抱負 文例。 今年の抱負は何?今年の抱負例文13選!仕事のネタに生かそう!

「抱負」の意味とは?「目標」との違いや使い方も解説【例文つき】

抱負 文例

私の抱負というテーマで作文を書いてみました。 添削お願いします まだまだ拙いところがありますが、よろしくお願いします 私の抱負は、後悔をしないようにするということです。 勉強面で後悔をしたことがあり、もう二度としたくないと思ったからです。 中学生の頃、私は勉強がとても嫌いで、ほとんど勉強をしていませんでした。 その結果、授業の内容は理解できずに寝てばかりいました。 当然、テストの点数や順位もとても悪かったです。 先生や両親に何度も注意されていました。 しかし、私は全く話を聞かずに怠けてばかりいました。 「めんどくさい」「なんで勉強なんてしなければならないんだ」とおもっていたからです。 そして、中学三年生なり、受験を控える頃に模擬試験を行いました。 当然、今まで勉強をしてこなかったので、点数がよくありませんでした。 その結果を見て私は慌てました。 このままでは自分の行きたい高校へ行けないと思ったからです。 そして、両親に頼み、塾へ行くことになりました。 しかし、一向に成績は伸びませんでした。 そのときに私はとても後悔しました。 今まで何でやってこなかったんだと暗い気持ちになりました。 しかし、先生や両親の手助けのおかげで、なんとか志望校へ入学することができました。 そして、高校生になった私は、「もうこんな後悔をしたくない」と強く思うようになり、勉強を一生懸命にするようになりました。 予習や復習は欠かさず行うようにし、質問を積極的に行うようにして疑問を残さないように心がけています。 また、勉強面だけでなく、他のことでも後悔をしないように心がけています。 「何であのときに行動しなかったんだ。 」と後悔しないようにしています。 これからも、たくさんの辛いことや苦しいことに直面することがあると思いますが、決して逃げずに立ち向かい、行動していきたいです。

次の

私の抱負というテーマで作文を書いてみました。添削お願いします

抱負 文例

これがいまいちだと、やりたいことも、やるべきことも、ままなりません。 例えば、精神が病むとしますよね。 すると、ウツウツとしたつらい日々を過ごすことになるので、「プログラミングを学びたい」という新年の抱負と立てても実現できません。 なので、新年の抱負は健康増進に関するものを入れるべしです。 具体的には運動習慣を形成し、大切な人との協働作業などに取り組みましょう。 例えば、週に2〜3回はランニングする、毎日欠かさず筋トレする、などはおすすめです。 他にも、友人、恋人、家族と一緒に趣味の釣りに勤しむ、温泉巡りして楽しむ、などもいいでしょう。 幸福感が低いと、たとえ身体的には健康でも生きにくいです。 例えば、未来に絶望しているとしますよね。 すると、ストレスを抱えながら生きていくことになるので、精神だけでなく身体も痛みを感じやすくなったり、心臓が不調になったりすることありです。 なので、新年の抱負には幸福感を高めるものを入れましょう。 幸福感を高めるコツは「過去は忘れて、未来は考えず、今に集中する」です。 つまり、現在していることに、しっかり没頭したらいいんです。 うちの嫁はこれを「昆虫的生」と呼びますが、まさにその通りで今この瞬間を全力で生きるべしです。 他者評価を恐れて、嫌なことでもガマンしちゃいがちですが、それははっきり言うと時間の無駄です。 例えば、偉い人からやりたくない仕事を押しつけられるとしますよね。 すると、生きられる時間が嫌なことで満たされるわけでして、幸福感は下がるし、健康状態も悪化しかねないです。 何よりも、時間=生命ですから嫌なことやるってことは、自分の生命が削り取られるに等しいわけです。 他人に嫌われても良いから、嫌なことはさくっと断りましょう。 断る理由はいろいろ考える必要なくて、単純にやりたくないからやらないでOK。 それで嫌われたら、元々たいしたことない人間関係だったわけで、気にしなきゃよいんですよ。 冒頭で新年の抱負は絵空事で終わりやすいと書きました。 それは達成が含まれていない人が多いからという側面があります。 なので、新年の抱負には目標達成という要素を入れましょう。 例えば、ぼくの目標はまさにここで挙げている新年の抱負を実現することなんです。 その方法として、週3、4回は走る、瞑想する、自由主義的に生きる、新しい価値を創出する、などに取り組みます。 その結果として、毎年ある程度は達成できたかな、、、という状態になっていると感じています。 人生の目標は存在論的には決まっておらず、自分で適当に決める他ありませんが、何か目標を決めて達成できるように持続的に努力する必要があるのです。 例えば、健康に気を配るという新年の抱負を立てたとしますよね。 それだけで健康状態がよくなることはないです。 実際には、食事に気をつけたり、運動したり、瞑想したり、趣味活動に没頭したりする必要があるからです。 なので、新年の抱負には「酒は飲まない」などのように、行動レベルに関わる内容を入れましょう。 健康と幸福感がほどほどにあれば、後は行動力が人生を左右します。 行動して失敗しても経験値が残るので、とにかく身体を動かすべしです。 「新年の抱負はどうしよう?」なんて考えていないで、パッと思いついたことからやってみるといったように、行動レベルに関わる新年の抱負を入れることです。 逆に言うと、行動しない人は挫折するので、ここは本当にやるしかないです。 上手くいくこともあれば上手くいかないこともあるでしょうが、一喜一憂せずにコツコツやればOKです。 手順3:一定期間が過ぎたら達成度をふり返る 行動し始めてから1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月ぐらい経ったら、どの程度達成できたかを確認すべしです。 この振り返りがないと、新年の抱負を決めても挫折します。 例えば、「毎日ランニングする」という新年の抱負を立てたとしますよね。 そうしたら、3ヶ月後に実際にそれができているかどうかを確認したらOK。 もし、できていないなら、なぜできていないのかを分析しましょう、、、というと思ったら間違いです。 ダメだった理由を分析すると、「やっぱ無理」という気分になるので非推奨です。 そうではなく、休み休みでも続けることができた理由を分析していください。 そうすると、「もうちょいやってみるか、、、」という気分になって前に進めます。 こんな感じで、ふり返るときはできなかったことよりもできたことに着目するとよいです。

