けているのか!? ~ガンダム名セリフ講座~

ドモン・カッシュ の名台詞できるだけ多く教えてください!

俺 の この 手 が 真っ赤 に 燃える

創作絶好調です。 むしろ絶好調すぎるほどに。 ただ、ジャンルが多岐に亘ってるのが微妙な悩みどこ。 スパロボでプロットだけで一万文字目前だと言っていたら、うみねこでネタが降りてきた直後、数時間で書き上げました。 大番長やFEなんかもネタや下書きが幾つもあるので…うん。 ちょっと落ち着け自分。 ネタがありすぎるのも困りものです。 手が追いつかなくて、自然と放置せざるを得なくなるのでもったいない事になるんですよね。 とりあえず、えらいことになってる携帯のメモを消化する為にスパロボのATX IN EFのパロのラフから片付けようと思います。 …本当に携帯のメモがカオスなので 笑 実際はもう二回ほど更新できる量は溜まってますが、中途半端なので、もうひと段落つけるところまで書き終えたいところ。 後、TOPや拍手も書いてる途中なので…ここまで書きたいものが多いとどれから手をつけるべきか、嬉しい悲鳴を上げっぱなしです。 でも自分が好きなものを書いてるので、充実しています。 ただ、その分、ゲームに触れないので、未だ大番長はナイトメアアイズ壊滅前; 今日の落書きは…書きたい物がたくさんあるクセに、熱が入ると他のものが書きたくなるという時間があったので、暇な事をしてたもの。 左から基本仕様、ベーオウルフ仕様、楠舞姫仕様、白騎士仕様。 暇だなぁ自分…とか思うんですが、ものすっごい楽しかったこの色遊び 笑 白騎士は手始め、という感じなので他にもゼンガーさん仕様だったりエクセレン仕様…全く関係なく黒かったり橙だったり白かったり、もしくはピンクかったり…いわゆる格ゲーのラインナップばりに遊んでみたいです。

次の

#29 俺のこの手が真っ赤に燃える‼️ゴッドルカリオ爆誕

俺 の この 手 が 真っ赤 に 燃える

元々、使用していたピリアも含めてのブーステッド発動。 体内から燃える様な力が漲ってくる。 俺は四肢に、漲る力を伝達させるようにイメージする。 しっかりと両手で鞘と柄を握り、両足でがっちりと首をホールドしながら大きく弓なりになって、床に角を向けようとする地龍の頭を無理矢理に起こす。 キャメルクラッチを脳内で想像しつつの動作。 流石にバテているのか、首を振り回すということをしない。 呼吸も苦しくなっているようで、俺のなすがままといった感じだ。 「いい加減に倒れろ!」 ギチギチと音を立てて、角をへし折る勢いで残火を自分の方に引く。 それだけで地龍は後退りをし、反撃もせずただただ俺の動きに合わせて下がる。 「ぬん!」 鞘を力一杯引けば、地龍が天を仰ぎ、眉間が俺の目の前にくる。 目標が見えたところで、大腿四頭筋に力を込めて体を固定し、鞘を左手だけで握る。 「イグニース」 右手前方に炎の盾を顕現。 集中すれば炎の盾は強度や形状、熱が増すとワックさんは言っていた。 盾のサイズだって変えようと思えば変えられるはず。 イメージが大事なのが、この世界のマナだ。 折りたたんでいくイメージ。 「あ、熱い!」 思いの外、熱かった。 火龍装備であっても火傷するんじゃないかというくらいに、右拳には焦熱が宿る。 「唸れ! 俺の魂の右拳!」 「「おお!」」 眉間の黒いクリスタル目がけての右ストレート。 くさい台詞に歓呼の声を上げるのは、コクリコとゲッコーさん。 特に前者の声が大きかった。 もれなく中二病を煩っているのが俺の台詞に反応。 他はノリについて行けないといったところだろう。 攻撃面において、肉体強化の初期ピリアであるインクリーズに加えて、禁忌のピリアであるブーステッドが付与された右ストレート。 体勢から足裏の踏ん張りが使えない、腰と腕の連動からしか生み出せない威力だけども、 「どっせい!」 かけ声と共に、現状の渾身の一撃をクリスタルに見舞えば、ピンポイントで爆発。 爆音と共に、砕けたクリスタルの破片が宙を舞い、中に封じられていたショゴスの力である黒い霧が吐き出されるようして消滅。 「よし!」 火龍の時とは違って、爆風に襲われつつも、ちゃんと着地に成功。 勇者らしく最後まで決めることが出来た。 この後が不安でしかないけど……。 俺は静かになった地龍に用心しつつ距離を取り、迫る不安に対して、準備とばかりに腰をおろす。 これでブーステッドの反動で動けなくなっても大丈夫。 倒れずに三角座りで姿勢をキープだ。 問題は要塞から脱出する時、俺の体が使い物にならない事だけだ。 そこは皆に頼るだけ。 とりあえず動けなくなる前に、突撃による活躍をした T-90A ( ロシアの魂 )をプレイギアに戻す。 「見事な一撃だった」 「素晴らしい突きでした」 ベルとランシェルが称賛。 柔和な笑みを湛えて俺を見てくれる。 二人の好感度が上がっているようだな。 まあ、一人は上がってもあれだが……。 「確かに素晴らしかったですよ」 琥珀の瞳をキラキラとさせて興奮するコクリコは、俺の技がお気に召したようだ。 横文字がいいのかな。 他の皆さんも良いんじゃないかとコクリコのようにノリノリではないが、首肯してくれる。 「いや、駄目だろう」 そんな中、ゲッコーさんだけが否定。 継いで、 「アウトだ。 まんまだからな」 と、バッサリ却下。 烈火か。 な、な!」 「で、ですよね~……」 首を傾げながら詰め寄って来ないでいただきたい。 軍人いうより輩みたいです。 というか、どんだけ日本のサブカルチャーに精通しているの? ゲッコーさん。 ゲーム内でそこまで濃密に設定されているの? 確かに、お仲間と無線で会話をしている時、いつ終わるんだよ! ってマニアックなやり取りを延々とやる時がありますけども……。 まあ知識が豊富なのいい事だけどね。

