数珠 売り場。 【急な葬儀】数珠をどこで買う!?買える売り場や販売店の場所はココ!

念珠・数珠なら文久元年創業の山田念珠堂へ

数珠 売り場

仏式の葬儀や法事の際に「数珠」(念珠)は絶対に欠かせないアイテムです。 仏教においてはどの宗派でも数珠を大事にしますので、1つは持っておきたいものです。 今回は数珠にまつわる基礎知識や数珠の買い方、選び方を紹介します。 数珠にまつわる基礎知識 仏教で最も身近な仏具の1つ 数珠とは穴が開いた多くの珠に糸の束を通して輪にした仏具で、本来は念仏を唱える際に擦り合せて音を立てたり、念仏の数を数えるために使われるものです。 「数を念ずる」「数を記す」という意味で「数珠」と呼ぶわけです。 現在では「数珠を腕にかけて仏様に合掌すれば、煩悩は消滅して功徳を積むことが出来る」とも言われており、通夜や葬儀、法事の際は必ず持っていくものとされています。 厄除けやお守りとしての意味もあり、普段から常に持ち歩いている人もいます。 数珠の起源 数珠の起源は仏教が宗教として体系化されるよりも前、古代インドのバラモン教で用いられていた道具である、という説が有力です。 仏教の開祖である釈迦がそれを用い、中国を経て飛鳥時代の日本に伝来したようです。 本格的に普及したのは鎌倉時代以降、浄土宗の開祖である法然が「南無阿弥陀仏」とひたすら唱える「専修念仏」の教えを説いた頃からです。 この頃はまさに唱えたお経の数を唱えるためだけに数珠は存在しました。 葬儀の際に数珠は必ず持って行くべきか 数珠は仏教における仏具なので、まずは出席する葬儀や法事が仏式であることが大前提となります。 いくら自分が仏教徒でも、出席する葬儀がキリスト教で行われるのであれば数珠はつける必要はなく、むしろつけてはいけません。 仏式の葬儀や法事に出る場合、自分が仏教徒であれば数珠は必ずつけなくてはいけません。 無宗教者であればそれぞれの判断で、ということになりますが、「どうしても数珠はつけたくない」という特別なこだわりがなければつけた方が無難でしょう。 仏教以外の宗教の信者であれば数珠をつける必要はありません。 つまり仏教という特定の宗教の仏具である数珠を、仏教信者でない人に強制することは出来ないということです。 ただし地域や慣習によっては数珠をつけずに仏式の葬儀に参列することを咎められる場合もあるかもしれません。 そのような場合は宗教上の理由がなければ臨機応変に対応した方がよいと言えます。 数珠の持ち方 葬儀や法事の会場に入ったら数珠は房を下にして手に持っておきます。 お経を唱えたり、仏様や故人に対して合掌する際は左手の親指にかけた上で右手で挟むようにするか、合わせた両手の両方の親指にかけて持つようにします。 数珠はどこで買うのか 数珠はブラックフォーマルの洋服を売っている売り場で一緒に売られていることが多いです。 つまり大抵のデパートやスーパーでは取り扱いがあります。 たくさんの種類の中から選びたい場合はやはり仏具店へ行って買うのがよいでしょう。 近所に仏具店がない場合はネット通販を使うと便利です。 意外なところでは寺院や斎場で売っていることもあります。 数珠の種類 本式数珠 本式数珠は「本連数珠」もしくは「二輪数珠」という呼び方もします。 数珠は多くの珠を輪にしたものですが、正式な数珠の数は「108個」です。 この数はどの宗派でも同じです。 この108という数字は仏教の教義でいうところの「煩悩」の数です。 煩悩とは「心身を乱し、悩ませ、物事の道理を正しく判断・処理するための知恵を妨げる心の働き」のことで、数は諸説ありますが一般的には108個あるとされています。 つまり108個の珠を繋いだ数珠を持てば、108個の煩悩全てを消滅させる功徳がある、というわけです。 本式数珠は108個の主珠と2個の親珠を繋ぎ、親珠に弟子珠と表房、露玉と裏房をそれぞれつけます。 主珠の中には少し小さめの珠を4つ入れますが、これは四天王、四菩薩を表しています。 これは本式数珠の基本的な形態ですが、細かい形は宗派によって多少異なります。 真言宗用本式数珠は他の宗派でも利用することが出来ますし、浄土宗用本式数珠は時宗用としても利用出来るなど、多少融通の利く宗派もあります。 どの宗派でも利用出来るものとして兼用本式数珠というものありますので、本式数珠の最初の1本としてはこれがよいでしょう。 略式数珠 本式数珠よりも珠の数を大幅に減らして持ちやすくなっているのが略式数珠です。 略式数珠は「宗派を問わずに使える」「小さくて保管がしやすい」「仰々しくない」といった理由から最近は本式数珠を持たずに略式数珠のみで全て済ませるという人の方が多いです。 ただし略式数珠はあくまでも「略式」ですから、自分の親や兄弟といった家族が亡くなった時に使うものとしてはあまりふさわしくありません。 また会社関係の付き合いで社葬やお別れの会に略式数珠を使うと、人によっては故人を軽く見ているととりかねません。 ある程度の年齢になったらぜひ本式数珠も持っておくことをお勧めします。 本式数珠と略式数珠の両方を持っておいて、適宜使い分けても構いません。 腕輪数珠 数珠は普段から持っておくのがよい、とされていますが、本式数珠や略式数珠は日常生活を送る上では少々邪魔になるのも事実です。 そこで考え出されたのが「腕輪数珠」です。 いわゆるパワーストーンを組み合わせて作るようなアクセサリー的なブレスレットも、広い意味ではこの腕輪数珠に入ると言えます。 本式数珠や略式数珠とは違い、葬儀や法事の際に使うのは少々無理があるというのが正直なところです。 まとめ 誤解を恐れずに言うならば、数珠は「(仏教以外の宗教の信者を除いて)大人として必ず持 っていなくてはいけないもの」だと思います。 葬儀に参列するのに数珠を持っておらず、 お焼香が終わった人から借りたり、斎場のスタッフに借りたりしている人をたまに見かけ ますが、非常識であり恥ずべき行為です。 明確に仏教以外の宗教の信者であるなら ともかく「無宗教者だけどウチは何となく仏教だよ」という場合、略式数珠でもよいので 数珠は必ず1本は持っておきたいものです。