次の

高校の作文課題で「高校入学後の抱負」の書き方を教えて下さい。 ...

抱負 文例

「抱負」という言葉は、「今年の抱負を語る」というような使い方をすることが多いのではないでしょうか。 「抱負」とは、心の中に抱いている決意という意味をもちます。 抱負を聞かれたときには、現実的に自分が達成したい物事や胸のなかで堅く決心していることを「抱負」として表現しましょう。 抱負の作文の書き方と例文・目標との違いなどをご紹介します。 目標との違い 「抱負」と「目標」は、似たような意味をもつ言葉ですが、それぞれ違う意味をもっています。 「目標」は、目指すところへ行きつくための目印を意味します。 「目標を設定する」などの言葉の使い方をします。 「目標」は、計画を成し遂げた先にある最終到達地点です。 「抱負」は、「目標」にたどりつくまでの計画や過程です。 抱負の作文の書き方 一年の始まりや入学・入社の機会に「抱負」について作文を書いて発表するということは、学生の頃からよく課題として出されることも多いでしょう。 自分の抱負をどのようなことに気を付けて書くことで自分自身の意志や気持ちやが相手に上手に伝わるのでしょうか。 抱負の作文の書き方についてご紹介します。 ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。 書き出し 抱負についての作文は、 書き出しで、自分の抱負がどのようなものか始めに書いて伝えることがポイントです。 自分の抱負を宣言することから作文を書きだし、自分の意思表示をはっきりさせます。 次に抱負の理由を書いてどうしてこのような抱負にしたのかを書いていきましょう。 最後のまとめ方 抱負についての作文のまとめ方は、自分が自分の抱負に対してどのように行動していくかを具体的に書きます。 そうすることで、抱負に対する強い意思が作文を読む人に伝わり、作文がまとめやすくなります。 最後のまとめ方は、自分の抱負をどのようにして実現させるのかということをアピールすることに重点をおき考えて書きましょう。 好印象を与える抱負の作文の例 読む人に好印象を与える自分の抱負を伝える作文は、どのように書いたらいいのか悩んでしまう人も少なくないでしょう。 好印象を与える作文のポイントは、読んでいる相手にどれだけ自分の気持ちや意気込みが伝わるかということです。 好印象を与える抱負の作文の例を年代別にご紹介します。 例文1「小学生の抱負」 小学生の抱負の作文は、しっかりと自分の抱負が書けているかどうかが重要です。 「1学期はあいさつの声が小さかったので大きな声であいさつできるようにがんばります。 」など反省を踏まえた前向きな抱負の書き方をしましょう。 自分の抱負に対してどうしていきたいのか前向きな言葉が書かれていれば、好印象を与えられる作文になります。 例文2「中学生の抱負」 中学生の抱負の作文は、具体的な抱負を自分の気持ちの変化とともに表現することが大切です。 「今までは、勉強で思ったような成績がとれずに悩んでいました。 これからは、しっかり予習と復習をして日々努力したいです。 」など抱負に対する意気込みを具体的に伝えましょう。 抱負に対して自分がどのような考えをもっているかをアピールすると好印象になります。 