次の

俺のこの手が真っ赤に燃えるッ!勝利を掴めと轟き叫ぶッ!

俺 の この 手 が 真っ赤 に 燃える

シャイニングフィンガーとはこういうものである。 なるほど!シャイニングフィンガーとはこういうものか! 『』に登場した役機の。 液体に包まれたをったにいたで対物を掴んで粉砕するというものであり そのを遠に放つことも出来る。 掛けは3話以降に使用され 「 のこの手がって唸る!を倒せとき叫ぶ!」 のではモビルのは頭部に集中しており、また際条約第に「頭部を破壊されたものはとなる」、第「相手のコクを攻撃してはならない」とあるため、ピンで相手の頭部を攻撃できるこの技はでは非常に強な決め手となる。 発展技にはシャイニングフィンガーのをソードに送り込み巨大なを形成する『シャイニングフィンガーソード』(掛けは上記のの後に 「 くらえ!ととの!」が続く)や でを倒した『・・・シャイニングフィンガー』がある。 後継機であるには『爆熱』なる技があるが、こちらは貫手。 機のにもやでは『ライィンガー』があったりする。 に搭載されているの様だが、が乗るにも『』 なる同じ種類のが搭載されているため、流の義を使うのためにこの技が使えるように武装を調整したと思われる。 (一応設定にはが乗ってきた機体には全部『』なるがあったという。 ) 版、の級ではが生身で使ってたりする。 なにぃ、シャイニングフィンガーがこのガンダムにもあるのか! この技は初のであり、後のにもたびたび似たような技やが出ている。 この項ではそれらについて記述する。 の溶断破砕()• のフィーナ()• トの球()• ビルドのビルドル()• 系(全三種)の扱う流の内 "拳突き"とその発展技の"螺旋拳"() というより流自体が流のパロ 他にありましたらお願いします 閃光の指圧師(シャイニングフィンガー) シャイニングフィンガーとは、を打つ際のそのにも留まらぬ動きからがに付けたである! なお、表記は「」と書くが、は シャァァ~イニングゥガァァァァァ~~~~~~ で、ある! …要するに、においてのであるが出演しているところから来たである。 ちなみに、のとして00もあったりする。 関連動画を見ろと輝き叫ぶ! なお、『』では 何故かシャイニングフィンガーや等技に特殊が多数用意されていることが多く、様々な歴代の叫ぶを聞くことが出来る。 貴様が関連動画ならば!俺は関連項目ぅ!•

次の