次の

急なお葬式!数珠はここで買うことができます!

数珠 売り場

【 数珠には種類があります 】 数珠には、大きく分けて 「 宗派別の本式念珠」と 「 略式の念珠」の二種類があり、それぞれに男性用・女性用があります。 略式・本式の違いは、文字通り、宗派が定める正式な数珠か、宗派を問わない略式 一般 の数珠というものです。 本来は、自分の宗派が分かる方は、本式念珠を持つべきとされていますが、昨今では、初めて自分の数珠を買う方の約6割~7割が、略式念珠を選ばれています。 これは、核家族化が進み、家系に伝わる宗派を知らないことが大きな原因とされています。 略式の念珠とは、数珠の基本的な形を守りつつ簡略化したものです。 場所を選ばずお使いになれますので、自分の宗派が分からない方や、こだわりがない方には、まずは略式念珠をお勧めしています。 一方で、宗派ごとの正式な本式念珠は、各々の宗派の教えに基づいた意味が込められた物です。 例え普段は信仰を実践していなくても、先祖代々より伝わる信仰に敬意と感謝の思いを持ち、家系の幸せを願って持つことから始めても良いとされています。 【 他宗派の葬儀に自分の宗派の数珠を持って行ける? 】 自分の宗派とは違う法事や葬儀に参席される場合でも、他宗派の数珠を持って行って問題はないとされています。 ただ、気にされる方の中には、身内の関係で数珠を持つときは宗派用の本式を使い、それ以外では略式をいうように、使い分ける方もいらっしゃいます。 【 値段の違いは? 】 数珠の価格については、大人用であれば2千円台~3万円以上の物まで様々です。 これは玉や房の素材品質と職人の加工の手間によるものです。 数珠を選ぶポイントは、持ち主が愛着を持って使える(気に入る)事が大切で、好きな石や色で決めるなど、直感に頼ってもOKです。 男女共に、 5千円~1万円前後のおじゅずであれば、素材の品質も良く、見た目も上質ですので、コストパフォーマンス的にもお勧めです。 ご予算を決めて、 ことも可能です。 数珠は尊いお守りであると同時に、神仏やご先祖様を尊び、故人を偲ぶ心を表す為に持つ道具です。 これから長く使うことになるという観点も加えてお選びください。 数珠は本来、一人一人の身代わり(お守り)となる仏具で、これを持つことで功徳(くどく)があるとされています。 他にも、数珠(念珠)は、仏前でお経を上げる際に、その回数をカウントする修行の道具でもあります。 一般的な人にとっては、葬儀や法事の場で持つことで、故人を偲ぶ心が合掌する際には欠かせない品となっています。 数珠の輪に手を通すという行為は、仏の世界(黄泉の世界)と自分自身を繋ぐという意味があります。 結局は、神仏によって生かされている命・人生であると知り、正しい生き方を求めるようになるのです。 以上の理由から、数珠は貸し借りする物ではなく、家族のお一人、お一人が専用の数珠を持つべきと言えます。 神道やキリスト教など、仏教以外の宗教を信仰をしている方は、信仰の観点では数珠を持つ必要はありません。 数珠は、仏教で使うアイテム(仏具)だからです。 ただ、社会的な常識・マナーとして、実際はほとんどの方は葬儀や法事に参列する際には、数珠を持たれています。 これは、葬儀や法事の場ではフォーマルな服装(礼服)が常識であるように、仏前で手を合わせる際は、数珠を持つことがマナーであり、礼儀とされているからです。 成人した社会人は親戚関係に留まらず、社会的な関係での葬儀への参列もありますので、礼儀を表すという意味で、数珠は必須アイテムと言えます。 営業マンの中には、平素から数珠をカバンに忍ばせていたり、会社に置いている方も少なくありません。 突然の訃報を受けて、お通夜に駆けつける場合でも、お数珠さえ用意していれば、平服のままでも失礼に当たらないからです。 よく、突然お通夜に行くことになり、数珠がないので、コンビ二等で安価な間に合わせ品を買って駆けつける方もいますが、数珠というものは、意外に他人の目に付くものです。 当店では、長く使うという観点から、京都の職人が作る日本製の良品をおすすめしています。 良いお数珠を持っているだけで、その人の好感度も高まります。 社会人として自分用の数珠を持つことは、守っておきたいマナーです。 安価な物から高価な物まで、数珠の値段には大きな差があります。 おおまかには、価格の違いの要因は、原材料の材質と、職人が製作する手間と時間です。 まず、お数珠の玉の希少性や、天然の物であるか否かが、問われるポイントです。 次に、玉の加工の精度によっても価格に差があります。 これは、玉の形状の加工精度、糸を通す穴の開け方などの違いです。 さらには、数珠の生産国によっても違ってきます。 比較的、中国を始めとした外国製の物は、品質にバラつきがあります。 