例文3「高校生の抱負」 高校生の抱負についての作文は、自分の抱負をいくつかピックアップすることがポイントです。 「高校生になっての抱負は、3つあります。 ひとつ目は、友達をたくさんつくること。 2つ目は、勉強を頑張ること。 3つ目は、部活に参加すること。 」など抱負を複数掲げます。 抱負に対しそれぞれ何をしたらいいのか書くことで文章もまとまり好印象になります。 例文4「大学生の抱負」 大学生の抱負についての作文は、自分の未来に向けたビジョンについての抱負を書くことが好印象になります。 「大学生になり、社会性を身につけるためにもボランティア活動に参加したり、大学に在学中に習得できる資格にチャレンジしたいです。 」などの抱負の書き方がいいでしょう。 将来につながる身につけたいことを抱負としてアピールすることがポイントです。 例文5「社会人の抱負」 社会人の抱負についての作文は、新入社員の場合は、最初に自己紹介の一文を入れるといいでしょう。 「この会社で戦力になるように日々努力していきたいです。 未熟者ではありますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」など仕事に取り組む姿勢を書きます。 会社での行動や仕事についての抱負を書きます。 前向きに頑張れることをアピールしましょう。 抱負の作文に使えるおすすめの四字熟語 抱負の作文に四字熟語を入れることによって自分の意気込みや気持ちを四字熟語で簡潔に表現することができます。 年代別に抱負の作文に使えるおすすめの四字熟語をご紹介します。 小学生におすすめの四字熟語 自分の持てる力を精一杯発揮するという意味や口に出したことは、実行するという意味をストレートに表現できる四字熟語がいいでしょう。 小学生におすすめの四字熟語は、低学年の子どもなら「一生懸命」、高学年の子どもなら「有言実行」などがあります。 中学生におすすめの四字熟語 学問と部活動の両方を頑張れるようにという意味や訓練などを積んで心身と技能を成長させるという意味を表現できる四字熟語がいいでしょう。 中学生におすすめの四字熟語は、「文武両道」や「切磋琢磨」などがあります。 高校生におすすめの四字熟語 高校生になると自分がなりたい理想の人間像も見えてきます。 一度決めたことは、最後までブレずに貫き通す意味や飾り気がなく温厚で誠実という意味などの人間性を表現できる四字熟語がいいでしょう。 高校生におすすめな四字熟語は、「初志貫徹」や「温厚質実」などがあります。 大学生におすすめの四字熟語 大学生になると情熱や行動をアピールできる四字熟語を使うことがポイントです。 勇気をもってひとつのことに打ち込み行動する意味や体や精神のすべてを注いで頑張るという意味を表現できる四字熟語がいいでしょう。 大学生におすすめな四字熟語は、「一意専心」や「全身全霊」などがあります。 社会人におすすめの四字熟語 社会人になると人間関係なども複雑になってきます。 感謝を忘れずに声をかけてもらったことにありがとうと素直に言える人になりたいという意味や時と場合によっての行動を柔軟にできるようになるという意味の四字熟語がいいでしょう。 社会人におすすめの四字熟語は、「一言芳恩」や「臨機応変」などがあります。 抱負の意味を理解して、抱負の作文を上手に書こう.

次の