それらの輸入品が、一概に良くないとは申しませんが、当店では、お数珠の専門店として、京都の職人が誠意をもって作る品をお奨めしております。 京都で伝統の技を元に職人がつくるお数珠は、見た目も使った感じも、その良さがにじみ出ています。 確かにその分、お値段は高価な物もありますが、修理等のアフターサービスが利きますので、長い観点では良い選択と言えます。 また、念珠職人は一つ一つの数珠を組む際にお客様の幸福を願いながら組んでおります。 その違いをどのように考えるかは、お客様の価値観に寄ります。 数珠には、明確に男性用・女性用という区別がありますので、原則は混同して使うことはありません。 男性の方で、手が華奢 きゃしゃ なので、一般的な男性用の数珠は大き過ぎるという方も、玉の小さめの物がありますので、心配は無用です。 女性の場合も同様です。 また、お数珠のサイズは、男性用の略式であれば、主玉の数が22玉のお数珠が現代の標準のサイズです。 女性用の略式であれば、主玉に大きさ(直径)が7㎜のものが標準のサイズとされています。 ただ、昨今は大き目の玉を好む方が増えており、男性であれば主玉の数は20玉のもの、女性であれば主玉の直径が8mmのものを好む方も増えています。 各宗派用の本式のお念珠に関しても同様で、男女の区別は明確です。 ただ、例外的に真言宗のお数珠をお遍路用に使う場合は、女性でも男性用サイズとされる「一尺二寸」を使う場合があります。 数珠をお買い上げになる時は、一緒に 普段、ご自宅の仏壇には、数珠掛けに掛けておけば良いですが、葬儀や法事等で外出する際は、数珠を裸のままバッグ等に入れたり、ポケットに入れておくよりは、数珠袋に入れると良いでしょう。 大切な仏具である数珠 念珠 を丁寧に扱う為にも、ぜひ数珠袋をご利用ください。 当店では様々な数珠・念珠袋をご用意しております。 他人の目から見ても、数珠袋に入れて数珠を扱う人は、そのままポケット等に入れる方よりも、ずっと好印象です。 当店でお数珠を購入の際は、 数珠袋を半額でお買い上げいただけるサービスも実施しています。 京都の生地屋さんが作る確かな品ですので、ぜひご検討くださいませ。 買い物方法についてはをご覧ください。 また、インターネットのショップシステム以外でのお買い物をご希望の場合は、 「」をプリントアウトして、お送りいただいても結構です。 営業時間内でしたら、お電話でのご注文もお受けしております。 お支払回数はご一括、分割またはリボ払いにも対応しております。 商品代金10,000円(税込)以上の場合は手数料無料です。 現金か、クレジットカード(デビットカード可)でのお支払いとなります。 予めご了承くださいませ。 本州のほとんどのエリアと、四国・九州であってもかなりのエリアで翌日お届け圏内です。 当店に在庫がない場合は、お取り寄せの期間が3日間~10日間ほど掛かる場合がございます。 商品の発送日は、工房より返事が来次第、お知らせいたします。 責任を持って交換させていただきます。 (8日間を過ぎた場合の返品には応じかねます。 ) なお、お客様のご都合による返品・交換の場合は、 未使用のものに限り、商品到着後8日間以内はお受け致します。 その際の発送料・支払手数料はお客様のご負担となりますので御了承下さい。 安心してご利用下さい。 ご注文は、SSL 対応のサーバーを利用しておりますので、お客様の個人情報は暗号化して送信されます。 また、カード決済のクレジットカード情報入力の画面は、が運営する高セキュリティ管理下のシステムです。 買い物方法についてはをご覧ください。 また、インターネットのショップシステムを介さないお買い物をご希望の場合は、「」をプリントアウトして、お送りいただいても結構ですし、営業時間内でしたら、お電話でご注文頂いても結構です。 お支払回数はご一括、分割またはリボ払いにも対応しております。 商品代金が10,000円(税込)以上の場合は手数料は無料です。 別途ご相談ください。 予めご了承くださいませ。 この場合、本州のほとんど、四国・九州においてもかなりエリアが翌日配達圏内です。 祝日や大型連休の期間は除きます。 当店に在庫がない場合は、お取り寄せの期間が3日間~10日間ほど掛かる場合がございます。 商品の発送日は、工房より返事が来次第、お知らせいたします。 責任を持って交換させていただきます。 ) なお、お客様のご都合による返品・交換の場合は、 未使用のものに限り、商品到着後8日間以内はお受け致します。 その際の発送料・支払手数料はお客様のご負担となりますので御了承下さい。 安心してご利用下さい。 ご注文は、SSL 対応のサーバーを利用しておりますので、お客様の個人情報は暗号化して送信されます。 また、カード決済のクレジットカード情報入力の画面は、が運営する高セキュリティ管理下のシステムです。

次の

数珠、念珠の選び方│数珠・念珠専門店 亀屋│数珠を買う際のポイント、数珠の簡単知識

数珠 売り場

絶対に必要!・・ではないですが、一つ持っておけば安心なアイテム 数珠は、仏式の葬儀や法事に参列する際に持つ仏具です。 現在の日本でも、仏式の葬儀が90%以上を占め、ほとんどの参列者が数珠を持っています。 たとえ仏教の信仰がない人でも、故人を偲ぶ(しのぶ)思いを表す礼儀として持つ方が多いようです。 社会的な常識では、葬儀や法事の場では礼服を着て、数珠を持つことがマナー(作法)とされていますが、絶対条件ではありません。 またキリスト教や神道など、数珠が必要のない場もあります。 ただ、仏教以外の信仰を持っている方でも、多くが数珠をお持ちです。 これは、マナー、一般常識として必要性を感じるからというケースです。 高価な物は不要ですが、長く使える丈夫な日本製がお勧めです。 最低でも、社会人になったら持つべきです。 いつから数珠を持つべきという明確なルールはありません。 一般的には、成人したら、あるいは、社会人になったら自分用の数珠は持っておくべきとされています。 見落としがちですが、数珠は社会生活の中の必須アイテムです。 数珠や喪服を身に着ける目的は、目に見える形で故人や遺族を尊ぶ行為であり、マナーです。 また、子供については、こころの教育という観点で、数珠は有効と言われています。 命を尊び、優しい心を育むという事は、言葉だけでは伝わりにくいもの。 葬儀や法事、お墓参りの時に、数珠を持たすことで、体験として学ぶ機会となります。 物心がつく年頃になったら、数珠を持たせると良いとされています。 幼くても、自分専用の数珠を与えることで、一人の人間として扱われることは嬉しいようです。 安価なものから高価なものまで様々です。 お数珠の価格は、玉の素材の原価と仕立て代で決まります。 大人用でも、2,000円台からありますが、 長く使えるそれなりの品質のものとなると、 5,000円~1万円台のものが最も多いです。 ドラッグストアや100円均一のショップでも 数珠(もどき? は販売していますが、これらは残念ながら 海外の工場で数珠の形に似せて作られた工業品です。 当店では、長く大切にお使いいただくという観点から、 京都の職人が作った正式な品をお勧めしております。 日本製の京念珠であっても、素材のコストを抑え、実質価値の高い品もあります。 無理に高価な品を買う必要はなく、気に入った物の中から、 その時に買えるものを選べば良いとされています。 形が違うので、原則は混同することはありません。 男女兼用という数珠はありません。 ただ、略式数珠と宗派用本式数珠の両方を持って、使い分けている方も多くいらっしゃいます。 修理して使い続けても良いですし、新たに買い換えても構いません。 数珠は持ち主のお守り・身代わりという意味もありますので、数珠が代わりに難を受けてくれるとも言われています。

次の